2005年11月21日

クトゥルフ神話〜図説クトゥルフ神話詳細情報!!

bc5dad38.jpgクトゥルフ神話〜図説クトゥルフ神話詳細情報!!

★新紀元社のサイトで詳細情報が確認出来ます。以下サイトより抜粋。もろ完コピなので関係者から削除依頼があれば削除変更させて頂きます。興奮のあまり取りあえず。

★稀代のコズミック・ホラーを図解で完全解説!★

マニアックなテーマをまじめに図解するF-Filesシリーズ。その2冊めの本書では、H.P.ラヴクラフトによって生み出され、その後多くの作家たちによって綴られてきた、「クトゥルフ神話」の世界を、100を超えるキーワードの解説+図解でわかりやすく紹介します。
今からクトゥルフ神話を読み始める人も、今まで理解に苦しんでいた方も納得して頂ける一冊です。


【目次】

第1章 暗黒の神統記
■No.001 クトゥルフ神話
■No.002 異形の神々
■No.003 大いなるクトゥルフ
■No.004 アザトース
■No.005 ニャルラトテップ
■No.006 ヨグ=ソトース
■No.007 シュブ=ニグラス
■No.008 ハスター
■No.009 ダゴン
■No.010 イタクァ
■No.011 クトゥグァ
■No.012 ツァトゥグァ
■No.013 ノーデンス
■No.014 雲頭様
■No.015 その他の神々
■No.016 「深きものども」
■No.017 「古のもの」
■No.018 ショゴス
■No.019 「イスの偉大なる種族」
■No.020 食屍鬼
■No.021 ティンダロスの猟犬
■No.022 「ユゴスよりのもの」
■No.023 夜鬼
■No.024 その他の存在


第2章 禁断の書物
■No.025 『死霊秘法(ネクロノミコン)』
■No.026 『妖蛆の秘密』
■No.027 『ルルイエ異本』
■No.028 『ナコト写本』
■No.029 『無名祭祀書』
■No.030 『金枝篇』
■No.031 『エイボンの書』
■No.032 『法の書』
■No.033 『黄衣の王』
■No.034 『屍食教典儀』
■No.035 『セラエノ断章』
■No.036 『水神クタアト』
■No.037 その他の書物


第3章 闇の住まう場所
■No.038 北米大陸
■No.039 アーカム
■No.040 ミスカトニック大学
■No.041 インスマス
■No.042 ダンウィッチ
■No.043 リヴァーバンクス
■No.044 セイレム
■No.045 ンガイの森
■No.046 クン・ヤン
■No.047 中南米
■No.048 マチュ・ピチュ
■No.049 蟇蛙の神殿
■No.050 ヨーロッパ
■No.051 ブリチェスター
■No.052 ゴーツウッド
■No.053 シュトレゴイカバール
■No.054 アフリカ大陸
■No.055 エジプト
■No.056 ガールン
■No.057 月霊山脈
■No.058 アジア・中東
■No.059 無名都市
■No.060 レン高原
■No.061 アラオザル
■No.062 夜刀浦
■No.063 南極・オセアニア
■No.064 ナコタス
■No.065 狂気山脈
■No.066 南太平洋
■No.067 ルルイエ
■No.068 イースター島
■No.069 失われた大陸
■No.070 ハイパーボリア
■No.071 ムー
■No.072 レムリア
■No.073 星々の世界
■No.074 月
■No.075 火星
■No.076 土星
■No.077 冥王星
■No.078 セラエノ
■No.079 カルコサ
■No.080 夢の国
■No.081 カダス
■No.082 セレファイス
■No.083 ウルタール
■No.084 ムナール
■No.085 ングラネク山


第4章 永劫の探求
■No.086 探求と、その代償
■No.087 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
■No.088 アブドゥル・アルハザード
■No.089 ジョージ・ギャマル・エインジェル
■No.090 ロバート・ハリスン・ブレイク
■No.091 ランドルフ・カーター
■No.092 ヘンリー・ウェントワース・エイクリイ
■No.093 ジャスティン・ジョフリ
■No.094 フリードリヒ・ウィルヘルム・フォン・ユ
■No.095 信仰と、その対価
■No.096 マーシュ家
■No.097 ウェイトリー家
■No.098 キザイア・メイスン
■No.099 ジョゼフ・カーウィン
■No.100 リチャード・ビリントン
■No.101 リチャード・アプトン・ピックマン
■No.102 ジェームズ・モリアーティ教授
■No.103 星の智慧派
■No.104 銀の黄昏錬金術会
■No.105 終わりなき闘争
■No.106 ラバン・シュリュズベリイ博士
■No.107 ヘンリー・アーミティッジ博士
■No.108 エドワード・カーンビイ
■No.109 タイタス・クロウ
■No.110 エドウィン・ウィンスロップ
■No.111 ソーラー・ポンズ


F-Files No.002
図解 クトゥルフ神話
森瀬 繚 著 本体1,300円 B6判 240頁
ISBN4-7753-0422-4 2005年11月21日

で本日書店で確認しましたが、23日〜24日に問屋に納品、その後書店に週末くるとのことでした。(地方により多少誤差の可能性あり)書店の方がいまいちだったので、新紀元社に電話して頂き聞きました。

新紀元社紹介ページ
http://w3.shinkigensha.co.jp/books/4-7753-0422-4.html

追記:森瀬様ーーーーーーー!!!!いろいろ有難う御座います。

blueorb at 22:41│Comments(2)TrackBack(1) クトゥルフ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 図解クトゥルフ神話  [ VANAHEIM 〜 Memory of Alfar ]   2005年11月30日 00:05
を買ってしまった。避けるつもりだったんですが、イエサブに入ったらいきなり立て積みされているんだもの。信者としては買わざるをえないじゃないですかヒドイ話だ。  ところで…なんで奥付のイラストレーターの欄に、ス○○○○○○ろ氏とか、速○○○人氏とかが入って....

この記事へのコメント

1. Posted by ななし   2008年02月27日 23:21
5 佐野史郎とクトゥルフでぐぐったら、トラックバック先に辿りついたデス
今度イエサブに行ったら買います

小説はラグクラフト全集の一巻のみ読んでで挫折した口だから、ゲームのルールブックの
説明では理解できなかったので
2. Posted by R・カーター   2008年03月01日 22:34
こんばんは、ななし様

クトゥルフ神話は膨大なデータと奥行きがありますので、
好きな部分から入るのがよろしいかと思います。
それと解説本も何種類かありますので、参考にされると
より分かり易いと思います。
ラヴクラフト全集の1巻と2巻はストーリーが長めですので
3巻〜5巻を読むのがいいかもしれません。比較的短いものも
ありますし、種類もバラエティ性もありますので…その後
1巻・2巻・7巻・上巻・下巻を読むのがいいと思います。
頑張って下さい。きっと素晴らしい思いに満たされるでしょう。
それでは、失礼します。

イア!イア!ハスター!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔