ぼーっとボードゲーム

他の人にボードゲーム・カードゲームの紹介が出来ない、と一緒にプレイした方から言われた事がきっかけで始めたブログです。実際にプレイした感想交えたボードゲーム・カードゲームの紹介とプレイ記録です。ゲーム大会の構成を考えるのも楽しいなぁ。 自分で集めたゲームを書いています。いつ書き終わるんだろう... 知育玩具、ボケ防止にも繋がるよなぁ。

人から奪う系

カール大帝 / CAROLVS MAGNVS - カール大帝が来るから、いいとこ見せなきゃ!

<概要>
2 〜4人用ボードゲーム
領土拡大は楽しいなぁ系ゲーム

いち早く、お城を10個建てた人が勝利する。

最初に、誰のものでもない15の領地からスタートする。
各人は、1〜5が書かれたカードを手札として持つ。

1 開始フェーズ
各人は、自分の手札から1枚カードをぷれいする。
各ラウンドのに最初にプレイするのは、前ラウンドで一番小さい数字を出した人となる。
数字は、ラウンド内では他の人と重なってはいけない。
今までプレイしたカードが見えるように、プレイしていく。

2  行動フェーズ
そのラウンドで一番小さい数字をプレイした人が最初に行動を起こす。

行動1 手持ちの3個の騎士キューブを、領土もしくは、王宮カードにプレイする。
組み合わせは自由に決める事が出来る。
王宮カードにプレイする意味は、その色の騎士を自分の支配下に置くという事を意味する。
王宮カードで、その色のキューブが、誰よりも多い時に、その色の騎士を自分の支配下に置いたと見なす。
領土にキューブを置くときも、どこに置いても良い。
領土にキューブを置く意味は、最多数の色の騎士がいる領土はその騎士の支配下にあると言う事になる。
領土を支配下に置くためには、その領土上で過半数および王宮カード上で最多数を占めなければならない。
ただし、まだ領土は自分のものではない。

行動2  カール大帝の移動
カール大帝を、1以上自分の出したカードの数以下で、領土を移動させる。
カール大帝が移動をおてた時に、その領土を支配下で過半数を占めている騎士を支配下に置く人の城を建てる。
ここで領土が誰のものか確定する。

行動3 騎士の補充
サイコロを振り、サイコロの目に応じた騎士を補充する。
もし場にない場合には、自分の王宮カードから戻さなければならない。

相手の城の乗っ取り
カール大帝が動く先で、その領土の支配権を確認する。
もし、過半数が変わっていた場合には、領土の支配権が移り、支配権を持つ人の城に建て替える。

領土の併合
もし、隣接する領土で同じ色の城を建てた場合には、領土が併合される。
併合した後も騎士と城はそのまま置かれる。

城を10個先に建てるか、領土が4個以下になった時に一番多くの城を持つ人が勝利する。

<プレイ感>
このゲーム好きなんです。
このゲームのプレイ人数は2 〜4人ですが、人数によって、プレイ感が全く変わります。
2 人の場合にはガチの2 人用ゲーム。
3人では、三つ巴の戦い。
二人の動向に目を光らせないといけません。
4人の場合は、2 人対2 人のチーム戦になります。
チーム戦になると、またプレイ感が変わってきます。
最初に2 人でプレイして、ゲームの進め方を確認してから複数人数でプレイした方が良いって、ルールブックに書いています。
ただ、2 人でプレイすると結構ガチのゲームになります。
まあ、騎士補充がサイコロなので、そこは思い通りにいかない事も多々ありますが。
おススメと言うか、好きなのは4人でのプレイです。

王宮で騎士たちに媚びを売りつつ、領土に騎士を派遣する。
カール大帝が、来た時に、ほーらこんなに良くやってますよ、って言ってご褒美にお城を建てさせてもらう。
でも、油断大敵。
相手も、騎士に媚びを売ってるので、裏切られた、領土を失う事もある。
うーん、領土拡大も大変だぜ、って言うゲームです。

file

<プレイ記録>



↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


↓↓↓インスタはこちら!
http://instagram.com/papa_piere
フォローしてもらえると嬉しいです!

 

大道芸人 / FLUER SCHLUCKER - 客集めも楽じゃないぜ!

<概要>
3〜5人用カードゲーム
他の芸人から観客を奪い取るぜ系ゲーム

最も多くの観客を集めた人が勝ちます。

手札5枚で始めます。
自分の場に、表向て1枚置きます。
プレイしたカードは重ねていくので、表向きで見えているカードは1枚だけです。
プレイしたら、山札からカードを補充します。

プレイしたカードの数だけ、観客を獲得します。
同じ種類のカードを誰もプレイしていなかった場合には、ストックから観客を自分のものとします。
もし他の人が同じ種類のカードをプレイしていた場合には、その人から観客を奪います。
同じ芸を披露すると観客を奪えるのです!

綿菓子屋カードは、ストックもしくは他の人から観客2 人を獲得します。
ピエロは、複数枚プレイでき、プレイした枚数だけ観客を獲得します。
人間ピラミッドカードは、場に出ているカードの枚数だけ、観客を獲得します。
1枚なら1人。2 枚なら2 人と言うように。
ライオンレオカードは、他の人全員が自分の場に見えているカードの分だけ、観客をストックに戻します。
また、 ライオンレオカードがプレイされると、場にに出ているカード全てを回収し、山札とします。

ストックの最期の観客が取られたらゲーム終了です。

<プレイ感>
他の芸人がやっている芸をすれば、観客を奪えるのです。
だから、後に出す方が良い。
と言っても、自分も同じで奪われる可能性もあります。
同じ芸でも、数字の大小があるので要注意です。
大きな数字で、観客を奪われたら目も当てられません。
ストックからも、観客を得ることができますが、勝つためには他から奪いたい!
観客を巡って、熾烈な芸合戦が始まります。
人間ピラミッドも出すタイミングが微妙です。
大体プレイすると、後続の人はしめしめをプレイしてくるのです。
まあ、芸を磨くのも大事だけど、どのタイミングで披露するのかも大事と言うこってす。

file

<プレイ記録>


↓↓↓ポチッとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



↓↓↓インスタはこちら!
http://instagram.com/papa_piere
フォローしてもらえると嬉しいです!




 

マタンガ! / Matanga! - 体力の消費が半端ない...

<概要>
2〜5人用ボードゲーム
サイコロ振って鉛筆奪って数字を探す系ゲーム
各人に数字が1〜60までランダムに書かれたシートを配ります。
サイコロを振ります。
サイコロの2面に鉛筆の絵、残りは真っ白。
鉛筆が出たら、実際の鉛筆を奪って、シートの数字1から順番に丸をつけていきます。
白の目なら、すかさず次の人がサイコロを振ります。
最初に60まで丸を付けた人が勝ちです。

<プレイ感>
とにかくお腹が減るゲームです。
終わった後は、ぐったり。
サイコロ振る。
鉛筆出る。鉛筆奪う。数字を探す。
鉛筆取られる。
白い目やん。
次の人早く振って。
サイコロ振る。
鉛筆奪う。
鉛筆奪われる。一つも書いてないのに。

とにかく慌ただしいゲームです。

file

 <プレイ記録>


↓↓↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 
ギャラリー
  • レイルロードインク / RAILROAD ink - 線路は続くよどこまでも、って続かないじゃん!
  • テイクザット / TAKE THAT - あー、全部取っちゃうやん…
  • デュアルクラッシュポーカー / DUAL CLASH POKER - 相手はどう出るか…
  • ナインタイル パニック / NINE TILES PANIC - エイリアンを捕まえろ!
  • なにを着るの? / WHAT TO WEAR? - 紫って何色?
  • モンスターパーティ / Monsters‘ Party - 鈍感なのよねー
  • ふくろと金貨 / fukuro to kinka - 分け前をくれ〜、ジャラジャラ
  • 適当なカンケイ / Qui Paire Gagne  - ちょっと常識外れちゃう?
  • 小早川 / Kobayakawa − そう言うことなの?
タグクラウド