クトゥルフ(事件・事象年表)

2006年02月28日

クトゥルフ神話〜ルルイエについて

クトゥルフ神話〜ルルイエについて

★ルルイエ(R'lyeh)★
ラ・イラー、ル・リエーとも言われる。南緯47度9分、西経126度43分の太平洋のニュージーランド沖の海底にある巨大な石柱都市。クトゥルフが眠っているといわれる。
1925年2月28日(アメリカでは日付変更線の関係で3月1日)に浮上し、1925年4月2日に再び海底に沈んだと思われる。以下概略。

3月1日(アメリカ)地震と嵐が起こる。地球の裏側では詩人や芸術家が巨大な石造都市の夢をみる。若い彫刻家が眠りながら恐るべきクトゥルフの像をつくりあげた。

3月23日エンマ号の乗組員が未知の島に上陸し6人が死亡する。時を同じく感受性の強い者達の夢がなまなましくなり、巨大な怪物に追われる恐怖を感じ、発狂、妄想状態になる者もいた。

4月2日この日以降、巨大な都市の夢や巨大な怪物に追われるような恐怖を感じる状態が治まる。



追記:本日ルルイエ浮上です
追記2:朝松先生の「崑央の女王」(The Queen of K`n-yan)は英訳されることが決定しました。来年か再来年には同書の英訳版が世界のamazon.comや全亜細亜のYeasiaで販売されるとのことです。着々と日本から世界に発信開始なのです。(比叡山も)

blueorb at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月08日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(北極・グリーンランド・オーストラリア他)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(北極・グリーンランド・オーストラリア他)

★1860年★
プリンストン大学人類学教授ウィリアム・チャニング・ウェップ、西グリーンランド海岸にてエスキモーの一種族による邪神トルナスク崇拝を見聞、クトゥルフ崇拝を呪術師より知る (クトゥルフの呼び声)
★1917年★
8月9日、カール・ハインリッヒ少佐指揮下のドイツ海軍潜水艦U29号海底の神殿を発見 (神殿)
8月20日、ハインリッヒ少佐、北緯20度西経35度の洋上にて手記を投じる、その後消息不明 (神殿)
★1925年★
3月22日、オーストラリアの帆船エンマ号、南緯49度51分西経128度34分の海上で武装艦アラート号と出会い、戦闘、アラート号を乗取る (クトゥルフの呼び声)
3月23日、アラート号、南緯47度9分西経126度43分の地点にて隆起した海岸線および巨石建造物発見 (クトゥルフの呼び声)
4月12日、アラート号に乗ったグスタフ・ヨハンセン、洋上で救出される (クトゥルフの呼び声)
4月18日、オーストラリアのシドニー・ビューリティン紙にヨハンセンの奇怪な体験談が掲載される (クトゥルフの呼び声)
★1935年★
6月3日、アーカム市ミスカトニック大学によるオーストラリア砂漠の遺跡調査団、砂漠に半ば埋もれた石塊を調べる (時間からの影)
7月17日午後11時少し前、ミスカトニック大学のナサニエル・W・ピーズリー教授、単身で砂漠に出かけ、巨大種族の遺跡を発見する (時間からの影)

事件・事象年表は「ク・リトル・リトル神話集」荒俣 宏編を参考にしています。国書刊行会より1170円+税で発売中ですので、興味のある方はご購入をお勧めします。収録作品等については次回以降記述します。





blueorb at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月07日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)2

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)2

★1927年★
11月3日、ヴァーモント州で洪水発生 (闇に囁くもの)
★1928年★
8月2日、ヴァーモント州タウンゼントのH・W・エイクリー、森の中で「ミ=ゴ」を確認 (闇に囁くもの)
8月5日、エイクリーの車を弾丸がかすめる(タウンゼント)(闇に囁くもの)
8月6日、エイクリーの愛犬、森の中で「ミ=ゴ」と遭遇 (タウンゼント)(闇に囁くもの)
8月12日〜13日、エイクリー邸、銃弾射撃を受け、3頭の番犬が射殺される (タウンゼント)(闇に囁くもの)
★1928年★
9月12日、ミスカトニック大学講師アルバート・N・ウィルマート、タウンゼントのエイクリーを訪ねてボストン発8時7分の列車に乗る (闇に囁くもの)
9月12日午後、ウィルマート、ノイズと名乗る男の案内でエイクリー邸に着く (タウンゼント)(闇に囁くもの)
9月12日深夜、ウィルマート、エイクリー邸より逃げ出す (闇に囁くもの)
★1930年★
ランドルフ・カーター、ボストンに現る (銀の鍵の門を越えて)
★1931年★
4月5日、ボストン・ピラー紙にボストン市ガボット博物館に展示されているミイラと円筒についてセンセーショナルな記事が掲載される (永劫より)
8月、インド人スワーミ・チャンドラプトラ、ボストン市ガボット博物館を訪れる (永劫より)
9月、ポリネシア人の悪魔主義者によるガボット博物館のミイラ盗難未遂事件 (永劫より)
セイロン人によるミイラ盗難未遂事件 (永劫より)
11月18日、ペルー・インディアンがミイラの前で昏倒 (永劫より)
11月24日、ガボット博物館で展示されているミイラに異状が認められる (永劫より)
12月1日、ミイラを盗み出そうとした地下宗派に属する2人が死亡 (永劫より)
12月8日午後3時30分ウィリアム・ミノー博士の指揮下、剥製師ウェントワース・ムーア、リチャード・H・ジョンソン博物館長らの名によってミイラの解剖が行われる (永劫より)
★1932年★
ランドルフ・カーターの遺産相続会議がニューオリンズのエティエンヌ・ローレン・ド・マリニー邸で行われる (銀の鍵の門を越えて)
カーターの親友アーネスト・K・アスピンウォール死去 (銀の鍵の門を越えて)
カーターの友人、スワーミ・チャンドラプトラ失踪 (銀の鍵の門を超えて)
★1933年★
2月、ウィリアム・ミノー博士刺殺される (永劫より)
3月、ウェントワース・ムーア失踪 (永劫より)
4月22日、ボストン市ガボット博物館館長リチャード・H・ジョンソン死去 (永劫より)











blueorb at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月06日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ボストン・NY・タウンゼント他)

12月20日の記事より続き
★1879年★
11月初旬、ボストン市カボット考古学博物館に太平洋上の未知の島より発掘されたミイラと円筒が展示される。 (永劫より)
★1907年★
11月1日夜、ニューオリンズ南部沼沢地にてヴードゥー教の狂宴、ジョン・R・ルグラース警部以下20名の警官隊による狂信者47名の検挙。奇怪な神像押収 (クトゥルフの呼び声)
★1908年★
セントルイスにおける「アメリカ考古学協会年次総会」でジョージ・ギャメル・エンジェル教授、ルグラース警部と面会、「クトゥルフ崇拝」について質問を受ける (クトゥルフの呼び声)
★1909年★
「無名祭祀書」出版、ニューヨークにて、ゴールデン・ゴブリン・プレスより
★1915年★
5月1日午前1時頃、ヴァーモント州タウンゼントのヘンリー・W・エイクリー、ダーク山の西に<ミ=ゴ>の声を録音する (闇に囁くもの)
★1922年★
7月3日、パートリッジビルで強度の地震。怪奇作家ハルピン・チャーマズ殺害される (ティンダロスの猟犬)
★1925年★
3月22日深夜、ニューヨークで暴徒が警官を襲撃 (クトゥルフの呼び声)
ロンドンで謎の自殺事件 (クトゥルフの呼び声)
カリフォルニアで神知論者の集会 (クトゥルフの呼び声)
3月末、インド原住民の反乱が取りざたされる (クトゥルフの呼び声)
ハイチでヴードゥーの狂宴 (クトゥルフの呼び声)
★1926年★
ジャスティン・ジョフレイ死去
春、パリ美術館にアンドワ・ボノ「夢の光景」発表 (クトゥルフの呼び声)

blueorb at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月20日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ダニッチ、インスマス)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(ダニッチ、インスマス)

★1912年★
 4月30日、ダニッチ村で山鳴り (ダニッチの怪)
★1913年★
 2月2日、ウィルバー・ホェイトリー誕生 (ダニッチの怪)
 10月31日、ウィルバー・ホェイトリー、母ラヴィニアを伴って<見張りが岳>にて秘儀を行う (ダニッチの怪)
★1914年★
 1月、ウィルバー・ホェイトリー、口をききだす (ダニッチの怪)
 9月、ホェイトリー家の納屋の修繕工事 (ダニッチの怪)
★1915年★
 4月30日、ダニッチで強度の地震 (ダニッチの怪)
★1924年★
 8月1日、ウィルバーの祖父ホェイトリー老人危篤 (ダニッチの怪)
★1925年★
 ヘンリー・アーミティッジ博士、ホェイトリー家を訪問 (ダニッチの怪)
★1926年★
 ラヴィニア・ホェイトリー失踪 (ダニッチの怪)
★1927年★
 インスマスより旅行者が逃げ出し、連邦政府にインスマス住民の調査を依頼する (インスマスを覆う影)
 ホェイトリー家の納屋修理 (ダニッチの怪)
 暮れ、連邦政府によるインスマス住民の一斉検挙 (インスマスを覆う影)
★1928年★
 9月9日、ダニッチで山鳴り (ダニッチの怪)
 9月10日、ホェイトリー邸破壊される、ダニッチで怪物騒ぎ (ダニッチの怪)
 9月11日、ダニッチで強度のパニック (ダニッチの怪)
 9月13日、ダニッチのエルマー・フライ邸消失 (ダニッチの怪)
 9月15日、ダニッチのパニック治まる (ダニッチの怪)

2月6日の記事につづきます



blueorb at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月19日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)4

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)4

★1934年★
 冬、怪奇作家ロバート・ブレイク、カレッジ・ストリートに下宿 (闇をさまようもの)
★1935年★
 4月29日、ロバート・ブレイク、フェデラル・ヒルの廃教会を探索<輝くトラペゾヘドロン>および暗号文書を発見 (闇をさまようもの)
 6月、ロバート・ブレイク、暗号解読に成功(?) (闇をさまようもの)
 7月、フェデラル・ヒルに怪現象発生 (闇をさまようもの)
 7月17日、フェデラル・ヒルで1時間停電、イタリア系市民恐慌をきたす (闇をさまようもの)
 7月30日、ロバート・ブレイクに恐怖体験 (闇をさまようもの)
 8月8日、大嵐がプロヴィデンスを襲う、フェデラル・ヒルでパニック、ロバートブレイク死去 (闇をさまようもの)

プロヴィデンス周辺は終了です





 




blueorb at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月18日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)3

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)3

★1928年★
 2月9日、マリナス・ピックネル・ウィレット医師、チャールズ・D・ウォードより手紙を受け取る (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 2月末、ウィレット医師、ウォードの別荘に赴きウォードと面会 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 3月6日、テオドア・ウォード、チャールズ・ウォードのサインについて銀行員と評議する (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 3月8日、ウィレット医師、ペック博士、ウェイト博士、ライマン博士らチャールズ・ウォードと会見 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 3月中旬、チャールズ・ウォード、ウェイト博士の精神病院に収容される (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 3月下旬、ポートゥックスト村の別荘にチェコのサイモン・オーンよりアレン博士宛ての手紙届く (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月2日、トランシルヴェニアのエドワード・ハッチンソンよりアレン博士宛てに手紙届く (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月6日、ウィレット医師、テオドア・ウォード氏と共に別荘の地下を捜索、途中、ウォード氏失神のため、ウィレットのみが地下を調査する (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月7日午後、ウォード氏、別荘のベッドに昏倒しているウィレットを発見 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月9日午前、ウォード氏のもとへ私立探偵よりチャールズ・ウォードの調査報告届く (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 同日午後、ウィレット医師、ウォード邸の屋根裏を探索 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月12日 プロヴィデンス北共同墓地にて墓場荒らし (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月13日朝、テオドア・ウォード、ウィレット医師より手紙を受け取る(チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 ウィレット医師、チャールズ・ウォードと面会  (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 チャールズ・ウォード失踪 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)







blueorb at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月17日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)2

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)2

★1926年★
 冬、ジョージ・ギャメル・エンジェル教授死去 (クトゥルフの呼び声)
★1927年★
 1月、プロヴィデンスに軽度の地震 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 3月末、プロヴィデンス北共同墓地で墓荒らし (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 4月15日午後、プロヴィデンス一帯に異様な犬の遠吠えがひびく 
(チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 同日の同じ頃、ウォード邸より呪文がひびく (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 7月中旬、プロヴィデンス北共同墓地にてエズラ・ウィードンの墓が荒らされる (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 ポートゥックスト村で犬の群れが一斉に吠え立て村人を驚かす (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 プロヴィデンス一帯で吸血鬼騒ぎ (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 8月、チャールズ・D・ウォード、ポートゥックスト村の小別荘にアレン博士、召使いのトニーらと移り住む (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)







blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月16日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(プロヴィデンス周辺)

★1902年★
 チャールズ・デクスター・ウォード誕生 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
★1918年★
 チャールズ・D・ウォード、ボストン市の古文書より4代前の祖先に関する記録を発見 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
 秋、チャールズ・D・ウォード、プロヴィデンスのモーゼス・ブラウン・スクールに入学 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
★1919年★
 8月、チャールズ・D・ウォード、オルニー・コートにてジョゼフ・カーウィンの肖像と記録を発見 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
★1920年★
 チャールズ・D・ウォード、自宅屋根裏にて化学実験と古記録調査を並行して行う (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
★1923年★
 6月、チャルーズ・D・ウォード、リヴァプールに向けて出立する (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)
★1925年★
 2月28日、ロード・アイランド州プロヴィデンス市トマス街7に住むヘンリー・アンソニー・ウィルコックス、悪夢を見、邪神クトゥルフのレリーフを造る (クトゥルフの呼び声)
 3月31日、H・A・ウィルコックス、ブラウン大学セム語学名誉教授ジョージ・ギャメル・エンジェルにレリーフ上の象形文字の解読を依頼する (クトゥルフの呼び声)
 3月22日夜、ウィルコックス、精神錯乱をきたす (クトゥルフの呼び)
 4月2日午前3時頃、ウィルコックスの症状が消える (クトゥルフの呼び声)
 5月、チャールズ・ウォード、欧州旅行より帰国 (チャールズ・ウォードの奇怪な事件)




blueorb at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月15日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)4

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)4

★1928年★
 4月23日、ブラトルボロ・リフォーマ紙にアルバート・N・ウィルマートの「ミ=ゴ」に関する寄稿文掲載される (闇に囁くもの)
 5月、ミスカトニック大学講師アルバート・N・ウィルマート、ヴァーモント州タウンゼントのヘンリー・ウェントワース・エイクリーより手紙を受け取る (闇に囁くもの)
 6月末、ウィルマート、エイクリーより「ミ=ゴ」の声を録音したレコードを受け取る (闇に囁くもの)
 7月18日朝、ウィルマート、エイクリーより<黒い石>を発送したとの電報を受け取る (闇に囁くもの)
 7月18日昼過ぎ、謎の男がキース駅あたりでボストン=メイヌ鉄道5508号の貨車からエイクリーの発送した品物を盗み出す (闇に囁くもの)
 8月上旬、ウィルバー・ホェイトリー、「ネクロノミコン」を盗もうとしてミスカトニック大学構内の番犬に噛み殺される (ダニッチの怪)
 9月2日、ヘンリー・アーミティッジ博士、ウィルバー・ホェイトリーの日記を解読 (ダニッチの怪)
 9月4日、アーミティッジ博士、ライス教授、モーガン博士の訪問を受ける (ダニッチの怪)
 9月5日、アーミティッジ博士、ウィルバーの日記についての覚書作成 (ダニッチの怪)
 9月8日、アーミティッジ博士、ライス、モーガンらと会談 (ダニッチの怪)
 9月9日、アーミティッジ博士、自宅にて化学薬品を調合 (ダニッチの怪)
 9月9日、ウィルマート、エイクリーに電報を打つ(闇に囁くもの)
 9月13日、アーカム・アドヴァタイザー紙にAP電によるダニッチ事件が報道される (ダニッチの怪)
 9月14日朝、アーミティッジ博士以下2名、ダニッチに向かう(ダニッチの怪)
 10月7日、ランドルフ・カーター失踪 (銀の鍵の門を越えて)
 <1928年〜1929年にかけて「アメリカ心理学会報」にN・W・ピーズリーの奇妙な夢の体験掲載される> (時間からの影)
★1931年★
 3月、強風がアーカムを襲う、魔女荘大破、天井裏より数多くの人骨が発見される、同時に青色の奇形石発見される (魔女の家の夢)
★1934年★
 7月10日、N・W・ピーズリー、西オーストラリアのピルバラ市ダンピア街49のロバート・B・F・マッケンジーより砂漠で発見された人工巨石(3×2×2フィート)の写真を受け取る (時間からの影)

アーカム周辺は終了です


blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月14日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)3

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)3

★1919年★
 12月、ハリー・ウォレン失踪。ランドルフ・カーターに嫌疑がかかる (ランドルフ・カーターの陳述)
★1922年★
 N・W・ピーズリー教職に復帰 (時間からの影)
★1925年★
 2月28日〜4月2日、ニューイングランド一帯の芸術家たちが悪夢にうなされる (クトゥルフの呼び声)
★1927年★
 2月初旬、ウォルター・ギルマン、魔女荘に下宿し、悪夢にうなされる (魔女の家の夢)
 3月下旬、ミスカトニック大学数学教授アッパム、ギルマンを高く評価する (魔女の家の夢)
 4月、ウォルター・ギルマン、夢中遊行始まる (魔女の家の夢)
 4月30日、ウォルター・ギルマン死去 (魔女の家の夢)
 冬、ウィルバー・ウェイトリー、アーカムに現る。ミスカトニック大学図書館で「ネクロノミコン」を閲覧する (ダニッチの怪)

blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月13日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)2

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)2

★1895年★
 ナサニエル・ウィンゲート・ピーズリー、ミスカトニック大学に就職 (時間からの影)
★1898年★
 N・W・ピーズリー、助教授に昇進する (時間からの影)
★1902年★
 N・W・ピーズリー、政治経済学教授に昇進する (時間からの影)
★1908年★
 5月14日午前10時20分頃、N・W・ピーズリー、ミスカトニック大学第 6クラスで講義中昏倒 (時間からの影)
 5月15日午前3時、N・W・ピーズリー意識回復、記憶喪失の症状を呈す  (時間からの影)
★1909年★
 N・W・ピーズリー、ヒマラヤへ旅行 (時間からの影)
★1910年★
 N・W・ピーズリー、離婚 (時間からの影)
★1911年★
 N・W・ピーズリー、アラビアへ旅行 (時間からの影)
★1912年★
 夏、N・W・ピーズリー、北極へ旅行 (時間からの影)
 後半、N・W・ピーズリー、西ヴァージニアの石灰岩洞窟を探索、同じ頃「ネクロノミコン」に書き込みを加える (時間からの影)
★1913年★
 8月、N・W・ピーズリー、クレーン街27番地の自宅に戻り、書斎に機械装 置を据えつける (時間からの影)
 9月26日夜、N・W・ピーズリー邸に外人風の男訪問 (時間からの影)
 9月27日午前6時、ウィルスン医師に謎の電話、ウィルソン医師、自宅で 失神しているN・W・ピーズリーを発見 (時間からの影)
 同日午前11時15分、N・W・ピーズリー意識を回復、5年間の記憶が喪失 されている (時間からの影)

  


blueorb at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月12日

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)1

クトゥルフ神話〜事件・事象年代記(アーカム周辺)1


★1882年★
 6月 アーカム市西方丘陵に住む農家ナハム・ガードナー家の井戸わきに隕石落下 (宇宙からの色)
 7−8月 ナハム・ガードナーの果実畑異常をきたす (宇宙からの色)

★1883年★
 2月 ミドウヒルの猟師マクレガー、ガードナー農場の付近で突然変種のマーモットを捕らえる (宇宙からの色)
 3月 ステーヴァン・ライス、ガードナー農場にて異常をきたしたザゼン草を発見 (宇宙からの色)
 4月 ガードナー農場の植物すべてに異常が見られる (宇宙からの色)
 5月 ガードナー農場一帯の昆虫類にも異常が見られる (宇宙からの色)
 6月 ガードナーの妻ナビィが発狂 (宇宙からの色)
 7月 ナビィの表皮より燐光が発生する (宇宙からの色)
 9月 ガードナー農場の植物がすべて枯れる (宇宙からの色)
10月 ガードナーの次男サデュースが発狂、ニワトリ、豚、牛などがつぎつぎと死ぬ (宇宙からの色)
10月19日 サデュース死亡 (宇宙からの色)
10月22日 ガードナーの三男マーウィン失踪 (宇宙からの色)
11月 長男ゼナス失踪
11月 アミ・ピアーズ、ナビィおよびナハム・ガードナーの死に立ち会う  (宇宙からの色)
11月 井戸より怪光発生、シグナス座デネブ星へ消える (宇宙からの色)

つづく・・・

blueorb at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月29日

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史6

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史6

★300万年前
ハイパーボリア<グリーンランド>に毛に覆われた前人間の文明が始まりました。彼らは<ツァトゥグア>とその落とし子を礼拝していました。

★170万年前
今までに発見されたうちでは最初の氷河期がグリーンランドを襲い、毛に覆われた前人間の文明が衰退し始めました。

★75万年前
グリーンランドで数多くの氷結現象が起こっていました。ハイパーボリアとムー・トゥランにあった人間の文明は<リス事件>のために破壊されました。

★16万3836年前
(太平洋にあった)ムー大陸がこの年<古き神々>によって沈められたという説があります。

★1万1542年前
ある記録によれば、この年にアトランティスが大西洋の波の下に沈んだということです。

★約9000年前
知られているものとしては最初の村が中東にできました。

★約7000年前
アフリカとアジアで最初の大都市ができました。

★約5000年前
サマリア文明の最盛期;最初のエジプト王朝;マヤの年表の最初の日付けはこのころです。

★約4500年前
中国の伝説的な賢王たち;紙が発明されました。

★約3500年前
イスラエル人の出エジプト;フェニキア人の台頭。トロイの陥落

★約2500年前
ローマ共和国;歴史の父ツキジデスが生まれました。

以上


blueorb at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史5

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史5

★7000万年前
彗星あるいは小惑星がユカタン半島に激突しました。その結果起こった気候激変により、滅びゆく恐竜の運命に拍車がかかりました。この時期までには南アメリカとアフリカが分かれ、南極大陸とオーストラリアも分かれていました。北アメリカはヨーロッパから離れて、西の方へ移動していました。グリーンランドも離れて、北へ移動していました。アフリカは逆時計回り方向へ回転して、ジブラルタルのところでヨーロッパから離れ、その後近東にぶつかってアルプス山脈、カルパチア山脈、ピレネー山脈を作り上げました。南アメリカの先端が南極大陸へ達しました。ヘビ人間の衰退が始まりました。

★6500万年前
哺乳動物が主要な生き物となりました。

★5000万年前
イス人の精神が突然円錐形の生き物の体から離れ、地球のずっと先の未来の別の生き物の体につきました。イス人の知性を失った円錐形の生き物は、まもなく<盲目のもの>によって滅ぼされました。

★4000万年前
インド亜大陸がアジアのヘソとも言える部分に衝突し、ヒマラヤ山脈を押し上げました。

★2600万年前
大陸はほぼ現在の形に近くなりました。

★500万年前
<古のもの>の地上の2つの都市が残っていました。南極大陸と南アメリカの先端です。気候が冷却してきたため、<古のもの>は南極の海底都市の建設に取り掛かりました。

つづく・・・

blueorb at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月28日

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史4

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史4

★2億2500万年前〜1億9000万年前(三畳紀)
この時代は「爬虫類時代」の始まりです。パンゲアと呼ばれる1つだけの巨大な大陸は恐竜の支配する大陸になりました。この時期、日本は北極の近くに位置していましたし、今日のインドは南極圏にありました。火山活動が非常に盛んで、そのためにパンゲアはゆがみ、分裂しようとしてました。

★1億9000万年前〜1億3600万年前(ジュラ紀)
大きなトカゲ類や翼竜が現れると共に、大陸に東から西へ通じる大きな割れ目が現れて、北アメリカ・ユーラシアと南アメリカ・アフリカとを分けていきました。それとは別に、南極大陸・オーストラリア陸塊が南極にありました。このころ、インドがその陸塊から離れて、アジアの方へ向かって北へ移動を始めました。

★1億6000万年前
<ユゴス星よりのもの(ミ=ゴ)>が到来し、アパラチア山脈に彼らの最初のコロニーを作りました。彼らはまもなく南アメリカとアフリカで<古のもの>と戦争を始めましたが、この2つの陸地が離れてゆくにしたがって、戦争は静まっていきました。

★1億5000万年前
このころ南極大陸とオーストラリアはまだ大きな細長い陸地としてつながっていました。この細長い陸地で、イス人と<古のもの>の大きな戦争が行われていました。

★1億3600万年前〜6500万年前まで(白亜紀)
花をつける植物の最初の化石はこの時期のものです。有袋類および最初の真の鳥類もこの時期のものです。このころになると、新しい大西洋と地中海がはっきりわかるような形になりましたが、中央ヨーロッパの大部分は水浸しになっていました。地質学的な力がアンデス山脈とロッキー山脈を押し上げました。南極大陸では、<狂気の山脈>を押し上げたその同じ地震によって、<古のもの>の最大の都市が破壊されました。地殻の大変動の後、<古のもの>は新しい都市の土台を築きました。これは彼らが地上に建設する最後の建築物となりました。

つづく・・・

blueorb at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月27日

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史3

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史3

★4億3500万年前〜3億9500万年前(シルリア紀)
ポーランドとオーストラリアとアメリカ南東部で最初の陸地植物の化石となる植物が出てきました。このころ北アメリカ中部はまだ広い海でした。2つの陸地の塊りが移動して近づいていくにつれ、火山活動が盛んになりました。

★3億9500万年前〜3億4500万年前(デボン紀)
2つのスーパー大陸が衝突して、昔の大西洋が閉じられました。それによって、スコットランドとスカンジナビアの山々が盛り上がりました。鱗木や胞子嚢を持つシダ類が徐々に陸地を覆っていき、初期のクモや原始的な両生類の化石が熱帯グリーンランドに出来始ました。海には最初のサメが泳いでいました。

★3億4500万年前〜2億8000万年前(石炭紀)
1つだけになった大陸が変形を続けており、周期的に浅い海の水面に洗われていた湿地に巨大なサンゴ礁が形成され始めました。この時期の終わりごろに、最初の爬虫類が現れました。

★2億8000万年前〜2億2500万年前(二畳紀)
アパラチア山脈ができ、原始的な針葉樹が森を作り始めました。陸地にも海にも爬虫類が満ち、南アフリカとロシアでは原始的な哺乳類の化石も出始めました。

★2億7500万年前
ヴァルーシアでヘビ人間の文明が始まりました。ヴァルーシアは後に地中海によって北アフリカと南ヨーロッパに分かれることになる地域です。この時期、東の方にはヘビ人間とよく似た尻尾のない爬虫類人間も存在していました。爬虫類人間は、ヘビ人間と関連のある種族であるかどうか分かりませんが、<無名都市>を建設しました。

★2億5000万年前
ショゴスが主人に対して反乱を起こしました。<古のもの>は苦しい戦いの末、どうにか勝利をおさめました。奴隷として使っていた生き物がほとんど絶滅状態になったことで、<古のもの>にも衰微の兆候が現れ始めました。

つづく・・・


blueorb at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史2

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史2

★7億5000万年前
謎の生き物<盲目のもの>が外宇宙から地球に到着しました。到着した場所は、その後ずっと後になってからオーストラリアになったところです。彼らはそこに窓のない玄武岩の大都市を築き、そこに生息していた円錐形の生き物をエサとして生活していました。

★5億7000万年前〜5億年前(カンブリア紀)
このころから、さまざまな化石状海綿、三葉虫、軟体動物、きょく皮動物がみられます。

★5億年前〜4億3000万年前
後に北アメリカ東部となったあたりには山が形成されましたが、その他のほとんどの大陸はまだ平らでした。地球のほとんどの部分は浅い海で覆われていました。原始的な脊椎動物の最初の化石となる動物が初期の頭足類動物とともにでてきました。このころまでには、<古のもの>は自分たちの支配地域を大きく広げていましたが、それは後にアフリカと南アメリカとなる地域でした。また前哨地点ということでは、イギリスにまで手を伸ばしていました。

★4億8500万年前
<イスの偉大なる種族>の精神が時空を超えてやって来て、オーストラリアの円錐形の生き物の体に入り込みました。イス人は<盲目のもの>を鎮圧しようとして戦争をしかけました。<盲目のもの>は不意を突かれたため、すぐに敗北を喫し、海底の洞窟の中に閉じ込められました。イス人はその上に警備の為都市を築きました。

★4億5000万年前
地球の北半球と南半球で地殻に主要な大陸が形成されてきました。アフリカのサハラ砂漠は南極にり、
氷で覆われていました。2つの大陸は少しずつ移動して、お互いに近づいてきていました。

つづく・・・



blueorb at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月26日

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史1

クトゥルフ神話〜地球有史以前の歴史

★46億年前
(惑星、地球誕生から前カンブリア紀まで)
この時代には地球は暖かく浅い海に覆われていて、そこから周期的に大陸が形成されていきました。

★33億年前
知られている中で一番古い化石。オーストラリアで発見されたその化石は細菌のもので、たぶんその土地固有の嫌気性の生き物のようでした。この生き物の進化は、その後<古のもの>が創造した生き物によって妨げられました。<古のもの>が創造した生き物は、酸素を生産し、酸素を使う生き物でした。

★20億年前
<古のもの>が地球に到着しました。着陸した場所は、現在南極大陸と呼ばれているあたりです。彼らは水のなかにコロニーを形成し、海底から掘り出した有機的な材料を使って、原始ショゴス塊を発生させました。原始ショゴス塊は「エイボンの書」の中では、<すべての生命の父<ウボ=サスラ>>とよばれています。<古のもの>は<ウボ=サスラ>の<ショゴス>種を使って、彼らの最初の海底の大都市を建設しました。

★18億年前
水生の菌類および藻類の最初の化石

★14億年前
<クトゥルフ>およびその落とし子が、はるかかなたのゾス星系からやってきて、巨大な大陸を自分たちのものにして、そこを<ルルイエ>と名づけました。この惑星の支配権をめぐって、<古のもの>との間に戦争が始まりました。

★10億年前
<古のもの>はクトゥルフとの間に停戦を協定しました。そしてその後まもなく赤道にあった南極大陸に地上の都市を建設し始めました。

★8億5000万年前
地球から月が引き離され、そのため起こった地殻の大変動によって、<ルルイエ>大陸が太平洋の海底に沈んでしまいました。それから3億年の間に、軌道に乗った月の起こす潮波が、<古のもの>が最初に作った都市を破壊してしまいました。

つづく・・・

blueorb at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)