クトゥルフ(作家紹介)

2008年02月14日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス

07a077e1.jpgクトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス

★アーカムハススHPよりオーガスト・ダーレスの紹介文。


I was born 24 February 1909, in Sauk City, a small, largely German village, pleasantly situated on the west bank of the Wisconsin River in south central Wisconsin, one of two children of William Julius and Rose Louise (Volk) Derleth, who were, respectively, of French-Bavarian and Prussian-Pennsylvania Dutch ancestry. My writing career had been decided upon before I left St. Aloysius parochial school at Sauk City, and, indeed, at thirteen I wrote my first stories, certain that I could do as well -- or as badly -- as the authors of the short "filler" stories which followed the feature accounts of Old and Young King Brady: Detective, in Secret Service, which supplemented my reading of The Young Catholic Messenger, the novels of Father Finn, the nature lore of Thornton Burgess, and the mysteries of A. Conan Doyle and Sax Rohmer. Three years later I sold my first story to Weird Tales, proving that I could indeed write as badly as the anonymous hacks who wrote for Secret Service.

If anything had been needed to shore up my determination to become a writer after discarding inclinations toward the law and musical composition, publication of my first story in 1926 served. I began to write in earnest -- for a while in collaboration with Mark Schorer, a schoolmate who has since become firmly established in academic circles as a critic and novelist -- but primarily on my own, devoting myself initially to detective stories and supernatural tales, and gradually expanding into realistic studies of life in my home milieu, which I called "Sac Prairie." I wrote throughout my four years at the University of Wisconsin (B.A. 1930), part of the time under the sympathetic guidance of novelist Helen Constance White, and throughout a brief editorial post with Fawcett Publications (as an editor on Mystic Magazine), then in Minneapolis. During my university years I wrote the first version of my autobiographical novel, Evening in Spring, and also the first group of pastiches of Sherlock Holmes, the Solar Pons stories, which, though immediately published in magazines, were not to see book publication until 1945 and after. By 1932, my first serious work -- the first portions of the Sac Prairie story -- was appearing in such distinguished little reviews as The Midland, This Quarter, Prairie Schooner, and others.

During this time I had evolved the plan to tell the story of Sauk City and its twin village, Prairie du Sac, in a sequence of approximately fifty books, combining novels, novellas, short stories, poetry, journal extracts, and miscellaneous prose under the collective title of the Sac Prairie Saga. This plan might have been stillborn had it not been for the encouragement of my maternal grandmother, Mrs. Elizabeth Volk, and the patience and forbearance of my parents, who permitted me to live at home for almost a decade after I left my position in Minneapolis early in 1931 and came home determined to do or die as a writer. The summer of 1931 was spent once more in collaboration with Mark Schorer in the writing of a series of pulp stories, one a day, and every day was given over in a large part to writing, with my only recreations then -- as now -- being swimming and long hikes into the hills and lowland areas of my native country.

In 1933, a notice of the formation of a new publishing company, Loring & Mussey, appearing in Author and Journalist, tempted me to try the mystery novel as a form. I wrote my first Judge Peck mystery, Murder Stalks the Wakely Family, in ten days, and with it won a contract with Loring & Mussey. The first book was published in 1934. Its writing was followed by a rapid succession of favorable events -- the achievement of a Roll of Honor status in the Edward J. O'Brien best short stories anthologies; the publication, in May, 1935, of my first serous book, a collection of related novelettes, Place of Hawks; a contract with Charles Scribner's Sons, then under the editorial guidance of the astute Maxwell Perkins; publication in 1937 of my first Sac Prairie novel, Still is the Summer Night, fulsomely praised by Sinclair Lewis, among others; and the awarding to me in 1938 of a Guggenheim Fellowship to continue my Sac Prairie saga.

It should not be thought that all my energies were devoted solely to writing. I found time also from the mid-1930's onward to conduct a Ranger's Club for young people; to serve as clerk and president of the local Board of Education; to serve as a parole officer for the County Court; to organize a local Men's Club and a Parent-Teacher Association, and to serve both in official capacities; to lecture in American Regional Literature at the University of Wisconsin; to further my collection of comics (as against adventure strips for morons), the world's largest, of which I hope to do a comprehensive study some day; and, in 1939, to found Arkham House Publishers, devoted to the work of the late H. P. Lovecraft, Lord Dunsany, Algernon Blackwood, A. E. Coppard, and others, with its associated imprints, Mycroft & Moran and Stanton & Lee. In 1941 I became literary editor of The Capital Times of Madison, Wisconsin, a position from which I resigned early in 1960.

In 1939 I bought ten acres of land just west of Sauk City, a locally historic, heavily wooded spot, and there had a house of stone built for me, largely by my father, a skilled carpenter, one large enough to house my comics collection, my personal library (12,000 books), my record collection, and my even larger Arkham House stock, a house from which I sallied forth to lecture chiefly within Wisconsin now and then (though I took a swing west and a post at Los Angeles State College in 1953), and to fill such posts as Visiting Lecturer in English at the University of Wisconsin. In 1953 I married, but the marriage ended in divorce in 1959, leaving me, happily, with the custody of our two children, April Rose and Walden William, who share in the same quality of affection which my parents lavished upon my sister and myself, for my parents then came to live with me to help rear the children. In 1960 I began editing and publishing a new little magazine of poems of man and nature, Hawk and Whippoorwill.

I have been called the most prolific and versatile of writers in the quality field. Something upward of 3,000 individual works of mine have been published in approximately 350 magazines here in abroad, including The Commonweal, Holiday, Story, The Catholic World, Extension, The Yale Review, The New Republic, Poetry, Redbook, (whose purchase of five novels caused my home, now named Place of Hawks, to be referred to as "the House the Redbook built!"), Coronet, Country Gentleman, The New Yorker, The Voice of St. Jude, Nature, The Dalhousie Review, Think, Good Housekeeping, The Saturday Review, The American Mercury, The English Journal, Scholastic, etc. etc. As of mid-1960, ninety of my books have been published, and some twenty are ready for publication.

My writing is in several distinct veins -- apart from occasional history (The Wisconsin, The Milwaukee Road); biography (Still Small Voice, H.P.L.: A Memoir); journals (Village Year, Village Daybook); etc. -- historical novels of (a) the Sac Prairie Saga (Wind Over Wisconsin, Restless Is the River, Shadow of Night -- which was accorded the accolade of being one of the best Catholic books of 1943 by the Cardinal Hayes Literature Committee) and (b) a secondary Wisconsin Saga (Bright Journey, The House on the Mound, The Hills Stand Watch); short stories of the Sac Prairie Saga (Country Growth, Sac Prairie People, Wisconsin in Their Bones); poetry (fifteen volumes, for the Selected Poems, among which, Edgar Lee Masters wrote one of his rare introductions); modern novels (Sweet Genevieve, Evening in Spring, The Shield of the Valiant); juveniles (The Moon Tenders, The Mill Creek Irregulars, The Pinkertons Ride Again, Country of the Hawk, The Captive Island, etc.); three Vision Books -- Father Marquette and the Great River, St. Ignatius and the Company of Jesus, Columbus and the New World -- part of a series for which the publishers and authors received the Apostolic Blessing of His Holiness, Pope John XXIII; supernatural fiction (The Lurker at the Threshold, Someone in the Dark, The Mask of Cthulhu, etc.); pastiches ("In Re: Sherlock Holmes", The Memoirs of Solar Pons, The Return of Solar Pons); and mystery novels (No Future for Luana, Mischief in the Lane, etc.).

I have never thought of myself as a Catholic author, but rather only as a writer who is Catholic, and, apart from a novel in progress (The Lock and the Key*) and juveniles, have made little attempt at Catholic writing. The principal influences of my formative years were Thoreau, Emerson. H. P. Lovecraft and H. L. Mencken, in that order; such Catholic influences as I am aware of are but two in number -- Augustine and Jacques Maritain, though I ought not to discount my admiration for Hilaire Belloc, G. K. Chesterton, François Mauriac, and Msgr. Ronald Knox, among outstanding Catholic authors. My literary influences, apart from Thoreau, were Thomas Hardy, Edgar Lee Masters, and Robert Frost, and, in work written purely entertainment, H. P. Lovecraft and Sir Arthur Conan Doyle.

My prolificacy is a matter of economic necessity, and I have no doubt that the quality of my work has suffered to some extent because of its necessary quantity. The variety of my writing in itself keeps me from tiring of the creative process. One reviewer said of me in reviewing Village Year that it was evident that I had "traveled as widely in Sac Prairie as Thoreau did in Concord," which has always been my intention, since Sac Prairie is not only the center of my world but also the microcosm which reflects the macrocosm. I am much attached to this corner of the earth, not only because my family has lived here for over a century, but because it possesses great natural beauty in abundance, and it affords me that continuity in time and place which I find necessary for my well-being as a person and as a writer.


arkhamhouse
http://www.arkhamhouse.com/augustderleth.htm



blueorb at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月23日

クトゥルフ神話〜祝R・E・ハワード生誕100周年記念!!2

クトゥルフ神話〜祝R・E・ハワード生誕100周年記念!!2

★新訂版コナン全集2巻<魔女誕生>に収録されてるラヴクラフトによる追想の一部抜粋

…南西部の生活のさまざまな局面に慣れ親しんでいたハワード氏は半田園の環境にあるテキサス州クロス・プレインズという町に両親と同居していた。彼が従事した職業は文筆のみであった。読書の趣味には、アメリカ南西部、先史時代のイギリスとアイルランド、先史時代の東洋やアフリカほどかけ離れた分野における深遠な歴史的調査が含まれていた。文学においては、繊細さよりも雄々しさを好み、モダニズムは断固として退けた。故ジャック・ロンドンが彼の偶像のひとりであった。政治的にはリベラルであり、あらゆる形の社会的不正義を痛烈に糾弾した。なによりの楽しみはスポーツと旅行であり---後者は、歴史的省察がびっしりと綴られた愉快な長文の書簡に結実するのが常であった。ユーモアは得手ではなかったが、いっぽうでは鋭いアイロニーの感覚をそなえており、他方では温情、真心、陽気さをふんだんに持ち合わせていた。多くの友人には恵まれていたものの、ハワード氏はいかなる文学的派閥にも属しておらず、「芸術」愛好のあらゆる宗派を忌み嫌っていた。氏が重きを置くのは、学識よりも体力と人柄であった。幻想小説の分野における作家仲間と興味深い長文の手紙をやりとりしていたものの、生身ではそのうちのひとり---才能豊かなE・ホフマン・プライス。その多様な作品は氏に多大な感銘をあたえた---としか会ったことがなかった。
ハワード氏は身長6フィート近く、生まれつきの闘士のたくましい体格をそなえていた。ケルトの血筋を表す青い目をのぞけば、髪も肌も黒かった。晩年の体重は平均して195ポンド前後。常に親切で、精力的な生き方を心がけた彼が、自身の有名なキャラクター---無敵の戦士、冒険者、玉座の簒奪者であるキンメリアのコナンを思わせたとしたら、おそらく単なる偶然ではない。彼が三十歳で亡くなったことは第一級の悲劇であり、幻想小説界はその打撃からしばらくは立ち直れないであろう。ハワード氏の蔵書は、ハワード・ペイン・カレッジに寄贈されており、書籍、草稿、書簡から成るロバート・E・ハワード記念コレクションの中核となるはずである。

blueorb at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月22日

クトゥルフ神話〜祝R・E・ハワード生誕100周年記念!!

f47350f6.jpgクトゥルフ神話〜祝R・E・ハワード生誕100周年記念!!

★本日1月22日はR・E・ハワードの誕生日です。そして生誕100周年記念です。1906年1月22日生誕、1936年6月11日急逝つまり今年は生誕100周年でもあり、没後70年にもあたります。クトゥルフ神話作品では、創元推理文庫から「黒の碑」(ハワードのクトゥルー神話集)がありますし、青心社のクトゥルーにも作品を確認できます。我々にとっては偉大なクトゥル−神話作家でありますが、ハワードはその才能を如何なく発揮し多くの作品を残しています。その中でも代表的なものが<コナン>シリーズです。ヒロイック・ファンタジーと呼ばれる冒険ファンタジーですが、このコナンシリーズの後に、ハワードのコナンシリーズを形容するピッタリとくる言葉がなく、ある作家が、ヒロイック・ファンタジーと名付けました。
かのH・P・ラヴクラフトも彼の作品や才能を称え、文通(膨大な)もしていました。2丁拳銃のボブと呼び親交を深めました。そのハワードの代表作の<コナン>ですが去年から新訂で東京創元社から発売されています。全6巻予定で今は2巻まで発売されています。その2巻の巻末にはラヴクラフトによるハワードに対する追想が載っています。このコナンシリーズですが

1万2千年前、アトランティスが海中に没したのち、
現存する歴史が記されるまでの空白期に、
ハイボリア時代なるものが存在した。
この時期の伝承を伝える年代記は、
キンメリア生まれの英雄コナンの事跡を記している。

との説明からもわかるようにハイボリアを舞台としておりこのコナンの舞台ではヨーロッパ・アフリカ・中東世界を中心にすえています。があくまで世界感はコナンの世界で、読むものを魅了するのです。以下東京創元社のサイトより


刊行のことば

中 村 融 

2006年は、ロバート・E・ハワードの生誕100周年、没後70周年にあたる。そういう節目の年に〈新訂版コナン全集〉を世に送りだすことになったのは、なにかの縁という気がする。
ハワードが創造した蛮人コナンというキャラクターは、ヒロイック・ファンタシーの代名詞的存在だ。エキゾチックな超古代世界を舞台に、長剣をひっさげた野生児が、邪悪な魔術師や原始の怪物と戦う物語は、1930年代に一世を風靡し、ヒロイック・ファンタシーというジャンル成立の原動力となった。この蛮人戦士の物語は、1960年代に華々しく復活し、一大ベストセラーを記録するほか、コミックスや映画の世界にも進出した。ハワード以外の作家による続編もつぎつぎと書かれ、たとえば〈時の車輪〉シリーズで絶大な人気を誇るロバート・ジョーダンは、〈コナン〉シリーズの模作で名をあげた人である。もちろん、影響力も絶大で、わが国の〈グイン・サーガ〉(栗本薫)をはじめとして、その後継者は枚挙にいとまがない。

もっとも、コナンというキャラクターが独立して世に広まったおかげで、ハワード自身の原典の影が薄くなった感は否めない。そこで今回の新訂版では、日本独自の編集によりハワードの原典に忠実な全集をめざすことにした。すなわち、ハワード自身が完成させた21篇に関しては雑誌掲載前のタイプ原稿から翻訳を起こし、未完成の5篇に関しては、梗概や未完の草稿のまま翻訳を載せることにしたのだ。重ねて強調しておくが、これらは後代の手がいっさい加わっていないハワード・オリジナル・コナンである。

このほか本邦初訳となる詩や、シリーズに関する覚え書きをすべて収録。さらには同時代の証言として、H・P・ラヴクラフト、E・ホフマン・プライスの回想記、ハワードの父親I・M・ハワードの手紙を収録した。


コナンシリーズはいいですよ。ハワードに少しでも興味を持ったらぜひ読んで欲しいと思います。そして最後に…





この偉大なる作家とロードアイランドの夢想家がクトゥルフ神話を創造し発展してくれたことを…2人のハワードに感謝したいと思います。








blueorb at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月21日

クトゥルフ神話〜スティーブン・キングについて

5505356b.JPGクトゥルフ神話〜スティーブン・キングについて

★本日9月21日が誕生日ということで…
アメリカを代表する現代ホラー作家。1947年9月21日アメリカ、メイン州ポートランドに生まれる。キングについては知ってる方も多いと思います。小説も結構出てますし、何より映画化されているものも結構あります。以下LIVEDOORキーワードより抜粋。

【主な作品】
キャリー(1974, 映画化)
シャイニング(1977, 映画化)
デッドゾーン(1979, 映画化)
ファイアスターター(1980, 映画化−映画版タイトルは「炎の少女チャーリー」)
クージョ(1981, 映画化−映画版タイトルは「クジョー」)
恐怖の四季(1982)
刑務所のリタ・ヘイワース(映画化「ショーシャンクの空に」)
ゴールデンボーイ(映画化)
スタンド・バイ・ミー(映画化)
マンハッタンの奇譚クラブ
ダーク・タワーシリーズ(1982〜)
第一巻「ガンスリンガー」(1982)
第二巻「運命の三人」(1987)
第三巻「荒地」(1991)
第四巻「魔道師と水晶玉」(1997)
第五巻「カーラの狼(The Wolves of the Calla)」(2003,日本未発売)
第六巻「スザンナの歌(Song of Susannah)」(日本未発売)
第七巻「ダーク・タワー(The Dark Tower)」(日本未発売)
ペット・セマタリー(1983, 映画化−映画版タイトルは「ペット・セメタリー」)
IT-イット-(1990,映画化)
ミザリー(1987, 映画化)
ニードフル・シングス(1991, 映画化)
グリーンマイル(1996, 映画化)
アトランティスのこころ(1999, 映画化)
ドリームキャッチャー(2001, 映画化)

という感じです。
それでキング自身の略歴としては幼くして両親が離婚し、母方により育てられる。12歳のころ、キングは叔母の家の屋根裏で父の残したペーパーブック群を見つける。その中にラヴクラフトの短編やウィアード・テイルズ系作家の作品に触れたことでクトゥルフ神話との出会いとなる。
1966年に高校を卒業後、オロノにあるメイン大学に入学し、1970年に卒業する。 大学2年から学内新聞の「ザ・メイン・キャンパス」のコラムを毎週書くようになる。キングはタビサ・スプルースと、大学時代図書館でのアルバイト中に知り合い、1971年の1月に結婚する。結婚してまもない頃、キングは男性雑誌に小説を売り続け、この時代に書かれた短編は、「深夜勤務(原題:Night Shift)」にその他の作品と一緒にまとめられている。
同年の秋、キングはメイン州の公立高校ハンプトン・アカデミーで英語のクラスを教え始める。 この間は、小説は夜間や週末に執筆することで、創作活動を続けていった。
1973年の春に、米国大手出版会社のダブルデイ社が小説「キャリー(原題:Carry)」の出版を引き受けたことで、キングは教職を離れ、小説家として一本立ちする決心をする。
「キャリー」は1974年の春に出版され、その後映画化されてヒットする。その後は出す著作が立て続けにヒットし「キング名義なら電話帳でも売れる」といわれるほどになり2005年には年収6000万ドル!!になる。別名義<Richard Bachman>リチャード・パックマンでも著作があります。クトゥルフ神話のファンならあの人物を思い浮かべます…ラヴクラフトの「ピックマンのモデル」のリチャード・アプトン・ピックマン…そうキングは紛れも無くラヴクラフト(クトゥルフ神話)の影響を強く受けています。作品中にも固有名詞が出てくる作品もあります。非神話作品が多いのですが読みやすい(長編が多い)作品で多くのファンを魅了している。



blueorb at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月07日

クトゥルフ神話〜巨星、矢野 浩三郎先生の訃報に際して

d82c8dc1.jpgクトゥルフ神話〜巨星、矢野 浩三郎先生の訃報に際して

★3月26日午後7時45分、骨髄性白血病のため神奈川県相模原市の病院でお亡くなりになりました。享年69歳。福岡県出身で自宅は相模原市若松5の5の1・・・葬儀・告別式はずでにとり行われたようで、後日先生を偲ぶ会が開かれるとのことです。先生の訃報については朝松先生、東先生のBLOGでも記述が御座います。またMIXIのクトゥルフ関連コミュで朝松先生が記述されていますのでご存知の方も多いと思います。スティーブン・キング、ケン・フォレットの翻訳が知られていますが、我々にとっては国書刊行会の定本ラヴクラフト全集の編集や監訳に関わり早くからラヴクラフトやクトゥルフ神話の紹介にご尽力されたのです。自分は定本ラヴクラフト全集の10巻の解説や年譜は特に思いいれがあります。明星大学の教授でもあられて翻訳、日英比較文化を担当していらっしゃいました。明星大学は東京西部の青梅と日野にキャンパスがあり、今にして思えば自分の住んでいたエリアだったのでお会いできる機会があれば会える距離でしたのが悔やまれます。最後に先生のゼミの紹介ページで学生に向けた言葉が印象に残りましたので紹介します。


「受験英語として中学・高校で学んできた、英文解釈や英文和訳のやりかたを忘れ去ってしまうことから、翻訳の第一歩が始まる」
 これが翻訳の実習や理論の授業で、私が最初に学生諸君に言うせりふです。その真意は、翻訳がたんなる英語の勉強ではない、ということ。それは英語を素材にして、どんな日本語の料理を作りあげるか、という実践なのです。みなさんも、おいしい日本語料理作りにぜひ参加してみてください。


プロとはかくあるべき・・・との重みを感じます。謹んで御冥福をお祈り申しあげます。


blueorb at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月24日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕97周年に際して

f9b0d4ea.jpgクトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕97周年に際して

★本日、2月24日はダーレスの誕生日です。クトゥルフ神話育ての父・・・ダーレス・・・
ダーレスの功績については、今更改めて語ることはないぐらい語り尽くされている感がありますが、その貢献度はやはり計り知れないものがあります。もしダーレスがいなかったら・・・、もしラヴクラフトとの出会いがなかったら・・・、考えただけで、ぞっとします。もしかしたら自分達はラヴクラフトにも、クトゥルフ神話にも出会えなかったかもしれないから。そうです、全て今あるのも彼が師ラヴクラフトの作品を残すべく尽力したからです。実際に会ったことがない師ラヴクラフトの作品を残す為、彼がアーカムハウスを立ち上げ、後継作家(第二世代の作家たちブライアン・ラムレイやラムジー・キャンベル等)を育成し、クトゥルフ神話の普及のために宣伝・活動したからです。改めて思うところは大なのです。そして彼はそれらに成功し執念をもってやり遂げました。そんな彼の写真を御覧下さい。自信に満ち、満足そうな表情はやり遂げた男の顔そのものです。「GOOD JOB!!」そんな言葉を掛けたくなります。いやそんな言葉では言い表せないほどの感謝の念でいっぱいです。ダーレスありがとう・・・

blueorb at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年07月06日

クトゥルフ神話〜フレッド・チャペルについて

5787edc8.jpgクトゥルフ神話〜フレッド・チャペルについて

★フレッド・チャペル(Fred Chappel)1936−
アメリカの作家・詩人・英文学者。ノースカロライナのキャントン生まれ。
デューク大学を1961年に卒業し、1964年に大学の恩師の助力もあり作家デビューをする。普通小説It is Time'Lordを発表し作家生活が始まる。詩作にも励み、評論家やエッセイストとしても活躍。彼の短編は5度ベスト・アメリカン・ショート・ストーリーズに選ばれている。またロックフェラー文芸奨励賞、イェール大学ボーリンゲン賞などいくつもの賞を受賞している。また「暗黒神ダゴン」のフランス語版ではフランス文学アカデミーが選ぶ、最優秀海外文学賞も獲得する。チャペルは妻スーザンとともに北カリフォルニアのグリーンズボローに暮らす。北カリフォルニア大学で教鞭を勤める傍ら文芸活動をしていたが、現在はリタイア。クトゥルフ神話系作品は「暗黒神ダゴン」創元推理文庫「恐るべき物語」(ラヴクラフトシンドローム収録)アトリエOCTAなど。チャペルは普通小説がメインでラヴクラフトサークルのメンバーではないが、1951年当時15歳だったチャペルはコンベンションに出向き、フレドリック・ブラウンに会う、そこで遠くからフリッツ・ライバーを見る機会がありその体験に感動し執筆活動に向かうきっかけになったという。ダーレスは「暗黒神ダゴン」が1968年に初めて出版されたとき、その年の傑作のひとつと評した。

追記:「暗黒神ダゴン」は結構評価の分かれる作品ですので、その辺も考慮して購入下さい。

blueorb at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月04日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレスについて

3a024f51.jpgクトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレスについて

★オーガスト・ダーレス(August William Derleth)
1909年2月24日〜1971年7月4日
今日は、「クトゥルフ神話育ての父」のあなたの他界した日です。奇しくもアメリカの独立記念日・・・。あなたの功績に対し今まで多くの賛辞が寄せられました。イギリスではオーガスト・ダーレス賞が創設されましたし、アメリカはもとより世界各地のクトゥルフファンはあなたに感謝しています。あなたがラヴクラフトと出会い(実際には対面する機会が無かったにも関わらず)師の作品を残すべくアーカムハウスを立ち上げ今も存続しています。そして何よりクトゥルフ神話がまだ生きています。脈々と・・・そして近年日本では力強く開花し、ムーブメントが今では当たり前のように・・・。あなたの作品はクトゥルフ神話を分り易くする為、神話アイテムや呪文、固有名詞などがふんだんに散りばめられ、輝いています。あなたの作品の「シュリュズベリイ博士」が出てくる連作はとても楽しく読めました。最近では「イア!イア!ハスター!」が合言葉のように普通に使える自分がいます。そして今日NASAでは探査機「ディープインパクト」の衝突映像が公開され、宇宙に対する人類の挑戦が成功したことが証明されました。多くの科学的データや理論で宇宙のことが知られるようになりましたが、あなた方が創造した神話世界(宇宙)はこれからも広がり語り続けられるでしょう。以下あなたに対する思いでしめたいと思います。

ダーレス、本当に有難う。あなたの執念と行動と神話に対する愛は永遠で
す。




blueorb at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月26日

クトゥルフ神話〜ヒュー・バーネット・ケイブ

クトゥルフ神話〜ヒュー・バーネット・ケイブ

★ヒュー・バーネット・ケイブ(Hugh Barnett Cave)
1910年?月?日〜2004年6月27日
アメリカの作家。イギリス、チェシャー州チェスターに生まれる。5歳の時にアメリカに移住、1930年頃より「ウィアード・テイルズ」「ダイム・ミステリー」など各種パルプ・マガジンに作品を発表する。その後冒険物・ウェスタンなども手がけ作品数は800編以上になる。1949年から、ハイチやジャマイカに滞在しコーヒー園経営を始める。この頃の見聞をもとに「Haiti:Highroad to Adventure」52年と「the Witching Lands」62年などヴードゥー関連の2著を刊行。
ケイブはラヴクラフトサークルの作家ではないが、邦訳のある「四次元の妖怪」(国書刊行会「ウィアード・テールズ3」に収録)でも粘着質の異次元妖怪に襲来という神話作品との共通の雰囲気のテーマを扱っている。身近な作品としては、「臨終の看護」(The Death Watch)1939年でクトゥルー5に収録されているものだろう。また朝松 健先生のBLOGにケイブの「暗黒魔術の島」がのっています。以下一部。


暗黒魔術の島

       ヒュー・B・ケイヴ
          竹岡 啓訳 



 ピーター=メイスをファイカナ島に連れてきたのはベラ=ゲイル号のブルック船長だった。
 若者が到着するまで私は彼に会っていないのだから、この物語の冒頭部はブルック船長の眼を通して語るべきだろう。
 そこで、私はしばし退場することにする。

 パペーテのジョーンセン交易商会がブルックにベラ=ゲイル号を提供したとき、彼は職にあぶれている最中だった。パペーテの大概の小さな会社と同じように、ジョーンセン商会が使っている二級の不定期貨物船もスクーナー式に帆装してあり、帆に風を受けて走るのだった。名のある船長なら、その中で一番ましな船でも引き受けようとはしなかっただろう。だがブルックは藁にもすがる思いだった。
 ファアイテに寄港し、北方のファカラヴァとタオウに向かってからラリオアで停泊して、スクーナーに積めるだけのコプラを取引するというのが彼の任務だった。彼は可能なら1カ月以内にパペーテへ戻ってくることになっていた。それから彼は旅客をひとり預かっていた。その旅客は白人で、ラリオアまで連れて行ってもらうことになっていた。
 その白人がピーター=メイスだった。もしも選べるものなら、ブルックはもっと頼もしい連れを選んだか、あるいは連れなど一人も選ばなかったことだろう。ピーター=メイスは不安げな表情をした痩せぎすの青年で、その双眸は何も見逃さなかった。歳はまだ25を越えていなかった。自分で語ったところによると、パペーテには3週間しか滞在していないとのことだった。


明日はケイブの一周忌ですので取り上げさせて頂きました。詳しくは朝松先生のBLOGで確認下さい。右のリンク先で行き、右のカテゴリーのクトゥルー神話の中にあります。




blueorb at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月06日

クトゥルフ神話〜水木しげる氏について

83d29417.jpgクトゥルフ神話〜水木しげる氏について

★水木しげる氏は「げげげの鬼太郎」で有名ね方ですが、クトゥルフ神話なども手掛けたことがあります。まず、簡単なプロフィールから。

水木しげる(本名 武良 茂 むら しげる)
大正11年(1922年)鳥取県境港市に生まれる。(現在は東京都調布市在)その後第二次世界大戦で1942年に戦争に召集され、ラバウルへ出兵し爆撃で左手を失う。戦後、武蔵野美術学校、紙芝居、貸本マンガを経て漫画家となる。悲惨な戦争体験から平和活動にも精力的に取り組む。クトゥルフ関連では「地底の足音」1963曙出版、1986年には朝日ソノラマ復刻された。内容は「水木版ダニッチ」というもの。とにかく水木しげるは偉大でその影響ははかり知れないのです。例えば、故郷の境港市の水木しげるロードは様々な妖怪のオブジェが多数あり現在も増えています。自分も行きましたが凄いです。あと境港では毎年妖怪ジャズフェスティバルが開催されています。又JR西日本の米子駅から境港駅までの駅名に妖怪オブジェを置いたりするそうです。又米子駅の「0」零番ホームを霊番ホームにするそうです。また最近ではCSで世界初の妖怪チャンネル「妖怪倶楽部」がフジテレビ721で放映が開始されました。(勿論水木プロも関係しています)とにかく凄い影響力です。ここでは語り尽くすことが出来ません。偉人です。1991年に紫綬褒章受賞するだけあります。

水木しげるの妖怪ワールド(オフィシャルHP)
http://www.japro.com/mizuki/set.html

境港ジャズフェスティバル2005HP
http://www.infosakyu.ne.jp/kairiku/

JR西日本NEWS 17年3月25日記事
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/050325d.html

CS妖怪倶楽部HP
http://www.kwai.org/cs/index.html

追記:お近くで「水木しげる展」などがありましたらぜひ足を運ばれることをお勧めします。



blueorb at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月20日

クトゥルフ神話〜荒俣 宏氏について

a72e4a5f.jpgクトゥルフ神話〜荒俣 宏氏について

★「トリビアの泉」などに出演されているので多くの方もご存知と思います。日本でのクトゥルフ神話の聡明期から活躍され、翻訳家・小説家・コラム・編集など幅広いフィールドで活躍されています。非常に博学で、本を読むのが大好きで寝る間を惜しんで、読書にあてるという。1947年7月12日生まれ(戸籍上は7月17日とも)出身は東京で、日本大学第二高等学校卒業、慶應義塾大学法学部に在学中より翻訳活動をしていた。卒業後は、日魯漁業(現ニチロ)でプログラマーとして勤務した。その後独立。とにかく幅広い守備範囲で、多くを説明しきれないのですが、百貨辞典の作成に関与して出版社に泊まりこみ、家に帰らず結局自身の部屋を獲得する。「帝都物語」の作者といえばより理解できるのではないでしょうか?
クトゥルフ神話関係では「ク・リトル・リトル・神話集」編集担当、「秘神界」(現代編)では「道」があります。ク・リトル・リトルはクトゥルフの呼び方の一つです。自分も昔なんでク・リトル・リトルなのか?と思ったことがありました。「道」ですが、ラヴクラフトの故郷を訪れたわたしが、ラヴクラウトの友人などから興味深いエピソードを聞き、方々を訪問してるうちに・・・。興味深いエピソードが記述されてますので、ラヴクラフトが好きだという方は必読かも。荒俣氏にはクトゥルフ神話関係をもっと書いて頂きたいと思うしだいです。それと所属芸能プロダクションが浅井企画で萩本金一や関根勤、小堺一機、キャイーンなどと同じです。文化人なのに意外でした。詳しい経歴は以下。

浅井企画
http://www.asaikikaku.co.jp/homepages/index.html

アラマタゲノム
http://www.geocities.co.jp/Bookend/6743/

追記:荒俣氏が以前イスラエルの死海に行ったとき、観光バスで朝一番速くついて泳ぐつもりだったらしいのだが、日本人らしき男が先に泳いでいた。その日本人を近くで見るとなんと、大村昆だったので驚いたらしい。世界は狭いですね。(大村昆は昔のオロナミンCや桃屋の「ごはんですよ」関係のキャラクターだった方です)

追記2:荒俣 宏氏は偉大です。一度は生で見たいです。噂では神保町で出没率が高いと聞いたことがあります。

人気blogランキングへ

blueorb at 23:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年04月10日

クトゥルフ神話〜佐野史郎氏について

8cb44ac7.jpgクトゥルフ神話〜佐野史郎氏について

★佐野史郎氏についてですが、多くの方もご存知の個性派俳優にして芸能界随一のクトゥルフ・フリークです。また活動も多彩で音楽・作家・舞台などマルチな才能を発揮しています。テレビドラマで「蔭洲升を覆う影」にも主演し、小説も書きます。「曇天の穴」(クトゥルー怪異録・学研M文庫)「怪奇俳優の手帳」(秘神界<現代編>・創元推理文庫)などです。佐野史郎氏は、本当にクトゥルフ神話が好きなようで、自身のHPのリンク先にも関連HPがありました。「曇天の穴」にはウボ=サスラ、ランドルフ・カーターが出てきますし、「怪奇俳優の手帳」にも色々出ています。世愚祖戸保巣(ヨグソトホース)蔭洲升(インスマス)、陀金秘密教団(ダゴン秘密教団)、根供呂埜身昏(ネクロノミコン)、壇爾馳村(ダニチ村)など。これからも、神話関連の作品を執筆して頂きたいと思います。活動としては、奥様とバンド活動もされCDも発売してます。一度テレビで見ましたがかっこ良かったです。作詞作曲もするなんて凄いですね。クトゥルー怪異録の中で菊地秀行氏と対談されてまして羨ましいと感じてしまいました。その中で佐野史郎氏のクトゥルフ神話作品(ラヴクラフト)ベスト3を述べていました。また神話の神々のベスト3も述べてました。以下。


1、銀の鍵の門を越えて
2、アウトサイダー
3、超時間の影

1、ウボ=サスラ
2、イタカ
3、ショゴス

渋すぎます。以下佐野 史郎氏のプロフィールとHPアドレスです。

★1955年★
3月4日/佐野史郎、山梨市に生まれる。魚座B型。
その2週間後から2才まで東京・代田橋で、7才まで桜台で育つ。
★1962年★(7才)
島根県松江市に帰り、乃木小学校1年生の3学期から編入。
★1971年★(16才)
4月/大東高等学校から松江南高等学校に1年生として編入。
★1974年★(19才)
4月/上京し美学校の中村宏油彩画工房で絵を学ぶと共に芝居をはじめる。
★1975年★(20才)
5月/出口典雄主宰の劇団シェイクスピアシアターの創立メンバーとして、渋谷ジャンジャンで初舞台。
以下HPで確認下さい。

橘井堂
http://www.kisseido.co.jp/

人気blogランキングへ

追記:佐野史郎氏は深いです。興味が尽きないです。冬彦さんは衝撃でした。怪奇俳優の演技手帳という本も執筆してますので興味のある方はそちらもどうぞ。

追記2:「佐野史郎全集」という形で神話作品のみの文庫本はどうでしょう?期待したいところです。勿論英語版を出して日本からの発信をするのです。





blueorb at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月02日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの笑顔(Boxing with FBL)

07f22b22.jpgクトゥルフ神話〜ラヴクラフトの笑顔(Boxing with FBL)

★先日掲示板で発見しました。ラヴクラフトとフランク・ベルナップ・ロングとボクシングの真似事をしている写真。お互いクロスカウンターばりにパンチを入れてます。写真の真偽はともかく信じたいですね。写真のラヴクラフトを見て下さい。楽しそうです、笑顔です。正直、涙、涙、涙・・・でした。笑顔の写真を見たことがないものですから・・・。掲示板で情報を提供して頂いた2chの【窓に!】 H.P.ラヴクラフト -5巻- 【窓に!】の761氏に感謝します。

写真の掲載HPアドレス
http://www.thevine.net/~fortress/fbl.htm

ラヴクラフト板
【窓に!】 H.P.ラヴクラフト -5巻- 【窓に!】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1105512368/l50
【お魚】 H.P.ラヴクラフト -4巻- 【嫌い】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1088002891/
それ以前
【ねこ】 H.P.ラヴクラフト -3巻- 【大好き】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1064489398/
H・P・ラヴクラフト -2巻-
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1034426359/

追記:写真の補足情報以下詳細
Sonny Belknap spars with "Grandpa Theobald" (aka H.P. Lovecraft) in
Flatbush, Brooklyn, NY, c. 1931. Photo by Wilfred Branch Talman





blueorb at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年03月23日

クトゥルフ神話〜日本経済新聞(大瀧啓裕氏の記事)

クトゥルフ神話〜日本経済新聞(大瀧啓裕氏の記事)

★先日の続きですが、日本経済新聞3月9日朝刊の文化面に大瀧啓裕氏の記事が載っていましたので記述します。(文化面は地方により異なります。首都圏版は44面、地方版はページ数が少ない為40面とか異なります。)以下詳細

「ラヴクラフト」完訳物語
◇20世紀最大の恐怖小説作家、全集を20年かけ翻訳◇
大瀧 啓裕

エドガー・アラン・ポーの衣鉢を継ぐ、二十世紀最大の恐怖小説作家と呼ばれるハワード・フィリップス・ラヴクラフトは1890年にアメリカのロード・アイランド州プロヴィデンスに生まれた。幼いころから創作に手を染める一方、天文学など科学の動向にも目を向け、こうして培われた科学精神を最大の武器として、恐怖小説に革命を起こした巨星である。
□  □  □
当初は傑作集の予定
作品傾向は活動期間を通じて変化しつづけたが、最終的には幻想宇宙年代記とでも呼ぶべきものを構築して、自作うぃすべて包含するという総合化を果たした。人類誕生以前の太古から人類絶滅後の未来にまでわたる、気宇壮大なヴィジョンの提出であり、従来の局所的な恐怖を、超越的な視点から宇宙的な恐怖に高めた斬新な技法は、恐怖小説のコペルニクス的転回と評されている。ラヴクラフトの幻想宇宙年代記を、さらに人間の視点から捉えなおしたものが、いわゆるクトゥルー神話にほかならない。
わたしは1983年に東京創元社の依頼を受けてラヴクラフト全集の翻訳に着手し、このたびようやく最終巻を上梓することができた。完結するのにおよそ二十年の歳月が流れたことになるが、これはラヴクラフトが翻訳家の生活を脅かす問題児でありつづけたことによる。この事情を簡単に説明しておこう。
もともと依頼されたのは、『ラヴクラフト傑作集』の続刊ということだった。二巻まで刊行されていたこの傑作集は、翻訳された時代の限界による問題点をいくつかはらみ、わたしもかねがね不満をいだいていたので、ラヴクラフトのさまざまな作風を代表する作品を選び、できるかぎり傑作集を編むことにした。
ところが原稿を送付したとたん、傑作集が全集に昇格したのである。苦労して翻訳したものがそのように評価されたことは、素直にありがたく思わなければならないが、正直なところは重荷でしかなかった。ラヴクラフトを翻訳するには大きな壁が二つもひかえているからである。
□  □  □
資料集めに膨大な時間
一つはテクスト問題であって、ラヴクラフトの作品は十分な校訂がなされないまま刊行されており、初出誌や原稿を参照しなくては、翻訳の定本を決定することもできない。傑作集ならテクスト問題の解消されたものを選べばすむが、全集ではすべての作品について調べあへる必要がある。校訂版と称するものも刊行されたが、手持ちの資料と照合すると不備が露呈し、全面的に信頼できるものではないことが判明した。
英米の古書店や古書収集家とのつきあいがあったので、このネットワークを総動員して、徹底したラヴクラフト狩りをはじめるしかなかった。ある古書店主から個人コレクションを譲られるなどの幸運にも恵まれ、初出誌や原稿のコピーをほぼ満足のいく程度まで集められたとはいえ、これに要した時間と費用は負担にすぎるものだった。
もう一つは翻訳作業そのものである。ラヴクラフトは十八世紀のイギリスに憧れ、古風な文体で執筆した。総じて一つの文章が長く、使用だれる語彙(ごい)も豊富である。原文のリズムやレヴェルを日本語に移しかえる作業は、ほとんど石に文字を刻みつけるのにも似た難行というしかない。
翻訳家の伎倆(ぎりょう)のかぎりを試されるような作業なので、翻訳は遅々として進まず、全集一巻分を訳了するのに、少なくとも半年はかかる。校正までふくめて二ヶ月以内に終えなければ、印税での生活は成りたたないので、翻訳家としては自殺行為というに近い。かつてのように本が売れる時代なら、他社の利益で補填(ほてん)することもできたが、いまや遠い昔のことでしかなく、まったく手のつけようのない状況が久しくつづいた。
□  □  □
次は決定版着手に意欲
長びく出版不況もややもちなおし、わたしも少しは身軽になりたいので、致命傷になるかもしれない出血は覚悟して、ついに全集を完結させることができた。わたしが関与していない二冊にふくまっる作品も、他社の短編集に収録するという形で翻訳したので、きわめて変則的な形ながら、ラヴクラフトの個人全訳を果たせるという自負にも動かされている。
ようやく重い荷をおろせたが、テクスト問題はほぼ解消し、翻訳の精度をさらに高めるだけになったいま、文庫版全集はいずれ絶版にして、決定版全集に着手したいと思ってしまうのだから、翻訳家の自尊心とは厄介なものである。

(大瀧 啓裕=翻訳家)



追記:掲載された日本経済新聞社様有難う御座いました。

blueorb at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月22日

クトゥルフ神話〜朝日新聞(大瀧啓裕氏の記事)

1ecd1339.jpgクトゥルフ神話〜朝日新聞(大瀧啓裕氏の記事)

★ネットで確認した方も多いと思いますが、朝日新聞3月8日夕刊記事にラヴクラフト全集の翻訳を担当された、大瀧啓裕氏の記事がのっていましたので記述します。以下朝日新聞の記事です。


ラヴクラフト全集、31年かけ完結
独特の奇想、日本の作家にも影響

怪奇小説を相次ぎ発表した米国の作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(1890〜1937)。その全小説を網羅した創元推理文庫の「ラヴクラフト全集」全7巻が、30年余をかけて完結した。1巻の初版は74年12月、6巻の刊行は89年11月。なぜこれほど長びいたのか。3巻以降の翻訳と編集を担当した翻訳家・大瀧啓裕(けいすけ)さん(53)に聞いた。  (今井邦彦)

ラヴクラフトは、「かつて地球を支配し、今は深海や地底に潜んでいる悪魔的な宇宙生命が、様々な形で人間社会へ干渉しようとしている」という独特な世界観を築いた。多くの作家に引き継がれ、「クトゥルー神話」という一大ジャンルを作り出した。今も小説や映画、マンガ、ゲームなど各方面で彼の世界観を共有する作品が作り続けられている。日本では作家の菊地秀行さんや、漫画家の諸星大二郎さんらにも影響を与えた。
大瀧さんは神学や神秘主義に詳しく、幻想文学を中心に活躍している翻訳家だ。学生時代からすでに約30年、ラヴクラフト作品の翻訳を手がけてきた。
83年、東京創元社からそれまで「ラヴクラフト傑作集」として2巻まで刊行されていた文庫の3巻目の翻訳を引き受けた。
「既刊の収録作品数は1巻が4本、2巻が3本で、少ないと感じた。3巻は収録作品数を8本に増やし、彼の創作の全体像が見えるように構成した」
大瀧さんのこの方針を出版社側は歓迎し、傑作集を全集に模様替えすることにした。
黒地に幻想文学ファンに人気の高い挿絵画家、ヴァージル・フィンレイによるラヴクラフトの肖像画をあしらった表紙は、大瀧さん自身のデザインだ。印象的な装丁の効果もあってか、同文庫では根強い人気のロングセラーになった。
ラヴクラフトの文章は古風なうえ、独特の言い回しが多く、翻訳者泣かせと言われる。たとえば代表作「アウトサイダー」の冒頭部分(大瀧訳)。稚き(いわけな)頃の記憶が、恐怖と悲哀のみしかもたらさぬ者こそ、不幸なるかな---。
「彼の文章は一つ一つが長いのが特徴。細切れにして訳せば楽ですが、独特のリズムは失われる。18世紀の英文をに適当な日本語を選び、読みにくくならないように、何度も訳文を練り直す必要がありました」
さらに、巻末にラヴクラフトの自伝的文章など参考資料や、掲載された雑誌の挿絵の図版も多数入れた。通常なら文庫1冊の翻訳は1ヶ月で終わるが、この全集は半年かかったという。
「80年代当時の出版界の状況なら、何とか乗り切れると考えた。これほど出版不況がひどくなるとは・・・・・・」
5巻までは1年半に1冊のペースで刊行したが、そのころには1冊に半年かける余裕は失われていた。6巻に取りかかるまでの中断は1年ほどで済んだが、7巻には着手できないまま10年以上が過ぎた。そんな状況も2年ほど前からやや好転。
「長年の重荷が取れた。正直な心境です」
1,2巻に収録された作品もほかのシリーズで訳し直し、ラヴクラフトの全小説の翻訳を達成した。次は評論・エッセーや膨大な書簡も含めた「完全全集」の出版を目指すという。


追記:イメージは大瀧 啓裕氏です。また、掲載された朝日新聞様有難う御座いました。


blueorb at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月15日

クトゥルフ神話〜ラヴクラフトの命日に際して

536fbcf6.bmpクトゥルフ神話〜ラヴクラフトの命日に際して

★我々、ラヴクラフトと神話作品の恩恵にあずかるものにとって、今日3月15日は特別な日です。1937年3月15日午前6時・・・。あなたは永眠されました。毎日ブログであなたの生み出した、恐怖の作品やクトゥルフ神話の記事を書くわたしにとってもとりわけ特別な日です。あなたの47年の短い人生と不遇な日々・・・。思う事も多々ありますが・・・。今日はホラーに多大な影響を与えたあなたの功績に対し、日本では<ラヴクラフト・デー>とさせていただきました。わたしの独断で勝ってに言ってるだけですが、多くの方も異存は無いでしょう。あなたの事を思い、今日もあなたの作品を読みました。「インスマスの影」を。何回読んだことでしょう。いつも驚きと新鮮さを感じます。あなたは最初この作品が友人達からの評価が低く落胆しましたね。しかしこの作品を誰よりも評価した人間がいました。そうです。あなたを師と仰ぐ執念の男、ダーレスです。彼の功績もあいまってあなたは21世紀も燦然と輝きを放っています。日本ではあなたの作品が刊行され、ゲームが発売されて活況を呈しています。そうです、第二のルネッサンスです、夜明けといっても良いでしょう。この輝きはあなたの想像を超えてますよ・・・、Mr.Lovecraft。
今でも何処かであなたが生きて、この状況を見ていてくれれば・・・。しかし我々は知ってます。フリッツ・ライバーが「アーカムそして星の世界」で言ってしまいましたから・・・。
1937年3月14日の夜、若い紳士(自分のことをI am PROVIDENCE.と言っていたとか)がロード・アイランド病院で息をひきとろうとしたとき、ジェーン・ブラウン病棟にひそかな侵入者があったと・・・、そしてある外科手術のような方法で彼の脳は生きたまま特別な装置で保管され、宇宙をいまでも旅をしている事を・・・。
改めて言いますが、あなたの作品はいまでも輝きを放ち、今日も我々を恐怖の世界へ導いてくれています。そうまさに・・・

そは永久に横たわる死者にあらねど
測り知れざる永劫のもとに死を超ゆるもの

That is not dead which can eternal lie,
and with strange eons even death may die.

そして新たな夜明けです・・・


追記:最近<超ひも理論>によりあなたの言った多次元について論じられています。3次元を含め、10次元での考察が検証されています。

追記2:「アーカムそして星の世界」は「クトゥルー4に収録されています。

blueorb at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月10日

クトゥルフ神話〜朝松 健氏について

クトゥルフ神話〜朝松 健氏について

★Ken Asamatu 1956年〜
北海道札幌市出身。東洋大学文学部卒業。14才の時、ラヴクラフトの「チャールズ・ウォードの事件」(全集2巻、クトゥルー10巻等に収録)を読み熱狂的なラヴクラフティアンになる。出版関係では本名の松井克弘でクトゥルフ関係の企画を精力的に担当する。国書刊行会で、「定本ラヴクラフト全集」「ウィアード・テールズ傑作集」「アーカム・ハウス叢書」「世界悪魔法大全」などのシリーズを担当した。そしてその情熱と溢れんばかりの才能を創作活動に求め退職。朝松 健の名前でデビューする。朝松 健の名前は言わずもがなイギリスの怪奇作家アーサー・マッケンに由来する。1986年「魔教の幻影」で作家デビューを果たす。仏教・日本史に造詣が深く作品にも生かされている。又海外の作家たちとの交流も多く、朝松 健の名前は海外でも知られている。朝松 健氏は1995年11月7日に脳膿瘍で倒れ死に直面する。インフルエンザのウイルスが大脳に侵入し脳が膿みを持って腫れてしまい、頭蓋骨の摘出手術をする。手術後は「頭を押せばゼリーみたいにへこむ」とのコメントを聞くに大変な事態となる。その後人工頭蓋骨移植手術を行い完全復活を果たす。すさまじいい執念を持ち、出版・創作活動を展開してきた男の完全復活・・・。活動内容を見ると朝松 健氏を<日本のダーレス>と呼んでも良いのではないだろうか?以下簡単ですが創作活動の一部を紹介します。

闇に輝くもの 「クトゥルー怪異録」学研ホラーノベルズ 1987年
屍食回廊 ハルキ文庫 1989年
崑央(クン・ヤン)の女王 角川ホラー文庫 1993年
小説ネクロノミコン 学研ホラーノベルズ 1994年
マジカル・シティ・ナイト2 小学館SQ文庫 1995年
十死街 「十の恐怖」角川書店 1995年〜1996年
マウス・オブ・マッドネス 学研ホラーノベルズ 1995年
肝盗村鬼譚 角川ホラー文庫 1996年
秘神黙示 ネクロノーム1 電撃文庫 1998年
水虎論 「水妖」 廣済堂文庫 1998年
かいちご 「チャイルド」 廣済堂文庫 1998年
邪神帝国 ハヤカワ文庫 1999年
「夜刀浦領」異聞 「秘神」 アスペクトノベルズ 1999年
秘神界(歴史編・現代編)作品提供およびエディター 2002年
他多数

書店の検索端末で検索すると多数の作品が確認できます。余談ですが「秘神界」は日本発のクトゥルフ作家のアンソロジーとして英語版も発売されてます。以下アドレス

http://www.kurodahan.com/e/catalog/titles/j0010.html

朝松 健公式HP

http://www1.nyan-web.ne.jp/~uncle-dagon/

病床より復活した朝松 健氏のコメントで締めたいと思います。

「死と間近に接して、わたしは知った。ホラーは、わたしの人生そのものだったと。わたしはホラーを書くために生まれてきた。そして、わたしはホラーを書くために生き返ったのだ、と。」

心より敬意を表したいと思います。





blueorb at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月24日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕96周年に際して

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレス生誕96周年に際して

★生誕96周年(執念)にあたり、オーガスト・ダーレスへの公開書簡
ミスター、ダーレス今日はあなたの96回目の誕生日です。あなたが他界されもう34年経ちました。あなたが今生きていて、昨今のクトゥルフ神話の状況を見たら何と言うでしょう。あなたが生涯執念を持ってとり組んだ、神話の継続、繁栄への活動。それを思い今日は記述します。あなたは1909年2月24日、アメリカはウィスコン州ソークシティに生まれました。あなたは、13歳から創作をはじめ、17歳で「ウィアード・テイルズ」に作品を初掲載しました。そうあなたはまさに作家になるべくして生まれ、そのキャリアも早くスタートしました。そして、あなたは運命的な出会いをしてしまう。そう「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」に出会います。ラヴクラフトの作品に触れ、あなたは心酔し文通を始めましたね。1926年からでした。そうして時が経ち、<運命の日>がやってきます。1937年3月15日です。あなたはラヴクラフトに会うことなく、彼は先立ちました。その後ラヴクラフトサークルも衰退し、ラヴクラフト作品も忘れさられようとした。しかし、そうはならなかった!!。今、2005年も続いているのは何故でしょうか?そうです、ミスター、ダーレス、あなたがいたからです。執念の男ダーレスがいたからです。あなたは<師ラヴクラフト>の作品、クトゥルフ神話を死なせまいとの強い決意と行動で「アーカム・ハウス」を立ち上げ、普及に尽力しましたね。あなたは神話世界を整備し、善悪論的、<旧神>対<旧支配者>、神話生物・神々にそれぞれ属性を持たせたりしました。あきらかに、ラヴクラフトの書いた神話世界と異なる見解や設定を持ち出し、しばしば議論の対象になっています。そう旧約聖書と新約聖書のように。しかし、それはある意味賢明な選択でした。そうする事により神話は広まり、今ルネッサンスのような活況を呈しているのですから。そのことについて、今<師ラヴクラフト>とあの世(天国でも地獄でもなく、あなた達が創造した世界)で議論をされているのではないでしょうか?あなたとラヴクラフトの運命の出会いのおかげで、今多くのファンが神話世界やラヴクラフトの作品に触れることが出来るのです。いつかこの恩をあなたの墓前に報告したいと思います。(経済的理由により、まだまだ先になりそうですが・・・)
今日はあなたの生誕の日です。そう我々ファンにとってはラヴクラフトの誕生日と同じく2大祝祭の日なのです。あなたに哀悼の意を表した団 清二こと荒俣 宏氏のコラムから引用し、結びとしたいと思います。

「活字で組んだ墓碑銘」

すべての「ラヴクラフトの遺産」相続人たちは、HPLと同時に、ダーレスをけっしてわすれないだろう


                         ランドルフ・カーター

blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月04日

クトゥルフ神話〜東 雅夫氏について

c53e4d55.jpgクトゥルフ神話〜東 雅夫氏について

★クトゥルー神話辞典など多数のホラー・ファンタジー作品を手がけている方で、プロフィールを御覧頂ければ分りますがいわいる大御所です。クトゥルー神話辞典は学研M文庫より好評発売中です(定価820円)。クトゥルフ神話を少しでも理解したい方にはお勧めです。以下プロフィールです。

プロフィール
 
東 雅夫(ひがし・まさお)
 怪奇幻想文学評論家、アンソロジスト。『幽』編集長。
 1958年4月11日、神奈川県横須賀市に生まれる。
 早稲田大学第一文学部日本文学科卒。在学中、幻想文学会に参加、機関誌『幻想文学』『金羊毛』(『幻想文学』の前身)の編集を担当する。
 卒業後、文芸書出版社の青銅社に一年弱勤務を経て、82年4月『幻想文学』創刊を機に独立、幻想文学会出版局として活動を始める(発行人は川島徳絵)。同社は後に幻想文学出版局と改称、さらに94年7月以降、発行=アトリエOCTA(代表は川島)/企画編集=幻想文学企画室(代表は東)の分業体制に移行した。2003年7月の終刊まで一貫して編集長を務める。
 幻想文学企画室では、他の版元での企画・編集・制作業務も手がけた。おもな出版物に、学研ホラーノベルズ(学習研究社)、HORRORWAVE(ぶんか社)、書物の王国(国書刊行会)、伝奇ノ匣(学研M文庫)等のシリーズがある。
 2004年6月より、メディアファクトリー刊(ダ・ヴィンチ増刊)の怪談専門誌『幽』編集長に就任。
 現在、『小説推理』誌で〈幻想と怪奇〉時評を、『ダ・ヴィンチ』で「怪談之怪」企画を、『ムー』で「日本伝説紀行」「伝奇入門」などを、それぞれ連載中。bk1とのコラボレーションによるメルマガ「幻妖通信」と「幻妖ブックブログ」を展開中。
 主要な編著は下記のとおり。

●著書
ホラー小説時評 1990-2001(双葉社)
百物語の百怪(同朋舎)
新訂 クトゥルー神話事典(学研M文庫)
日本幻想作家名鑑(アトリエOCTA/石堂藍と共著)
幻想文学1500ブックガイド(国書刊行会/石堂藍と共著)
日本幻想文学全景(新書館/須永朝彦と共著)
日本怪奇幻想紀行 妖怪百鬼巡り/祟り・呪い道中/幽霊・怨霊怪譚/妖怪夜行巡り(同朋舎/共著)
ワールド・ミステリー・ツアー13 京都篇/空想篇(同朋舎/共著)
永遠の伝奇小説BEST1000/映画ベスト1000(学研M文庫/共著)
真夜中の檻(創元推理文庫/共著)
京極夏彦の世界(青弓社/共著)

●編著
稲生モノノケ大全 陰之巻(毎日新聞社)
陰陽師伝奇大全(白泉社)
皆川博子作品精華 幻妖(白泉社)
伝奇ノ匣1 国枝史郎ベスト・セレクション(学研M文庫)
伝奇ノ匣2 岡本綺堂妖術伝奇集(学研M文庫)
伝奇ノ匣3 芥川龍之介妖怪文学館(学研M文庫)
伝奇ノ匣4 村山槐多耽美怪奇全集(学研M文庫)
伝奇ノ匣5 夢野久作ドグラマグラ幻戯(学研M文庫)
伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典(学研M文庫)
伝奇ノ匣7 ゴシック名訳集成(学研M文庫)
文藝百物語(角川ホラー文庫)
ホラーを書く!(小学館文庫)
ホラー・ジャパネスクを語る(双葉社)
怪談之怪之怪談(京極夏彦、木原浩勝、中山市朗と共編/メディアファクトリー)
妖髪鬼談(桜桃書房)
屍鬼の血族(桜桃書房)
怪猫鬼談(人類文化社)
怪獣文学大全(河出文庫)
恐竜文学大全(河出文庫)
架空の町/夢/月/怪獣/妖怪/分身(国書刊行会〈書物の王国〉シリーズ)
田中貢太郎・日本怪談大全(国書刊行会)
クトゥルー怪異録(学研M文庫)
少女怪談(学研M文庫)

他詳しく知りたい方は以下にアクセスして確認下さい。
幻妖ブックブログ http://blog.bk1.jp/genyo/






blueorb at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月25日

クトゥルフ神話〜大瀧啓祐氏について

クトゥルフ神話〜大瀧啓祐氏について

★大瀧啓祐氏についてですが、ラヴクラフト全集の翻訳を担当されている方で、全集の3巻から担当されています。その巻末で7巻まで発行予定と述べていましたが、今回6巻から永くあきましたが7巻が発行されました。大瀧氏はクトゥルフ神話と関わりが深く、「クトゥルー」(1巻〜12巻、青心社発行)の編集、解説、翻訳に携わっています。その大瀧氏がどんな思いで今回の7巻の翻訳に関わったか、自分はそこに強い興味を覚えました。7巻の巻末の作品解題を何度も読み返しました。本編のラブクラフト作品を読む前にで、何度も。氏のラヴクラフトに対する真摯な姿勢、熱い思いが伝わります。正直、心打たれるものがありました。我々、一般のファン、読者がひとえにラヴクラフト作品、クトゥルフ神話関連の作品に触れることが出来るのも訳者、編者などのこのような姿勢、努力の賜物です。今回の7巻発行に対する氏の執念に平伏します。ラヴクラフトと大瀧氏による、時代を超えたコラボレーションです。ぜひ、皆様も7巻を御堪能下さい。

「この出版不況では見果てぬ夢になるやもしれないが、完璧な評伝を付した新たな決定版全集に思いをはせるようになって久しく、いずれ翻訳しなければならないものなら、大きな負担を覚悟して、本全集を完結させなければならないと決断したしだいである。長らくお待たせしたことを、読者諸兄にはお詫び申しあげる」

                              大瀧 啓祐

有難う御座います、本当に感謝します。

お詫び・・・先日もLIVEDOORのシステムの問題で更新できませんでした。

blueorb at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月02日

クトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイについて

クトゥルフ神話〜ブライアン・ラムレイについて

★ブライアン・ラムレイ(Brian Lumley) 1937〜
イギリスの作家。ダラム県ホーデン生まれ。13歳の時ブロックの「無人の家で発見された手記」を読み、クトゥルル神話の虜となる。21歳で英国陸軍に入隊、ドイツやキプロスに赴任していたときに小説の投稿を始め、アーカム・ハウスに手紙を出しダーレスに認められ(最初はやんわりと断られているが)68年「深海の罠」が「アーカム・コレクター」に掲載される。短編集に「黒の召喚者」がある。
ラムレイはクトゥルフ神話を愛してやまない作家で以下のように述べている。

「私は愛によって作品をしたためたのだ!、なに、怪奇小説を愛によって執筆したって?馬鹿言ってんじゃないよ!私の生まれるちょうど9ヶ月前に没した作家への尊敬をこめ、これらの作品をものしたのであった・・・中略・・・その作家の名は言わずのがな、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトである」

ラムレイの作品は「黒の召喚者」(国書刊行会)か「タイタス・クロウの事件簿」創元推理文庫がお勧めです。「ラヴクラフトの遺産」にも掲載されています。

blueorb at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月25日

クトゥルフ神話〜スティーヴン・キングについて

クトゥルフ神話〜スティーヴン・キングについて

★スティーヴン・キング(Stephen King) 1947年〜
現代アメリカを代表するホラー作家。メイン州ポートランドに生まれる。アイルランド系の父ドナルドは、キングが2歳の時に蒸発し、2度と戻らなかった。少年時代から大学卒業後、高校教師になるまで、小説の投稿を続けるも、ほとんど採用されず、妻子を抱えての苦しい生活が続く。1974年に「キャリー」が大手出版社で発行され、成功を収め、「呪われた町」(1975年)、「シャイニング」(1977年)と話題作を連発し、ホラー小説の常識を覆すミリオンセラー作家となる。12歳の時叔母の家の屋根裏で父が残したペーパーブック群を発見し、その中にラヴクラフト作品や「ウィアード・テイルズ」と出会い、キングのホラーへの傾倒が始まる。キングの作品はしばしばクトゥルフ神話のアイテムや固有名詞が登場する。又ラムジー・キャンベルの様に、キング版アーカムともいえる、架空の町「キャスルロック」などもある。キングの作品はよく書店でも見かけることも多いので、なじみのある方も多いと思います。映画化も結構されていますので、気になる方はそちらもお勧めします。

blueorb at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月24日

クトゥルフ神話〜ラムジー・キャンベルについて

クトゥルフ神話〜ラムジー・キャンベルについて

★ラムジー・キャンベル(John Ramsey Campbell)1946年〜
イギリスの作家、映画評論家。リバプール生まれ。10代でA・ダーレスに才能を認められ、1962年デビューする。若干18歳でアーカムハウスのアンソロジーでのことだった。その後、税務署や図書館で働きながら創作活動を続け、1973年から専業の作家となる。キャンベルの神話作品はラヴクラフトの「アーカム」に相当する、イギリスの架空都市「ブリチェスター」(イングランドの南東部にある)や「ネクロノミコン」に相当する「グラーキの黙示録」など、オリジナルな神話アイテムが導入されており、クトゥルフ神話の世界観の拡大が計られている。

blueorb at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月23日

クトゥルフ神話〜C・A・スミスについて

クトゥルフ神話〜C・A・スミスについて

★クラーク・アシュトン・スミス(Clark Ashton Smith)
1893年〜1961年
アメリカの作家。詩人、画家、彫刻家でもある。カリフォルニア州ロング・ヴァレー出身。14歳で学校を中退し、百科事典と辞書で独学し、教養を培う。肉体労働にする傍ら、詩作に傾注し、詩人「ジョージ・スターリング」に師事。その才能を開花させ、4冊の詩集を出版。1922年8月、スミスの詩と絵画に感銘を受けたラヴクラフトから賞賛の手紙が届き、以後親しく文通を交わすようになる。翌1923年にラヴクラフトの薦めで「ウィアード・テイルズ」に詩を発表する。1928年からは怪奇小説も手掛けるようになる。(スミスは1911年から「ブラック・キャット」誌に冒険小説などを発表している)1930年前半はラヴクラフト、ハワード、スミスは「ウィアード・テイルズ」の3大家として活躍。(この頃がW・Tの黄金期ではないでしょうか)スミスは大変な多作家で、110余りの小説を書いていますが、ゾシューク(死にゆく地球最後の大陸)、アヴェロワーニュ(中世フランスの架空の王国)、ヒューペルボリア(古代北極の大陸)、アトランティスといった幻想世界を舞台にしたものがほとんどである。ラヴクラフトサークルの中にあって、唯一独自の神話体系を構築したともいえる。


blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月22日

クトゥルフ神話〜R・Eハワードについて

クトゥルフ神話〜R・Eハワードについて

★R・Eハワード(Robert Ervine Howard)
1906年〜1936年
アメリカの作家。テキサス州ピースターに生まれ、同州クロス・プレインズで育つ。内向的な性格を克服する為、スポーツ(主にボディビル、ボクシング等)で体を鍛え、筋骨隆々な巨漢に育つ。15歳で創作活動を開始。1925年7月「ウィアード・テイルズ」に作品が掲載される。カレッジ・スクール卒業後、文筆活動で生計を立てる決意し、様々な作品を手掛ける。怪奇小説、ヒーローファンタジー、ウェスタン、SF、ボクシングもの、など多彩です。特に「コナン」シリーズは人気を博し、映画化もされている。(アーノルド・シュワルツェネッガーが主演しハリウッドスターへの足掛かりとなる切っ掛けとなった)他に「ソロモン・ケイン」シリーズ、「ブラン・マク・モーン」シリーズ等がある。クトゥルフ神話のなかの重要文献「無名祭祀書」はハワードが最初に作品中で使用した。多数の人気小説を創作していたハワードだったが、愛する母が死んだことにショックを受け、ピストル自殺してしまう。まだ30歳だった。才能ある作家だっただけに、早すぎる死は、惜しまれてならない。

blueorb at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月21日

クトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレスについて

82ef7585.JPGクトゥルフ神話〜オーガスト・ダーレスについて

★オーガスト・ダーレス(August William Derleth)★
1909年2月24日生まれ、1971年7月4日没
アメリカの作家、アンソロジスト、編集者、出版者。ウィスコンシン州ソーク・シティに生まれる。17歳に「蝙蝠の鐘楼」でデビュー。「ウィアード・テイルズ」の先輩作家であるラヴクラフトに心酔、1926年7月から文通を始めるも、一度も会うことが出来なかった。ラヴクラフトの死後、ラヴクラフト・サークルも瓦解し、彼の作品群も時代と共に、忘れ去られようとしました。しかし、そうはなりませんでした。ダーレスがいたからです。彼は自分の師、ラヴクラフトの作品を出し、その名を永遠に残すべく執念を燃やしました。そう、まさしく獅子奮迅のごとく。まず彼は、いくつかの出版社に話を持ちかけますが、ことごとく断られ、ドナルド・ワンドレイと「アーカム・ハウス」を立ち上げます。1939年、師ラヴクラフトの作品「アウトサイダーその他の物語」を出版します。しかし、なかなか売り上げは伸びず苦難が続くが、彼は怯みませんでした。スミス、ブロック、ハワードらの作品を発売し、経営はなんとか軌道に乗り始めた。ダーレスは師の名前を残すべく、自分の作品のクレジット(著者名)をラヴクラフト&ダーレスの共同で出版し始めます。1945年の「暗黒の儀式」からです。それ以前にもクトゥルフ神話系の作品をダーレスは書いてます。1932年にスコラーとの共作で「潜伏するもの」を書いています。単独では「風に乗りて歩むもの」(1933年)が最初の作品です。ダーレスは神話作品に、<旧神>対<旧支配者>の対立構図を創造、導入しました。又、<旧支配者>を4大に分け、地(ヨグ=ソトース、ツァトゥグア、シュブ=ニグラス、ニャルラトテップなど)、水(クトゥルフ、ダゴン、ヒュドラ、、オトゥーム)、火(クトゥグア)、風(ハスター、ツァール、イタカ、ロイガー)とし、この4大神性の間の対立構図もダーレスの創造で、ラヴクラフトの神話体系と異なる。作風もこのような点からも、大きく異なり、賛否両論がいまでも続いている。

blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月19日

クトゥルフ神話〜ロバート・ブロック

クトゥルフ神話〜ロバート・ブロック

★ロバート・ブロック(Robert Bloch)1917-1994
アメリカの作家。シカゴ生まれ。10歳の時に買ってもらった、「ウィアード・テイルズ」(27年8月号)を読み怪奇小説のファンになる。翌月号に掲載のラヴクラフト作品「ピックマンのモデル」との出会いがその後の運命を決定づける。この作品との出会いでラヴクラフトに心酔、文通を始める。35年1月、ラヴクラフトにアドバイスを受けた「僧院での饗宴」で「ウィアード・テイルズ」にデビュー。初期作品はクトゥルフ神話作品を多く手がけるが師であるラヴクラフトの死を境に、他の分野の小説などを多く手がける。59年発表の「サイコ」はヒッチコック監督が映画化し成功を収める。創元推理文庫の「ラヴクラフトの遺産」に収録されている、「H・Pラヴクラフトへの公開書簡」はブロックの師ラヴクラフトへの深い熱い思いが伝わり、感涙を誘います。ある程度神話作品やラヴクラフトをを理解された方は、是非一読下さい。

blueorb at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月03日

クトゥルフ神話〜創始者H・P・ラヴクラフトについて

クトゥルフ神話〜創始者H・P・ラヴクラフトについて

★ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
1890年8月20日誕生
1937年3月15日永眠
アメリカの東部、ロード・アイランド州プロヴィデンスに生まれ、全生涯のほとんどをこの地ですごす。2歳の時、父が全身麻痺により発狂し、入院生活を余儀なくされ、母子2人は、母方の実家に身をよせる。5歳で創作を始める。病弱で満足に学校に通えず、家庭教師と読書により教養を培った。8歳の時入院していた父が亡くなる。1904年祖父が死に住んでいた屋敷は人手にわたり、エンジェル・ストリート598番に転居。このころ天文学に興味を持ち始め、科学雑誌に投稿をはじめる。一時創作活動から遠ざかっていたが、1917年再開。1921年最愛の母が死亡。1923年「ウィアード・テイルズ」に「ダゴン」が掲載される。1924年ソーニャ・H・グリーンと結婚し、NYで新婚生活を始めるが1926年ラヴクラフトは単身プロヴィデンスに戻り、1929年正式に離婚。若手の作家などの添削などで生計を維持しながら、創作活動を続けるが、1937年3月15日午前6時腸ガンの為永眠。享年46歳、早すぎる他界であった。生前に出版した「」は「インスマウスの影」のみだった。有り余る才能をもちながら、生前はそれに見合う評価が得られ無かった。また、人生のほとんどは経済的に困窮していた、孤高の天才の作品群は死後評価され、後世の作家達に多大な影響を与えた。アメリカを代表するゴシックホラーの第一人者である。E・A・ポーは日本でも一般の認識は高いが、それに比べH・P・ラヴクラフトの認識は高くないが、近年再評価され日本における認知度は上がっており、小説・映画・漫画・ゲームなどで、彼の創造した「クトゥルフ神話」の世界は楽しまれ、愛好されている。

blueorb at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2004年07月25日

クトゥルフ神話〜H・P・ラヴクラフト肖像画

8b3e51d9.JPGH・P・ラヴクラフト肖像画

blueorb at 01:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2004年07月20日

ラヴクラフト、クトゥルフ神話、復活

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
Howard Phillips Lovecraft
1890年8月20日 生誕
1937年3月15日 永眠
クトゥルフ神話の創始者

blueorb at 23:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)