2008年07月

2008年07月28日

クトゥルフ神話〜未知なる東京を夢に求めて・・・

クトゥルフ神話〜未知なる東京を夢に求めて・・・

★今回、東京に行く機会ができ8月3日(日)に各クトゥルフ系拠点にアタックします。7月22日の記事でも書きましたが、恐らく秋葉原方面は午前中から出撃予定。午後はその他東京全域のクトゥルフ系拠点に、時間の許す限り訪問したいと思っています。兎に角、楽しみです。


東京の中心でクトゥルフと叫ぶ!!


こんな感じの意気込みでのぞみます…




blueorb at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月27日

クトゥルフ神話〜眠りの壁の彼方

クトゥルフ神話〜眠りの壁の彼方

★ラヴクラフト全集4巻 眠りの壁の彼方 P70より


きみ自身が夢のない眠りの自由のうちになるような実体、それがわたしなのだ。わたしがきみの光の兄弟で、きみとともに光輝く谷間を漂った。きみの真の自己のうち、目覚めているときの地球=自己には教えることが許されていないが、わたしたちはすべて、長い歳月にわたり、広大な宇宙をさすらい旅をしているものなのだ。わたしは来年、きみが古代と呼ぶエジプトか、あるいはいまから三千年先のツァン・チャンの無情な帝国に住んでいるかもしれない。きみとわたしは赤いアルクトゥルスをめぐる世界に漂い、木星の五番目の月を誇らしげに這いまわる昆虫哲学者の体に宿っていたのだ。地球の自己は生とその範囲について、なんと知識がすくないことだろう。自己の安らぎのためにそうあらねばならないとはいえ、なんと知識のすくないことか。






blueorb at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月23日

クトゥルフ神話〜『崑央の女王』英語版、Queen of K’n-Yan発売!!

3a449e03.jpgクトゥルフ神話〜『崑央の女王』英語版、Queen of K’n-Yan発売!!

★遂に、発売になりました。本日、世界同時発売!!とのことです。

日本のクトゥルフ神話の本格的な進出が始まります。以前にも秘神界(歴史編・現代編)<日本人作家のクトゥルフ神話作品のオムニバス>が1〜4巻に編集され発売されましたが、単編もので本格的なクトゥルフ神話では初の海外発売となるようです。


凄いことになってきました…


日本のクトゥルフ神話の歴史が変わりました…
客観的に見て、これは転換点になるのではないでしょうか?今後もクトゥルフ神話関連の作品が、このように海外発売されることを強く望みます…

新・日記代わりの随想(朝松先生のBLOG)右リンクからも行けます。
http://uncle-dagon.cocolog-nifty.com/diary/

詳細が確認出来ます。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4902075237?tag=uncledagontem-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4902075237&adid=1019MSEHJA9T513K8QN6

キターーーーーーーーーーー!!
イア!シュブ=ニグラーーーーーーーーーーーーーース!!






blueorb at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月22日

クトゥルフ神話〜PROJECT TOKYO

2480324a.jpgクトゥルフ神話〜PROJECT TOKYO

★突然ですが、今月末頃東京に行くことになりました。自由に活動できるのは正味1日程度ですが、東京を攻撃します。攻撃箇所は主に以下。


秋葉原<メロンブックス>
秋葉原<ロール&ロールステーション>
秋葉原<イエローサブマリン各店>
神田神保町<書泉ブックマート>
新宿<イエローサブマリン西口店>


なお下記の場所にも時間があれば訪問予定
国書刊行会
東京創玄社


その他…クトゥルフ系な方とお会いできればうれしいです。兎に角、次回東京訪問は何年後になるかも知れないので、堪能したいと思います。

それで、伝説のPOP…

飯を食うな
ラヴクラフトを読め!

のメロンの店員さんにお会いしたいものです…


イア!シュブ=ニグラーーーーーーーーーーーーース!




blueorb at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月15日

クトゥルフ神話〜闇に囁くもの

クトゥルフ神話〜闇に囁くもの

★ラヴクラフト全集1巻「闇に囁くもの」P285より


その菌類庭園と無窓都市の暗黒世界は、じつは恐ろしいところではありません。恐ろしいように思えるのは、われわれにだけです。おそらくこの地球の世界も、原始時代に彼らが始めてここを探検したころは、彼らにはやはり恐ろしく思われたでしょう。あなたもごぞんじのように、彼らは、神話的なクトゥルフの時代が終わるそのずっと前に、もう地球へきておりましたし、アール・レー暗礁がまだ水面よりも上に出ていたころのことを何でもよく憶えております。彼らは地球の内側にもいたことがあります---そこへ通じている抜け穴があるのですが、それを人間はまだ知りません---その抜け穴のいくつかが、それこそこのヴァーモントの山のなかにもあるのです---そしてその地面の下に、未知の生きもののいる偉大な世界がいくつかあります。例えば、青光りするク・ヌ・ヤン、赤光りするヨトフ、それに、光のない暗礁のヌ・カイといった世界が。あの恐るべきツァトホッグァがやってきたのは、ヌ・カイからなのです---ほぅら、あの一定した形のない、蟇蛙のような生きもので、これについてはプナトニック写本、「死霊秘法」、およびコモーリアム神話群のなかに述べられており、それらの書類を保管していたのは、アトランティス島の高僧クラーカッシュ・トンでした。










blueorb at 22:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月12日

クトゥルフ神話〜Arkham Summer League Play

1b5da915.jpgクトゥルフ神話〜Arkham Summer League Play

★Arkham Summer League Play


Scenarios

* Scenario 1: Tide of Serpents (PDF, 800KB) ― Prepare to do battle against an ancient menace in "Snake In The Grass."

* Scenario 2: Masquerade Ball (PDF, 820KB) ― With the defeat of the reptilian menace Yig, the streets of Arkham calmed down. People rested, recovered, and rearmed. These days people just aren't who they seem to be. Everyone keeps talking of a stranger about town, but no one remembers his name or quite what he looked like…

Over this summer the city of Arkham is going to be crawling with monsters, mayhem, and magic! It is up to you and your team of investigators to combat the forces of the Great Old Ones as they try to devour our reality. Gather your forces and compete against other teams across the world, as you take on ten scenarios each harder than the last. Every two weeks a new scenario will be posted, and teams will scramble to beat the Ancient One quickly and efficiently. The following guidelines will tell you what you need to battle these foes.

Guidelines

* A team can consist of 2-8 investigators.

* All players can choose which investigator they would like to be.

* A player may not change investigators unless they are devoured during a game.

* Each scenario may be played multiple times, but a League Results form must be filled out after every time, and only the best result will be used.

* The first and second scenarios will be from the base game. Scenarios 3 and 4 will include elements from the Dunwich Horror. Scenarios 5 and 6 will include elements from The King in Yellow. Scenarios 7 and 8 will include elements from The Curse of the Dark Pharaoh and Kingsport. The final two scenarios will include elements from all the sets.

* Results will be posted and updated right here, on the Arkham Horror website.

* All forms need to be e-mailed to JR Godwin.


http://www.fantasyflightgames.com/ah_league.html



blueorb at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月11日

クトゥルフ神話〜無題

59e7a638.jpgクトゥルフ神話〜無題

★クトゥルフ・テックのビッグウェーヴが…いつか…



blueorb at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月07日

クトゥルフ神話〜クトゥルフオンリーコンのお知らせ

クトゥルフ神話〜クトゥルフオンリーコンのお知らせ

★クトゥルフオンリーコンのお知らせ

今回で4回目となる、クトゥルフのみのコンベンション…凄いですね。もう4回目ですか…でも東京なのでいけない自分の境遇を嘆くしかないのですが…

日時:7月12日(土)
場所:池袋 旧日出小学校 レクリエーションルーム1(受付)
募集人数:プレイヤー募集(募集人員:40名弱、募集期限7/10)
参加費用:500円
進行:11:00〜11:30 受付、開会式の後、12:10より開始
ゲームシステム、キーパー等は下記

<特別ゲスト>
現代日本 クトゥルフ神話TRPG 内山靖二郎
1925年チベット クトゥルフ神話TRPG 倉樫澄人
1860年代日本 ”Cthulhu in 幕末日本”(企画中) 朱鷺田祐介
<スタッフ>
933年 クトゥルフ神話TRPG 霧島祐介
1928年 クトゥルフ神話TRPG RWS管理人
953年 ダークエイジ 館長
現代日本 クトゥルフ神話TRPG Fighter-KOU
<一般応募>
現代日本 クトゥルフ神話TRPG えもとかずあき
現代日本 クトゥルフ神話TRPG 木村 ケンゾー

おおおっ、熱い!!9卓も…そして気になる1925年チベット…キーパースクリーンはニコライ・レーリヒの絵画で決まりでしょうか?参加できる人がウラヤマシイ…ウラヤマ…ウラy…ウラ

詳細は公式サイトでご確認下さい。

クトゥルフオンリー・コンベンション
http://wiki.livedoor.jp/co_con/d/FrontPage





blueorb at 21:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月06日

クトゥルフ神話〜「崑央の女王」の英語版の発売について

cec08f62.jpgクトゥルフ神話〜「崑央の女王」の英語版の発売について

★朝松健先生の「崑央の女王」が英訳され、来月頃には発売される見通しです。関係各所で記述がありますので、ご存知の方も多いと思います。また、ブライアン・ラムライから以下のような推薦があったようです。





“Asamatsu Ken’s Queen of K’n-Yan is a fascinating story, and as Darrell Schweitzer states in his introduction, it is indeed a fine Cthulhu Mythos novel…”
        ―Brian Lumley

おおっ、凄い。日英を代表するクトゥルフ神話作家のコラボ…
朝松先生がブライアン・ラムライの「黒の召喚者」(昭和61年7月18日発行)の翻訳を手掛け、親交があるのでチェックをしていたと思われます。ですが、これを機にますます、朝松先生の作品が世界的に知られることとなるでしょう。またこの「崑央の女王」ですが、今あるホラー系の作品における密室(閉鎖された空間)内での未知なる化物やクリーチャーからの逃走・戦闘とバイオ技術系テイストなどがおりこまれた、アクションテイストなクトゥルフ神話作品です。日本語版は絶版なので、再販を強く望みますが、兎に角、英語版が発売されるのはうれしい限りです。

黒田藩プレス(「崑央の女王」紹介ページ)
http://www.kurodahan.com/mt/e/catalog/j0018cate.html

楽しみに待ちましょう。



「殷王朝初期ないし夏王朝末期まで、かれらは人類と共存していたのだ。かれら---人類とは起源を異にする知的生命体は。かつて、かれらは、人類が誕生する以前、地球全土に溢れ、巨石をもって都市を構築し、独自の宗教と独自の技術を誇っていた」
リー博士は、そこで煙草を吸い、紫烟とともに言葉を続ける。
「ゆえに、我々は、敬意をもって、かれらのことをこう呼ぶとしよう」
ちょっと間を置いて、リー博士は言った。
「旧支配者、と」

                       「崑央の女王」より





blueorb at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月04日

クトゥルフ神話〜7月4日・・・オーガスト・ダーレスの命日

トゥルフ神話〜7月4日・・・オーガスト・ダーレスの命日

★1909年2月24日〜1971年7月4日・・・ダーレスの生年月日と命日

もう今年で37年…多くの方が毎年7月4日はアメリカの独立記念日とイメージするでしょうが、我々クトゥルフ神話ファンはダーレスの命日をイメージしてしまう…

かの地でラヴクラフトを中心に広がったクトゥルフ神話が、一般の関心を失いかけた時期に、彼は粉骨砕身の働きをし神話の復活・普及に尽力しました。その結果は…我国での現状でも分かるでしょう。

ダーレスに感謝しつつ、今日も神話作品を読んでいます。毎日神話のことを考えています。ダーレス…ありがとう…



blueorb at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月03日

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>について

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>について

★<エイボンの書>を皆さんは購入しましたか?絶対買い!!の一冊です。冒涜的な内容で史料価値の高い作品も多数収録されています。後半にいけべいくほど濃く神話世界に引きずりこまれます。正直にいいますとここまでとは思わなかった…この本を出した方々は凄いことをしましたね…

もう購入して何日もたちますが、やっと振るえが止まりました。今は落ち着いて読めます。でも本当にこの本凄いです。後半の呪文が多数収録されているのですが…

イア!イア!イア!グルフ=ヤ、ツァトァグァ!

イア!イア!イア!グノス=イカッガ=ハ!ツァトァグァ!

もうこんな呪文が多数収録されています。声に出して読みましょう!よりテンションが高まり、何かが見えるかもしれません。また、何かが現れるかもしれません!

トゥルウロ ッタク シフ ヘプタパルッタク ズノコウ!
ラッタウ ッタク ツァトゥグァ! 
ウフット バイア ウフット オコウ! 
ラッタウ ッタク ツァトゥグァ! ラッタク! ラッタク!



blueorb at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ 

2008年07月01日

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>の目次

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>の目次

★目次



ムートゥーランの地図 P7
日本語版への序 ロバート・プライス P8
黒壇の書「エイボンの書」序章 ロバート・プライス P9
「エイボンの書」の歴史と年表 リン・カーター P18
ヴォラードのサイロンによるエイボンの生涯 リン・カーター P24
エイボンは語る もしくはエイボンの箴言 P34

第一の書 古の魔術師たちの物語

二相の塔 リン・カーター P41
スリシック・ハイの物語 ジョン・R・フルツ P48
モーロックの巻物 リン・カーター P57
深淵への降下 ジョン・R・フルツ P66
羊皮紙の中の秘密 リン・カーター P77
下から見た顔 ローレンス・J・コーンフォード P84
アポルミスのスフィンクス ローレンス・J・コーンフォード P92
万物溶解液 ローレンス・J・コーンフォード P99
白蛆の襲来 クラーク・アシュトン・スミス P107
極地からの光 クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P125
窖に通じる階段 クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P138
星から来て饗宴に列するもの リン・カーター P148
緑の崩壊 ロバート・プライス P155

第二の書 ムー・トゥーランのエイボンの逸話 

最も忌まわしきもの クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P163
ウトレッソル クラーク・アシュトン・スミス、ローレンス・J・コーンフォード、リチャード・L・ティアニー P173
「夜の書」への注釈 ロバート・プライス P185
地を穿つもの ロバート・プライス P192
ナスの谷にて リン・カーター P199
シャッガイ リン・カーター P205
ウスノールの亡霊 ローレンス・J・コーンフォード P211
霊廟の落とし子 ローレンス・J・コーンフォード P218
指輪の魔物 ローレンス・J・コーンフォード P227
土星への扉 クラーク・アシュトン・スミス P234

第三の書 暗黒の知識のパピルス
暗黒の知識のパピルス リン・カーター P253

第四の書 沈黙の詩篇
ツァトゥグァへの祈願文 リチャード・L・ティアニー P267
アトラック=ナチャへの祈願文 リチャード・L・ティアニー P269
背教者イズダゴルの祈り リチャード・L・ティアニー P270
大神ヨグ=ソトースへの祈り リチャード・L・ティアニー P271
ギズグスの慰撫 リチャード・L・ティアニー P272
ファロールの召喚 リチャード・L・ティアニー P273
応えざる神々 リチャード・L・ティアニー P274
ハオン=ドルの館 リチャード・L・ティアニー P276
暗黒の妖術師 リチャード・L・ティアニー P277
黙想する神 リチャード・L・ティアニー P278
サイクラノーシュへの扉 リチャード・L・ティアニー P279
ハイパーボリア リチャード・L・ティアニー P280
ズスティルゼムグニの手先 リチャード・L・ティアニー P281
イクナグンニスススズ リチャード・L・ティアニー P282
ウボ=サスラ マイケル・ファンティナ P283
アザトース マイケル・ファンティナ P284
ツァトゥグァ マイケル・ファンティナ P285
ルリム・シャイコース マイケル・ファンティナ P287
灰色の織り手の物語(断章) アン・K・シュウェーダー P288
ムー・トゥーランでのアブホースへの祈願文 アン・K・シュウェーダー P289
ヴーアミによる救済の賛歌 アン・K・シュウェーダー P290
サクサクルースの懇請 ロバート・M・プライス P291

第五の書 エイボンの儀式

緑の崩壊 スティーブン・セニット P295
穴から吐き出されしもの スティーブン・セニット P296
イググルルの呪文 スティーブン・セニット P298
グローニュの憎悪の呪い スティーブン・セニット P299
プノムの厳命 スティーブン・セニット P300
ザスターの連祷 スティーブン・セニット P301
フナア式文 スティーブン・セニット P303
リヴァシイの加護 スティーブン・セニット P304
イアグサトの悪魔払い ジョゼフ・S・パルヴァー P305
ヤディスの黒い儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P308
ムナールの忘れられた儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P312
キノスラブの送葬歌 ジョゼフ・S・パルヴァー P315
外なる虚空の儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P317
アザトースの灰色の儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P320
黒い炎の崇拝 ジョゼフ・S・パルヴァー P329
ナグとイェブの黒き連祷 ジョゼフ・S・パルヴァー P332
汝の敵を打つためにツァトゥグァを招来せし法 ジョゼフ・S・パルヴァー P334
「ヨスの放射」ゾグトゥクを召喚し命を与える法 ジョゼフ・S・パルヴァー P340
ズィンの害悪の中を自由に歩く法 ジョゼフ・S・パルヴァー P342
夕べの夜 マイケル・シスコ P344
イステの消滅の印形 トーマス・ブラウン P347
スガンドロムの九つの五芒星形 トーマス・ブラウン P348
緋色の印 トーマス・ブラウン P349
三重に描かれた「力の円環」 トーマス・ブラウン P350

補遺

炎の侍祭 リン・カーター P353
月の文書庫より リン・カーター P361
アトランティスの悪魔 ロバート・M・プライス P374
エイボンの書簡 ロバート・M・プライス、ローレンス・J・コンフォード P382





カバーイラスト:ノッツオ
扉イラスト:原 友和



blueorb at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クトゥルフ(作品紹介)