基肄城跡① スキー場~基山山頂の続きです。

鳥栖筑紫野道路の城戸ICで降りて水門跡を探します。

IMG_2416
またも道標が全く見当たらず探し回りました。
城戸ICから西側に出てすぐを右折します。

IMG_2415
T字路を左折します。

IMG_2414
この下り坂から右折です。

IMG_2396
右折した角に道標がありました。

IMG_2399
右折して1kmほど登ると水門跡がありました。

IMG_2398
IMG_2408
IMG_2402
案内板より

 水門は、城の南側にあり、基山・坊住山両峰の谷の水を排除する施設で、高さ1.4m、幅1m、奥行き9.5mで、その上に築かれている石垣は、高さ8.5m、長さ26mである。
 大宝律令の筑紫城衛禁律によると、この水門を潜って城内に入った者は、1年の徒刑に処せられることになっていた。

IMG_2403
城壁内から撮影

IMG_2404
裏に猿田彦神社がありました。

IMG_2405
湧き水で水分補給をしました。
冷たくてとても美味しい水でした。

この案内板の左から、東峰の尾根を通って東北門跡を目指して登ります。

IMG_2406
IMG_3224
案内板左から階段を登っていきます。

IMG_2759
とても急勾配できつかったです。

IMG_3226
10分ほど登ると東南門跡へ降りる分岐があります。
右へ降りていくと東南門跡です。
IMG_3227
IMG_3229
5分ほど歩くと谷底に着きましたが、草がジャングルのように茂っていて、これ以上進めなくなりました。
この藪の中に南東門跡があると思います。
元の分岐まで戻って、更に登ります。

IMG_2761
しばらく登ると礎石のような石が埋まっていました。

IMG_2407
IMG_2762
IMG_2764
IMG_2765
米倉礎石です。

案内板より

礎石の周辺から炭化した米が発見されたことから、この施設は米などの食料を備蓄していた建物だと考えられています。

IMG_2766
さらに登っていきます。
IMG_2767

IMG_2768
鐘撞堂

IMG_2413
IMG_2769
IMG_2770
つつみ跡

案内板より

つつみ跡は東峰の最頂部にある遺構で、直径約18mの窪地が造られています。この形状から当時の貯水池跡と考えられています。


ここを過ぎると東北門跡まで下り坂です。

IMG_3209
IMG_3208
東峰から東北門へ続く土塁です。

IMG_3205
IMG_3206
IMG_3207
東北門跡です。
この門の向こう側へ行くと、北帝門跡へ出ますが、遭難しそうな険しい道なので、お薦めできません。

IMG_3204
東北門跡から少し登ると、大規模な礎石群が現れました。

IMG_3203
IMG_3202
丸尾礎石群
斜面100mほどの間に幾段かに別れて無数の礎石が埋まっています。
息を呑むような光景でした。

IMG_3201
IMG_3215
IMG_3216
IMG_3199
IMG_3198
IMG_3200

丸尾礎石群を抜けて10分ほど登ると、山頂付近へ出ます。

IMG_3217
IMG_3218


次は、水門跡(南門跡)から町道を200mほど登ったところから、基山へ登るルートを紹介します。

IMG_3257
IMG_3234
水門跡(南門跡)から200mほど町道を登ると、一般車両通行止めの管理道路になります。
この分岐を左へ折れると基山への登山道です。

IMG_3235
IMG_3236
IMG_3237
かなり急勾配の道が山頂まで休みなく続きます。
基山への登山道で、このルートが一番キツいでしょう。

IMG_3238
40分ほど登ると山頂付近へ出ます。
左へ行くと基山山頂、右へ行くと北帝です。
このルート沿いに沢山の礎石群があるようですが、森の中にあって、見学することはできません。

IMG_3245
山頂付近の高原からの風景です。
博多湾方面です。

IMG_3244
油山、背振山方面です。

IMG_3246
志賀島方面です。

IMG_3247
九千部山です。

IMG_3248
四王寺山と宝満山です。

IMG_3249
宝満山です。

基山は、これらの風景を見たくて何度も登りたくなる山です。
宝満山ほどハードでは無くて、ほどよい疲労感があって、毎週でも登れる山です。
今流行の"山歩き"の初心者コースに丁度良いのではないでしょうか。
皆さんも是非お出掛けください。