ディジー、ベイシーのCDに刺激を受ける!

 いやー、驚いた、びっくりした。親父の墓参りに行こうと思い、2年ぶりに自転車に乗ってみた。最近の自転車は、あれなんだな、スポーツモデルというのか、ブレーキのポジションが昔と違うんだな。これは無理だと思い、いわゆるママチャリに乗ってみたがどうもうまく乗れない。真っ直ぐ走る分にはいいんだが、ちょっとブレーキをかけてターンしようと思うとその加減がわからない。その恐怖心にギブアップ。あんなに好きだったのになー。
年を行くということはこういうことなんかなー?
 気を取り直して、バスに乗って、北鎌倉の明月院を目指すことにした。紫陽花の季節ということで、駅からお祭りのような大騒ぎ。人、人、人。確かに紫陽花は綺麗だが、これじゃーね。帰りに東慶寺に寄ってみた。こちらは良い感じで人もまばら。お寺巡りはやはりほどほどの人ごみじゃないとしっくりこないなー。
 2年ほど前にライブで訪れた岩手県のハーフノートという素敵なジャズクラブの打ち上げで偶然聴いたカウントベイシー&ディジー・ガレスビー。その音が忘れられなくていろいろと人に聞いたりもして手に入れようとしたが、なかなか手に入らない、そこでハーフノートのマスターに言うと、何と、ヨーロッパでリマスタリングされたCDをゲットして送ってくださったのである。ベースはレイ・ブラウン、ドラムはミッキー・ロッカー。まだ10代の頃に憧れていたスーパースター達ばかりのバンドである。とにかく素晴らしい!!スウィング感、グルーブ、トーン、スピード、そしてブルース!それにしても何というか言葉では言い表せないカッコ良いのである!ベースはベースらしく、ドラムはただドラムらしく、ピアノは無駄な音を弾かないし、トランペットはジャズシンガーそのものである。Killer BANDをやる上で、最も正反対なこのバンドの音を聴くと、とにかく刺激を受ける。時代は変わり、リズムも変わり、フュージョン時代をとっくに超えた最先端のジャズ。ジャズは、姿を変えても決してジャズの魂を忘れてはいけないのである。いやー、カッコ良い!たまらん!

誕生日に

  60才を超えた頃からあまり誕生日も意識しないことが多かったが、今年はなぜだか身内からのプレゼントも多く、ウキウキした気分にさせられた。横浜、鎌倉の美味い店、という本を買ってみると何と我が家の近所に銀座で修行したコックさんが経営している小さなフランス料理を見つけた。あまりフランス料理は食べる機会も少ないが、そのこじんまりとした料理屋はスピードも速く、非常に友人の家で食事をしているようなリラックス感を味わうことができた。facebookに沢山の方からおめでとうメールをもらったので感激だ!今年の後半は、コンサートやレコーディングといろいろやらなきゃいけないこともいっぱいあるが、とにかく体調管理をしてまた来年の誕生日を平和に迎えることを目的に頑張っていきたいと思う。

父の日のプレゼント

  楽しい父の日であった。娘夫婦と孫達、そして東京に住む息子からお祝いをもらった。特に今年は、なかなか吟味されたプレゼントであった。渋い珈琲カップ、そして、タバコがどうしても止めれない僕のために、アイコスという電気タバコ。これは何度かコンビニや電気店等に買いに行ったことがあるがなかなかどこも売り切れ続出。さっそくレクチャーを受けて吸ってみたが、意外と味はOK、以前吸っていたマルボロの感じである。しかしまだやり方が上手く把握はできないが・・。慣れればいけるのかな?そして、大好きな芋焼酎。残念ながらネットで注文してくれたブレスレットはなぜだかその日には届かなかったが・・。朝早く起きて孫の幼稚園の芋ほり大会を見学したり、本当に皆良くしてくれる。ついつい自宅にいると、幸せに、ハングリー精神を無くすことも多いが、まあ、それほど気にしても仕方がない。

小澤征爾の番組を見て

  数日前だが、深夜にTVを見ていると偶然、再放送だと思うが、小澤征爾の音楽塾という番組が流れた。ことあるごとに小澤さんの動向はいろいろな新聞やTVで報道されるのでその演奏や生活にも興味があったのだが、今回は彼が音大生を指揮しながら教えるという面白くて熱い番組だったのだ。それはそれは凄い!学生相手に全身全霊で教える。ジャズオーケストラの場合は、皆、譜面に首ったけであまり指揮者を見ていない場合が多いが、クラシックの場合は当然譜面も見ているが、指揮者の表情を見逃すと音楽にならない。当たり前のことだが、彼の頭には当然全パートの音楽が詰まっている。そして、そのパートパートの音をどのように結びつけると音楽になるかということを熟知している。そのレベルたるもの、遥かに想像を超えているのだ。これはもっともっとレコードを聴いて考える必要が多いと感じた。80を回ってもあの情熱。いやはや音楽家の音楽家として生きる指針をいただけたような気がする。

浜松ライブ終了

 2回目の出演となる、浜松のポルテシアター終了。ブルーノートを思わせるような豪華クラブが浜松にできて2年。超満員にしてくれた。オーディエンスもどんどん熱くなってきてくれたのが嬉しい。どんどんこういう食事もできてリラックスして良いPAで、大人が楽しめるジャズのクラブが増えてくれれば最高なんだけど。
 終演後は、いつもの美味しい料理の居酒屋で打ち上げ。翌日はオーナーと一緒にウナギを食べに行く約束をしたが、流石に朝食からウナギは無理と判断し、泣く泣くキャンセルの連絡をした。
 TVでは連日、東京都知事舛添さんとアメリカ大統領選挙のネタばかり。どっちの話しもあまり面白くねー。今年の夏は、猛暑になりそうだと聞く。そういえば露だというのに関東はほとんど雨が降らないなー、こんなことで大丈夫なのかなー?しばらく休んで、ヨコスカのジャズフェスもあるし・・。
プロフィール
  • ライブドアブログ