クトゥルフ(作品紹介)

2008年07月01日

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>の目次

クトゥルフ神話〜<エイボンの書>の目次

★目次



ムートゥーランの地図 P7
日本語版への序 ロバート・プライス P8
黒壇の書「エイボンの書」序章 ロバート・プライス P9
「エイボンの書」の歴史と年表 リン・カーター P18
ヴォラードのサイロンによるエイボンの生涯 リン・カーター P24
エイボンは語る もしくはエイボンの箴言 P34

第一の書 古の魔術師たちの物語

二相の塔 リン・カーター P41
スリシック・ハイの物語 ジョン・R・フルツ P48
モーロックの巻物 リン・カーター P57
深淵への降下 ジョン・R・フルツ P66
羊皮紙の中の秘密 リン・カーター P77
下から見た顔 ローレンス・J・コーンフォード P84
アポルミスのスフィンクス ローレンス・J・コーンフォード P92
万物溶解液 ローレンス・J・コーンフォード P99
白蛆の襲来 クラーク・アシュトン・スミス P107
極地からの光 クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P125
窖に通じる階段 クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P138
星から来て饗宴に列するもの リン・カーター P148
緑の崩壊 ロバート・プライス P155

第二の書 ムー・トゥーランのエイボンの逸話 

最も忌まわしきもの クラーク・アシュトン・スミス、リン・カーター P163
ウトレッソル クラーク・アシュトン・スミス、ローレンス・J・コーンフォード、リチャード・L・ティアニー P173
「夜の書」への注釈 ロバート・プライス P185
地を穿つもの ロバート・プライス P192
ナスの谷にて リン・カーター P199
シャッガイ リン・カーター P205
ウスノールの亡霊 ローレンス・J・コーンフォード P211
霊廟の落とし子 ローレンス・J・コーンフォード P218
指輪の魔物 ローレンス・J・コーンフォード P227
土星への扉 クラーク・アシュトン・スミス P234

第三の書 暗黒の知識のパピルス
暗黒の知識のパピルス リン・カーター P253

第四の書 沈黙の詩篇
ツァトゥグァへの祈願文 リチャード・L・ティアニー P267
アトラック=ナチャへの祈願文 リチャード・L・ティアニー P269
背教者イズダゴルの祈り リチャード・L・ティアニー P270
大神ヨグ=ソトースへの祈り リチャード・L・ティアニー P271
ギズグスの慰撫 リチャード・L・ティアニー P272
ファロールの召喚 リチャード・L・ティアニー P273
応えざる神々 リチャード・L・ティアニー P274
ハオン=ドルの館 リチャード・L・ティアニー P276
暗黒の妖術師 リチャード・L・ティアニー P277
黙想する神 リチャード・L・ティアニー P278
サイクラノーシュへの扉 リチャード・L・ティアニー P279
ハイパーボリア リチャード・L・ティアニー P280
ズスティルゼムグニの手先 リチャード・L・ティアニー P281
イクナグンニスススズ リチャード・L・ティアニー P282
ウボ=サスラ マイケル・ファンティナ P283
アザトース マイケル・ファンティナ P284
ツァトゥグァ マイケル・ファンティナ P285
ルリム・シャイコース マイケル・ファンティナ P287
灰色の織り手の物語(断章) アン・K・シュウェーダー P288
ムー・トゥーランでのアブホースへの祈願文 アン・K・シュウェーダー P289
ヴーアミによる救済の賛歌 アン・K・シュウェーダー P290
サクサクルースの懇請 ロバート・M・プライス P291

第五の書 エイボンの儀式

緑の崩壊 スティーブン・セニット P295
穴から吐き出されしもの スティーブン・セニット P296
イググルルの呪文 スティーブン・セニット P298
グローニュの憎悪の呪い スティーブン・セニット P299
プノムの厳命 スティーブン・セニット P300
ザスターの連祷 スティーブン・セニット P301
フナア式文 スティーブン・セニット P303
リヴァシイの加護 スティーブン・セニット P304
イアグサトの悪魔払い ジョゼフ・S・パルヴァー P305
ヤディスの黒い儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P308
ムナールの忘れられた儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P312
キノスラブの送葬歌 ジョゼフ・S・パルヴァー P315
外なる虚空の儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P317
アザトースの灰色の儀式 ジョゼフ・S・パルヴァー P320
黒い炎の崇拝 ジョゼフ・S・パルヴァー P329
ナグとイェブの黒き連祷 ジョゼフ・S・パルヴァー P332
汝の敵を打つためにツァトゥグァを招来せし法 ジョゼフ・S・パルヴァー P334
「ヨスの放射」ゾグトゥクを召喚し命を与える法 ジョゼフ・S・パルヴァー P340
ズィンの害悪の中を自由に歩く法 ジョゼフ・S・パルヴァー P342
夕べの夜 マイケル・シスコ P344
イステの消滅の印形 トーマス・ブラウン P347
スガンドロムの九つの五芒星形 トーマス・ブラウン P348
緋色の印 トーマス・ブラウン P349
三重に描かれた「力の円環」 トーマス・ブラウン P350

補遺

炎の侍祭 リン・カーター P353
月の文書庫より リン・カーター P361
アトランティスの悪魔 ロバート・M・プライス P374
エイボンの書簡 ロバート・M・プライス、ローレンス・J・コンフォード P382





カバーイラスト:ノッツオ
扉イラスト:原 友和



blueorb at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月02日

クトゥルフ神話〜Nyarlathotep

クトゥルフ神話〜Nyarlathotep

★Nyarlathotep


Nyarlathotep... the crawling chaos... I am the last... I will tell the audient void...

I do not recall distinctly when it began, but it was months ago. The general tension was horrible. To a season of political and social upheaval was added a strange and brooding apprehension of hideous physical danger; a danger widespread and all-embracing, such a danger as may be imagined only in the most terrible phantasms of the night. I recall that the people went about with pale and worried faces, and whispered warnings and prophecies which no one dared consciously repeat or acknowledge to himself that he had heard. A sense of monstrous guilt was upon the land, and out of the abysses between the stars swept chill currents that made men shiver in dark and lonely places. There was a demoniac alteration in the sequence of the seasons the autumn heat lingered fearsomely, and everyone felt that the world and perhaps the universe had passed from the control of known gods or forces to that of gods or forces which were unknown.

And it was then that Nyarlathotep came out of Egypt. Who he was, none could tell, but he was of the old native blood and looked like a Pharaoh. The fellahin knelt when they saw him, yet could not say why. He said he had risen up out of the blackness of twenty-seven centuries, and that he had heard messages from places not on this planet. Into the lands of civilisation came Nyarlathotep, swarthy, slender, and sinister, always buying strange instruments of glass and metal and combining them into instruments yet stranger. He spoke much of the sciences of electricity and psychology and gave exhibitions of power which sent his spectators away speechless, yet which swelled his fame to exceeding magnitude. Men advised one another to see Nyarlathotep, and shuddered. And where Nyarlathotep went, rest vanished, for the small hours were rent with the screams of nightmare. Never before had the screams of nightmare been such a public problem; now the wise men almost wished they could forbid sleep in the small hours, that the shrieks of cities might less horribly disturb the pale, pitying moon as it glimmered on green waters gliding under bridges, and old steeples crumbling against a sickly sky.

I remember when Nyarlathotep came to my city the great, the old, the terrible city of unnumbered crimes. My friend had told me of him, and of the impelling fascination and allurement of his revelations, and I burned with eagerness to explore his uttermost mysteries. My friend said they were horrible and impressive beyond my most fevered imaginings; and what was thrown on a screen in the darkened room prophesied things none but Nyarlathotep dared prophesy, and in the sputter of his sparks there was taken from men that which had never been taken before yet which showed only in the eyes. And I heard it hinted abroad that those who knew Nyarlathotep looked on sights which others saw not.

It was in the hot autumn that I went through the night with the restless crowds to see Nyarlathotep; through the stifling night and up the endless stairs into the choking room. And shadowed on a screen, I saw hooded forms amidst ruins, and yellow evil faces peering from behind fallen monuments. And I saw the world battling against blackness; against the waves of destruction from ultimate space; whirling, churning, struggling around the dimming, cooling sun. Then the sparks played amazingly around the heads of the spectators, and hair stood up on end whilst shadows more grotesque than I can tell came out and squatted on the heads. And when I, who was colder and more scientific than the rest, mumbled a trembling protest about imposture and static electricity, Nyarlathotep drove us all out, down the dizzy stairs into the damp, hot, deserted midnight streets. I screamed aloud that I was not afraid; that I never could be afraid; and others screamed with me for solace. We swore to one another that the city was exactly the same, and still alive; and when the electric lights began to fade we cursed the company over and over again, and laughed at the queer faces we made.

I believe we felt something coming down from the greenish moon, for when we began to depend on its light we drifted into curious involuntary marching formations and seemed to know our destinations though we dared not think of them. Once we looked at the pavement and found the blocks loose and displaced by grass, with scarce a line of rusted metal to show where the tramways had run. And again we saw a tram-car, lone, windowless, dilapidated, and almost on its side. When we gazed around the horizon, we could not find the third tower by the river, and noticed that the silhouette of the second tower was ragged at the top. Then we split up into narrow columns, each of which seemed drawn in a different direction. One disappeared in a narrow alley to the left, leaving only the echo of a shocking moan. Another filed down a weed-choked subway entrance, howling with a laughter that was mad. My own column was sucked toward the open country, and presently I felt a chill which was not of the hot autumn; for as we stalked out on the dark moor, we beheld around us the hellish moon-glitter of evil snows. Trackless, inexplicable snows, swept asunder in one direction only, where lay a gulf all the blacker for its glittering walls. The column seemed very thin indeed as it plodded dreamily into the gulf. I lingered behind, for the black rift in the green-litten snow was frightful, and I thought I had heard the reverberations of a disquieting wail as my companions vanished; but my power to linger was slight. As if beckoned by those who had gone before, I half-floated between the titanic snowdrifts, quivering and afraid, into the sightless vortex of the unimaginable.

Screamingly sentient, dumbly delirious, only the gods that were can tell. A sickened, sensitive shadow writhing in hands that are not hands, and whirled blindly past ghastly midnights of rotting creation, corpses of dead worlds with sores that were cities, charnel winds that brush the pallid stars and make them flicker low. Beyond the worlds vague ghosts of monstrous things; half-seen columns of unsanctifled temples that rest on nameless rocks beneath space and reach up to dizzy vacua above the spheres of light and darkness. And through this revolting graveyard of the universe the muffled, maddening beating of drums, and thin, monotonous whine of blasphemous flutes from inconceivable, unlighted chambers beyond Time; the detestable pounding and piping whereunto dance slowly, awkwardly, and absurdly the gigantic, tenebrous ultimate gods the blind, voiceless, mindless gargoyles whose soul is Nyarlathotep.


Nyarlathotep
by
H. P. Lovecraft


blueorb at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月28日

クトゥルフ神話〜ルルイエ浮上!!

クトゥルフ神話〜ルルイエ浮上!!

★1925年2月28日…ルルイエが…

★ルルイエ(R'lyeh)★
ラ・イラー、ル・リエーとも言われる。南緯47度9分、西経126度43分の太平洋のニュージーランド沖の海底にある巨大な石柱都市。クトゥルフが眠っているといわれる。
1925年2月28日(アメリカでは日付変更線の関係で3月1日)に浮上し、1925年4月2日に再び海底に沈んだと思われる。以下概略。

3月1日(アメリカ)地震と嵐が起こる。地球の裏側では詩人や芸術家が巨大な石造都市の夢をみる。若い彫刻家が眠りながら恐るべきクトゥルフの像をつくりあげた。

3月23日エンマ号の乗組員が未知の島に上陸し6人が死亡する。時を同じく感受性の強い者達の夢がなまなましくなり、巨大な怪物に追われる恐怖を感じ、発狂、妄想状態になる者もいた。

4月2日この日以降、巨大な都市の夢や巨大な怪物に追われるような恐怖を感じる状態が治まる。


That is not dead which can eternal lie,
and with strange aeons,even death may die.


blueorb at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月27日

クトゥルフ神話〜クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 「七つの怪談」が来たー!!

58d4f11c.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 「七つの怪談」が来たー!!

★遂に来た!!「七つの怪談」が!!早速内容についてご紹介します。











目次

ひいてけの海 P3
文…内山靖次郎 画…那知上陽子

蛇の子の呪い P13
文…友野詳/グループSNE 画…ノッツオ

人面瘡 P25
文…川人忠明/グループSNE 画…原友和

夜ごと来る P36
文…坂東真紅郎 画…ノッツオ

泣きこけし P49
文…朱鷺田祐介 画…原友和

狐火、または青い音 P58
文…朱鷺田祐介 画…那知上陽子

牛の首 P67
文…高平鳴海 画…吉井徹

総ページ数は79ページです。目次は誤植で「牛の首」が167となっています。それでまず思ったのが…海外のサプリを和訳したような雰囲気です。絵とかスタイルがそんな印象を与えます。そして紙が上質で丈夫そう。イラストや表紙が良い感じです。とても良い…うっとりする。久しぶりのシナリオのみのサプリはうれしいです。これを待ち望んでいた方々も多かったのではないでしょうか?シナリオ集は本体「クトゥルフ神話TRPG」の販売数がカギなのでリスクもあったと思いますが、製作に関わった方々の情熱と気合に感謝します。これからもどしどしサプリやシナリオ集を発売しD&Dシリーズのように一大ジャンルを形成しクトゥルフ神話の地位をより強固なものにしたいと願うのです。とにかくシナリオ集が良いのでテンションが上がっています。1980年代の黄金期を上回る勢いを期待せずにはいられないです。
シナリオの内容はネタバレが危険なので回避しますが、まず間違いなく…



怪です!!買いです!!快です!!χです!!


イア!!シュブ=ニグラーーーーーーーーーーーーーーーース!!!



blueorb at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月10日

クトゥルフ神話〜クトゥルー神話の本

0b06b79b.JPGクトゥルフ神話〜クトゥルー神話の本

★クトゥルー神話の本
恐怖と幻想の超宇宙年代史














暗黒の邪神世界へ P7
クトゥルー禁断の領域 P8
1魚怪の町インスマス P8
2海底都市イハ=ントレイ P10
3ルルイエ神殿 P12
4暗黒星ユゴス P14
5狂気山脈 P16
6寒村ダニッチ P18
7未知なるカダス P20
8地球・邪神生息地 P22

ラヴクラフトとは何者か? P24
クトゥルー邪神アート P26
クトゥルー P26
深きもの P28
ショゴス P28
ツァトゥグア P29
シュブ=ニグラス P29
ヨグ=ソトース P30
アザトース P30
ナイアルトホテップ P31
ラヴクラフト&クトゥルー神話もうひとつの「もの」語り P32
H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラーその他の物語 P36

クトゥルー神話入門Q&A 文…朱鷺田 祐介 P39
深遠を覗く人 H・P・ラヴクラフト小伝 文…那智 史郎 P49
ラヴクラフトと神秘主義 文…麻績 文彦 P57
暗黒の聖書「ネクロノミコン」の謎 文…坂本 雅之 P67
魔道書辞典 P78
クトゥルー神話最新事情 ウェブ世界のクトゥルー・リーダーたち
文…きしはるこ P84
クトゥルー神話絵図 イラスト…矢野 健太郎 P87
邪神図鑑 イラスト…矢野 健太郎 P99
アーカム探訪記 ラヴクラフトの故地を訪ねて 文…菊池 秀行 P111
深淵の使徒たち クトゥルー神話作家列伝 文…那智 史郎 P131
ラヴクラフトのいる日本怪奇文学史 文…東 雅夫 P153
クトゥルー神話シネマ・ガイド 文…殿井 君人 P165
書き下ろし神話小説 <真黒き街> 黒 史郎 P175

史上最小のクトゥルー神話賞・受賞作発表! P183
最優秀賞<ラゴゼ・ヒイヨ> P184
優秀賞<テレストリアル・ゲート> P186
優秀賞<手乗りクトゥルー> P188
優秀賞<双生児> P190
特別賞<やれやれ、また魚か!> P192
選評・東 雅夫 P194
選評・編集部 P196

特別付録 クトゥルー資料館 P199
インスマウスの半漁人 P200
壁の中の鼠群 P204
異次元の人 P206
資料解説(榛 和夫) P208
執筆者プロフィール P210





素晴らしい!!素晴らしい!!これ以上何と言えばいいのか?
ただ、はっきり言える事は、またしてもやってくれました!!
皆様に感謝します…

イア!!シュブ=ニグラス!!






blueorb at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月31日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集〈別巻 上〉 !!!!

a7bffecd.jpgクトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集〈別巻 上〉 !!!!

★…同志の皆様大変なことになっています。ワールドコン開催に合わせたのか凄いことになってます。なんと東京創元社よりラヴクラフト全集7巻に続く









ラヴクラフト全集(上下巻)の発売されます!!!!


詳細は
叢  書 : 創元推理文庫(Fラ-1-8) 
予  価 : 税込777円(本体価格740円)
ジャンル : ホラー(短編集

H・P・ラヴクラフト/大瀧啓裕 訳 【創元推理文庫】
ラヴクラフトと新鋭たちの共作を執筆年代順に別巻2冊に網羅する。連続猟奇殺人犯の異常心理を内面から描破した、サイコホラーの先駆的作品「最愛の死者」ほか12編を収録。

東京創元社(ラヴクラフト全集、上・下巻)
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3760

9月に上巻が発売予定とのこと…大瀧先生ーーーーーー!!!!

やばい、やばすぎる。さっきから手が震えてる…タイプミスが凄い…
凄い時代になってきてます。イヤー、ちょっと凄い時代に生きていると実感している…嗚呼、大瀧先生…

イア!!シュブ=ニグラス!!







blueorb at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月31日

クトゥルフ神話〜「秘神界」英語版第四巻『City of the Dreaming God 』 の発売について

c324e5ec.jpgクトゥルフ神話〜「秘神界」英語版第四巻『City of the Dreaming God 』 の発売について

★遂に「秘神界」英語版第四巻が発売になり、シリーズ全4巻が完結になりました。日本人作家によるアンソロジーとして、NYタイムズでも紹介されましたが感慨深いです。それで今回の作品一覧は以下










4巻
妹尾ゆふ子 夢見る神の都
立原透耶 苦思楽西遊傳
伏見健二 ルシャナビ通り
飯野文彦 泥濘
倉阪鬼一郎 イグザム・ロッジの夜
友成純一 インサイド・アウト
安土萌 天にまします……
鷲巣義明 映画におけるクトゥルー神話
原田実 現代オカルティズムとラヴクラフト
青木淳 ラヴクラフト作品/クトゥルー神話映画リスト

作品の収録順は不明です。それで以下アマゾンで購入できます。

アマゾン(アメリカ)
http://www.amazon.com/City-Dreaming-God-Ken-Asamatsu/dp/4902075148/

アマゾン(日本)
http://www.amazon.co.jp/City-Dreaming-God-Ken-Asamatsu/dp/4902075148/


朝松先生、作家の皆様お疲れ様です。しかし……闘いいまだ終わらず…
以下朝松先生のBLOG 7/31記述より


また必ず書き下ろしクトゥルー神話アンソロジーやるから、みんな、待っててね。

友達は、みんな、協力してね。


とのこと…キターーーー!!!!









blueorb at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月10日

クトゥルフ神話〜この魔道書がスゴイ、魔道書ネクロノミコン

16407f43.jpgクトゥルフ神話〜この魔道書がスゴイ、魔道書ネクロノミコン

★ネクロノミコン完全版…皆さんは熟読されていますでしょうか?勿論熟読し、内容の濃さに満足されていると思います。それで…ネクロノミコン検索してましたら…アキバBLOG様に当BLOG記事がリンクされていました。正直ビックリです。いあ!!いあ!!以下アキバBLOG様の記事紹介です。

魔道書ネクロノミコン完全版 「"この魔道書がスゴイ" 堂々の第1位!」

学研が94年に発売した『魔道書ネクロノミコン』に、続編となる『ルルイエ異本』を収録したものが魔道書ネクロノミコン 完全版【AA】として復刊されている。メロンブックス秋葉原では31日に「魔道書ネクロノミコン完全版」が3回目の入荷をし、POPでは『"この魔道書がスゴイ" 堂々の第1位!各界の魔術師が絶賛!』としていた。

学研が94年に発売した『魔道書ネクロノミコン』に、続編となる『ルルイエ異本』を収録したものが魔道書ネクロノミコン 完全版【AA】として復刊されている。書籍情報によると『怪奇小説の巨星H・P・ラヴクラフトが創始したクトゥルー神話の、禁断の魔道書「ネクロノミコン」は実在した!欧米の読書界に囂々たる議論を巻き起こしたあの話題の書が、続編「ルルイエ異本」を完全収録して、ついに復刊なる』というもの。

『ネクロノミコン(Wikipedia)』は、H.P.ラヴクラフトにより生み出されたクトゥルフ神話に登場する魔道書。 ぱるうぃーずの箱さんがネクロノミコンの歴史と概略を紹介され、『「ネクロノミコン」に記されている知識はあまりに恐ろしくあまりに重い。「ネクロノミコン」は、知識の代償として読者に理性と人間性を要求する。まさしく禁断の魔道書となっています』とコメント。もとは西暦730年頃にアラブの詩人「アブドゥル・アルハズラット」が記したもの。

メロンブックス秋葉原では「魔道書ネクロノミコン完全版」が3回目の入荷で、POPでは『"この魔道書がスゴイ" 堂々の第1位!各界の魔術師が絶賛!』としていた。


今回復刻された魔道書ネクロノミコン 完全版【AA】では、『クロノミコン断章』と『ルルイエ異本』を収録。クロノミコン断章 ウィキペディアでは『ラヴクラフトの創造した架空の魔道書「ネクロノミコン」が実在したら?というコンセプトをもとにジョージ=ヘイによって編集された一種の洒落本である。本書は一種の遊び心で出されたものだが、ロバート・ターナーのような本職のオカルティストや、オカルト関連の論評を数多く手がけるコリン・ウィルソンらの手が加わったため、徹底的な歴史考証や隠秘学的検証が加えられ、本格的な儀式の手順や神秘的な呪具の紹介など、ほぼ現存する魔道書に匹敵する体裁にまで整えられた』と書いてある。

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版について2
クトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版 収録内容  以上2点PROJECT 2044さん

まさに今世紀最も有名な魔道書としての名に恥じない仕上がりである。
見よ、この重厚感あふれる偉容を(笑)。
注:「ネクロノミコン」、魔道書ランキング本「この魔道書がスゴイ!」は、どちらも実在の書籍ではない。


とのことですが、アキバBLOG様はクトゥルフ神話を結構お好きなのではないでしょうか。勿論メロンブックスもクトゥルフ神話関連に力をいれて紹介されていて、店員さんの熱い思いのこもった紹介POPを以前拝見したときには、私は嬉しくなりメロンの本社にメールしたほどです。そのPOPは以下。


メシは喰うな!!ラヴクラフトを読め!!


熱い!!!!!!!
熱すぎる!!!!!!


アキバBLOG様紹介記事2007/6/1
http://www.akibablog.net/archives/2007/06/necronomicon_070601.html



blueorb at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月28日

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版について3

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版について3

★ネクロノミコン完全版ですが、先日もお伝えしたとおり今までの版(正版)と今回追加された部分(続編)の2部構成が大きな柱になっています。それで今回追加された(続編)のなかの「ルルイエ異本」は便宜上その名称を使用したとのことですので、キーパーコンパニオン等で記載されている「ルルイエ異本」とは異なるとのことですので注意して下さい。それでその本作品に収録されている「ルルイエ異本」の部分は図版も多くて良いですね。また本書全体としてある意味「リアル」テイストで、読むとじわっときます。詳細はご購入の上、ご確認下さい。それで新作品の告知・広告がありましたので以下記載します。(大瀧先生のあとがきにも記載あります)


驚異と戦慄に満ちたクトゥルー版一千一夜奇憚(アラビアン・ナイトメア)

アルハザード 上下
ドナルド・タイスン著 大瀧啓裕訳
近日発売予定 予価各2940円


とのこと。どーなってるんですか!!クトゥルー神話がえらいことになっています。あああっ…タイスンはネクロノミコン(タイスン版)でアルハザードの生涯にも光をあてましたが、今回はそのアルハザード一大冒険憚とのことです。上下で約6000円は多分クトゥルー神話ものでは最高の値段と思われます(国内)。



blueorb at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月26日

クトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版について

af58153b.jpgクトゥルフ神話〜ネクロノミコン完全版について

★遂に発売され店頭でも確認できるようになりましたが、皆さんは狩りに成功しましたでしょうか?本日、クトゥルフの騎士北方団長の私はようやく狩りに成功せり!!以下目次。











魔道書ネクロノミコン正編 P7
謝辞/献辞 P9
第二版への編者序言 P10
初版への編者序言 P13
序文 コリン・ウィルソン P15
スタニスラウス・ヒンターシュトイザー博士の手紙 P89
「ネクロノミコン」注解 ロバート・ターナー P101
ジョン・ディー文書の解読 デイヴィッド・ラングフォード P127
[付録1]若き日のラヴクラフト L・スプレイグ・ディ・キャムプ P159
[付録2]「ネクロノミコン」の夢---眠りの学識 クリストファー・フレイリング P165
[付録3]ラヴクラフトの風景 アンジェラ・カーター P201
初版あとがき P218
文庫版あとがき P222
「ネクロノミコン」断章 P264
魔道書ネクロノミコン続編 P265
謝辞 P267
編者序言 P268
序文 コリン・ウィルソン P289
注釈 ロバート・ターナー P373
魔女の家で目覚める パトリーシャ・ショア P429
堕落した科学 アーノルド・アーノルド P465
「ルルイエ異本」 P508
<巻末付録>アウルズウィック・プレス版「アル・アジフ」抜粋 P509
本書あとがき P529


非常にボリュームあり且つ濃厚で読み応えのある作品です。大瀧先生の思いが伝わります。同志の方々は必読です。明日以降詳細を追記させて頂きます。




blueorb at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月15日

クトゥルフ神話〜ダニッチの破滅

クトゥルフ神話〜ダニッチの破滅

★ダニッチの破滅(リチャード・A・リュポフ著、ラヴクラフトの世界収録)

そしてサーチライトの光のなかで、コーディーリアはそのものの姿をはっきり目にすることができた。さしわたし何マイルもある巨大なクラゲのようだった。何千、いや何百万もの触手が下面から垂れさがり、のたうったりよじれたりして、下にいる不幸な裸体の犠牲者のほうに貪欲に伸びていった。
触手は基部が緑がかっていて、触手そのものは白く、先端が真紅だった。祭壇に近づくにつれ、先端が開いて、輝く三角形の歯の並びを見せ、来るべ饗宴を期待して噛み合わさった。そして触手のなかに、もっと太くて長い軸のようなものがあり、大きな丸い眼球が備わって、それらが犠牲者から犠牲者へ、祭壇から密告者へときらめきながら見ていった。生物の縁には畝をなして繊毛のある透明なゼラチン質の隆起があって、愕然とするようなリズムで脈打っていた。




blueorb at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月13日

クトゥルフ神話〜ファファード&グレイ・マウザー

ec6e7f55.JPGクトゥルフ神話〜ファファード&グレイ・マウザー

★クトゥルフ神話の作家の多くはクトゥルフ神話以外の分野の作品も手掛けていることが多いのですが、(むしろそれが普通だが)R・E・ハワードは「コナン」シリーズを手掛け爆発的な人気を誇ったのですがこのヒロイック・ファンタジーの分野では、もう一人我々になじみ深い作家がいます。それはフリッツ・ライバーです。クトゥルーの4巻に「アーカムそして星の世界へ」の著者です。神話とラヴクラフトに対する深い愛情を感じるものがあります。そのライバーの書いたヒロイック・ファンタジー作品が「ファファード&グレイ・マウザー」シリーズです。創元推理文庫から全5巻が発売中です。今発売中の<季刊RPG>の第2号に特集がくまれています。

作品タイトルは以下

ファファード&グレイ・マウザー機 稻發療圓瞭鷏士>
ファファード&グレイ・マウザー <死神と二剣士>
ファファード&グレイ・マウザー掘 稾犬涼罎瞭鷏士>
ファファード&グレイ・マウザー検 稷屠發汎鷏士>
ファファード&グレイ・マウザー后 礇薀鵐マーの二剣士>

「ファファード&グレイ・マウザー」は架空の世界ネーウォンにあるランクマーという大都市を根城に活躍する、無頼の無法者---ただし、読者の期待を裏切らない程度に仁義をわきまえた---ファファードとグレイ・マウザーという二人の盗賊(冒険家?)が主人公のファンタジー小説です。(季刊RPG)の紹介分より

実は3巻まで邦訳が出ていたのですが、2年前、約20年ぶりに復刊を果たし未訳だった4巻と5巻も発売されたとのことです。これを機会に読み始めてみるのはどうでしょうか?お勧めです。




blueorb at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月15日

クトゥルフ神話〜ニューヨクタイムズに秘神界の書評掲載!!

クトゥルフ神話〜ニューヨクタイムズに秘神界の書評掲載!!

★Across the Universe
Cthulhu Meets Godzilla

Article Tools Sponsored By
Reviews by DAVE ITZKOFF
Published: April 15, 2007

My tinfoil hat is off in admiration for anyone who translates speculative fiction for fun or profit. Lord Xenu knows, the genre can be difficult enough to understand when reader and author speak the same language; the challenge becomes exponentially greater when an interpreter must take an idea that is by definition alien to native speakers, and somehow make it comprehensible to foreign audiences. (Is there a Japanese word for "flesh-tube monster"? Apparently, there is.) But when this act of alchemy is performed just right, the cumulative effect is like science fiction squared: it can introduce a reader ― even one accustomed to being shown worlds he never realized were possible ― to new ways of thinking about the unknown.

Sometimes such a work can further illuminate an established author about whom you thought you knew everything there was to know. STRAIGHT TO DARKNESS: Lairs of the Hidden Gods (Kurodahan, paper, $20) is the third anthology in a series of fiction by Japanese writers, set in the Cthulhu mythos of the American pulp master H. P. Lovecraft ― that means dark, weird tales about tentacled beasts, ancient artifacts that ooze unidentifiable slime and baby-eating cultists eager to bring about the end of the world. As the Lovecraft scholar Robert M. Price argues in an insightful introduction, the original Cthulhu stories resonate uniquely in Japan, a nation that has not only a documented affinity for giant green, scaly monsters, but also a longstanding fear of any organized activity that smacks of cultism ― a land where Christianity was alternately banned and bastardized for centuries.

This historical phobia is put to chilling use in the collection's opening story, "The Secret Memoir of the Missionary," by Tanaka Hirofumi, in which a 16th-century Jesuit finds it frighteningly easy to convert the Japanese to a cannibalistic religion that surely isn't Roman Catholicism. Other stories in the book, which has been edited by Asamatsu Ken and translated by various hands, deal with the sexual subtext lurking in Lovecraft's obsessions with appendages and fluids. But by far the best entry is Kobayashi Yasumi's more straightforward "C-City," in which a team of scientists attempting to defeat Cthulhu instead creates an entity even more deadly. (Sometimes a tentacle is just a tentacle.)

Of course, there are plenty of talented international science-fiction authors working in their own milieus, too. BABYLON BABIES (Semiotext(e), paper, $19.95), an underappreciated novel by the French punk rocker turned writer Maurice G. Dantec, deserves a wider audience, and not just because its author is frequently mentioned in the same breath as Michel Houellebecq (and definitely not because the book is being adapted into a movie starring Vin Diesel). Like Houellebecq, Dantec takes his inspiration from both high and low culture; he is the sort of writer who cites Sun Tzu's "Art of War" and the Stooges' "Search and Destroy" with equal facility.

The hero of "Babylon Babies," named Toorop, is a kind of cultural mongrel himself, a former member of the Bosnian special forces now working as a mercenary, hired to protect a schizophrenic young woman while she travels an itinerary designed to lead her across three continents. Inevitably, plans go awry, as Toorop and his mysterious charge encounter an enclave of cyborg separatists, an intelligent computer suffering from gender identity issues, and a really smashing combination of drugs and computer software capable of inducing the most delicious sadomasochistic delights.

These are all clever inventions, but what makes the novel (translated by Noura Wedell) so haunting is its vision of a near future in which society has fractured along every possible national, tribal and sectarian fault line. Wars among European, Islamic and Asian militias blur together as seamlessly as a rerun of "Beverly Hills 90210" gives way to a Russian broadcast of "Swan Lake," and every last surviving scrap of humanity is left to its own devices to continue what Dantec calls "the austere work of survival."

Mankind's political and territorial struggles need not be confined solely to this planet. In her novel A GAME OF PERFECTION (Edge/Hades, paper, $16.95), Élisabeth Vonarburg returns to the planet Virginia, introduced in her previous novel "Dreams of the Sea" as a distant satellite of the star Altair, settled by humans and embroiled in the same postcolonial conflicts as its earthly namesake. In this sequel (translated by the author and Howard Scott), Vonarburg, a French-language writer who lives in Canada, focuses on a character named Simon Rossem, a former autistic savant who finds himself miraculously healed of his affliction, imbued with extrasensory abilities and aging only in appearance while his internal organs never deteriorate.

In a story that spans decades, Simon becomes a mentor to a team of young psychics he is fated to outlive, and unearths clues about his planet's early, feudalistic history. While I'm not certain the many interlocking pieces of the narrative fit together by its end ― this is only the second book in a five-volume epic ― it is fascinating to watch Vonarburg grapple with the psyche of a man who might live for centuries or more, whose desires and motivations need not conform with those of us who'll get a mere 75 years if we're lucky.

Even when a translated work of fantasy doesn't necessarily capture the collective imagination of an American audience, it can still offer a valuable window into the author's native culture. In Russia, Sergei Lukyanenko's "Night Watch" novels, about a continuing battle between supernatural "Others" fought in the shadows of modern-day Europe, have been best sellers, and a film version of "Night Watch" was a blockbuster there as well. But neither the book nor the film has found a substantial following in the States yet.

ndrew Bromfield's translation of the franchise's second book, DAY WATCH (Miramax/Hyperion, paper, $13.95), showcases Lukyanenko's sardonic sense of humor. (He wrote this novel in collaboration with Vladimir Vasiliev.) Years after the collapse of the Soviet Union, his Others are still obsessed with bureaucracy and rigid notions of tradition: When is the most appropriate time in a young man's life for him to become a vampire? What recourse is one permitted after being assaulted by a shape-shifting hooker? The bickering orders of Light and Dark operate not from enchanted castles but from deceptively mundane office complexes; they still visit the old Soviet youth camp of Artek to recharge their batteries, and when they can't settle their differences with old-fashioned magic, there is an ominous Dostoyevsky-style inquisition waiting to intervene with verdicts of dematerialization. I suppose it's comforting, in a way, to learn that while Mother Russia's monsters may differ from generation to generation, their methodology never really changes.

And then, every so often, you come across a work whose vividness and vitality are so abundant they seem to transcend language. The Serbian author Zoran Zivkovic (not to be confused with the former prime minister of Serbia) already has many passionate supporters in America, and though it is too soon to crown him the new Borges, SEVEN TOUCHES OF MUSIC: A Mosaic Novel (Aio, $23.95) makes him a leading candidate for the position.

A well-produced and elegant little book, "Seven Touches" is a set of stories in which music plays a transformative, often mystical role in the lives of the characters: an organ grinder's abrasive melodies cause a woman to see visions of others' deaths; an antique music box summons up ghosts in the apartment of an old widower. Though some of the scenarios may be stock, Zivkovic's renderings of them never are ― he invariably finds some kernel of transcendence in routine and unexamined rituals. Equal credit is due his translator, Alice Copple-Tosic, who makes him readable without sacrificing the exotic otherness of his expressions: for example, his description of an interrupted dream returning to its "inky lake," or a cryptic warning that those who await the arrival of a horseman should not "mistake your heartbeat for the beat of a horse's hoofs." It feels almost too confining to place Zivkovic's work in the category of speculative fiction, but until our limited language can generate a more befitting name for his genre, the classification will have to do.

ニューヨークタイムズ(インターネット版英語、書評ページ)
http://www.nytimes.com/2007/04/15/books/review/Itzkoff.t.html?pagewanted=1&ref=books

ニューヨークタイムズ(インターネット版英語ホーム)
http://www.nytimes.com/

キマシタネ…世界が日本のクトゥルフの書評を…キタ!!ミタ!!カッタ!!



blueorb at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月14日

クトゥルフ神話〜ポオの詩(狂気の山脈にて)

クトゥルフ神話〜ポオの詩(狂気の山脈にて)

★ポオの詩(狂気の山脈にて)ラヴクラフト全集4巻P153より


---間断なくうねる溶岩
その硫黄の流れはヤアネックをくだり
極地の最果の風土にあっては---
ヤアネック山をうねりくだりながら呻く
極北の領域にあっては




blueorb at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月07日

クトゥルフ神話〜DAGON

9627515b.jpgクトゥルフ神話〜DAGON

★Written Sept 1923
Published October, 1923 in Weird Tales, Vol. 2, No. 3.

I am writing this under an appreciable mental strain, since by tonight I shall be no more. Penniless, and at the end of my supply of the drug which alone, makes life
endurable, I can bear the torture no longer; and shall cast myself from this garret window into the squalid street below. Do not think from my slavery to morphine that I am a weakling or a degenerate. When you have read these hastily scrawled pages you may guess, though never fully realise, why it is that I must have forgetfulness or death.

  It was in one of the most open and least frequented parts of the broad Pacific that the packet of which I was supercargo fell a victim to the German sea-raider. The great war was then at its very beginning, and the ocean forces of the Hun had not completely sunk to their later degradation; so that our vessel was made a legitimate prize, whilst we of her crew were treated with all the fairness and consideration due us as naval prisoners. So liberal, indeed, was the discipline of our captors, that five days after we were taken I managed to escape alone in a small boat with water and provisions for a good length of time.

 When I finally found myself adrift and free, I had but little idea of my surroundings. Never a competent navigator, I could only guess vaguely by the sun and stars that I was somewhat south of the equator. Of the longitude I knew nothing, and no island or coastline was in sight. The weather kept fair, and for uncounted days I drifted aimlessly beneath the scorching sun; waiting either for some passing ship, or to be cast on the shores of some habitable land. But neither ship nor land appeared, and I began to despair in my solitude upon the heaving vastness of unbroken blue.

The change happened whilst I slept. Its details I shall never know; for my slumber, though troubled and dream-infested, was continuous. When at last I awakened, it was to discover myself half sucked into a slimy expanse of hellish black mire which extended about me in monotonous undulations as far as I could see, and in which my boat lay grounded some distance away.

 Though one might well imagine that my first sensation would be of wonder at so prodigious and unexpected a transformation of scenery, I was in reality more
horrified than astonished; for there was in the air and in the rotting soil a sinister quality which chilled me to the very core. The region was putrid with the carcasses of decaying fish, and of other less describable things which I saw protruding from the nasty mud of the unending plain. Perhaps I should not hope to convey in mere words the unutterable hideousness that can dwell in absolute silence and barren immensity. There was nothing within hearing, and nothing in sight save a vast reach of black slime; yet the very completeness of the stillness and the homogeneity of the landscape oppressed me with a nauseating fear.

 The sun was blazing down from a sky which seemed to me almost black in its cloudless cruelty; as though reflecting the inky marsh beneath my feet. As I crawled into the stranded boat I realised that only one theory could explain my position. Through some unprecedented volcanic upheaval, a portion of the ocean floor must have been thrown to the surface, exposing regions which for innumerable millions of years had lain hidden under unfathomable watery depths. So great was the extent of the new land which had risen beneath me, that I could not detect the faintest noise of the surging ocean, strain my ears as I might. Nor were there any sea-fowl to prey upon the dead things.

 For several hours I sat thinking or brooding in the boat, which lay upon its side and afforded a slight shade as the sun moved across the heavens. As the day
progressed, the ground lost some of its stickiness, and seemed likely to dry sufficiently for travelling purposes in a short time. That night I slept but little, and the next day I made for myself a pack containing food and water, preparatory to an overland journey in search of the vanished sea and possible rescue.

 On the third morning I found the soil dry enough to walk upon with ease. The odour of the fish was maddening; but I was too much concerned with graver things to mind so slight an evil, and set out boldly for an unknown goal. All day I forged steadily westward, guided by a far-away hummock which rose higher than any other elevation on the rolling desert. That night I encamped, and on the following day still travelled toward the hummock, though that object seemed scarcely nearer than when I had first espied it. By the fourth evening I attained the base of the mound, which turned out to be much higher than it had appeared from a distance, an intervening valley setting it out in sharper relief from the general surface. Too weary to ascend, I slept in the shadow of the hill.

  I know not why my dreams were so wild that night; but ere the waning and fantastically gibbous moon had risen far above the eastern plain, I was awake in a cold perspiration, determined to sleep no more. Such visions as I had experienced were too much for me to endure again. And in the glow of the moon I saw how unwise I had been to travel by day. Without the glare of the parching sun, my journey would have cost me less energy; indeed, I now felt quite able to perform the ascent which had deterred me at sunset. Picking up my pack, I started for the crest of the eminence.

 I have said that the unbroken monotony of the rolling plain was a source of vague horror to me; but I think my horror was greater when I gained the summit of the mound and looked down the other side into an immeasurable pit or canyon, whose black recesses the moon had not yet soared high enough to illumine. I felt myself on the edge of the world, peering over the rim into a fathomless chaos of eternal night. Through my terror ran curious reminiscences of Paradise Lost, and Satan's hideous climb through the unfashioned realms of darkness.

 As the moon climbed higher in the sky, I began to see that the slopes of the valley were not quite so perpendicular as I had imagined. Ledges and outcroppings of rock afforded fairly easy footholds for a descent, whilst after a drop of a few hundred feet, the declivity became very gradual. Urged on by an impulse which I cannot definitely analyse, I scrambled with difficulty down the rocks and stood on the gentler slope beneath, gazing into the Stygian deeps where no light had yet penetrated.

  All at once my attention was captured by a vast and singular object on the opposite slope, which rose steeply about a hundred yards ahead of me; an object that gleamed whitely in the newly bestowed rays of the ascending moon. That it was merely a gigantic piece of stone, I soon assured myself; but I was conscious of a distinct impression that its contour and position were not altogether the work of Nature. A closer scrutiny filled me with sensations I cannot express; for despite its
enormous magnitude, and its position in an abyss which had yawned at the bottom of the sea since the world was young, I perceived beyond a doubt that the strange
object was a well-shaped monolith whose massive bulk had known the workmanship and perhaps the worship of living and thinking creatures.

  Dazed and frightened, yet not without a certain thrill of the scientist's or archaeologist's delight, I examined my surroundings more closely. The moon, now near the zenith, shone weirdly and vividly above the towering steeps that hemmed in the chasm, and revealed the fact that a far-flung body of water flowed at the bottom, winding out of sight in both directions, and almost lapping my feet as I stood on the slope. Across the chasm, the wavelets washed the base of the Cyclopean monolith, on whose surface I could now trace both inscriptions and crude sculptures. The writing was in a system of hieroglyphics unknown to me, and unlike anything I had ever seen in books, consisting for the most part of conventionalised aquatic symbols such as fishes, eels, octopi, crustaceans, molluscs, whales and the like. Several characters obviously represented marine things which are unknown to the modern world, but whose decomposing forms I had observed on the ocean-risen plain.

 It was the pictorial carving, however, that did most to hold me spellbound. Plainly visible across the intervening water on account of their enormous size was an array of bas-reliefs whose subjects would have excited the envy of a Dore. I think that these things were supposed to depict men -- at least, a certain sort of men; though the creatures were shown disporting like fishes in the waters of some marine grotto, or paying homage at some monolithic shrine which appeared to be under the waves as well. Of their faces and forms I dare not speak in detail, for the mere remembrance makes me grow faint. Grotesque beyond the imagination of a Poe or a Bulwer, they were damnably human in general outline despite webbed hands and feet, shockingly wide and flabby lips, glassy, bulging eyes, and other features less pleasant to recall. Curiously enough, they seemed to have been chiselled badly out of proportion with their scenic background; for one of the creatures was shown in the act of killing a whale represented as but little larger than himself. I remarked, as I say, their grotesqueness and strange size; but in a moment decided that they were merely the imaginary gods of some primitive fishing or seafaring tribe; some tribe whose last descendant had perished eras before the first ancestor of the Piltdown or Neanderthal Man was born. Awestruck at this unexpected glimpse into a past beyond the conception of the most daring anthropologist, I stood musing whilst the moon cast queer reflections on the silent channel before me.

 Then suddenly I saw it. With only a slight churning to mark its rise to the surface, the thing slid into view above the dark waters. Vast, Polyphemus-like, and
loathsome, it darted like a stupendous monster of nightmares to the monolith, about which it flung its gigantic scaly arms, the while it bowed its hideous head and
gave vent to certain measured sounds. I think I went mad then.

 Of my frantic ascent of the slope and cliff, and of my delirious journey back to the stranded boat, I remember little. I believe I sang a great deal, and laughed oddly when I was unable to sing. I have indistinct recollections of a great storm some time after I reached the boat; at any rate, I knew that I heard peals of thunder and other tones which Nature utters only in her wildest moods.

  When I came out of the shadows I was in a San Francisco hospital; brought thither by the captain of the American ship which had picked up my boat in mid-ocean. In my delirium I had said much, but found that my words had been given scant attention. Of any land upheaval in the Pacific, my rescuers knew nothing; nor did I deem it necessary to insist upon a thing which I knew they could not believe. Once I sought out a celebrated ethnologist, and amused him with peculiar questions regarding the ancient Philistine legend of Dagon, the Fish-God; but soon perceiving that he was hopelessly conventional, I did not press my inquiries.

 It is at night, especially when the moon is gibbous and waning, that I see the thing. I tried morphine; but the drug has given only transient surcease, and has drawn me into its clutches as a hopeless slave. So now I am to end it all, having written a full account for the information or the contemptuous amusement of my fellow-men. Often I ask myself if it could not all have been a pure phantasm -- a mere freak of fever as I lay sun-stricken and raving in the open boat after my escape from the German man-of-war. This I ask myself, but ever does there come before me a hideously vivid vision in reply. I cannot think of the deep sea without shuddering at the nameless things that may at this very moment be crawling and floundering on its slimy bed, worshipping their ancient stone idols and carving their own detestable likenesses on submarine obelisks of water-soaked granite. I dream of a day when they may rise above the billows to drag down in their reeking talons the remnants of puny, war-exhausted mankind -- of a day when the land shall sink, and the dark ocean floor shall ascend amidst universal pandemonium.

 The end is near. I hear a noise at the door, as of some immense slippery body lumbering against it. It shall not find me. God, that hand! The window! The window!



blueorb at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月26日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集

c4ae2e51.jpgクトゥルフ神話〜ラヴクラフト全集

★最近のクトゥルフ神話系の出版物の勢いは凄いものがあります。先日のTHE ENCYCLOPEDIA CTHULHUIANA(以下EC)もそうですが、クトゥルフ神話に対する熱い思いが伝わります。勿論クトゥルー神話辞典第3版をはじめとする各種日本のクトゥルフ系ガイドブックもです。本当にうれしく思います。皆さんの熱い思いと業績にただただ頭の下がる思いです。自分も初心にかえりがんばります。そんななかでラヴクラフト全集を読むとじわっときますね。全集の1巻を読むとなおさらです。

インスマウスの影 The Shadow over Innsmouth
壁のなかの鼠 The Rats in the Wall
死体安置所にて In the Vault
闇にささやくもの The Whisperer in darkness

初めて読んだときのことを思いだしながら、読むと本当に懐かしい…特にインスマス…の影



blueorb at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月23日

クトゥルフ神話〜エンサイクロペディア・クトゥルフ発売!!!

3a522454.JPGクトゥルフ神話〜エンサイクロペディア・クトゥルフ発売!!!

★本日エンサイクロベディア・クトゥルフが発売になりました。直前まで情報が限られ心配しましたが、サプライズ発売ですね。やきもきしましたが発売されてほっとしました。本日は狩りに期待せず、書店を放浪したが、棚に1冊あったのを見つけ、秒で手に取り捕獲しました。正に秒です。0.05秒くらいです。多分人生で一番早い手の動きで、自分でも信じられない速さでした。やれば、出来る子それが確認できました。まず作品ですが




THE ENCYCLOPEDIA CTHULHUIANA
エンサイクロペディア・クトゥルフ

ダニエル・ハームズ著
坂本雅之訳
新紀元社 1800円(税別)

目次
はじめに P5
クトゥルフ神話の固有名詞の発音 P17
エンサイクロペディア P18
補遺A 「ネクロノミコン」の歴史 P294
補遺B 「ネクロノミコン」の所蔵場所 P303
補遺C 「ネクロノミコン」の内容 P307
補遺D クトゥルフ神話年表 P309
参考図書 P322


雑感ですが、ひたすら固有名詞の解説です。絵や図はほとんどありません。作家紹介・作品紹介のものは特別の項目で説明するような感じではありません。固有名詞の発音と紹介が詳細に記載されており、英語の辞書をよんでしる感じがしました。日本の文献ではあまり見かけない固有名詞も多く、読み応えはあります。

blueorb at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月17日

クトゥルフ神話〜二重螺旋の悪魔

クトゥルフ神話〜二重螺旋の悪魔

★二重螺旋の悪魔(梅原克文)上下巻

遺伝子操作監視委員会に所属する深尾直樹は、ライフテック社で発生した事故調査のため、現地に急行した。直樹はそこで、かつての恋人・梶知美が実験区画P3に閉じ込められていることを知る。だが、すでに現場はおびただしい血で染め上げられた惨劇の密閉空間に変質していた…
事故の真相に見え隠れするDNA塩基配列・イントロンに秘められた謎。その封印が解かれるとき、人類は未曾有の危機を迎える!
恐怖とスリルの連続するバイオホラー。

ボリュームはありますが、読み易くかつ読み応えあります。




blueorb at 21:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年02月06日

クトゥルフ神話〜白蛆の襲来

クトゥルフ神話〜白蛆の襲来

★白蛆の襲来(C・A・スミス)ク・リトル・リトル神話集より
エンディング

余のここに語り終えた幾多の事実について。種々の物語が生まれた。それらは広く伝わり、いまや大陸ムー・スランをはじめとしてすべての極北の王国、島嶼を通じて語られるに至った。しかし、かような物語は真実を語ってはいない。なぜなら、今に至るまで、ことの真相を知り得た者はいなかったからである。しかるに、余、魔道士エイボンは口寄せの術によって、遙けき海原に彷徨うエヴァクの魂魄を呼び出した。余は、かくして白蛆襲来の真の経緯を知るに至ったのである。
この物語を余の大冊「エイボンの書」に書き記すにあたり、余はいくつかのことどもを伏せることとした。人心の脆さとその正気を思い遺れば、けだし欠くべからざる処置であろう。この記録は。、古えの学の膨大な知見に立ち混じり、人びとに読み継がれることとなろう。巨大な氷山の到来と溶失の物語が遙かな昔語りとなる日まで。





blueorb at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月11日

クトゥルフ神話〜クトゥルー神話辞典第3版発売について

378f9872.jpgクトゥルフ神話〜クトゥルー神話辞典第3版発売について

★クトゥルー神話辞典(第3版)東 雅夫著の詳細が確定のようです。以下学研M文庫サイトより

クトゥルー神話事典 第三版
東 雅夫

異形の神々、迫り来る妖気、禁断の魔道書群――怪奇幻想文学の巨匠H・P・ラヴクラフトが創造した宇宙的恐怖の世界は、コリン・ウィルスン、スティーヴン・キング、ボルヘスほか数多の作家たちを巻き込み、壮大なる暗黒神話大系に発展をとげた。その変遷を跡づける通史に始まり、詳細な関連用語解説、作家・作品ガイド、年表により、クトゥルー神話の全容を明かす決定版事典。大増補・全面改訂による最新版、登場!

定価:1050円(5%税込)
ISBN978-4-05-900460-8

学研M文庫
http://www.gakken.co.jp/m-bunko/

先日までは情報(価格)について錯綜していましたが、確定情報で安心しました。それで発売日は19日、ページ数は544頁とのことです。

第1版 P334
第2版 P455
第3版 P544

確実にボリュームが増えています。期待して待ちましょう。

星辰は正しい!!

blueorb at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月28日

クトゥルフ神話〜エンサイクロペディア・クトゥルフ の発売について

5f66be96.jpgクトゥルフ神話〜エンサイクロペディア・クトゥルフ の発売について

クトゥルフ神話〜エンサイクロペディア・クトゥルフ の発売について

★新紀元社の近刊案内での紹介ですが、…来年も凄いことになりそうです。以下完全コピーです。






ダニエル・ハームズ 著 坂本雅之 翻訳
A5判 304頁予定 予価:1,890円(税別) 2007年2月発売予定

★クトゥルフ神話は、H.P.ラヴクラフトをはじめとする作家たちによって100年近くにわたって書きつながれてきた巨大な神話大系である。
本書はそのクトゥルフ神話の研究者ダニエル・ハームズ氏があらゆる神話作品やラヴクラフトの書簡などを調べあげ、神話に登場するさまざまな用語を整理・分析した成果である。

【掲載予定項目】

 ★項目数は数百!
クトゥルフ神話に登場する神格(グレート・オールド・ワン、外なる神、旧き神、異形の神)、アーティファクト、人物、魔道書、異界の種族、都市、惑星などなど。
かつてない膨大な情報が収録されている。
 ★神話研究者必携の書
項目名は日本語と英語、そしてハームズ氏の提案する発音を併記。
また、該当用語の初出と、主な出典が挙げられており、より深いクトゥルフ神話理解への導入としても役立つ。
 ★充実した補遺
『ネクロノミコン』の歴史、クトゥルフ神話年表、参考文献など、従来日本ではまとめられていなかった資料が付属。

来ましたね、遂に…これは凄いことです。つまり、イラスト資料&用語解説…の決定版になるかも知れない…そして手ごろな価格…有難う御座います。新紀元社様、社長様有難う御座います。それでこの記事について赤虫療養所様サイトでも詳細確認できます。右リンクからいって確認下さい。

新紀元社近刊サイト
http://www.shinkigensha.co.jp/kinkan/index.html

アマゾン紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/249-2787421-1273121?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=Encyclopedia+Cthulhiana&Go.x=11&Go.y=9

追記:来年はクトゥルー神話辞典、そして本日のエンサイクロペディア・クトゥルフ、その他もう1冊でます。もしかしたら、更に…ウォーな年になるかも知れません。

blueorb at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年12月11日

クトゥルフ神話〜「秘神界」英語版の第三巻「Straight to Darkness」について

クトゥルフ神話〜「秘神界」英語版の第三巻「Straight to Darkness」について

★秘神界の英語版の第三巻について、朝松先生のBLOG(右リンクあります)に記事がありましたので一部抜粋紹介します。

「第三巻」収録作品
朝松健 序文・ゆらぐ脳髄
Foreword;`Quivering Brainsterms`

ロバート・プライス 解説・クトゥルーv.s.ゴジラ 東宝はクトゥルー神話を映画化したか?

田中啓文 「邪宗門伝来秘史(序)」
The Secret Memoir of the Missionary-Proiogue

紀田順一郎 明治南島伝奇
A Keepake of Grandfather

佐野史郎 怪奇俳優の手帳
Horror Special

荒俣宏 道
The Road

竹内義和 清・少女
She Flows

小林泰三 C市
C City

友野詳 暗闇に一直線
Straight to Darkness

霜月蒼 異次元からの音、あるいは邪神金属
Sounds Out of Space ,or,Cthulhu Metal

定価/20ドル

日本人作家の小説はほとんどかえりみられないと言われるアメリカで、アンソロジーが売れないのが世界的傾向の出版界で、日本作家アンソロジーがとうとう第三巻に至ったではないか。黒田藩プレスと、プロデューサーのエドワード・リプセット氏の健闘をたたえたい。


とのことですが、やはり凄いですね。ラムレイやキャンベルやキングもきっと読んでいると思います。なにせ彼らもクトゥルフな方々なので、日本のクトゥルフシーンや作家については気になってるはずですから。
そして自分は思います。「クトゥルー」みたいに13巻ぐらい発行し、これでもかと言わんばかりに日本人作家のクトゥルフ神話作品を紹介してもらいたいと。



blueorb at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月07日

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

604c428d.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第2回

blueorb at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

b2a1c307.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第3回

blueorb at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

dbc40c97.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第4回

blueorb at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

ee89e680.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第5回

blueorb at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

84f03c89.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第6回

blueorb at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

1778d36c.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第7回

blueorb at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

7b8d8375.JPGクトゥルフ神話〜摩天楼の影(谷 弘兒)<クトゥルー倶楽部収録>

★摩天楼の影(谷 弘兒)

第8回(エンド)

blueorb at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月30日

クトゥルフ神話〜ALIA4(国際幻想文学アンソロジー全3巻)について

クトゥルフ神話〜ALIA4(国際幻想文学アンソロジー全3巻)

★イタリアの評論家・翻訳家・編集者のマッシモ・スマレさんが編集されたイタリア発の幻想小説アンソロジー「ALIA4」が1月発売になります。朝松先生のBLOGで情報確認できます。以下紹介記事抜粋です。


ALIA4(国際幻想文学アンソロジー全3巻)

総監修者:Silvia Treves
Massimo Citi

ALIA4 Giappone(『ALIA4 日本編』)

監修者・翻訳家:Massimo Soumare'

カバー:寺田克也

浅暮三文 「遠い」

朝松健 「紅紫の契」

小松左京 「蚊帳の外」

小中千昭 「原理主義的なる恐怖の始まり」

栗本薫 「走馬灯」

皆川博子 「流刑」

宮部みゆき 「いつも二人で」

津原泰水 「天使解体」

挿絵:芙似原由吏・哉井涼・上田朱


ALIA4 Italia(『ALIA4 イタリア編』)

監修者:Vittorio Catani
カバー:寺田克也

Danilo Arona 「Dagida」

Vittorio Catani 「Breve sosta in Antartide」

Massimo Citi 「Ola e Olb」

Alessandro Defilippi 「Viola」

Mario Giorgi 「Pater」

Consolata Lanza 「Alessandro il Grande vive e regna」

Fabio Lastrucci 「Il paradosso G」

Davide Mana 「Gli anni del tuono」

Massimo Soumare' 「Il sogno del Nord」

Silvia Treves 「Ansiolitico」

挿絵:
Dalmazio Frau alias Dalmatius
Chiara Negrini alias Ava Adore
Massimo Soumare'


ALIA4 Us, Uk & dintorni(『ALIA4 アメリカ、イギリスとその他編』)

監修者・翻訳家:Davide Mana
カバー:寺田克也

David Brin 「Lungfish」

Dennis Detwiller 「Drowning in Sand」

Cory Doctorow 「Craphound」

Nalo Hopkinson 「The Glass Bottle Trick」

Michael Moorcock 「The Greater Conqueror」

Chris Roberson 「Red Hands, Black Hands」

Charles Stross 「Lobsters」

Walter Jon Williams 「Daddy’s World」

挿絵:
Alessandro Bioletti alias MoMa KoN
Dalmazio Frau alias Dalmatius
Chiara Negrini alias Ava Adore


とのことです。日本・イアリア・英・米の3バージョンどれも読みたいです。ですが日本版…メンバー凄くないですか!?非常にゴージャスです。いや、これは日本勢がヨーロッパに進出の狼煙となる作品集かもしれません。期待して待ちましょう。

ALIA
http://www.arpnet.it/cs/alia/alia.htm


追記:東先生のBLOGでクトゥルー神話辞典の第3版のカバーデザインの打ち合わせの記事が載っていました。こちらも期待して待ちましょう。
追記2:クトゥルフ・ナウ!!!!!!!



blueorb at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)