皆さん こんにちは。管理人のbluesです。

15th SEASONからラベルの作成手順記事を毎月書いていますが、過去記事を削除せずに残して欲しいという要望があり、今シーズンから書き溜めることにしました。
画像を多用して解りやすく解説していきますのでお楽しみに。

今回はラベルの作成手順を解説します。
画像エディタはAdobe PhotoShop CS2です。

背景の作成手順はこちらをご覧ください。

まずはメインロゴをつくります。

ワンピース16TH_01-S04
▲ファイル→新規で新規カンバスをつくります。
幅120mm、高さ120mm、解像度600pixel/inch、カンバスカラー:透明
(解像度は素材の解像度に近いサイズにしてください)

ワンピース16TH_01-S05
▲新規カンバスに素材のメインロゴ部分を貼ります。

ワンピース15th_13_S16
▲ツールボックス

ワンピース16TH_01-S12
▲ツールボックスの「自動選択ツール」を選択し、画面左上の□が二つ重なったマークを選択すると、連続して複数個所を自動選択できるようになります。

ワンピース16TH_01-S08
▲右半分を透明化したところです。

ワンピース16TH_01-S06
▲同色部分を多角形選択ツールで囲って(赤線部分)、マジック消しゴムツールで透明化します。
マジック消しゴムツールを使う時は、許容量を数回変えて試してみて、網の部分が欠けないように注意します。
ズームツールで拡大するとうまくできます。

ワンピース16TH_01-S07
▲囲った部分だけ透明化されます。
黄色の網の目を1つずつ透明化するより効率的に透明化できます。
網の目が柄物の場合は、面倒ですが、1つずつ自動選択ツールや多角形選択ツールでカットしていきます。

ワンピース16TH_01-S09
▲全部透明化したら、レイヤー→レイヤースタイル→境界線で、赤色の境界線を付けて、透明化の残りカスが無いかどうか確認し、カスがあったらカットします。

ワンピース16TH_01-S10
▲透明化できました。

それではいよいよラベルをつくります。

まずはPiece.1のルフィーと巨大竜です。

ワンピース16TH_01-S03
▲Piece.1のジャケ画です。
巨大竜が枠からはみ出していて、このままではラベルの円内に収まらないので、ルフィーと竜を分離します。

ワンピース16TH_01-S11
▲ルフィーを切り抜いて透明化し、下半身を描き足します。

ワンピース16TH_01-S13
▲足先までは必要ないと思いますが、凝り性なので全身をつくります。

次に、竜を切り抜いて、角、胴体、羽などを描き足します。

ワンピース16TH_01-S01
▲ルフィーを消して竜を描いていきます。

ワンピース16TH_01-S02
▲竜ができました。

ワンピース16TH_01-S14
▲つくったキャラクターを適当な大きさに整えて配置します。
メインロゴの金網の幅が足りないので、両側を少し継ぎ足します。
仕上げに、メインロゴの金網にレイヤー→レイヤースタイル→ドロップシャドウで距離3pxの黒いシャドウを付けます。
そしてキャラクターにレイヤースタイル→光彩(外側)でサイズ10pxの白い光彩を付けます。

竜はほとんど顔しかありませんでしたが、角や背中のギザギザを描き足したら、迫力満点ですね。


つづいてPiece.2のトラファルガー・ローです。

ワンピース16TH_02-S01
▲Piece.2のジャケ画です。

ワンピース16TH_02-S02
▲透明化して下半身を描き足します。

ワンピース16TH_02-S03
▲下半身を描き足しました。

ワンピース16TH_02-S04
▲ほとんど素材と変わらない配置で、加工しなくてもよさそうですが、背景やキャラクターを分離することで、最良の配置が実現できます。

**************************
この記事にはコメント投稿できません
**************************