ゴール裏から愛をこめて!

マリノスと魂の日々・そして日本サッカー界を辛口に憂うページ。文字ばっかのマニア向けマリノスページ・男は黙ってテキストオンリーじゃ。

スラヴォルユブ・ムスリンとかポステコグルーとかなんでマリノススタートレックに出てきそうな顔面の新監督候補ばかりピックアップするのか?(いや知らんけど)どもーBluesmanです!今回は愛と煩悩と妄想の日々と合併バージョンですよ!
てなわけでマリノス以外が優勝しちゃったからクッソおもしろくない2017シーズン終了~。開幕浦和戦のリプレイみたいな前田のゴールで今年一年が走馬灯のように回転しちゃってあれ?もしかして今から2017年シーズン始まるの?それともまだやり残したことがあるからループから抜け出せないのエンドレスエイト~?(おいしっかりしろ)
それにしても最終戦勝ってくれたからよかったよーなもののリーグ終盤にグダグダになる、中断あけに「中断期間中なにやってたの?」て言いたくなるサッカーをするというここ近年のマリノスの悪い癖なんとかしねーとシャーレには届かんぞ新監督含め来季の準備はどーなんだろ大丈夫か?
でリーグ戦も終了したんでサクッとDAZN退会!さよならDAZN!課金してもウチはなんの賞金も手にはいんなかったわ!
しかしほんとにマルティノス浦和に行かせちゃうのか?得点絡み率(どー言うんだこーゆーのあたしゃシロートだから難しい言葉知らねーわ)で見たら絶対手放せない選手のはずだが移籍金がよっぽどいい商売になるのか?これにしたってさ~これからDAZNマネーを手に入れたクラブは国内リーグのヨソのクラブから選手むしり取るのなんざ屁でもねえってことになるんだよチックショーウチはどーすんだよこのままじゃびんぼっちゃマリノスだよ前から見たらカッコイイ立派なクラブだけど裏まわったらケツ丸出しだよ!
同じ県内の隣町のクラブが優勝したっつーことではっきりとマリノスにはアラートが鳴り出してるわけですよ、下部組織だってこれからどんどん良い人材が向こうに行っちまうかもしれねーんだよどーすんの!?いったんケツに火がついたら後ろ丸裸なんだから大やけどだよ!(びんぼっちゃマリノスネタをひっぱる)だが我々にはまだアップセットのチャンスが残ってる!天皇杯優勝して正月元日のNHK全国放送でカップ掲げるところを見せつけりゃあああやっぱりマリノスすてたもんじゃねえ大したもんだよさすが!てなるハズだよ!なにがなんでも元日行こう天皇杯獲ろう!もっぺんネジ巻き直して今季総決算をみせてやろう!いやみせてくれ!!!
さーこっからは雑談です!しかし金子の「まりびと」観たが和田武倫さんちょっと佐藤二郎ぽいな?(笑)
ポケ森始めたけどこれ他人(どうぶつだけど)のために働かされてる感ハンパねーなおい?んでエイブル姉妹がろくなもの売りにこねえのは今後のアプデで服を作れるようにする時のためなんだろうなー、そして実装されたら「ほれほれ、綺麗なおべべが欲しけりゃもっと果物や魚を獲ってくるだよ!」とムチを振るわれる。まるでプランテーションの労働者みてえだぞ!?

『屍人荘の殺人』(今村昌弘)読了。関西の大学のミステリマニアな先輩と俺って「学生アリス」みたいでいいよねえこういう雰囲気・とウキウキしてたら途中からとんでもない事態に襲われる。これシリーズ化します?読みますよ?

最初読むと普通の短編小説だが袋綴じを開けると長編ミステリになる・という泡坂妻夫『生者と死者』図書館で借りてきたが当然すでに開封済みのためそのギミックは発動せず(笑)なんつーかさー「○頁から○頁まで袋綴じ」とかメモ入れてくれてもなーとか思ったが図書館もそこまでやる義理ねえかー。/でも図書館て他の本でも平気で一頁落丁したまんま買い直してくれなかったりするし、何冊も同じ本仕入れるよりもそーゆーことしてくれたほうがよっぽど真の住民サービスなんじゃねーのかおもてなしオリンピック〜?

中華料理屋の代名詞になった「来々軒」はその昔浅草にあったという。また近年でも東京で一、二を争う洋食屋といわれた「二葉亭」という店が渋谷にあったが今では完全に忘れ去られている。/というわけで「すでに廃業してしまった失われた名店ガイドブック」をそろそろどこかの出版社が出してくれないだろうか。東京・神保町のさぶちゃんとか新橋にあったかき揚げで有名だった天ぷら屋の橋善とか大阪のグリルしき浪とか。往時の写真やメニューに常連客の話など添えて。/「あの味が思い出となって忘れられない」て人多いと思うんだよそういうの残していくべきだと思うんだけどなあ。まあでも権利関係難しいかー、でももう既にこういう本あったらお教えください。

自分が死ぬ間際に思い出すであろう味が三つ。ひとつは幼い頃祖母が連れて行ってくれたレストランのミートボールスパゲティ、ひとつは神保町さぶちゃん。この二つはもう閉店してしまい残るはキッチン南海神保町店のみ。キッチン南海は末永く続いてほしい、というかキッチン南海があるうちにこの世から消えてしまいたい。もちろんそのときにマリノスが無くなっていたら死んでも死に切れん!頼むぞおい!

ところでさー海外行った選手はなんでああ上から目線になるんだろうね?アメトーーク!アイコス芸人回で千鳥大悟「アイコスにしたら人間として一段階上がりました!みたいな顔しとるけどいやいや、ワシからしたらむしろ下がったくらいやけどね?」て言ってたけどあれとおんなじだよ「海外行ったら選手として一段階上がりました!」みたいな顔しとるけどいやいや、ワシからしたらむしろ下がったぐらいやからね?日本でサッカーやってて一生居たいと思うような一生愛し続けたいと思うようなクラブに出会わんかったんか?って!
すいません、これから先は全くの個人的な話になります、興味の無い方はこの辺で閉じてくださって結構です、申し訳ありません。
ついにとうとうこの時が来てしまいました。東京・神保町のラーメン屋「さぶちゃん」が閉店しました。学生時代ずっと通った店でした。ラーメンにチャーハンを半分つける「半ちゃんらーめん」の元祖と言われた店でした。化調たっぷりだしおやっさんは作りながら煙草吸うし残すと怒るという噂で一部では恐れられていましたが、それらもひっくるめて「おやじさんが作って若い連中に安くて旨いものを腹いっぱい食わせる」という昔ながらのラーメン屋でした。夢に出てきたこともありました。夕暮れの神保町すずらん通りを歩いていてふと時計を視ると六時半近くで「やべえさぶちゃん閉まっちゃう!」と走り出す・という夢でした。

近年ははっきり言って評判を落としてました。ふりかえるとどうもラーメンの器を変えたあたりからおかしくなったというか、妙にスープの量を少なくするようになって、それと時を同じくしてさぶちゃん本人も持病があったのかもしれませんがびっくりするほど老け込んでしまいました。

今でも思います。そのときに誰かがさぶちゃんに言うべきだったのだろうか、と。でも誰が言えただろうか。若い頃にあんなに安くて旨いラーメン食わしてくれたさぶちゃんに、歳をとってからやれああしたほうがいいこうしたほうがいいなどと意見できるのか。「只のよく来る客」じゃない「常連」だからこそ飲み込んでしまうこともある。サッカーでもそうでしょう、勝て勝て勝てと言いながらも棒にも箸にもかからない駄目な負け方をする時もあれば夢のようなサッカーをして勝つこともある、良い時も悪い時もあるその浮き沈みの波も全部まとめて受け入れて愛するのが常連でありサポだと。でもそうこうするうちにすっかり客は減ってしまった。どうすればよかったんだろう。

しばらく休ませて頂きます・の貼紙を貼るほんの少し前に行ったんだけど食べれなかったんだよなあ、夜の部は四時半からだと思ったのだが「五時からだよ」と言われ時間なかったから「出直してきます」と頭下げた。店先に座ったさぶちゃんはもう目も虚ろで朦朧とした感じだった。あれが最後に見た姿になってしまった。無理して時間ずらして食べればよかった。

Good Better Best の中で一番強いのはGoodなんだそうです。他者との比較なんてどうでもいい、誰が何と言おうと自分はこれが好きだ!がGoodである・と。だから自分も胸を張って言います。神保町さぶちゃんは世界で一番旨いラーメン屋でした。ありがとうございました。

↑このページのトップヘ