2006年02月

2006年02月17日

更新予告

どうも、お久しぶりです
シュロットハイムです

更新の時間以前に大航海の時間すらまともに取れなくなっています現状ですが、
心配しないで、私は平気(ぁ

今日少し配達の為にログインしたのです
次回インからは一般用兵装の製造に入りますが。儲けないとカツカツなので(汗
で、商用大型キャラックに乗っているのですが、補助帆無しでは遅い遅い
暫くインしていない分、余計に遅く感じます
補助帆は、有ると受注基数製造出来なかったから、外したのですが
とは言え、泣けてきます。いろいろと

でも、サムブークの時みたいに航行中に絵を描いてたら座礁した。とかは起り得なさそうですね
そういう問題ではない気もしますが(汗

さて、近日中に溜まった分を更新する予定なのでここで予告を

次回のハイムさんは、
「久しぶりに大海戦」
「これが希少発見物!?」
「商会と新しき友人と」
の3本でお送りします

次回もまた見て下さいね〜



blumental at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

新船建造

船種:商用大型キャラック
船名:メーヴェ
船主:シュロットハイム
運航:第六工廠船務部
建造:ロンドン第2造船所 第17番船台
計画名称:第623号艦
設計:Sen
造船:Ren.
623号艦

 

 

現主力交易船の「ハイランド・モナーク」(商用サムブーク)は航行速度の点では申し分無いものの、積載量では然程でもなかった。
折りしも鋳造需要の増大に伴う大型船倉の必要性が増した為、第六工廠製造部が建造を提案。同経理部は建造予算案を満場一致で採決し、建造を商会艦政本部に打診。
Sen設計官が既存の商用大型キャラックの図面を参考に設計。
凡そ一割の船倉拡大に成功。
Ren.造船官がSen設計官の図面を元にロンドン第2造船所で建造。
命名はシュロットハイム工廠長本人
航行中の安全を象徴する鴎の独逸語訳から採られた

この船の完成により、鋳造生産速度の大幅な上昇が見られ、又、近距離での多点間交易にも重用されることとなった。
しかし、当船種の特徴として、積載量を最重視した為による航行速度の低下が、危険海域での交易活動を大変危険なものとしている。
これを鑑み、工廠船務部運航課は当該船舶の危険海域侵入を原則禁止する決定を下した。



blumental at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!商会 
商会紋章
交響楽団

<br> 曲を聴くにはプラグインが必要です。<br>
Renaissance on Yesterday 〜2台のリュートのための〜 .ガイヤルド
©2006 Sound Studio Whisky Mist
Sound Studio Whisky Mist
最新のコメント