2018年09月20日

ジェリー・マッケインの音源 [2] & 映像

サザン・ハープ、キャデラック&ザ・ブルース南部のブルースマン、ハーモニカ奏者でシンガーのジェリー・マッケインです。 ’60年頃のシングル吹き込みになります ・・・

「シーズ・タフ」

エグいハーモニカ・サウンドもトレードマークだったマッケイン。
南部の香りが漂うヴォーカルにアンプリファイド・ハープもなかなかのハードな仕上がりですね ・・・

「シーズ・タフ」 は、ファビュラス・サンダーバーズもカヴァーし、レパートリーにしています。





ノリの良いハーモニカから 良い音 出してますね!
(踊っている若者達は特に ジェリー・マッケイン とは関係ないかと思います、笑)
「ラフ・スタッフ」





動く ジェリー・マッケイン です ・・・
画面切り替わって、3:16 辺りからハーモニカ吹きまくりです!?
ちょっと画質が悪いですが、よろしかったら どうぞ。




関連記事 :
ジェリー・マッケインの音源 (728・テキサスの音源)
サザン・ハープ? ジェリー・マッケイン (サザン・ハープ、キャデラック&ザ・ブルース)
ジューシー・ハーモニカ!? (ジェリー・マッケイン収録 他多数)

この他、ジェリー・マッケイン 関連記述 多数あり。

ザ・ファビュラス・サンダーバーズ 関連記事 :
ザ・ファビュラス・サンダーバーズの映像 & 音源 [2]
(ルック・アット・ザット、タフ・イナフの映像、シーズ・タフの音源)

この他、ファビュラス・サンダーバーズ 関連記事、記述 多数あり。

2018年09月17日

ヘレン・メリルの超名盤!?

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンこれは ’54年の吹き込みになるが、バックにトランペットのクリフォード・ブラウンが入っていることにより、名盤度が飛躍的にアップしたアルバム。 (今では、もちろん 名盤になっている一枚)
ヘレン・メリル・ファン、クリフォード・ブラウン・ファンともに愛聴している方も多いかと思われる一枚。

「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」 (邦題) 

クリフォード・ブラウンだけでなく、もちろん ヘレン・メリルの歌が素晴らしい仕上がりであることに疑いの余地はないが、やはり クリフォードのトランペットにも耳が行く。 さらにこのアルバムのアレンジを担当したのが、あのクインシー・ジョーンズになり、これも功を奏した ・・・

クリフォード・ブラウンは、残念ながら ’56年に若くして (25歳で) 事故死してしまうので、残された吹き込みはすべてが貴重な記録となっている。

クリフォード・ブラウンには、これと同じ趣向の 「サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン」 や 「ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン」 というアルバムも残しているが、この辺りは女性ヴォーカリストの好みでチョイスしても構わないかと ・・・



ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンの音源

このアルバムに収録のとても有名なナンバー ・・・
「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」




クリフォード・ブラウン 関連記事 :
ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド ・・・ (ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド、 音源付き)
クリフォードの傑作!? (スタディ・イン・ブラウン LP)
その後の演奏を聴いてみたい ・・・ (クリフォード・ブラウン関連 他)

この他、クリフォード・ブラウン 関連記事、記述 多数あり。

2018年09月14日

ボビー・ブルー・ブランドの音源 [3] & 映像

ウォーク・アップ・スクリーミング!スタンダップ・ブルース・シンガー、ボビー・ブルー・ブランドです。

「ストーミー・マンデイ・ブルース」

ここでのギターは ウェイン・ベネット になります。
ベネットのT・ボーン系ギターと相まって、なかなかの仕上がり!

この他、ボビー・ブルー・ブランドの名作になる 「アイ・ドント・ウォント・ノー・ウーマン」 と 「ウォーク・アップ・スクリーミング」 「ファーザー・アップ・ザ・ロード」 の音源は、関連記事に添付してありますので、興味ある方はお聴きください ・・・





少し長いですが時間のある方は、どうぞ ・・・ なかなかに楽しめます。
画質は悪いですが、バックにはギターでウェイン・ベネットとメル・ブラウンが入っています。
後半に入ったあたりで、「ストーミー・マンデイ」 もやっています ・・・ ウェイン・ベネットとメル・ブラウンもギター弾きまくりで楽しめます ・・・ (ちなみにメル・ブラウンは、アンドリュー・ブラウンの いとこ になります)





B・B・キングとの ’70年代の映像になります。
適当に2曲ほど歌っていますが ・・・ B・B の得意ナンバーだけにブランドさんは、ちょっと分が悪そうです!?




関連記事 :
名作 「アイ・ドント・ウォント・ノー・ウーマン」 を聴き比べる ・・・ (ボビー・ブランド音源付き 他)
ブランド物の数々? ・・・ トゥー・ステップス・フロム・ザ・ブルース (音源2曲付き)
テキサス・ギター・スリンガーズ! (ボビー・ブランド&ベネット、他 ゲインズ、ホリマン収録)
スリー・アワーズ・パスト・ミッドナイト! (ボビー・ブルー・ブランド&ジョニー・ギター・ワトスン)
ウォーク・アップ・スクリーミング! (英エース盤、 ウォーク・アップ・スクリーミング!)
隠れ名曲? (ジュニア・パーカーとのカップリング盤、 ブルース・コンソリデイテッド)

この他、ボビー・ブルー・ブランド 関連記事、記述 多数あり。

ウェイン・ベネット 関連記事 :
テキサス・ギター・スリンガーズ! (ボビー・ブランド feat. ウェイン・ベネット収録 他)

B・B・キング 関連記事 :
B・B・キングのライヴ盤 ・・・ ザ・スリル・イズ・ゴーン! (’83年 ザ・スリル・イズ・ゴーン)

この他、B・B・キング 関連記事、記述 多数あり。

その他 関連記事 :
ブルースマンの血縁関係を調査する!? (ブルースマンの血縁関係 調査、 映像付き)

2018年09月11日

スモーキー・ウィルスンの映像 & 音源 [2]

88th・ストリート・ブルースファンキーでスモーキーなヴォーカルも特徴的なギタリスト、シンガーのスモーキー・ウィルスンです。

ちょっと長めのライヴ映像ですが、「ジャスト・ア・リトル・ビット」 「ザ・スリル・イズ・ゴーン」 など全部で4曲ほど演奏しています ・・・ トリッキーなギター・プレイも観ることができ楽しめます。

バックは白人のバンドで、ギターの ハリウッド・ファッツ と ハーモニカの ウィリアム・クラーク が入っています ・・・ スモーキー・ウィルスン全盛時の映像。





もう2曲ほど、スタジオ録音のナンバーでもいかがでしょうか ・・・
「ハウス・イン・ハリウッド」 と 「ノット・ピッキン・ユア・コットン」




関連記事 :
スモーキー・ウィルスンの音源 (ユー・ドント・ラヴ・ミーの音源)
キメまくる? スモーキー・ウィルスン (88th・ストリート・ブルース)

ブルースマンの ギター・ストラップ の掛け方を検証する!? (ギター片肩掛けの話)

この他、スモーキー・ウィルスン 関連記事、記述 多数あり。

2018年09月09日

どうでもいい? 小話 (11)

日本列島を襲って甚大な被害を及ぼした台風21号に続き、このたび 9月6日に発生しました 北海道における大地震 による災害に関しまして、被害に遇われた方々、自治体に対し心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く復旧されますことをお祈り申し上げます。

今回の記事に関しましては偶然 地震前、先週の日曜に書いたものであり、北海道関連ですが意図的なものではありませんので、今回 予定通りアップさせてもらいました ・・・
記事のタイトル 「どうでもいい? 小話 (11)」 は、下の本文のものになります。



久しぶりの 個人的などうでもいい自己満系記事 になります ・・・

いきなりですが、私の家の親戚で (妻方は含まない) 商売をやっている人を調べてみると数人いる。 近くに住む、いとこのY と 遠い北海道に住む祖父の弟の孫が経営する店舗である。
私の祖父や親父の兄も昭和の40年代までは商売をやっていたが ・・・

いとこのYちゃんは、某旅客鉄道会社をついに辞めて音楽教室 (ギター、ピアノ、声楽など) をやっているが、北海道の親戚は 祖父の弟 が昭和の初め頃に務めていた会社の北海道への支店開設で、首都圏から (本店がどこにあったかは不明) 北海道小樽市に移住してそのまま住みつき、90年以上同じ商売を同じ屋号 (店舗名) でやっている。 私は現地に行ったことはないが、もちろん苗字が同じで名前も私と漢字一文字しか違わない はとこ が代表になる ・・・

今回、なぜかその北海道の親戚が気になったので、大きなお世話なんですがグーグル・マップのストリート・ビューで店舗のあるらしい小樽市花園地区を散策? していると ・・・ その屋号の店舗 (上の階は住居?) を偶然発見! 行ったこともない北海道の親戚の店舗を発見できるとは ・・・ 凄い時代になったと思いますね ・・・

今ではこの北海道の小樽市に思いを馳せる私でした!?

北海道小樽市 ・・・ 小樽市観光情報



小樽花園銀座3丁目商店街の映像

適当な 小樽の動画 でも添付しようかと動画サイトを見ていたら、こんなシリーズ映像が!
この映像をよ〜く見ると、親戚の店舗等の一部が4回ほど映っていました ・・・ アメイジング?

[プロローグ] 小樽花園銀座3丁目商店街PV (第1回)




関連記事 :
どうでもいい? バンドの小話 (2) (いとこのYちゃんとのブルース・セッションの話)

どーでもいい個人的な話で失礼こきました ・・・ それでは また次回 ブルースの話題で!

2018年09月07日

オリヴァー・ネルソンの音源

ブルースの真実サックス奏者で作曲家、アレンジャーのオリヴァー・ネルソン。
名盤 「ブルースの真実」 からの音源を ・・・

有名な 「ストールン・モーメンツ」 と 「カスケイズ」

参加メンバーも凄く、オリヴァー・ネルソンの作編曲、アルト、テナーに、エリック・ドルフィー (アルト、フルート)、フレディ・ハバード (トランペット)、ビル・エヴァンス (ピアノ)、ポール・チェンバース (ベース)、ロイ・ヘインズ (ドラム) など、ちょっとアメイジング!? ・・・

果たして、オリヴァー・ネルソンの考える ブルースの真実 は追求、解明できたのか!?
(参加メンバーを替えての 続ブルースの真実 もあるんです ・・・ あっ、そう)







関連記事 :
ブルースの真実!? (オリヴァー・ネルソン、 ブルースの真実)

参加メンバー 関連記事 :
エリック・ドルフィーの音源 [2] (ファイア・ワルツの音源)
スプラッシュ といえば ・・・ (フレディ・ハバード、 スプラッシュ)
黒人が好き? (ビル・エヴァンス関連 他)
ハンク・モブレーの音源 (ポール・チェンバース参加、 ワークアウトの音源)
ジョン・コルトレーンの音源 (ロイ・ヘインズ参加、 マイ・フェイヴァリット・シングスの音源 他)

この他、このアルバムに参加したジャズマンのリーダー・アルバム、参加したアルバムや関連記事、記述 多数あり。

2018年09月04日

デュアン・オールマンの音源 & オールマン・ブラザーズ・バンドの映像

デュアン・オールマン・アンソロジースタジオ・ミュージシャンでオールマン・ブラザーズ・バンドのギタリストだったデュアン・オールマン。 ご存知、「デュアン・オールマン・アンソロジー」 の冒頭に収録のナンバーですね。

「B・B・キング・メドレー」

バンドは、オールマン・ブラザーズ・バンドの前身になる アワーグラス です。 デュアン・オールマンのブルース・ギターがたっぷりと楽しめます ・・・





もう一曲いかがでしょうか ・・・ やっぱり、ギターが聴きものですね。
「ゴーイン・ダウン・スロー」





オールマン・ブラザーズ・バンドの映像になります。
皆さんも何度も観られている映像かと ・・・



関連記事の ヘイ・ジュード! と オールマン・ブラザーズ ・・・ アット・フィルモア・イースト! にも上のアンソロジーに収録の音源が添付してあります。


関連記事 :
スカイ・ドッグ! (デュアン・オールマン、 アンソロジー)
ヘイ・ジュード! (ウィルソン・ピケットのアルバム、 デュアン・オールマン参加、 音源付き)
モーニング・イン・ザ・モーニング (オーティス・ラッシュのアルバム、デュアン・オールマン参加)

オールマン・ブラザーズ・バンド 関連記事 :
オールマン・ブラザーズ ・・・ アット・フィルモア・イースト!
(フィルモア・イースト・ライヴ、 ステイツボロ・ブルースの音源付き)
新生 オールマン の大ヒット・アルバム! (ブラザーズ&シスターズ)
シー・レヴェルの音源 (カントリー・フール、シェイク・ア・レッグの音源)
荒海!? (シー・レヴェルのファースト・アルバム)

この他、デュアン・オールマン、 オールマン・ブラザーズ・バンド 関連記述 多数あり。

2018年09月01日

リトル・ミルトンの映像

ブルーズン・ソウルブルーズン・ソウル・ギタリスト、シンガーのリトル・ミルトンです。

「ザ・ブルース・イズ・オールライト」

リトル・ミルトンのヴォーカル&ギターが良い味わいですね ・・・ バックのノリもなかなかで、全体の仕上がりも悪くないですね ・・・ ’89年の映像ですが、まだまだバリバリです。

ミルトンさんは、ギター片肩掛け (ストラップをタスキ掛けしない) なので、演奏しながらストラップを左手で直すしぐさが見られますが、これってやっぱりズレてくるよね!?





ちょっと若い頃のミルトンさんを ・・・ ’60年代 あのTV番組からの映像。
ゲイトマウス・ブラウンもバックにいますが、ミルトンさんに隠れたりしてあまり見えません ・・・
「ウィアー・ゴナ・メイク・イット」





皆さんの衣装が 紫色 で、なんか凄いかも!? これはミルトンさんの好みでしょうか? ・・・
「マイ・ドッグ・アンド・ミー」




関連記事 :
ブルース&ソウルな名盤!? (スタックス盤、 ブルーズン・ソウル)
背筋が凍りつく ブルース・アルバム!? (リトル・ミルトン関連)
ベスト・オブ・ブルース 101 と RCA ブルースの古典 (リトル・ミルトン収録 他多数)

ブルースマンの ギター・ストラップ の掛け方を検証する!? (ギター片肩掛けの話)

この他、リトル・ミルトン 関連記述 多数あり。

2018年08月30日

実は 象 (ゾウ) が好き! パート2 ・・・ 日本生まれの子象 と 映画 「ダンボ」 のお話

象好きの方は? すでにご存知かと思いますが、先月 7月31日に千葉県 市原ぞうの国 のアジア象、プーリーが第3子となる雌象を出産しました。

名前もすでに投票などにより決定していて、「もも夏」 と名付けられました。 これで3姉妹となり、姉象は 「ゆめ花」 「りり香」 になります。 プーリーは雄の子象 「結希」 (ズゼの子) の乳母でもありました ・・・

日本生まれのアジア象の子象では、昨年から今年初めにかけて 「マーラ」 (アーシャーの子 雌)、 「ラージャ元気」 (アーシャーの子 雄)、 「琉美 (るび)」 (琉花の子 雌) と 3頭もの子象が亡くなっています。 プーリー・ママが産む子は、皆 元気に育っているので大丈夫かと思いますが ・・・ 日本生まれのアジア象は大変 貴重なので、何事もなく スクスク と成長していってほしいものですね ・・・

さらに市原ぞうの国では、新春には現在 妊娠中の マミー が第2子を出産予定です。 (マミーの第1子は残念ながら死産でした)

先週 NHKで放映された 「ZOOっと見ナイト 生中継! 夜の動物園」 に、プーリー・ママ と もも夏 が出演? しました ・・・ 貴重な もも夏 の出産シーンも併せて放映されました。
ゲストのフジモンが 「もも夏ちゃんの目が怖い」 とかコメントしていましたが、小さいうちは仕方ないですね。 徐々に優しい目になっていきます ・・・



プーリーの第3子 「もも夏」 の映像

「もも夏」 の映像は、市原ぞうの国 がアップしたものを添付しておきます ・・・ 市原ぞうの国





さて、以前も書きましたが、私はディズニー・アニメーション映画の 「ダンボ」 も大好きで、現在 制作中の実写版 「ダンボ」 の来年の封切りも待ち遠しいところです。

実は、私のファミリーにも象好き、ダンボ好き、パンダ好きが何人かいますので、貴重なダンボ・グッズを見つけると皆が買ってくるので、居間の一角には 「ダンボ・グッズの置き場」 を設けてあります。(笑) かなりな量の ダンボ・コレクション に成りつつあります ・・・



ディズニー映画 「ダンボ」 からの映像 [2] (アメリカ公開 1941年)

「ジャンボ・ジュニア」 (母象ジャンボさんが付けた名前) の耳が大きくなってしまうシーン。
その後 仲間の雌象たちに耳が大きいことを笑われ 「ダンボ」 とあだ名される ・・・





実写版 ディズニー映画 「ダンボ」 予告編 (2019年 3月公開予定)
(Walt Disney Studios)




関連記事 :
実は 象 (ゾウ) が好き!
(日本各地にいる象の話、 ディズニー映画 「ダンボ」 の話、 映画 「ダンボ」 からの映像付き)

2018年08月27日

ローリー・ベルの映像 [2] & 音源

サン・オブ・ア・ガンあのハーモニカ奏者、キャリー・ベルの息子でギタリスト、シンガーのローリー・ベルです。

左のアルバムは親父さんとの若い頃の共演盤。

映像は、「リコンシダー・ベイビー」

若い頃に比べて、大分 貫禄が付きましたが、この映像は まだ 40代後半の頃のものですね ・・・ ローウェル・フルスンの名作をスロー・ブルースに仕立ててありますが、仕上がりも悪くないですね。 エディ・テイラー・ジュニアもギタリストでバンド・メンバーですので観ることができますが ・・・ ここではローリー・ベル、ギター弾きまくり!?

また、古い話になりますがローリー・ベルが ’82年に単身で来日して、日本人のバンドをバック (小出斉を中心) にしたブルース・キャラヴァンでの単独ライヴ盤も記憶に残ります ・・・





もう一曲、よろしかったら どうぞ ・・・
ここでは、エディ・テイラー・ジュニアもギター・ソロを弾きますが、途中 (4:20あたり) でギターの弦が切れたようで、ギターをストラト系にチェンジ後、短いギター・ソロを弾いています。





最後に、上の若い頃のアルバムから一曲 ・・・
このナンバーには、キャリー・ベルのハーモニカは入っていません。




関連記事 :
サン・オブ・ア・ガン ・・・ (キャリー&ローリー・ベル、 サン・オブ・ア・ガン)
ゴーイン・オン・メイン・ストリート
(キャリー・ベルズ・ブルース・ハープ・バンド・ウィズ・ローリー・ベル)
リヴィング・シカゴ・ブルース!
(キャリー・ベルズ・ブルース・ハープ・バンド収録、 ローリー・ベル参加 他)
ザ・チーフ! (エディ・クリアウォーターのアルバム、 キャリー&ローリー・ベル参加)
キャリー・ベルズ・ブルース・ハープ ・・・ (デルマーク盤、 ローリー・ベルとの共演映像付き)

キャリー&ローリー・ベル親子! & 我が家の親子関係?
(キャリー・ベルの親子関係 & 我が家の親子関係)

この他、ローリー・ベル 関連記事、記述 多数あり。

キャリー・ベル 関連記事 :
キャリー・ベルの音源 & 映像 [3]
(トゥー・レイト、スリーピング・ウィズ・ザ・デヴィルの音源、ワン・デイの映像)
キャリー・ベルズ・ブルース・ハープ ・・・ (デルマーク盤、 ローリー・ベルとの共演映像付き)

この他、キャリー・ベル参加のセッション&アルバムや関連記事、記述 多数あり。

エディ・テイラー (親父) 関連記事 :
エディ・テイラーの映像 & 音源 (ロック・オン・ザ・ハイウェイの映像 他)

この他、エディ・テイラー参加のセッション&アルバムや関連記事、記述 多数あり。

その他 関連記事 :
ブルースマンの血縁関係を調査する!? (ブルースマンの血縁関係 調査、 映像付き)