夜行フェリーに乗って、いざ東京へ。

13:30
外洋に出ると波のうねりが大きくみたいで、ぐるぅ~ん、と上下に回る感じがします。
それと船自体も速度を上げたっぽい。それで揺れがより大きくなった気がします。
フェリーなんて瀬戸内でしか乗ったことなかったから知らなかった。


小刻みなエンジン音と振動に少し酔いそう。
このままだと本当に気持ちが悪くなりそうだったので、船酔いする前に酔ってしまえということで、ビールを一本購入しました。正確には発泡酒で500缶が200円でした。
たぶんお酒もそこまで割高にはなってないはずです。

あ、ちなみにお風呂場前の自販機では酔い止め薬も売ってます。

でも僕は原始的な対処法で打ち勝つのですー。ただ単に飲みたいだけなのかもしれませんが。
あては当然自販機で売ってた、土佐特産姫カツオスティックを購入。
東京201741
東京201758
気になったので。

自販機眺めてて気づいたのですが、このフェリーは北九州、徳島、東京を行き来するので、自販機の食べ物も九州や四国が多いです。
鹿児島のご飯とか、
東京201757
愛媛のミカンとか。
あのうどんはたぶん讃岐。
ちょっと楽しい。

って、そうか。
フェリーのいいところって、車やバイクに乗っててもお酒が飲めるところなのか。


飲みながらカツオを食べてみる。
ちょっとツナっぽい。味はふつう。
そしてハバネロ味と書いてあるぐらいなので、後味がじんわり辛いです。

ほろ酔い気分で揺れが気にならなくなりました。
さらに執筆。


13:45 海に茶色の藻が浮いてるのに気付きました。
東京201761
あれが漂流する藻なのかな。

14:00 和歌山の南を回り込んで通過。
東京201762
なんだか時間がゆるゆると過ぎます。

船内テレビは海外ドラマか時代劇か。たぶんBSのみ?

このころから携帯とスマホの電波が弱くなっていきます。
船内にWi-Fiはないっぽい。


それにしても太平洋側を眺めてて思うのですが。
海ってバカみたいに広いですね、水だらけです。

そして船ってものすごい数が行き交ってるんですね。
東京201760
東京201765
東京201764
知識としては日本の輸送の九割は船だと知ってましたが、眼で見て初めて実感しました。
とはいえ単純に。水平線にまで船がいっぱい見えて楽しいです。

あと遠洋にも白波はたつのですね。知らなかった。
海原に点在する白い波。そこだけ突然、小さな生き物が現れたかのようです。

飛び魚って水面すれすれをどこまでも飛んでいくんですね。
着水したように見えてもまた飛んでいく。
まるで小鳥のようです。知らなかった。

書きながら、ふと顔を上げては窓の景色を眺めて。
なんだかいい感じに筆が進みます。


16:00 
二本目のビールとともに、炭火地鶏焼き鳥も食べてみた。
東京201759
見た目汚い。

炭の香ばしさとほんのりレモンの香り。
地鶏のためか、結構しっかりした歯ごたえがあります。砂肝かと思ったぐらい。
おつまみとして、お酒によく合います。
うまうま。
でも骨があった。ガリっていった。そこだけはちょっとマイナス

一つ気づいたこと。
自販機なので売り切れになりやすい。
昼食時間後では売り切れ続出です。

一応、夕食前には補充してくれるみたいですが、はてさて。


19:00から夕飯にしてみました。
かきあげ蕎麦とグルメハンバーグ。
東京201767
東京201768
妙な取り合わせだけど。
蕎麦は昼はすぐ売り切れて食べられなかったので気になってたのです。
とりあえず気になる食べ物を重点的に攻める所存。

食べた感想。
ハンバーグの味はふつう。まあまあ。
コンビニの金のハンバーグよりちょっとおいしいぐらいのおいしさ。
むしろ野菜がちょっとでも入ってるのがうれしい。
ただ600円では少し高い、かも?
いや、冷凍でここまでの味を再現ってのは健闘してるのかな。

かきあげそばは300円。
東京201763
値段的には立ち食いそば程度ですね。あまり期待できず。

でも、食べてみると驚き!
こしがあるし、かきあげふわふわだし、おいしい!

この蕎麦は当たりかもです。
まあ、麺類は冷凍にしても味が落ちにくいので当然かもしれません。
カトキチの冷凍讃岐うどんとか大好きです。


おにぎりはずっと売り切れのままでした。気になるところ。
おにぎりとチョコ系お菓子はコンビニで買ってから乗船した方がよかったかなと思いました。

でもまあ一泊二日の乗船なら、問題ないかな。

しかし僕はまだフェリーの一番つらい問題を味わってなかったのです。


続く。