2011年06月12日

2009年4月13日 6:13

P4130115只今  6:13am
久々の札所、第二十四番 最御崎寺にいます。
納経できるのが7:00からなのでパンパンの靴を脱いで待ってるところ。
昨夜野宿したのは、屋根があり、3方がトタンに囲まれ、入口にガラス戸のついた小さなバス停。
バス停内は真っ暗で、懐中電灯とかは持ってないし、外に出れば月明かりがあるものの、もう一歩も歩きたくない僕は20時過ぎに寝袋に入った。
たまに、ビール缶がトタン壁に当たって、びっくりする音がしたものの、歩き疲れからか、意外と寝れた。
しかも、昨日から寝袋が快適。昨日会った中村君が、このブログを見てて、彼愛用の寝袋を持ってきてくれて交換してくれた。
彼がネパールの標高3000mの山で使ったという立証済み。しかも、コンパクトで軽い。しかも、寒くない。助かった。


P4130111P4130107今朝は 3:00am過ぎに起きて、洗濯物を取り込み、ザックに詰め込んで 4:15am出発。
何故そんなに早いかというと、室戸岬の近くにある洞窟 “御蔵洞”(御厨人洞)に夜明け前に着きたかったから。

P4130113そこは、若き空海が修行した際、明けの明星が口に入り、悟りを得たという場所。

僕もそこで、大きな口を開けてみたけど何も入ってこなかった…。(泣)


で、ついに今、高知県の札所に到着したワケだけど、ここ四国は、県(国)によって4つの道場に分かれている。
徳島県(阿波ノ国)を『発心の道場』、高知県(土佐ノ国)を『修行の道場』、愛媛県(伊予ノ国)を『菩提の道場』、香川県(讃岐ノ国)を『涅槃の道場』。
ここ高知は、札所の数は一番少ないものの、札所間の距離が長く、最も時間がかかるみたいだ。

P4130116太平洋に沿った崖沿いの一本道が、果てしなく続く。
15kgのザックをかついで歩くと、まさに “修行の道” って感じ…。

さっ、今日も歩くかぁ~。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



takeobob_takeyan at 22:36