2010年02月17日

さやちゃんを救おう!! 2

さやちゃんを救おう!!2


クトゥルフ神話の記事ではないのですが、前回の投稿の続きです。

臓器移植に関しては、様々な問題や価値観があり、人それぞれで受け止め方が違います。また、死生感もそれぞれ違います。難しいしデリケートな事柄であるとも認識しています。それを踏まえた上で敢えて前回の投稿記事でさやさんの件をお伝えいたしました。

もし、自分の身の回りで、家族で、さやさんと同じ状況の方がいたとして、どのような選択ができるでしょうか?

もし自分の愛する人でしたらどうでしょうか?

現実的に考えて選択肢は…命を救うという選択しかない、といいますか当然のことだと思います。

彼女のアメリカでの移植に関しては、色々問題があるとお考えの方もいると思いますが…

まだ14才の子が病気と闘い、必死に生きようと頑張っているのです。

自分は正直にいいますと、このような事には、ノータッチでいたいと考えていました。でも、今回は彼女を救いたいと真剣に考えるようになりました。

毎日、公式HPでの彼女の状況を見るにつれ、彼女を助けたいと思う気持ちは日に日に高まり、行動せずにはいられないと考え、敢えて自分にできることで、彼女を助けることに少しでも協力できればと思い、記事の記載や、ネットでの呼びかけをいたしました。押し付けがましいと思っていたり、うざいと思う方もいると思います。

でも、彼女を助けたいのです。皆様におかれましては、賛同の気持ちをお持ちの方は、さやちゃんを救う会の記事・HPの紹介や、公式HPにあるPDFのチラシを少しでも周りの方に告知や配布していただければありがたいと思います。



皆様のほんの少しの気持ちと行動が、彼女を救うことができるかもしれないのです。

HTB(北海道のTV局)の紹介記事
http://www.htb.co.jp/saya/

この記事の動画をみたら、いてもたってもいられないのです。

彼女の生きたいという気持ちを感じて、行動して頂ければ幸いです。movie_thumb


blueorb at 23:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔