Archive
Gallery
  • 冬コミのオシラセ!
  • 下に水着を着て来たのさ…
  • 下に水着を着て来たのさ…
  • セーラーマーズに改造したっ…
  • 久しぶりにシャイナさん描いたったー。
  • ベビメタちゃん描いたったー2
  • 続・BABYMETALにおける(略
  • ありがとうございました@月華遊星3
  • BABYMETALにおける現代サバトとしてのヘヴィ・メタル感覚 序説
  • Perfect Water
  • セーラーオンリーのオシラセだよ!
  • 新年おめでとうございます
Recent Comments
Recent TrackBacks
アンドロメダ瞬 (聖闘士聖衣神話 セイントクロスマイス)
天使様の超克
メタリカ 新譜 (しゃべる犬カイくんのひとりごと)
Metallicaの新譜が
10日間で痔が治った奇跡のデトックス療法 (10日間で痔が治った奇跡のデトックス療法)
たいたいたいたいたいっ
八百長「やってない」朝青怒りの反撃 (アメ車のパーツみたいなカッコいいブログ。)
DEATH青龍

December 15, 2013

冬コミのオシラセ!

さてさて、今回は無事に冬コミのお報せができるようで私ゃ嬉しいですぞ。
スペースはプラグインでもお報せしているとおり、
三日目、31日 東ケ-52a【エリック☆ピーターソン】
で出させていただきます。

で、新刊は「S.I.S.I.O.K.N.M.A.」です。
ここだけの話シャイナさん本です。
ちなみにタイトルは「聖域のアイドルだったシャイナさんも今では俺の彼女だなんか文句あっか!」の略です。
成人向けですが、今回エロはソフトです。すみません…。

S.I.S.I.O.K.N.M.A.

正直オリジナルでスペースを取っているのに、内心申し訳なくもあるのですが…。
少しシャイナさんシリーズを展開させたいと画策している昨今なのです。


とりま、よろしくお願いしまっす!

bluestrike at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オシラセ | シャイナさん

July 27, 2013

下に水着を着て来たのさ…



誰も見ていないようなら…
続きを読む

bluestrike at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シャイナさん | 

July 26, 2013

セーラーマーズに改造したっ…



いや…これはセーラーマーズのコスプレをしているシャイナさんにすぎない…!!

bluestrike at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | シャイナさん

July 18, 2013

久しぶりにシャイナさん描いたったー。



なんというカスタム聖衣。

bluestrike at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シャイナさん | 

July 13, 2013

ベビメタちゃん描いたったー2



ちょっといじったー。
でもあんまり似なかったー。

bluestrike at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

July 08, 2013

続・BABYMETALにおける(略

メタルムック「ヘドバン」を買ったよ!



てかまあ、まさにBABYMETALを特集するために発行されたような本でして。(笑)
でもアツい!面白かった!まだ全部読んでないけど!


で、結局俺もBABYMETALさんについてまだまだ書き足りないことがあるわけで、こうして触発され、また無駄に駄文をUPしてしまうわけですよ…。


「ヘドバン」誌、KOBAMETAL氏はインタビュー内でBABYMETALのメンバーについて、こんな風に語っています。
「本当に神が降臨してるじゃないですけど…目つきが変わるんですよね」
「ライヴのときはやっぱり一気に変わってると思いますね」

俺は先のブログ記事でBABYMETALのメンバーが「ライブ中の記憶が無い」と言うのは、多分半分本当だろう、という書き方をしました。
確かにライブ中の記憶が飛ぶということはあったのでしょうが、そりゃいつもそうではないでしょう流石に。(笑)
でも、BABYMETALさんがライブ中にそういう「飛びやすい」、「憑き物」状態にあるだろうことは、また確かであると思うのです。そこには十代の少女に特有の、変成意識へとトランスしやすい体質[要出典]も関係してくるでしょう。


ここで、ヘヴィ・メタルというジャンル音楽の特徴をもうひとつ挙げるとするならば、それは「虚実の皮膜」構造です。
マジだけどネタ、ネタだけどマジ。この虚実のエッジの上を行くタイトロープ感。これはメタルと近縁であると言われているエンターテイメント、即ち「プロレス」や「アイドル」とも共通する構造ですね。

このメタルの虚実皮膜感は、日本に於いては「バカバカしいことをもの凄いテクニックとクオリティで表現する」ものとして、ある程度一般にも認知されていると思います。聖飢魔兇靴り、Sex Machinegunsしかり。もしかしたらX Japanもそうでしょう。

実は個人的には、この日本のメジャーメタルの分かりやすく親切すぎる虚実皮膜感にはあまり魅力を感じないのですが…。もしかすると、日本のメジャーなメタルファン層と、洋メタル/インディーズメタルのファン層に乖離が見られるのにはこの辺り原因があるような気もします。

とまれ、BABYMETALさんもまた、ちょっとユニークで冗談めいた世界観を圧倒的な熱量とクオリティで表現するタイプのアーティストでありましょう。これは間違いない。
しかしここにさらにプラスアルファの説得力、虚実で言うところの「実」をより強く感じさせているのが、上述したBABYMETALメンバーの「憑き物」感なのですね。


このトランシーで一種危うさすら感じさせる虚実皮膜感は、なかなか他では見られない、これもBABYMETALさんの大きな魅力であると思うのです。


bluestrike at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

July 06, 2013

「はじまりのみち」を観たよ!

遅れ馳せながら、映画「はじまりのみち」を観てきたよ!
面白かった!

原恵一監督の実写作品第一作ということで、当然期待や不安、諸々が入り乱れての公開ではあったと思いますが、観てみるとこれが全き原恵一。
本当にアニメと実写、両方手がけたことのある監督さんは少ないと思うけど、その両者の作風やクオリティに何の差もないっていう監督はさらに極少なのではなかろうか。
それくらい全部が原恵一。クオリティもそのままに原恵一、でした。

続きを読む

bluestrike at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画