ぼーっとボードゲーム

他の人にボードゲーム・カードゲームの紹介が出来ない、と一緒にプレイした方から言われた事がきっかけで始めたブログです。実際にプレイした感想交えたボードゲーム・カードゲームの紹介とプレイ記録です。ゲーム大会の構成を考えるのも楽しいなぁ。 自分で集めたゲームを書いています。いつ書き終わるんだろう... 知育玩具、ボケ防止にも繋がるよなぁ。

英数字

111 / 111 - あー、捨てるんじゃなかった!

<概要>
2〜5人用カードゲーム
並びそうで並ばない、人生ままならないんだよね系ゲーム

手札12枚で開始します。
手札は、配られた状態から並べ替えてはいけません。
ゲームの目的は、手札を昇順もしくは降順にする事です。

山札から3枚、裏向けて場に置きます。
これを場札と言います。

手番では、場札を1枚取り、手札に加えます。
加えた場所に隣接するカードの内、1枚を表向けて場に出します。

両端に加えた時は、反対側も隣接するカードとします。

場札は、裏向き表向きのカードが有りますが、どれを取っても構いません。
ただし、場札が3枚とも表向きの場合、場札を入れ替える事が出来ます。
3枚を捨て、新たに山札から3枚を裏向きに場に出します。

手番の最後に手札が昇順もしくは降順になった場合、ラウンド終了の宣言をします。

宣言した人の手札が正しければ、カードに描かれたピエロの数が得点となります。
加えて、ボーナスとして5ポイント貰えます。

他の人は、手札の中の一番長い昇順もしくは降順の組みに描かれたピエロの数が得点となります。

最初に60ポイントに到達した人が勝ちとなります。

<プレイ感>
なかなか、思い通りに行きません。
最初の並びにも依存する部分も大きいのですが、カードが2から111まであるので偏った並びを作ることもできます。
例えば、50以降の札だけでも昇順はできます。
そう言った割り切りが大事だと思います。
あとは、いかに点数の高い札を絡ませるかか。

ただ、思い通りには行きません。

file


<プレイ記録>
2018/3/25 5人



↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


↓↓↓インスタはこちら!
http://instagram.com/papa_piere
フォローしてもらえると嬉しいです!



Xニムト / X nimmt! - ああ、それを出されたらあかん!

<概要>
2〜4人用カードゲーム
うまくいってるはずが1枚であかんやん系ゲーム

ウシが一番少ない人が勝ちです。

手札8枚で始めます。 
手札から1枚を選び、裏向けで場に出します。
全員が一斉にに表向けます。

一番数字の小さい人から、場の3つの列のどこかに置きます。
次に小さい数字の人が置いていきます。
全員がカードを置きます。

その列の規定枚数、3、4、5枚目が置かれた時に、そのカードを置いた人がその列のカードを全てとります。
自分の出したカードをその列の先頭に置きます。

引き取ったカードは1枚を選び、自分のX列に並べて置きます。
残りのカードは、手札に加えます。
で、注意がこのX列も数字が昇順にならないといけないのです。
もし、昇順に置けなかった場合、X列のカード全てを裏向けて、Xカードの横に置きます。
このカードが最後の失点計算の対象になります。
X列に残ったカードは、失点にはなりません。

手札が無くなった人がいたら、ラウンド終了です。

失点を計算します。
手札も失点計算の対象となります。

<プレイ感>
基本ニムトです。
しかし、失点がコントロールできるのさ!
カードを取っても、失点にならなければ良いのです!
じゃあ、小さい数字から出せばいいじゃない、と思うでしょ?
場は変わるのですよ。
甘いな〜。
まあ、基本カードを取らない方が、良いんですけどね。
計算できるようで、計算できないもどかしさ!
 
file

<プレイ記録>


↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


 

11ニムト! / 11nimmt! - うわぁ、出そうか取ろうか悩むわぁ〜

<概要>
2〜7人用カードゲーム
不利を有利に変える事が出来るかもしれない系ゲーム

ウシが多い方が負けです。

手札10枚で始めます。
手札から1枚出してプレイします。
場のカードの数字との差が10以下のカードだけ出すことが出来ます。
しかも、数字は大きくならなくて行けません。
100まで行くと、1に戻ります。

しかし、そんなに毎度うまく行くとは限りません。
手札からカードを出せない場合、場のどれかの山を引き取らなければなりません。
その後、山札から2枚取って、場に置きます。
誰かが場の山を取る度に、場の山が増え、選択肢は広がります。

もし、引き取ったカードが3枚以上ある時に、ブルカードを1枚獲得します。
ブルカードを持っていると、ブルカードの枚数に応じて別の山にカードを出すことができます。

手札を無くした人が勝ちです。

<プレイ感>
ジレンマです。
ブルカードは欲しい。
でも、派手なウシは取りたくないし...
うひゃー、そんなに数字を上げないでよねぇ。
人数が多いと、場がコロコロ変わるのはニムト!
悲惨な山しかない時に、手札が悪いと最悪です。
ブルカードを取りつつ、手札をうまく減らして行くジレンマ。
必勝法ってないよね〜。

file


<プレイ記録>


↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

5本のキュウリ - 最後に泣くのはお前だ!

<概要>
2〜6人用カードゲーム
あっダメ、このままじゃ勝っちゃうよ〜系ゲーム

手札7枚で開始します。
1枚ずつカードを出して、一番大きな数字を出した人がそのトリックを取ります。
ただし、出すカードは既に場に出ているカード以上の数字か、手札の一番小さい数字のカードになります。
これを7回行います。
俗に言う、トリックテイキングです。
なんだか学術的な響きです。
俗に言うなんて。

このゲーム、6回のトリックは得点集計に影響しません!
7回目のトリックで買った人が、キュウリを獲得します。
キュウリは自分の出したカードの数字に依存し、多ければ多いほどキュウリはたくさんもらえます!
しかも、誰かが1を出していた場合、2倍ももらえます。 
しか〜し、これが全然嬉しくないのです。
キュウリの本数が失点となるのです。

最後に勝ったものが負けるのじゃ〜。
負けるが勝ち!

<プレイ感>
どう6回のトリックでカードを出すかと言うのが物凄く重要です。
いかに、数字の大きいカードを最後まで 持っていた日にゃ、あなた、そりゃもうひどいことになりますよ。

と言いつつ、手札にも左右されます。
小さい数字ばかりだとそれはそれで良いです。
負け続ければいいのです。
もしくはずーっと勝ってて、最後に負ける!
なんて事は、ごく稀ににしか起こりません。
いかにイニシアチブを取るかが重要かと思います。
あっ、カッコいい言い回しをしちゃった。

負けるが勝ちですよ!

file

<プレイ記録>



↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

6ニムト! / 6 nimmt! - 牛なんか見たくもない!

<概要>
2〜10人用カードゲーム 
6枚目になったらあかんやん系ゲーム
手札10枚。
場には4枚のカードが表向けられています。
一斉にカードを出し、場のカードに続くカードに並べていきます。
より大きな数字を小さい順に出していきます。
たまたま6枚目になると、残念!
その列のカードを回収します。 それが失点!
10回実施後に、失点が一番少ない人が勝ち!

<プレイ感>
大人数でワイワイやるのが楽しいゲームです。
取らないように考えても、なぜか大量失点に繋がることも。
えー、うそー、うぎゃー、と言う叫び声が出ます。
人数分の連続するカードでプレイすると、条件がより厳しくなります。
例えば、6人なら21〜 84のカードを使うということです。
ルールも簡単なので、初めての人でも楽しめます。
ヒヤヒヤ、ドキドキ!

file

 <プレイ記録>
2018/4/28 9人


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


 
ギャラリー
  • レイルロードインク / RAILROAD ink - 線路は続くよどこまでも、って続かないじゃん!
  • テイクザット / TAKE THAT - あー、全部取っちゃうやん…
  • デュアルクラッシュポーカー / DUAL CLASH POKER - 相手はどう出るか…
  • ナインタイル パニック / NINE TILES PANIC - エイリアンを捕まえろ!
  • なにを着るの? / WHAT TO WEAR? - 紫って何色?
  • モンスターパーティ / Monsters‘ Party - 鈍感なのよねー
  • ふくろと金貨 / fukuro to kinka - 分け前をくれ〜、ジャラジャラ
  • 適当なカンケイ / Qui Paire Gagne  - ちょっと常識外れちゃう?
  • 小早川 / Kobayakawa − そう言うことなの?
タグクラウド