クトゥルフ(ドリームランド)

2004年08月10日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内7

312755d2.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内7

★地下世界(アンダーワールド)は夢の国の地下世界に広がり、都市もあります。巨大な食人族「ガグ」の街で、彼らは神々の怒りにふれ地下世界に追いやられました。都市の中央には「コスの塔」があり、上部は「魅惑の森」に通じていますがガグ族はたたりを恐れ開けて登ろうとしません。ガグの都市の横には隣接する形で「ガスト」(ガーストとも)の棲む「ジンの地下室」があり垂直に大きな洞窟があります。内部は迷路のように入り組んでいて、ガスト以外の生物も棲んでいます。ガグ族はガストを常食としている。ジンの地下室の南側には「ゾークの絶峰」(トゥーク山脈とも)があります。その更に南側には巨大な「ドール」の棲む「ナスの谷」があります。闇と恐怖と沈黙と骨があるばかりで、骨の山の中を巨大なドールがのたうっています。グールたちが饗宴のあとここに骨などを捨てます。ここは現実世界とも接点があるらしく、ここから地上世界に出て墓などを荒らします。グールはガグの都市の墓場も荒らします。グールは特に凶暴ではない為、運がよければ友人にもなれなす。ボストンで行方不明になった画家のリチャード・アプトン・ピックマンもグールに変身しここで暮らしています。
地下世界(アンダーワールド)の全景はドリームランド案内1(8月5日)を見て下さい。


blueorb at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月09日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内6

e12bffd5.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内6

★レン高原(レン平原)の北側にはトゥライ山があり、それより更に北側には、険しい山々が連なり、カダス峠があります。そこを超えた北側に「未知なるカダス」の山があります。信じられないほど高くそびえ山頂は大気圏をはるかに超えている。荒涼たる地の果てのこの山に「大地の神々」が住むと言われ、山頂には縞瑪瑙でできた「神々の城」が建っており、「ニャルラトテップ」もしばしば訪れます(ここの番人だとも言われています)。人間でここを訪れたのは「ランドルフ・カーター」のみです。南極の狂気の山脈の背後にそびえる未知なる超巨大山脈と繋がっているとも言われています。ドリームランドの主要な地上の部分はここまでですが、地下世界(アンダーワールド)も存在しており、いくつかの部分で繋がっています。知られているのは3箇所で「魅惑の森の石蓋」「グラネク(グラーネク)山の洞窟」「サルコマンドの遺跡」です。
つづく・・・

blueorb at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月08日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内5

1c5087ba.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内5

★セレファィスからセレナリア海を北へ、船で数週間行くと、縞めのうで築かれた都市「インガノク」があります。この土地には不思議な霧のような影が漂っており、この土地のそのような雰囲気をネコは嫌っているので、この地にはネコはいません。ここの住人には「大地の神々」の血が流れており、顔立ちなどはそのように見えます。王宮の奥にある大きなドームには、すべての「シャンタク鳥」の始祖がいると言われています。市の郊外には縞めのうの鉱山があり、市の重要な産業となっています。又インガノクの東北には、巨大な採石場(縞瑪瑙採石場)の跡があり、かつて神々の城などの建築に使われたと言われており、その石切場の穴は途方もなく巨大で底がどこまであるのか、だれも知りません。又無数のシャンタク鳥が潜んでおり、近づくのも危険をともないます。そこから東に向かうと「レン高原」(レン平原)が広がっています。荒涼とした台地で、風がふきすさぶ未知の場所です。恐ろしい噂が絶えず、二本の角とひずめを持つ半人間や、巨大な紫色の毒蜘蛛(体だけで3〜4メートル)が生息していると言われています。レン高原は他の次元、空間と繋がっているとも言われ、「三次元とは異なる次元が交互に現れる国」であるとも形容されている。中央アジア、ミャンマー奥地、南極大陸の「狂気の山脈」にあるとも、繋がっているとも言われています。台地の頂上には巨大な修道院があり「形容しがたい大司祭」が一人で住んでいます。そこにある井戸はドリームランドの地下世界「アンダーワールド」の「ジンの地下室」へ通じていると言われています。レン高原からみて南には「サルコマンド」があります。荒廃した無人都市の遺跡で、100万年以上前に建設されたもので、かつて「レンの人間もどき」がすんでおり繁栄していた。また「大いなる深淵」に至る硝石階段があり、「ムーン・ビースト」が秘密の寄港地として利用しているようです。
つづく・・・

blueorb at 22:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2004年08月07日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内4

9e65ac36.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内4

★「魅惑の森」からみて北東の方角に海を渡ると美しい港町があります「セレファイス」です。傷ひとつないスカイブルーの大理石でできた町で、細い尖塔などがあり城壁には有名な英雄の青銅の彫刻が彫られています。交易の中心地であらゆる物が取引されており、居酒屋やバザールでは様々な情報交換も盛んです。ここは時間が存在せず青銅の門の中にいるものは不死を保てると言われています。
もうひとつの美しい港がセレナリア海にあります。「セラニアン」です。セラニアンは空に浮かぶ空中都市です。セレファィスから船で数日の距離にあり、空を飛ぶガラー船で行くか、セラニアンの下まで行ってそこから、金を紡いだ縄梯子で1マイルほど登るしかありません。セラニアンの人々は極端に青白い肌をしており、非常に内向的な性格です。
この美しい2つの都市「セレファィス」「セラニアン」を半年ごとに治めているのは「クレネス王」です。元々は現実の人間でしたが、夢を見ているときに死亡し、現実に帰れなくなり永遠にドリームランドの住民になってしまいました。故郷のイングランドに戻りたいと思う気持ちから、セレファイスの郊外に故郷とそっくりな村を作りそこに滞在します。かの有名な夢想家ランドルフ・カーターとは親交があったと言われています。
つづく・・・

blueorb at 02:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内3

87916880.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内3

★ウルサーには300才を超える賢人「アタル」がいます。彼は「ハセグ=クラ山」に登り生還した人物です。彼の寺院には禁断の「ナコト写本」「サンの七秘聖典」があります。スカイ河の河口付近に港町「ダイラス=リーン」があります。玄武岩でできた黒い塔があり、港には色々な地方からやって来た、様々な人物がいて盛んに情報交換をしています。「ダイラス=リーン」の南は南方海で水没した都市があります。大神殿、都市の建物が船の上からでも見えます。「ダイラス=リーン」から10日ほど南に行くと、オリアブ島があります。その島には高さ1万メートル近い休火山のグラネク山があり、北側は溶岩採掘が行われており、南側は「大地の顔」が刻まれていますが、そこに行くのは大変危険です。「夜のゴーント」などが飛んでおり、近づくものは捕らえられ、山腹の洞窟に連れていかれ、そこから地下世界「ドリームランドの暗黒部分」アンダーワールドへ連れていかれます。
つづく・・・

blueorb at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月06日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内2

5a7a15c0.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内2

★夢を見ることで、行くことが可能になるドリームランドですが、実際の地球、宇宙、自然環境は酷似していますが、異なる点も多々あります。大地は球体ではなく平坦で、海は西の果ての玄武岩(溶岩が固まったもの)の柱の間から、滝となり宇宙空間へ流れ落ちています。宇宙空間はエーテルで満たされ生存可能で、ガレー船やシャンタク鳥に乗り月や他の惑星などに行くことが出来ます。
時間の進みかたも、実際の時間(夢を見ている時間)が1時間だとすると、ドリームランドでは約1週間です。場所により時間の進み方は変わりますので一概に言えませんが。又技術レベルは動力機関などはなく、海上の移動はガレー船、帆船などで陸上の移動は象やシマウマなどが多いようです。又多くの都市、町には多くのネコがおり人間並みの知性を持ち、ネコ語で会話も出来ます。ウルサー(ウルタールとも)では何人もネコを殺してはならないという掟がある。「魅惑の森」を出てスカイ河を下流にいくと「ウルサー」の村がある。ドリームランドの主要な中心部。
つづく・・・


blueorb at 20:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2004年08月05日

クトゥルフ神話〜ドリームランド案内1

d9d6f8c5.JPGクトゥルフ神話〜ドリームランド案内

★クトゥルフ神話には、現実の宇宙、世界以外にも神話世界が存在します。夢の世界「ドリームランド」です。夢を見ることで、その世界に踏み込めます。眠っている時、夢で下の方に降りていく巨大な階段があるのに気づいたら、ドリームランドの入り口への階段かもしれません。ドリームランドの階段は、70段下りると「炎の洞窟」と呼ばれる、洞窟状の神殿があり、そこに「神官」が2人います。「ナシュト」と「カマン=ター」です。そこで若干の準備をした後、さらにそこから、700段下り「深き眠りの門」をくぐると、ドリームランドです。ドリームランドのほぼ中心の「魅惑の森」にでます。ドリームランドはいくつかありますが、アンダーワールド(地下世界)は特に恐ろしい場所です。
つづく・・・

blueorb at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)