2016年09月28日

ハンク・モブレーの音源 

ワークアウト個人的には、お気に入りのテナー奏者の一人 ハンク・モブレー。
ブルーノートでの名盤から一曲。
ハンクのオリジナル・ハード・バップ・ナンバー!

「ワークアウト」

ハンクのテナーも好調で、グラント・グリーンのギターも仕上がりの良いプレイでハンク・モブレーを盛り立てます。 この他のメンバーは、いい味のピアノのウィントン・ケリーにベースのポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムも炸裂している ・・・

このアルバムのハンクのプレイは、全体を通して出来が良いですね。





もう一曲 ・・・ これもハンク・モブレーのオリジナル。
「アー・ハー」




関連記事 :
ワークアウト!? (’61年 ワークアウト)
モブレー って B級? (’60年 ソウル・ステーション)

ファンキーなジャズ? (’54 〜 ’55年 ホレス・シルヴァーのアルバム、モブレー参加)
モブレー VS コルトレーン (’61年 マイルス・デイヴィスのアルバム、モブレー参加)

この他、ハンク・モブレー 関連記述 多数あり。

グラント・グリーン、 ウィントン・ケリー 関連記事 :
グラント・グリーン ・・・ グリーン・ストリート! (’61年 グリーン・ストリート、 音源付き)
ウィントン・ケリーの名盤 ・・・ (ケリー・ブルー)

この他、グラント・グリーン、 ウィントン・ケリー参加のアルバムや関連記事、記述 多数あり。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔