マンチェスター・シティ勝点98をあげイングランドプレミア二連覇と聞いて俺の心に浮かんだのは1993年の映画『さらば、わが愛 覇王別姫』。厳しいスパルタの京劇役者養成所を逃げだした少年が名優の素晴らしい舞台を観て「これほどになるまでに、どれだけ殴られてきたのか」(記憶意訳)と涙するシーンを思い出した。シティのようになるまでに、マリノスはどれだけ対戦相手からボコられねばならないのか!?(泣怒!)
まーでもシティは勝って金を手に入れたとゆーより資金を投入して優勝できるようになったわけで勝って順位を上げてDAZNマネーが欲しいマリノスとはまた違うからなー、なーんか金が先か順位が先かてニワトリと卵みたいになってきたよ!ああとにかく勝ちてえええ!!!アタッキングサッカーを標榜しながらリーグ戦得失点差マイナス1て!良いサッカーをしたい、そして勝ちたい!それは確かだがその一方でたとえ他クラブのサポからなんと言われようともなりふりかまわず勝ちに行くという姿勢も大事なんじゃないのかそういう強い気持ちがなければ優勝なんてできないんじゃないのか!?鹿島や広島よりも神戸長崎磐田清水山雅とこっからが正念場だよ!もうとにかく勝ってくれ!!!