ブルースカイブルーの東奔西走記。

あの日のあの言葉 あなたの笑い声にリフレインさせて

家を買いたい

家を買うとはどういうことだろうか

こんばんは。blueskyblue。です。

なんか最近,家買いたいなーって思うんですよね。

働き始めて1年目だし、貯蓄もないので「すぐに!」というわけではないのですが。

いちおう働く場所は転勤が(基本的には)なさそうだし、

地理的環境や通勤条件も割といいので、住む町を変えるつもりもない。

ただ、ちょうどいい賃貸物件がないのである。

来年相方がこちらで就職するので、そのあとのことも考えるともうちょっと広いところに住みたい。

うーん。

この眠たさよ

4月からついに働き始めました。

こんばんは。blueskyblue。です。

時間も時間ながらねむい。

先に就職した先輩や後輩から、

「月曜が一番憂鬱」

と聞いていたんですけど、

いまそれをしみじみと感じています。

日曜が終わったら自動的に土曜にならんかな。

お金をだまし取られてみた(予定)

おはようございます。blueskyblue。です。。


昨日、終わらない学生生活を終わらせるため、東京の某所へ面接を受けに行ってきました。

その道中、東京駅近くの道端で「このビルって○○ビルですかね?」と話しかけられました。

「いや、僕もこの辺初めてなんで分からないですねー」と返答。

見ると、暗めの防寒服を着た歯が三本しかないおじさんである。この人を怪しいと言わずに何と言おうか。 




なんとなくそのおじさんと話してみると、どうやら土木関係の仕事をしていて、

工事車両を運搬するトラックを道路上に止めてあるからそれを回収して戻ってこいと会社から言われているものの、

置いてあるはずのところにトラックが置いてなくて困っている。

あと数か所候補があるから、そこを一緒に見に行って、もしそこにもトラックがなければ、

福岡まで戻るためにお金を貸してほしいとのこと。

おじさんの歯が抜けているせいでめちゃくちゃ聞き取りにくい中、おじさんの状況を把握した。







いやいや怪しすぎるやろ。







これを怪しまないほうがどうかしているシチュエーション。





それにおじさんは

「広島出身だから義理は必ず果たす」「会社には多めに借りたように言っておいて倍で返す」

などとオイシイ話かのように話をもちかけてくる。

いやはやめんどくさいおじさんに絡まれちゃったなと感じていたその矢先、

おじさんに「どこの大学に通ってるの」と聞かれる。

正直に答えてみると、どうやらそのおじさん、うちの大学を知っているらしい。

よく重機を大学に運んでると。

それにうちの大学特有の周辺状況と道路状況を非常に的確に話してきたわけです。

んでもって、次の日曜日に近くを通ってりんくうタウンへモノを運ぶので、

そのついでに寄って金を返すというのです。




あれ、これ流れ変わったなと。




おじさん、勢いづいて明太子も持ってくとか言い出してるし、

これひょっとしてひょっとしたら本物なのではないかという期待感が若干ながら、

僕の心の中をよぎってしまったのです。




ここでリスク選好的な僕の心が揺らぎます。




幸いにも(?)貸してほしいといわれている金額は、学生にとって若干多い金額ながらも、

現状の家計と少し先に予想される収入的には十分吸収可能な範囲だったので、

ここはいっちょ、回収不能リスクが非常に高い大博打を打つことにしました。



ちょっとリターンを期待できる材料はあるものの、

限りなくサギろうとしているように見えるおじさんに対する「投資」。

さてこれが吉と出るか凶とできるか。



万が一、ちゃんとおじさんが次の日曜日の午前10時に指定した大学近くの場所で

お金を返しに来てくれたら、僕は世の中を見直すことになるでしょうし、

無事(!)サギられたところで、

「そりゃそうだよなーwww」

今回はあきらめられる気がします。 



日ごろ賭け事はしませんが、

勝負をかける面接前だったということもあって、

アドレナリンかなんかが出てて思わず大博打を打ってしまいました。

いやーどうなんだろうねー。

次の日曜日にその結果が分かるので、期待せずに待ってみましょう。 

ねむねむ

深夜型の生活を極めると実は朝方の生活になるんじゃないかと思う今日この頃。

おはようございます。blueskyblue。です。。

気が付くと3時4時になっちゃってるんだから仕方がない。

それくらいになってくると、もはや寝てしまう方がまずいのではないかとさえ思えてくる。

ねむたみ成分をこらえつつ今日に備えんとす。

背中が痛い

年齢を重ねるということはこういうことなのでしょうか。

体のどこかに何かしらの慢性的な不調を抱えているblueskyblue。です。


気付けば四半世紀生きていました。

Perfumeのあ〜ちゃんが言う25歳理論では、

「25歳までに学んできたものや見てきた体験してきたものが、その後の人柄が決まる」らしいのですが、

阪神の若手ピッチャーみたいに小ぢんまりとまとまってしまってんじゃないかなあと漠然とした不安がありますな。


ま、のんびりやろう。
自己紹介

blueskyblue。

のべ
月別発言
これは僕のため
関係者
  • ライブドアブログ