広岡威吹の作家ブログ

たくさん落選しましたが第6回GA文庫大賞前期で奨励賞をいただきました。受賞作は「魔王子グレイの勇者生活(チートライフ)」と改題してGA文庫より発売されました。全三巻発売中!

東京旅の終わり(東京日記8)


東京滞在2日目。
朝、フロントからの電話で目を覚ます。

時計を見れば10;05 
思いっきり寝坊です。チェックアウトは10;00(;・∀・)
適当にごまかしつつ、急いで支度。

10:30 チェックアウト
寝坊して朝食食べられず。朝食バイキングを予約してたのに。ネットでもかなりおいしいとの噂だったのに。かなりショックです。
しかもどこかにパンツ忘れた。小学生かよ。死にたい。


この日の東京は雨が振っていました。
漠然と予定は立ててましたが、傘もないのに観光する気にならず。
東京来て雨が降ったの初めてかも。
やっぱり三日間も旅するなら折りたたみ傘が必要ですね。

11:00 ホテルでぼんやり座って時間つぶせる店を探しているとアンナミラーズを発見。
噂だけは聞いていたけど実際言ったことがなかったので行ってみることに。
確か首都圏にしか店がなかったんですよね。


11:30 変な形の建物に迷いつつ、二階にあるアンナミラーズへ。
チーズバーガーとコーヒーを頼んでみました。

詳しくは別記事「アンナミラーズ感想」にて。


13;30 アンミラで至福のひとときを終えて駅へ。
そのあとは新幹線に乗って帰りました。
ぷらっとこだまを使用したのでこだまです。

まあ、過ぎていく光景も見慣れたもの。
雨なので富士山は見えませんでした。

18:00 新大阪着。
東京2017123
ただいま関西。旅の終わりです。
なかなか充実した旅程でした。楽しかったです。いい経験にもなりました。


というか、船で来たと言ったら、会った人みんなに爆笑されました。
いや、ウケ狙いのつもりではなかったのに。
ウケてよかったですけど。

編集長からは来年はチャリか? と言われましたが。
ネタとしては面白いけど、体力ないから無理そう。
そして執筆時間が無くなるのがつらいかも。
18時間の間、ずっと執筆していられたのがいいんですよね。


じゃあ、どうしましょうか。
何か東京へ行くいい方法はないものか……。
飛行機ではもう行ったことがあるし、新幹線も使った。
夜行バスは東京行きではないけど使用したことがるからわかるし、次はやっぱり豪華客船?

悩みます。
でも楽しかったし、いい経験になったし、また普通ではない方法で東京に行きたいです。
あとあのホテルの朝食バイキング、来年こそは食べたいっ。

終わり。

すみだ水族館観光感想とGA文庫授賞式(東京日記7)


スカイツリー下にあるすみだ水族館に行きました。
「高い」「小さい」とあまりいい噂がネットで書かれていませんが旅の恥は掻き捨て。
何事も経験なのです!

むしろどれだけひどいのか楽しみになってきました。


というわけで「すみだ水族館」に来ました。
東京2017112
オシャレな外観。中も暗い照明でおしゃれな空間になってます。バーみたい。

2000円のチケットを買って中へ入ると、まず出迎えたのが二メートルぐらいの大きな水槽が三つほど。
東京2017101
中にはペットショップで売ってるような熱帯魚が泳いでました。
驚きました。
店でただで見れるものを展示するなんて……っ!

さすがネットで評判悪かっただけあります。
なかなかの強敵のようです。
逆に楽しくなってまいりました。

ただ説明を読むと酸素注入なしで水槽の生態系を維持しているとのこと。
東京2017102
水草がたくさんあって、川エビもいました。
なるほど。これはすごい。
コンセプトは素敵だと思いました。
これを珍しい熱帯魚でやってたらもっとすごかったかも。淡水のエイとか。
でも見た目綺麗でした。


次のエリアに進むと大きなクラゲの水槽が出迎えます。
東京2017103
ライトアップされたミズクラゲでした。青く光ってきれいです。
東京2017104
オシャレ。

それから小さい水槽がいっぱいありました。15個ほどかな。
東京2017105
それぞれに小さいクラゲが入ってました。
丸くて小さい水槽なので、縦方向に水流でぐるぐる回ってました。

ここでミズクラゲの生態展示というか、一日ごとに孵化させたミズクラゲの赤ちゃんを展示してました。
まだクラゲの形になる前のイソギンチャクみたいな形で泳いでて面白いです。
これはよい試みだと思いました。
なかなか赤ちゃんは見れないですもんね。


あとはチンアナゴの群やネコサメ、ハリセンボンがいました。
東京2017108

そんな中、目を引いたのがダイオウグソクムシ。
東京2017106
でっかいダンゴムシっぽい姿。じっとしてました。


二階建てぐらいの水槽に鮫やエイ、うつぼが泳いでました。
東京2017107
なかなかの迫力。でも泳ぐ姿が窮屈そう。

館内の中央には、たくさんのペンギンが泳ぐ水槽があります。かわいいです。
東京2017109
あとアシカが小さい水槽をぐるぐる泳いでました。
なんだか大変そう。

そして、なぜか金魚の展示。
鉄魚とか、昔飼ってたのがちらほらいました。
非売品を無理に譲ってもらったけど、これ国の天然記念物だったんですね。
懐かしい思い出です。


で、館内を見回ってますと13:00からペンギンの赤ちゃんがみれるし撮影できるというので20分ほど時間をつぶして見に行きました。

赤ちゃんかわいい。
東京2017110
エサをあげるおねーさんもかわいいけど。
ちなみに赤ちゃんは、必死でエサを食べたあげく、盛大に戻してました。面白い。


以上。
見て回りました。

ここでしか見れないってのが、ほとんどないので2000円はやっぱり高い。
魚屋やペットショップ、バーで見れる生物が半分ってのがなんとも。
いくらぐらいならいいんだろう? 800円ぐらい?

狭いながらも面白い展示方法を試みようとしているのはいいなと思いました。
中にカフェもあって時間つぶせるは良い点でした。

でも~、じっくり見て回っても一時間かからないのは痛いところです。
コスパ的にはここより悪い水族館はないかも。

須磨とか海遊館とか鳥羽とか半日かかりますし。ショーもあるし。
まあ平日ということもあってガラガラだったので、ゆったりできたのはよかったです。
都内の、しかもスカイツリーという観光地の傍にあるってのが利点なのでしょうか。

結論としては、県外者は一度行けば十分かなと思いました。


その後、水族館併設の売店へ。
ここは可愛いアイテムが多かったので、むしろここだけ見にやってくるのもありかも。
自分用のおみやげを買ってしまいました。

というか、この日は東京がとても暑くてすぐに汗だくに。
そんな時、涼しいアイテムを見つけたので即購入。
東京2017113
ペンギン柄の扇子です。幕は紙ではなく布製。

この折り畳み式の清涼道具は日本の発明した素晴らしい道具です。
前に京都で買った鳥獣戯画の書かれてた扇子を使ってましたが、どっかいったのでちょうどよかったです。

あとはダイオウグソクムシのクリアファイルを買ったり。
東京2017114
旅の領収書がたまってきたので、それを入れるためです。

あとクラゲのしおりを買いました。
上の写真で横に移ってるのがそれ。
鉄製で素敵。
ここのお店がすみだ水族館の中で一番満足したかもしれない。


はてさて。
なんだか最後はしょんぼりした観光でしたが、
気を取り直してGA文庫の受賞式へいざ出陣!


15時ぐらいから始まりました。
同期と話し合ったり。名刺交換したり。

その後は二次会へと流れ。
編集長と隣になったので作品のこととか話し合って、すごくためになりました。

三次会もあるらしかったのですが、異常に眠くなったのでホテルに帰還。
授賞式の様子が少ないですが、どこまで話していいのかわからないので割愛です(・∀・)

そしてホテルでは服を脱いで横になったとたん、爆睡しました。
シーツもかぶらずに。

これが後悔することになりました。

続く。

築地とスカイツリー観光感想(東京日記6)


フェリーで早朝の東京に着いたので、次は観光に出かけます。

朝5時からどこ行く気だ、と思われるかもしれません。
僕も思ってました。

ですが、今年でなくなる今話題の場所は、朝四時からやってます!
そうです、築地です!
築地の見納めのために船に乗ったのも理由の一つです。

どうしたら早く行けるのか、と調べるうちに朝5時台に東京へ着くオーシャン東九フェリーを見つけたのです。


というわけで駅から出発――ん?

駅まで送ってもらったはいいけど、駅の運賃表を見てもなぜか次の目的地の「新橋」か「豊洲」の駅名が載ってない。
そこで乗り換えて築地に行くのですが。

えー、なんでー? とスマホで調べてたら、ここJRの駅だ!
利用するのは「ゆりかもめ」でした。
歩いて五分ぐらいのゆりかもめの駅へ向かいます。


06;00 その途中、発見してしまいます。
東京201786
そうか……ここが聖地か……。

その後、ゆりかもめに乗りました。
ぐるーっと回るループ線を体験してみたかった。

06:40 新橋で乗り換え。
ここでコインロッカーに荷物を預ける。
たぶん今後の乗り換え中継駅になるから。


07:00 築地到着。
東京201787
うろうろと辺りを散策。

場外場内両方とも歩き回り。セリは終わった後なのかな。でも魚並んでた。
あと噂の変な車が走り回ってました。面白い。
ただ、人と変な車がものすごい数が行き交ってて、危なくて写真撮る暇なかったです。

いくつかの読めない神社にもお参り。
活気があって面白かったです。


それにしても外国人観光客の姿が多かったですね。
地図を持った彼らについていくと見たかった場所についていけるのでよかったです。

んで名物らしい卵焼き。
東京201788
東京201789
東京201790
東京201791
甘い味付けでおいしかったです。
これを食べるために朝食は軽くしたのです。でも物足りない。

でもこれが築地かー、と。
世界最大規模の魚市場を見れてよかったです。


そして次の目的地へ向かったのですが――。
なぜか駅にたどり着かない。
スマホで調べようとしたけど、なぜか画面が固まってしまう不具合が発生。

しかたないので来た道と同じはずの道をまっすぐ歩きます。
10分は歩いたでしょうか。


08:30 富士そば発見
朝食を軽くしすぎたところに長距離を歩いたせいか、小腹が好きました。(築地で食べようと思っていた海鮮の店は、外人観光客が長蛇の列を作っていたので諦めました。他の店は異様に高いし。吉野家一号店は気分じゃなかったのです)

そんな僕の目に飛び込んできたのが「富士そば」
東京201792
関西にはない立ち食い蕎麦屋なので、これも一興かと思い、入店。


とろろそばを食べました。420円。
東京201793
店内はサラリーマンでいっぱい。当り前か。

おねーさんが即座に作ったとろろそばが出てきました。
麺はつるつる、とろろはとろとろ。つゆ蕎麦とろろののど越しが素晴らしい。
量が多いかなと思ったけれど蕎麦は別腹でした。
汗ばむ陽気の中、冷たい蕎麦はおいしかったです。


その後、店を出てすぐに駅到着。

駅名「新橋」

なぜお前が……築地駅ではなかったのか……っ!
どうやら90度逆の方向に歩いていた模様。

東京の地理はややこしいです。
でも迷子はこれだけじゃなかったのです。

09:00 スカイツリーに行くため、新橋から電車に乗ります。
 ところが思ってたのと違う駅名が続く。
 逆方向の電車に乗ってしまいました。
 東京の地下鉄、難しい……。


09:30 スカイツリー到着!
東京201794
迷っても問題なく間に合いました。よかったよかった。

予約してたチケットを引き替えて大量の観光客と一緒にエレベーターに乗りました。
高速で上昇するのですが、耳が3回ぐらいキーンてなりました。耳抜き必須。


展望デッキ到着。地上300メートルの高さ。
東京201797
眼下にはおもちゃのように小さな家や車がどこまでも広がってます。遠くには高層ビル群。

一目見た瞬間「わぁ~! グーグルマップみたいだ~!」というアホみたいな感想が浮かびました。
3000円も払って昇った感想がこれなのかと、自分でも呆れます。
なんとかと煙は高いところが好きといいますが、やはり僕はなんとかだったようです。


二度と来ることはないだろうと思い、360度の家々をじっくりみてきました。脳裏に焼き付けます。
チケット引き替えの際にパンフレットをもらっていまして、展望地図が載っています。東京の名所がよくわかります。
東京201798
国会議事堂や東京タワー、浅草寺や御苑、恩寵公園。

遠景は白く霞んでいて富士山は見えませんでした。残念。
でも今朝くぐった大きな橋が、やっぱり東京ゲートブリッジだとわかりました。それだけで満足。


その後はさらに上へと昇りました。
展望回廊というそうです。
5メートルほどの高さの坂道を歩いて昇ります。
壁がしたまでガラス張りなので、空中散歩してるみたい。

なかなか気持ちのよい場所ですが、一緒にエレベーターを降りた幼い子供はガンなきしてました。
「あぶあい、おちる、あうない、うわぁぁ!」って。子供はかわいいです。ほっこりしました。

上の展望回廊につくと、進撃の巨人とコラボしていました。
パネルとか原画が飾られてます。
そのせいか女性客がたくさんいました。
片膝ついて前かがみになり、なめるようにパネルを撮りまくってます。すごいです。

展望回廊からは地上がさらに小さくなりました。
縮小ボタンを押したグーグルマップ。
もう一度下の階で覚えた展望地図をおさらいするつもりでじっくり見ました。
なかなか楽しかったです。

そしてここで記念にトイレへ行きました。
地上350メートルでしたった! 地上建築では最高の高さの公衆トイレ。
よくここまで水を持ってきたなと思いました。


展望デッキからは階段で二階分、下におります。
途中、ガラス張りの床と吹き抜けがあります。
東京2017100
ガラス床に乗ってみると、なかなかぞわっとするものがあって面白いです。

帰るときに修学旅行の集団とかち合ってしまい、下へと降りるエレベーターが長蛇の列に。しかも複数の中学校らしくものすごい数。制服の種類からみて、たぶん3校ぐらい。
日本てまだこんなに子供いるんだと変なことを思いました。


下に降りておみやげ買って11;00ぐらい。
おみやげ店も修学旅行生で長蛇の列でした。

今日の予定までは微妙に時間がありました。
喫茶店で時間つぶすのもちょっと面倒な長さ。


そこで調べるとスカイツリーのすぐ近くに水族館があるとのこと。
なんでも「小さい」「高い」「地雷」と噂される、かなりやばい水族館らしいです。

そんな「すみだ水族館」の料金は2000円。確かに高いかも。
神戸の須磨水族館が1300円、大阪海遊館が2300円なので。
海遊館の方が高いですが、水槽めちゃくちゃ大きいし種類も豊富。かわいい水生動物も多いです。マンタも泳いでます。バールのようなものは持ってないマンタですけど。


でも、気になります。
須磨水族館以上、海遊館未満の満足をすみだ水族館ははたして与えてくれるのでしょうか?

行ってみることにしました。

続く。

オーシャン東九フェリー乗船二日目・東京着感想(東京日記5)


 オーシャン東九フェリーに乗船して一日目を過ぎ、二日目。
 今日は東京へ着く日です。


03:30 一度目が覚めました。意外とぐっすり寝れた様子です。
驚くことに目覚めると、船の振動が気にならない。
船の振動と心臓の鼓動が一致してて気にならなくなってました。
人体の神秘に驚きました。
ま、感動よりも眠気が勝ったので、すぐ二度寝しました。二度寝大好き!

東京湾に入ると揺れが静かになりました。
波が小さくなったのと、最大速度を出さなくなったおかげのようです。


04:40 目覚めてラウンジ「オーシャンプラザ」へ。
空が白んできて、視界が良好に。
船がいっぱい浮かんでいます。
東京201772
東京201773
かなりの近距離を過ぎていく船たち。

昨日は日没の瞬間を撮り忘れたので、夜明けをデッキから撮ろうと思っていました。
が、夜間は安全のために屋上デッキへは上がれませんでした。残念。

04:48 日の出。
東京201774
真っ赤な太陽が上がりました。


朝食には気になっていた「やわらかカツサンド」を食べてみました。400円なり。
東京201775
東京201776
中は3切れ。個別包装に入ってます。
柔らかくておいしい。パンはしっとり、カツはじゅわっと。
ソースがちょっと足りないけど。

でも、ここの食堂にソースや醤油、七味にタバスコなどが大量に備えられているのでばっちりです。
ソースつけたらもっとおいしかったです。

食べられなかったキーマカレーやミートソースパスタ、ピザが心残りです。
特にピザは「おいしくなりました!」と書かれていたので気になっていたのです。
まあ、またいつか乗船したときにでも。


05:23 大きな橋をくぐる
東京201777
これが東京ゲートブリッジかな? わからないです。

05:40 東京港到着
東京201778
船着き場が見えてきました。
東京の有明というところらしいです。
徳島の出発が30分遅れたけど、予定時刻に到着。


乗船チケットを渡して船を下ります。
最後にもう一度振り返って船を撮影。
東京201780
東京201785
大きすぎて一枚で撮れない。
なかなかいい経験になりました。楽しかった。

誰もいない3階待合室を抜けて1階へ。
東京201781
これは振り返って撮影したところ。
窓の奥に見えるのは連絡橋。

全体的にものさみしい建物。
東京201782
東京201784
朝だからではなく、多くの会社が撤退したため今はオーシャン東九フェリーしか建物に入っていないのです。

建物の玄関を出たすぐのところに送迎車が待っていました。
東京201783
最寄り駅までこれで送ってもらいます。どこか知らないけど。

利用したのは3人でした。徳島から一緒に乗った人たちだけですね。
船内でもらっていたチケットを渡して乗り込みます。

05:55 最寄り駅に到着。
長い船旅は終わりました。


とりあえず、船旅とても楽しかったです。
来年は九州から乗ってみようか……。二泊三日の船旅になります。
むしろ違うルートのフェリーに乗って東京のもいいのかも。

でも、どうだろう?
今回は新造船とはいえビジネスホテルみたいなフェリーだったので豪華客船には及びませんけど。
その分船内でドレスコードがなかったので、Tシャツやジャージ、スウェットでうろつきまわれるのが、家にいるみたいに気楽でした。

堅苦しいと執筆は進まないかもしれない。うーむ。
いや、ドレスコードのある船にも乗ってみるべきか。


ともあれ、船旅ってかなり快適なんだなと思いました。
東京まで18時間もかかってしまうことをのぞけば。
あと5:40という、早朝についてしまうのが問題で。

この後観光に行こうとして、東京の試練が田舎者に襲い掛かります。


続く。

オーシャン東九フェリー乗船お風呂感想(東京日記4)

徳島発東京行きフェリー乗船記録。

夕飯を食べ終えた僕は窓辺に座ってお酒をちびちび飲みながらポメラで執筆。
快適だー、と船旅を楽しんでいた時でした。


19:15 ここでスマホの電波が完全に入らなくなる。
え? 今メール着たから返信しようと思ったところなんですけどー。
今までは時々電波が入ってたのですが、急に使えなくなり。

ここから翌朝ぐらいまでまともに電波が入りませんでした。
これはきついです。
場所的には愛知県、静岡県の南側。(航路状況の写真は21時ごろ。なのでもう少し手前から電波入らないです)
東京201744
このあたりずっと入らなくて困ってました。
すべてがネットに絡む現代において電波が届かないのは致命的かもしれません。


まあ、できないものはしょうがないのです。諦めるのです。
電波が完全に入らなくなったせいか、ラウンジの窓際にいた人たちが一人二人と消えていきます。
あのカプセルベッドの中では電波入らないんですよね。だからラウンジで過ごしてた。

ほぼ貸し切り状態で、僕は執筆続けます。
テレビから刑事ドラマ? だけが流れています。二人の客がぼーっと見てる。暇そう。

それと、足が痛くなってきたのを感じました。
この船って備え付けのスリッパがないんですよねー。
スーツで来たので、靴は革靴。とても窮屈。
スリッパ持ってくればよかったと後悔。

でももっと後悔することがこの後に。


ちなみに夜になると窓の外はまっくらです。
薄曇りの中、ぼんやりと霞んだ月が水平線上に出てました。

小刻みな揺れは相変わらず。
グォグォグォッと鳴り続けてます。
耳の奥へごうんごうんと響く感じ。

外の景色が見えなくなって、よけいに気になるようになったかも。
寝られるか心配になってきました。

まあでもなんとかなるだろーとあまり気にせず、執筆に励みます。
というかお酒飲んでてあんまり頭が回っていないのかも。


22:30 そろそろお風呂に入ろうといったん部屋に帰ります。
用意をしていざお風呂へ。

で、ここで衝撃の事実。
お風呂場の前にアメニティグッズを売っている自販機があるのですが、そこに折り畳みスリッパが!
東京201745
こんなスリッパでした。小袋入りで持ち運び便利。
柔らかいタオル生地?っぽいので履き心地も快適。

速攻買って履き替えました。200円也。
革靴から解放されて楽になりました。
最初船内見回った時にもっとしっかり見ておけばよかったと後悔しました。


気を取り直してお風呂へ。
東京201769
脱衣所はこんな感じ。よくある感じ。

個室シャワー室もあります。
東京201771
これは便利。4つあるようですね。

そして中の湯船。
東京201770
結構広い。洗い場は8人分ぐらいあったはず。壁で仕切られてます。

お客さんはそこそこ乗っていたはずなのに貸し切り状態です。
だから写真撮れたのでよかったけど。

湯船が海の波と同じように揺れています。お湯の海水浴場だー。
湯につかると波にもまれて楽しいです。


湯船に足を延ばして横になると、窓から丸い月がちょうど天頂に見えました。
(お風呂のお湯が)寄せては返す波の音を聞きながら、芯まで温まりました。

それと少し思いましたが、日中なら海や船を眺めながらお風呂に入れるってことですね。
それもよさそうです。もし次があるなら夕暮れ時にも入ってみたいです。


23:15 湯上りに冷たいお茶を求めてラウンジへ。
窓に頭をつけて外を眺めつつ飲みます。

真っ暗だから何も見えないと思ってた深夜の大海。
満月の照らす海はおぼろげながら水平線まで見渡せます。
夜のしじまに船の起こす静かな波が広がっていく。
恐ろしく幻想的でした。


そのあとカプセルベッドに戻って寝ました。
ベッドに横になるとゴウンゴウンというエンジンの響く音が強くなり、船の揺れも感じます。
お酒を飲んだせいか自分の心臓の音も気になる。

寝れるかな、どうかなと心配してたら、いつの間にか寝てた。今何時か確認しようとスマホの電源入れようとして寝落ちしてたので、たぶん3分かかってないです。
横になって自分の寝やすい体勢で寝られるってのが一番強みなのかなと思いました。

まあ、カプセル式二段ベッドの下側でしたが、上に客はいなかったので、それも快適に寝れた要因かもしれません。


ちなみに、僕の止まった部屋は二段ベッドが8台なので最大16人ですが、この日の客は7人でした。
一人ずつ占領って感じ。

他の部屋も似たような状況。
そもそも使われてない部屋もあったりした。
利用する側としては人少ないほうが快適だけど、航路が廃止されないか心配でもあります。


ともあれ、明日は東京だー。

続く。

オーシャン東九フェリー乗船感想・船揺れと夕飯(東京日記3)


夜行フェリーに乗って、いざ東京へ。

13:30
外洋に出ると波のうねりが大きくみたいで、ぐるぅ~ん、と上下に回る感じがします。
それと船自体も速度を上げたっぽい。それで揺れがより大きくなった気がします。
フェリーなんて瀬戸内でしか乗ったことなかったから知らなかった。


小刻みなエンジン音と振動に少し酔いそう。
このままだと本当に気持ちが悪くなりそうだったので、船酔いする前に酔ってしまえということで、ビールを一本購入しました。正確には発泡酒で500缶が200円でした。
たぶんお酒もそこまで割高にはなってないはずです。

あ、ちなみにお風呂場前の自販機では酔い止め薬も売ってます。

でも僕は原始的な対処法で打ち勝つのですー。ただ単に飲みたいだけなのかもしれませんが。
あては当然自販機で売ってた、土佐特産姫カツオスティックを購入。
東京201741
東京201758
気になったので。

自販機眺めてて気づいたのですが、このフェリーは北九州、徳島、東京を行き来するので、自販機の食べ物も九州や四国が多いです。
鹿児島のご飯とか、
東京201757
愛媛のミカンとか。
あのうどんはたぶん讃岐。
ちょっと楽しい。

って、そうか。
フェリーのいいところって、車やバイクに乗っててもお酒が飲めるところなのか。


飲みながらカツオを食べてみる。
ちょっとツナっぽい。味はふつう。
そしてハバネロ味と書いてあるぐらいなので、後味がじんわり辛いです。

ほろ酔い気分で揺れが気にならなくなりました。
さらに執筆。


13:45 海に茶色の藻が浮いてるのに気付きました。
東京201761
あれが漂流する藻なのかな。

14:00 和歌山の南を回り込んで通過。
東京201762
なんだか時間がゆるゆると過ぎます。

船内テレビは海外ドラマか時代劇か。たぶんBSのみ?

このころから携帯とスマホの電波が弱くなっていきます。
船内にWi-Fiはないっぽい。


それにしても太平洋側を眺めてて思うのですが。
海ってバカみたいに広いですね、水だらけです。

そして船ってものすごい数が行き交ってるんですね。
東京201760
東京201765
東京201764
知識としては日本の輸送の九割は船だと知ってましたが、眼で見て初めて実感しました。
とはいえ単純に。水平線にまで船がいっぱい見えて楽しいです。

あと遠洋にも白波はたつのですね。知らなかった。
海原に点在する白い波。そこだけ突然、小さな生き物が現れたかのようです。

飛び魚って水面すれすれをどこまでも飛んでいくんですね。
着水したように見えてもまた飛んでいく。
まるで小鳥のようです。知らなかった。

書きながら、ふと顔を上げては窓の景色を眺めて。
なんだかいい感じに筆が進みます。


16:00 
二本目のビールとともに、炭火地鶏焼き鳥も食べてみた。
東京201759
見た目汚い。

炭の香ばしさとほんのりレモンの香り。
地鶏のためか、結構しっかりした歯ごたえがあります。砂肝かと思ったぐらい。
おつまみとして、お酒によく合います。
うまうま。
でも骨があった。ガリっていった。そこだけはちょっとマイナス

一つ気づいたこと。
自販機なので売り切れになりやすい。
昼食時間後では売り切れ続出です。

一応、夕食前には補充してくれるみたいですが、はてさて。


19:00から夕飯にしてみました。
かきあげ蕎麦とグルメハンバーグ。
東京201767
東京201768
妙な取り合わせだけど。
蕎麦は昼はすぐ売り切れて食べられなかったので気になってたのです。
とりあえず気になる食べ物を重点的に攻める所存。

食べた感想。
ハンバーグの味はふつう。まあまあ。
コンビニの金のハンバーグよりちょっとおいしいぐらいのおいしさ。
むしろ野菜がちょっとでも入ってるのがうれしい。
ただ600円では少し高い、かも?
いや、冷凍でここまでの味を再現ってのは健闘してるのかな。

かきあげそばは300円。
東京201763
値段的には立ち食いそば程度ですね。あまり期待できず。

でも、食べてみると驚き!
こしがあるし、かきあげふわふわだし、おいしい!

この蕎麦は当たりかもです。
まあ、麺類は冷凍にしても味が落ちにくいので当然かもしれません。
カトキチの冷凍讃岐うどんとか大好きです。


おにぎりはずっと売り切れのままでした。気になるところ。
おにぎりとチョコ系お菓子はコンビニで買ってから乗船した方がよかったかなと思いました。

でもまあ一泊二日の乗船なら、問題ないかな。

しかし僕はまだフェリーの一番つらい問題を味わってなかったのです。


続く。









新人賞受賞作


4月発売受賞作

そのオーク、前世(もと)ヤクザにて3 (GA文庫)



月とうさぎのフォークロア。St.2 はかなき双月、かくて月食むしろうさぎ。 (GA文庫)




5月発売受賞作

暴血覚醒《ブライト・ブラッド》 (GA文庫)




6月発売受賞作

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語2 (GA文庫)




GAノベル


4月発売

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2 (GAノベル)



ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>2 (GAノベル)



魔王様の街づくり! 2 ~最強のダンジョンは近代都市~ (GAノベル)



神曲奏界ポリフォニカ エイディング・クリムゾン <クリムゾンシリーズ7> (GAノベル)




5月発売

グリムノーツ (GAノベル)



剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!? 3 (GAノベル)



失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ (GAノベル)



チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。2 (GAノベル)




7月発売

魔女の旅々4 (GAノベル)





受賞作既刊

当ブログ管理人
広岡威吹のデビュー作!!

魔王子グレイの勇者生活(チートライフ) (GA文庫)

第6回GA文庫大賞受賞者五人目!! ついに管理人である広岡威吹の本が出ました! 魔界最弱だけど超強い?主人公グレイと、お目付け役でありヒロインでもあるサラ。本性はひた隠しにしつつ勇者学校でのチートな生活を繰り広げます! ドジっ子ミレーヌも健気で可愛いです。でもエロいらしいので注意が必要ですっ! ――可愛いイラストはAn2Aさんに描いていただきました。デザインは柊椋さんにしていただきました!

魔王子グレイの勇者生活(チートライフ)2 (GA文庫)

受賞作第二弾!目先の脅威は退けたものの封印を解除できないグレイ。王女の悩みを解決する代わりに魔法を知ろうとする。しかしその悩みは何者かによる国を揺るがす企みだった――。二巻の注目はなんと言っても新キャラ。とても面白いキャラになりました、乞うご期待です!  

当ブログ管理人の新作!
1月15日発売!

魔王子グレイの勇者生活(チートライフ)3 (GA文庫)

受賞作第三巻!
 バヌトリウスを倒して平和な生活を手に入れたグレイ。
 しかし突如として大量の魔物が魔界から押し寄せてくる!
 いったい何が起きたのか!?
 そして対処できるのか――なぜか魔界に詳しいグレイが作戦立案、ついに勇者として立ち上がる!
 ……まあ、魔界の王子なんだから詳しいの当たり前なんですけどね。三巻の見所は魔王子だとバレないようにしながら活躍するグレイと、万単位の大規模戦闘かな。
 ヒロイン全員の大活躍も目が離せない! 乞うご期待です!  



受賞作既刊

ギャンブル・ウィッチ・キングダム2 (GA文庫)



デボネア・リアル・エステート 3 傭兵は勇者となり、地上げ屋たちは浮遊城を堕とす。 (GA文庫)



フィクション・ブレイカーズ2 (GA文庫)



百億の金貨と転生者 (GA文庫)



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)



うちの居候が世界を掌握している! 15 (GA文庫)



イレギュラーズ・リベリオン 4.禍乱の帝都 (GA文庫)



姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。3 (GA文庫)



0.2ルクスの魔法の下で (GA文庫)



あやかし露天商ティキタカ 2 (GA文庫)



サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)



一刀両断のアンバー・キス 2 (GA文庫)



神楽剣舞のエアリアル 5 (GA文庫)



路地裏バトルプリンセス 4 (GA文庫)



ガンソード.EXE3 -異能の騎士とヴァルハラ大戦- (GA文庫)



異世界ラ皇の探求者 03.ロリ吸血鬼はハフハフです! (GA文庫)



未来/珈琲 彼女の恋。2 (GA文庫)



クロスワールド・スクランブル 3 (GA文庫)




GAノベル既刊

勇者のふりも楽じゃない2――理由? 俺が神だから―― (GAノベル)



マンガを読めるおれが世界最強4 ~嫁達と過ごす気ままな生活~ (GAノベル)



カロン・ファンタジア 『オフ』ライン4 ――絆の万糸で織る結び―― (GAノベル)



異世界モンスターブリーダー4 ~チートはあるけど、のんびり育成しています~ (GAノベル)



異世界ダンジョンのボーナスポイント2 (GAノベル)



チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 (GAノベル)



スポンサードリンク


4月発売

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)



レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~ (GA文庫)



ヒーローお兄ちゃんとラスボス妹 抜剣! セイケンザー (GA文庫)



我が驍勇にふるえよ天地4 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)



最弱無敗の神装機竜《バハムート》12 (GA文庫)



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)



瀬川くんはゲームだけしていたい。2 (GA文庫)



落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)12 (GA文庫)




5月発売

くじ引き特賞:無双ハーレム権 5 (GA文庫)



なぜ、勉強オタクが異能戦でもトップを独走できるのか? (GA文庫)



ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫)



ハンドレッド13 -ノブレス・オブリージュ- (GA文庫)




6月発売

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)



はいむらきよたかイラストレーションズ The Art of Sword Oratoria




7月発売

りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)




9月発売

ゴブリンスレイヤー6 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)






既刊

中古でも恋がしたい! 9 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)



ギルティ・アームズ3 新たなる螺旋 (GA文庫)



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7 (GA文庫)



S級御曹司たちがゆく、異世界契約支配者生活《ルーラーズ・ライフ》2 (GA文庫)



29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~ (GA文庫)



かみこい! ~くっついたらとれません~ (GA文庫)



俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 12 (GA文庫)



聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 18 (GA文庫)



のうりん 13 (GA文庫)



灰燼の魔法士と魔導戦艦2 (GA文庫)



アキハバラ∧デンパトウ (GA文庫)



異能バトルは日常系のなかで 12 (GA文庫)



ファントムアーム 2 ~運命の奪回者~ (GA文庫)



ウォーエルフ・オンライン 2 (GA文庫)



ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情《ハーレム・ルート》2 (GA文庫)



出番ですよ! カグヤさま 2 (GA文庫)



教導覇帝の完戦常勝譚〈パーフェクトヴィクトリア〉3 (GA文庫)



セイクリッド・クロニクル 3 (GA文庫)



幻葬神話のドレッドノート2 (GA文庫)



おと×まほ 16 (GA文庫)



GA文庫&GAノベル2017年4月の新刊 全作品立読み(合本版) (GA文庫)

ブログ内検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

このブログについて



人気ブログランキング
スポンサードリンク