2017年05月25日

Z・Z・ヒルの音源

ザ・リズム&ザ・ブルースブルース・ファンの間では、’82年に 「ダウン・ホーム・ブルース」 の大ヒットを放ったシンガーとして知られる、Z・Z・ヒル。

「オープン・ハウス・アット・マイ・ハウス」 と
「ダウン・ホーム・ブルース」

ソウル〜ブルーズン・ソウル、ブルース〜R&Bなど幅広く歌った Z・Z・ヒルですが、大ヒットを飛ばした2年後の ’84年にあっけなく亡くなってしまいました ・・・







関連記事 :
ザ・リズム&ザ・ブルース ・・・ Z・Z・ヒル (マラコ盤、 ザ・リズム&ザ・ブルース)

2017年05月22日

ファイヴ・レッド・キャップスの音源

ファイヴ・レッド・キャップスジャイヴ 〜 ジャズ系 黒人ヴォーカル・グループのファイヴ・レッド・キャップス。 左のアルバムのタイトル・ナンバーを ・・・

「レノックス・アヴェニュー・ジャンプ」

どのナンバーもあまりハードさはなく、小粋な感じのジャイヴ・シンギング 〜 ジャズ系ヴォーカル・ナンバーといった趣。






もう一曲、気分もウキウキするようなナンバーを ・・・
ここでもピアノが良い味出してます。
「ブギ・ウギ・ボール」





こちらは、ヴァイブラフォンなども入った良い味のナンバー。
「ドント・フール・ウィズ・ミー」




関連記事 :
これは ジャイヴ なの? (クレイジー・カット盤、 レノックス・アヴェニュー・ジャンプ)

2017年05月19日

どうでもいい? ブルースマンに関わる疑問 (2) ・・・ ライトニン・ホプキンスの血縁関係

今回の件も長年に亘り、個人的には スッキリ しないことの一つではあります ・・・
ブルースマンに関わる疑問 (1) と同じく、ブルースマンの血縁関係に関わる疑問です。

今回は、ライトニン・ホプキンスの おじ と言われる、テキサス・アレクサンダーとの関係です。

ザ・テキサス・ブルースマン私がブルースを聴き始めた頃は、すでにテキサス・アレクサンダーが おじ という話がありましたが、二人の年齢を考えると確かに おじ では歳が近いかな、という疑問もちょっとあります。
おじとは、自身の両親の兄弟などになるわけで、まぁ 兄弟間で年齢がかなり離れている (昔の黒人家庭は兄弟、姉妹が沢山いたハズ) という場合もあるので一概に否定は出来ません ・・・

’90年代の某書などを参照すると、当時 ブルース・インターアクションズ の高地明氏などは、おじ と記述していますね。

テキサス・アレクサンダー Vol.1 1927-28以前も ちょっと書きましたが、ポール・オリヴァーは彼の著書 「ブルースの歴史」 のなかでライトニン・ホプキンスとテキサス・アレクサンダーは 遠い親戚にあたる と書いていましたが、ライトニンは、サミュエル・チャーターズの著書 「ブルースの本」 のなかでアレクサンダーを いとこ と語っていました。 確かに いとこ の方が二人の年齢的にはしっくりくるような気もしますが? ・・・
やはり、いとこ と明記するブルース・ファンの方も多いようです。

(ウィキペディアを見るとアレクサンダーはライトニンの いとこ になっている ・・・ まぁ、ウィキペディアは一概に信用はできないが ・・・ さらに海外の情報を見ると、アレクサンダーはライトニン・ホプキンスの 遠いいとこ となっているが、何それ? ポール・オリヴァーが書いた 遠い親戚 とは、このことか? ・・・)

しかし、アレクサンダーをライトニンの いとこ とすると ・・・ そーなると、おじと甥の関係になるテキサス・アレクサンダーとフランキー・リー・シムズ、 いとこになるフランキー・リー・シムズとライトニン・ホプキンスの関係も本当のところ、どうなのかよく分からなくなりますね (皆 いとこ ではつじつまが合わなくなる、ということ) ・・・

ライトニン・ストライクスつまり、ライトニンとアレクサンダーが いとこ であるとすると、ライトニンとフランキー・リー・シムズも いとこ であるので、ライトニンの両親どちらかがアレクサンダーとシムズの親の兄弟、姉妹などとなり、さらにアレクサンダーとシムズは おじと甥 の関係になるから、シムズの両親どちらかとアレクサンダーは兄弟などでなければならない ・・・ そんなことがありえるのだろうか?
頭を整理し図式化して、よ〜く考えないと分からないよね?

(海外の情報を見ると、フランキー・リー・シムズはアレクサンダーの甥で、ライトニン・ホプキンスの いとこ となっている、これは日本のブルース系ライター 妹尾みえ氏 他何人かも同じように記述している ・・・ このフランキー・リー・シムズの情報は正しいと思われるので、そこから追っていくと やはり 話がややこしくなってくる)

また、ライトニン・ホプキンス本人が おじ ではなく いとこおじ (いとこおじ は両親のどちらかのいとこになるが、あまり使わない言い方ではある) を いとこ と語ったとも考えられるが (遠いいとこ、とはこのことか?)、まぁ ライトニンが いとこ と語ったらしいので、やっぱり それが真実か?? でも、そーなると やはり 上記の疑問が ・・・

いとこおじ (いとこおじ と 従甥の関係) も ひっくるめて いとこ という場合もあるようで、例えば ブッカ・ホワイトとB・B・キングの血縁関係も正式には、ブッカ・ホワイトがB・Bの いとこおじ になるかと思われますが、現在は一般的に二人の関係は いとこ で通っていますね。 しかし、ライトニンの場合は、正式に表記しないと皆ぐちゃぐちゃなありえない血縁関係になってしまう。

個人的な結論として ありえるな という常識的な観点から フランキー・リー・シムズとライトニン・ホプキンスは いとこ で、テキサス・アレクサンダーはフランキー・リー・シムズの おじ、ということになると高地明氏などの記述と同じく アレクサンダーはライトニン・ホプキンスの おじ である (もしくは いとこおじ、表記するなら 親のいとこ)、というのがしっくりくるような気がする ・・・



コールド・スナップさらに、ライトニン・ホプキンスと こちらも いとこ と言われる アルバート・コリンズ に関してなんですが、この二人は年齢もかなり離れているし、ちょっと疑問もあるところですが ・・・

これは高地明氏などブルース系ライターの何人かが、二人は いとこ と記述しています。 (テキサスのブルースマンの多数がライトニンと いとこ だとしたら凄いことになる!?)

いとこ というのは もちろん考えられなくはないが? この二人はライトニンが いとこおじ ならもっと話は分かるような気もする。 いとこおじ と 従甥 の場合、アルバート・コリンズの両親どちらかがライトニン・ホプキンス本人と いとこ になるという関係 ・・・
(ウィキペディアを見ると ライトニンはコリンズの 母方の親戚 になっている)

母方の親戚? ・・・ この場合アルバート・コリンズの母がライトニンの いとこ なら ライトニンは いとこおじ となるが、いとこ になるにはコリンズの両親どちらかとライトニンの両親どちらかが、兄弟、姉妹などにならなくてはいけない ・・・ この二人は個人的な結論として、いとこおじ (表記するなら 親のいとこ) と 従甥の関係 あたりがしっくりくるような気がする ・・・
もしかして普通の 遠い親戚 ということも考えられなくもないが、それでは夢がない。(笑)

とにかく、ポール・オリヴァーも書いていたとおり、ライトニン・ホプキンス一家の家系は かなり複雑な親戚関係だったとのことです ・・・ さすが、テキサスの大物ブルースマンじゃ!? (笑)

ちなみに、スモーキー・ホグ、ビリー・バイザーも ライトニン・ホプキンスの いとこ になります。
(おいおい ・・・ まだ、おるんかい、汗)



さて今回の件に関し前回と同じく、確実な 真相 をご存知の方は、ご一報ください!?
なんか納得する答えが出なかったけど、まだ、他にも疑問に思う血縁関係の人もいますから、もう一度 整理 してみるか ・・・・・ あ、やっぱ どうでもいい!? (なんか頭痛してきたわ)

この長文の検証記事? を、最後までお読みいただいた皆様には感謝いたします。
(第三弾もよろしく!? ちょっと違う系統の話を ・・・ まだやるの?)



ライトニン・ホプキンスの音源 [3]

「ショットガン・ブルース」




関連記事 :
どうでもいい? ブルースに関わる疑問 (1) ・・・ フランキー・リー・シムズの息子?
(フランキー・リー・シムズ と リトル・フランキー・リーの親子関係の話、 音源付き)
ブルースマンの血縁関係を調査する!? (ブルースマンの血縁関係 調査、 映像付き)

ライトニン・ホプキンス 関連記事 :
ライトニン・ホプキンスの映像 [2] & 音源 [2] (モージョ・ハンドの映像、音源 他)
ザ・テキサス・ブルースマン ・・・ ライトニン・ホプキンス! (ザ・テキサス・ブルースマン 他)
エコーとともに ・・・ 迫りくるライトニン! (ライトニン・ストライクス)
ブルース関連の映像 (1) (’67年頃のライトニン・ホプキンスのヴィデオ 他)
ブルー・ライトニン! (ブルー・ライトニン)
インパクト大のゲンコツ盤 (モージョ・ハンド)

ブルースコーヒーのお話 ・・・ パート2? (ライトニン・ホプキンスの音源付き)
ブルースマンの血縁関係を調査する!? (ライトニン関連、ライトニン・ホプキンスの映像付き)

この他、ライトニン・ホプキンス 関連記事、記述 多数あり。

ライトニン・ホプキンスと親戚、いとこ関係 関連記事 :
戦前テキサスの大物ブルースマン!? (テキサス・アレクサンダー Vol.1 1927−28)
フランキー・リー・シムズ & リトル・フランキー・リーの音源
(ルーシー・メイ・ブルース、フル・タイム・ラヴァーの音源)
ブルース関連の映像 (1) (’67年頃のライトニンのヴィデオ、 ビリー・バイザー共演 他)
アルバート・コリンズの復活作! (アリゲーター盤、 アイス・ピッキン、 映像付き)

この他、上の4名の関連記事、記述 多数あり。

その他 関連記事 :
ブルース・ジャズ関連の書籍 (1) (サミュエル・チャーターズ、ポール・オリヴァーの著書 他)

2017年05月16日

ザ・センセーショナル・ナイチンゲールズの映像

セインツ・ホールド・オン古くから活躍する ザ・センセーショナル・ナイチンゲールズです。

「セインツ・ホールド・オン」

このナンバーも じわじわ と熱くなります。
このセンセーショナル・ナイチンゲールズは、とび抜けた凄さはないものの、バランスのとれたゴスペルを聴かせてくれますね。

音源は古い時代のメンバーのものから近年のものまで、機会があればいろいろ聴いてみてください ・・・ なかなかに楽しめます。





少し古い時代のセンセーショナル・ナイチンゲールズの映像は、こちらで ・・・
「サムホエア・トゥ・レイ・マイ・ヘッド」




関連記事 :
セインツ・ホールド・オン! (マラコ盤、 セインツ・ホールド・オン)

2017年05月13日

マジック・スリムの映像 & 音源 [2]

ライヴ・アット B.L.U.E.S.シカゴのブルースマン、マジック・スリムです。

「ハード・ラック・ブルース」

ちょっと リキ の入ったライヴ映像ですね。
ジャズ・マスターも弾き倒しています!?
(ホワイト・ボディのジャズ・マスターは、私の好みです、笑)

まだまだ元気で、ヴォーカル、ギターともに好調なマジック・スリムです ・・・





もう一曲、アルバム 「グランド・スラム」 に収録のナンバーから ・・・
「ウォーキング・ザ・ドッグ」




関連記事 :
マジック・スリムの最高傑作!? (ルースター・ブルース盤、 グランド・スラム、 音源付き)
マジック・スリム ・・・ B.L.U.E.S. ライヴ! (B.L.U.E.S. レコーディング&ブッキング盤)
リヴィング・シカゴ・ブルース! (アリゲーター盤、 マジック・スリム収録 他)
ルースターのスリム (ルースター・ブルースでの再発盤、 3曲入り 7インチLP)
スリムな男達 (マジック・スリム関連)

ジェイムス・コットン ・・・ ハイ・コンプレッション! (マジック・スリム参加、 音源付き)

この他、マジック・スリム 関連記述 多数あり。

2017年05月10日

マンデル・ロウの音源 & 映像

ザ・マンデル・ロウ・クァルテットジャズ・ギタリスト、マンデル・ロウです。

「チーク・トゥ・チーク」

この手のセッションでは珍しくピアノではなく、オルガン入りのナンバーでユニークな雰囲気。 ジャズ・ファンの間でも、あまり話題に上らないギタリストの一人!? マンデルさんは白人です。

マンデルさんのギター・プレイは、ちょっとクールな心地良い味わい ・・・
(上の水墨画のような色合いのジャケ写で抱えているギターは、ディアンジェリコ)





上のアルバムからは年月が流れますが、動くマンデル・ロウです。
弾いているギターは、昔の日本製 アイバニーズ のフルアコ (ヘッドのロゴもかなり古いタイプ) になるかと思われますが、ちょっと驚き ・・・
「ダーン・ザット・ドリーム」




関連記事 :
マンデルさんのギター・プレイ (’55年 リヴァーサイド、 ザ・マンデル・ロウ・クァルテット)

2017年05月07日

ロニー・ライオンズの音源

ダウン・イン・ザ・グルーヴィーテキサスのピアニスト、シンガーのロニー・ライオンズです。
左のアルバムのタイトル・ナンバーを ・・・

「ダウン・イン・ザ・グルーヴィー」

ギターには、ヒューストン・ジャンピン・ギタリスト、ゴリー・カーターが参加。 ゴリー・カーターの吹き込みには、ロニー・ライオンズがピアノで参加していました ・・・

これも ヒューストン・ジャンプ・サウンドで、バッチグー!(懐かしい響き?) な仕上がり。





もう一曲いかがでしょう ・・・ こちらも、ギターにゴリー・カーターが入っています。
相変わらず、ゴリー・カーターのギター・フレーズはユニーク ・・・
「フライ・チック・バウンス」




関連記事 :
ギター・イン・マイ・ハンズ & ヒューストン・ジャンプ! (ロニー・ライオンズ収録 他、音源付き)
テキサス って凄い!? (ダウン・イン・ザ・グルーヴィー、 ロニー・ライオンズ収録 他)

ゴリー・カーター 関連記事 :
ゴリー・カーターの音源 [2] (カモン・レッツ・ブギの音源 他 全3曲)

この他、ゴリー・カーター 関連記事、記述 多数あり。

2017年05月05日

どうでもいい? ブルースマンに関わる疑問 (1) ・・・ フランキー・リー・シムズの息子?

以前からブルースやブルースマンに関わることで、疑問に思い腑に落ちないことが色々ある。
古い話だが、ちょっと思い返してみたい ・・・ (新シリーズ 第一弾? こどもの日ということで?)

フランキー・リーのアルバムテキサスのブルースマン、フランキー・リー・シムズ と リトル・フランキー・リー の親子関係についてである。

実は、リトル・フランキー・リーの初アルバム (画像左下のアルバム) が出たころは、某紙 ’84年のリトル・フランキー・リーの記事で、当時 ブレイク・ダウンの近藤房之助氏が フランキー・リー・シムズ と リトル・フランキー・リー は親子と言われていたが、どうやら違うよう、と書いており (この情報は海外からのものらしいが)、当時の私は、名前もいかにも親子といった感じで、顔も似ているけど、違うのか? と思っていた ・・・

そして、某紙 ’84年 12月の リトル・フランキー・リー 来日インタヴュー、あの鈴木啓志、高地明両氏が聞き手となった記事で、リトル・フランキー・リー本人は、フランキー・リー・シムズとの親子関係を否定。 会ったこともない人 と話していた ・・・

これで、近藤房之助氏の話は正しかったと思い、以後 そう思っていた私 ・・・
(以前は親子と言われていたが、普通はここで 親子関係ではない ということで話は終わる)



ところがである ・・・ それから10年くらいたった、’94年ころ 某書のフランキー・リー・シムズの記事に、昔インタヴューで同席したはずの当時 ブルース・インターアクションズ (P−ヴァイン) の高地明氏が、フランキー・リー・シムズの息子は来日歴もあるゴスペル・ブルース・シンガーのリトル・フランキー・リーである、と記述された文章が掲載されていたのである!

さらに、’90年代後半 某書の やはり フランキー・リー・シムズの記事で、ブルース系ライターの妹尾みえ氏も、記事の最後に フランキー・リー・シムズの息子は 「タクシー・ブルース」 等の熱唱で知られるゴスペル・ブルースのリトル・フランキー・リー、とわざわざ記述されていた ・・・

(え? そーなの? リトル・フランキー・リーが訳ありで 嘘 をついていたのか?? ・・・ 例えば、シムズの愛人との隠し子で認知されなかったと母から聞いており、で恨みに思っていた とか? しかし、母がシムズを忘れることができず、フランキー・リーと名前を付けてしまった とか? だから本名の苗字は違うけど名前は同じになった? う〜ん、我ながらなかなかの想像力だ、笑)

なぜ、このお二方が ’84年の本人のインタヴューがあったにもかかわらず (これは当然知っていたはず)、’90年代に入り 前述のように 息子 と明記されたのかは、その後の10年くらいの間に何か新しい情報があったからか と思われますが? 不明です。

その後は、情報誌などはほとんど読んでいなかったので どーしようかと迷ったのですが、個人的な結論として リトル・フランキー・リーのインタヴューでの発言は横に置いておいて? 前述の信頼出来る二人の ’90年代の情報も参考に、確かにブルースの味わいは違うけれど、テキサス生まれで、名前もいかにもで、顔も似ている (フランキー・リー・シムズ 24歳ころの子供になる?) ということでリトル・フランキー・リーはフランキー・リー・シムズの息子として、当ブログでも記述してきました ・・・

ヒット・ザ・ハイウェイちなみに、リトル・フランキー・リー と ジョニー・ギター・ワトスン は、こちらは いとこ になるが、リトル・フランキー・リーは同じインタヴューでジョニー・ギター・ワトスンとの話が出た時は、いとこ とは一言も発言していなかったが、なぜか こちらのジョニー・ギターと いとこ というのは 結構 知られた話ではある。
(これは、高地明氏や近藤房之助氏なども言っていたし、本人もどこかで語ったのかもしれない)

つまり、リトル・フランキー・リー と ジョニー・ギター・ワトスン の両親はどちらかが兄弟、姉妹などになるはずだが、そうなると フランキー・リー・シムズは、ジョニー・ギター・ワトスンの おじ (または義理のおじ) ということにもなるが (そーいった話は聞かないな) ・・・

以前にも書いたが さらに追記しておくと、フランキー・リー・シムズは、あのテキサス・アレクサンダーの甥になり、さらに ライトニン・ホプキンス とは、いとこ になるという凄い系譜。
そーなってくると、やはり アルバート・コリンズなんかも 親戚 になってくるな ・・・
(海外の情報を見ると、シムズはアレクサンダーの甥、シムズはライトニンの いとこ で、リトル・フランキー・リーとジョニー・ギター・ワトスンは いとこ になっているが、フランキー・リー・シムズとリトル・フランキー・リーが 親子 であるという記述はまだ見ていない ・・・)



さて今回の件に関し確実な 真相 をご存知の方は、ご一報ください!?
(本人は、親父ではないし会ったこともない人 と言っていたから、やっぱり そっちが 真実 か? 何らかの事情があり 嘘 をついたのか? それとも新事実が出てきたのか? 親子でなかったら このブログの過去記事も訂正しなければいけないが ・・・ まぁ、どうでもいいか!?)

どうでもいい? 話のはずが、えらい長文のどうでもよくない? 記事になってしまい失礼こきました ・・・ お付き合いどーもでした。 第二弾以降もお楽しみに!? (まだやるの)



フランキー・リー・シムズ & リトル・フランキー・リーの音源 [2]

フランキー・リー・シムズの音源をどうぞ ・・・
これもなかなかの仕上がりのナンバー。
「マリッド・ウーマン」





ついでに、リトル・フランキー・リーの音源もどうぞ ・・・
’60年代の名作、「タクシー・ブルース」




関連記事 :
フランキー・リー・シムズ & リトル・フランキー・リーの音源
(ルーシー・メイ・ブルース、フル・タイム・ラヴァーの音源)
フランキー・リーのアルバム (ルーシー・メイ・ブルース、ザ・レディース・アンド・ザ・ベイビーズ)

ブルースマンの血縁関係を調査する!? (ブルースマンの血縁関係 調査、 映像付き)

この他、フランキー・リー・シムズ & リトル・フランキー・リー 関連記述 多数あり。

フランキー・リー親子と親戚、いとこ関係 関連記事 :
戦前テキサスの大物ブルースマン!? (テキサス・アレクサンダー Vol.1 1927−28)
ライトニン・ホプキンスの映像 [2] & 音源 [2] (モージョ・ハンドの映像、音源 他)
アルバート・コリンズの復活作! (アリゲーター盤、 アイス・ピッキン、 映像付き)
ジョニー・ギター・ワトスンの音源 (スリー・アワーズ・パスト・ミッドナイトの音源)

この他、上の4名の関連記事、記述 多数あり。

2017年05月03日

ビッグ・ジョー・ターナーの映像 [2] & 音源

ビッグ・ジョー・ターナーホーン・セクションが付かないのが残念ですが、それでもジャンプしていますね ・・・ ビッグ・ジョー・ターナーです。

「オー・ウェル、オー・ウェル」

バックはビッグ・バンドではなく、小編成のブルース・バンドです。
ギターはご覧の通り、オーティス・ラッシュ が弾いています。
なかなかにノリも良くて、これはこれで楽しめますね ・・・

それにしても ビッグ・ジョー・ターナーは、名前の通り 体がでっかいな〜





音源もどうぞ ・・・ 有名なナンバーの一つですね。
「フリップ・フロップ・アンド・フライ」




関連記事 :
ビッグ・ジョー・ターナーの映像 (イフ・ユー・リメンバーの映像)
ビッグ・ジョーのアルバム (’45年 〜 ’47年 ビッグ・ジョー・ターナー 2枚組)

ザ・バース・オブ・リズム&ブルース (ビッグ・ジョー・ターナー収録 他多数、 音源付き)
ジャンプ&ジャイヴ で幕開けです!? (ビッグ・ジョー・ターナー収録 他多数、 映像付き)
ベスト・オブ・ブルース 101 と RCA ブルースの古典 (ビッグ・ジョー・ターナー収録 他)
歴史的コンサート! (カーネギー・ホール・コンサート 1938 / 39、 ジョー・ターナー参加)

この他、ビッグ・ジョー・ターナー 関連記述 多数あり。

オーティス・ラッシュ 関連記事 :
オーティス・ラッシュの映像 [2] (アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビーの映像)
オーティス・ラッシュ ・・・ ’71年の傑作アルバム!? (’71年 スタジオ録音、 音源付き)

この他、オーティス・ラッシュ 関連記事、記述 多数あり。

2017年05月01日

アンスン・ファンダーバーグ & ザ・ロケッツの音源

トーク・トゥ・ユー・バイ・ハンドあの スティーヴィー・レイ・ヴォーン が生前、お気に入りのギタリストとして名前を挙げていた4〜5人の内の一人、テキサス同郷のブルース・ロック・ギタリスト、アンスン・ファンダーバーグです。

「トーク・トゥ・ユー・バイ・ハンド」 (アルバム全曲!)

ヴォーカル、ハーモニカは、ダリル・ナリッシュになります。
ナリッシュのハーモニカをフィーチャーしたナンバーもかなりあります。 他にピアノ、サックスなども入る豪華なメンバー構成 ・・・

アルバム丸ごとアップされていますので (笑)、GWでもあるので お時間のある方はどうぞ。




関連記事 :
テキサス・ギター・スリンガーズ! (アンスン・ファンダーバーグ&ザ・ロケッツの映像付き)
S・R・Vのアイドル? (’81年 アンスン・ファンダーバーグ&ザ・ロケッツのアルバム)

この他、アンスン・ファンダーバーグ 関連記述 多数あり。

スティーヴィー・レイ・ヴォーン 関連記事 :
S・R・V ・・・ ライヴ・アット・カーネギー・ホール! (S・R・Vのアルバム、映像付き)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン ・・・ 超名盤 テキサス・フラッド!(テキサス・フラッド、映像付き)

この他、スティーヴィー・レイ・ヴォーン 関連記事、記述 多数あり。