Jリーグ優勝のイメージ
20191205_003059
 ※あくまで個人のイメージです

おいおいフロントはいつから優勝確信してたんだよどんだけ優勝記念グッズ出す気だよ!?(画面見ながら嬉しい悲鳴が途中から本気の悲鳴(笑))つーかなにあのビアマグ「なにこれとうとう壺売るのかよ!?」て思っちまったよw!?
しかし俺はまず最初にアンジェに謝らなければならない。俺は正直「この監督では優勝できないかもなあ」と思った時もあった。「今年はACL圏内に入れれば御の字、勝負は来年かなあ」と。だが終わってみれば2位に勝点差6、リーグ最多得点最多得失点差最後は7連勝!なにこの堂々たる数字!?いや俺が見る目が無かったっつーか信じる気持ちが足りなかった!スマン!「今年は優勝あるよ」という大津の予見は正しかったよ!
まー試合のほうはみなさん観てるでしょーが初手からFC東京がガツガツくる展開ではあったがおそらく向こうとしては前半で2-0ぐらいにしときたいとこだったろーに20分過ぎてもゴールは割れずこれはマリノス有利な流れかと思い始めたところでティーラトン!いやー後出しジャンケンになっちゃうけど俺はティーラトンが決めそうな予感がしてたよやっぱタイの英雄だよこーゆー大舞台で決めるよ!んで2点目エリキ!その前にマルコスJrをフリーにさせすぎだよこーゆーとこもうすでにF東は緩んでたよ! 
だが後半まさかのパギ退場!いやまあ故意じゃーなくても仕方ないとはいえ一旦イエロー出してFKの壁も作らせたあとで出し直しレッドてそれはちょっとどーなのよと!? 
しかしここで2-0から守って逃げ切るのでなく3-0にしに行くのがいまの今年のマリノスだ!と俺は信じたきっとおそらくみんなも信じたキタよ行ったよ遠藤渓太!ティーラトンの速いリスタートで一発ズバンと抜けだして切り返してドン!もう今季のマリノスを象徴するようなゴールで勝負は決まったよ!
★優勝!15年ぶりの優勝!!!だがなんつーか俺の正直な気持ちは「ほっとした」かなー。なにしろずーっと優勝から遠ざかってたしここ数年隣町の某クラブに戦果もやってるサッカーの評価も上回られてギシギシ歯軋りしてたからよーやく肩の荷が下りたとゆーか。つーかさー15年は長過ぎてほんとのとこ「こんな時、どんな顔をすればいいか分らないの」「笑えばいいと思うよ」という綾波レイ状態なんだよもーほら例えも古いだろエヴァンゲリオン自体1995年初優勝の時だっての!とりあえずいまは♪肴は炙ったイカでいい~状態でしみじみ噛みしめるよ!んなこといいつつ来季開幕前になったらうおっしゃあああなにがなんでも連覇じゃあああ黄金時代を築くのじゃああああああ!!!て叫びだすと思うけど!w
でも俺が本当に嬉しいのは育成組織の若きトリコロール達「この前の優勝」を知らないという断絶が生じるのをギリギリ(ユース3年が三歳の時の記憶ってギリッギリだけど!)歯止めをかけることができたってことだよ!選手は入れ替わってもクラブにはつないでいくべき伝えていくべきものがある!そこで勇蔵がいいこと言ってくれたよ「マリノスに在籍している間はマリノスが大好きで、マリノスのためにプレーしてほしい」そう選手とサポとフロントが Heart をひとつにして同じ方向を向いて目指していかないと頂点(てっぺん)は獲れない!燃えるSoul貫くSpiritがクラブにとって大切なんだよ!来季も頼むぞ!!!(いやだから終わったばっかなんだからもっとゆっくり噛みしめろよ(笑))