2007年08月20日

グッドマン日記(4)

8月14日(火) 晴れ

4回目のグッドマン。 育休前最後の出演だ。 もう場所の雰囲気には慣れた。 それに前回このブログを紹介したことで、皆さんとも随分お近づきになれたような気がする。 「ブログ読みましたよ」 とか、「お気に入りに入れてますよ」 と声をかけてくれる人もいた。 「よっ、大往生!」 とも。

お盆真っ盛りっつーことで、出演者は少なめの6人。 俺の出番は3番目だった。

妻の前、師匠の前、(3歳児の前) と修羅場?をくぐり抜けてきたお蔭か、緊張はそれほど感じなかった。 オリジナルだからという気負いも特になかった。 が、まったく緊張しなかったわけではなく、やはり手足が少々震えた・・・

『大往生』
簡単な曲なので1曲目にやるにはもってこいだ。 声も出しやすく、歌っているうちにどんどん緊張がほぐれていく。 お客さん (他の出演者) の反応も上々 (だったと思う)。 特に2番はウケていた (と思う)。 狙い通りだ。

『焚き火』
緊張はほぐれているはずなのに、アルペジオは何故か手足が震える。 そして押さえ間違い少々。 歌詞も大事な所を間違えた (クソっ)。 それでも皆さん根気強く、シ〜ンと聞いていてくれた。 最後にサビの歌詞を 「夏バージョン」 に変えて歌ったら、結構ウケた。 よし、狙い通り。

『お昼寝』
うーん、練習不足。 何度かつっかえそうになった (つっかえた) が、どうにか強引にねじ伏せた。 歌詞もまだ口に馴染んでいないので、もつれがち。 でも曲調がブルースからロックへ、そしてまたブルースへと戻る所で微かにウケた。 落差で笑かす。 狙い通りだ・・・


以上3曲、どれも会心の出来とはいかなかったが、とりあえず俺の言いたいこと、やりたいことは分かってもらえたのではないかと思う。 (たぶん)

全国のお茶の間の皆さんにウケる必要はない。 世界中の皆さんを感動させる必要もない。 たまたまそこに集まった仲間たちにクスっと笑ってもらえれば、それが何より。 そういう意味では一応成功だったと言っていいと思う。 これでいいのだ。 目指している方向性は間違っていない。 (たぶん)

ただ願わくは・・・ 演奏がもっとしっかりしていれば、ギャグがもっと生きたのではないか。 もっと落ち着きや貫禄があれば、安心して聞いてもらえるのではないか・・・ そんな反省点はまだまだ大量に残る。 ま、そこら辺は、おいおい克服していくっつうことで・・・

ふ〜っ (安堵)。
とりあえず、これでいっか・・・

オリジナルを作って人前で発表、それができた。 まだまだ理想像には程遠いが、ここまで来れば引き返すのももったいないと思えるし、しばらく休んでも、きっとまた同じテンションで歩き始めることができるだろう。 

富士山で言えば5合目かな? 車でちょろっと行ける場所、やる気満々のギターキッズなら、きっと1年で来れる場所だ。 そして本当の登山はここから始まる・・・

が、その前に、オジサンはちょっと一休みさせてもらいますね。


Special Thanks to グッドマン

グッドマンに出会えて本当に良かった。 何気なく足を踏み入れた店だったが、今となっては俺が出るのはこの店以外にないとさえ思えてくる(「何でもDAY」に限る)。 まさに何でもありの怪しくアンダーグラウンドな雰囲気、自分が普通の人に思えてくる個性抜群の面々、しかも常連同士はそんなにベタベタしていない、その場限りの Warm & Cool ・・・ そんな場所だった。  

せっかく常連さんとも馴染みになってきたので、しばらく出れなくなるのは本当に残念だが、この店は多分いつ来ても同じような人たちが同じような歌を歌っていてくれるだろう。 そんな気がする。 グッドマンのホームページにも、「時間の流れが止まっているような空間」 だと書いてあるし。 (記事の更新も止まっているようですが・・・笑)

ここに戻ってこよう、なるべく早く。

この無法地帯でもっともっと音楽を楽しみたい。 いろいろと試してみたい。 そして近い将来、 「グッドマン育ちのアーティスト(芸人?)」 として地元のライブハウスでぶいぶい言わせるのだ・・・ふふふ。 そんなことを夢想しながら、俺のグッドマン生活 (第1部) は静かに幕を閉じたのであった。


          ↓ 応援よろしく ↓
   人気blogランキングへ  ブログ検索☆BITZ

blues40 at 15:29│Comments(2)clip!ぷちぷちライブ 

この記事へのコメント

1. Posted by おばちゃん(笑)   2007年08月25日 11:40
グッドマン出てたおばちゃん(笑)です。成行きで6曲も歌ってもうた…。いや〜大往生面白かったですよ!ただここに歌詞載せちゃうのはちょい著作権上心配だけど(汗)
しかし先生について勉強してるなんてえらいなぁ。自分には絶対不可能です。最初にライブやった時も「ライブハウスの欠員埋め」でイキナリ「そこの女パンクバンド今日これから演らない?」だったしなぁ…。
などと昔を思い出したりもして(苦笑)
おばちゃん拝
2. Posted by takuya   2007年08月27日 10:00
>おばちゃん(笑)
コメントありがとうございます。

著作権・・・ ちょっと気になっていろいろ検索してみましたが、基本的にあらゆる著作物は、形あるものとして作られた瞬間に、著作権が発生するものみたいですね。 基本的人権と同じとでもいいましょうか。 Copyright 表示をつけておくと、侵害しようとする人に対して威嚇効果ぐらいはあるようですが、そこまでするのも・・・
まあ、「大往生」 がネット界で空前の大ブームになるようなことがあれば(あり得ない!)、その時考えます(笑)。

話は変わって・・・ 誰にも習わずに、あそこまで気持ちよく自分を表現できるなんて、おばちゃん(笑)のほうがよっぽどすごいですよ! 羨ましいです。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
訪問者数