株式投資日記

MBAホルダーサラリーマンによる株式投資日記です

中国発、世界同時株安と今後の展開!もう次の相場は始まっている!

相場というのは、時として何かの事件をきっかけに大きく上げ
たり、
反対に大きく下げたりするというのは過去の相場の軌跡から実
証済みですが、
前回の「ライブドア」の証券取引法違反容疑は相場を462円
も押し下げました・・・。

一昨日、中国株の大幅下落に端を発した世界同時株安では、
一時前日比737円安の大幅安となり大引けは1万7604円
は516円安となって
取引を終了しました。

昨日は、インド、欧州は大幅安でしたが、ニューヨークでは
一応歯止めがかかったようにも見えますが、中国株は再度2.
91%の大幅下落で
27日の下値を探る展開から日経平均は一昨日の安値を割り込
んできました。

1日のニューヨークの流れにもよりますが、本日(3月2日)
は、
2月7日のザラバ安値17200円を死守できるか、この水準
を割ってきた場合は、
1月11日の167582円が一つのメドとなります。

よく観察していると、前回のライブドア事件ではありませんが

この様な事件をきっかけに大きく相場は調整するものなのです


しかし、調整するには調整するだけの需給バランスや、過熱感
がその裏には潜んでいることは、
ニュースなどでは取り上げられません。

よくよく考えてみれば、先週は一気に数年来の高値をクリアー
し、
裁定買い残は市場空前の5兆円以上に積みあがっていたことを
考えると、
この調整は相場にとって長期上昇の布石となると考えるのが妥
当いえます。

SQを前に売っておこうという心理が働いても不思議ではあり
ません。

問題は、短期のスピード調整で終わるのか、中期的な調整が入
るのかという点に注意して、
下値の水準に目を向けておきましょう。

できれば、早めの調整で終わって欲しいものです。





★お勧めの有料情報★

超短期投資分析表作成マニュアル

 ⇒ http://mixy.sakura.ne.jp/rina/kabu1.html

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

 ⇒ http://mixy.sakura.ne.jp/rina/kabu2.html

景気の変動サイクルと株式投資


こんにちは、ボブです、今日は久しぶりに銀座に妻と買い物に
行ってきます。銀座は兜町の近くだったので、昔はよく行きました。
楽しみです。

さて、株式相場は、景気変動を如実に映して上下動を繰り返しています。
その景気変動には、長期循環・中期循環・短期循環等、色々な周期で変動しています。


そこで具体的な波動(景気循環)の種類をあげて、貴方の景気に対する理解を深めていただきますと・・・。


1.コンドラチェフの波(約50年周期のスーパー・サイクル)
2.ジュグラーの波 (約10年周期のサイクル)
3.キチン・クラムの波(約3年周期のサイクル)
4.インターミディエート波(約6ヶ月のサイクル)
5.マイナー波(約6週間のサイクル)


以上、長期波動の中に短期波動がそれぞれ含まれる形で様々な波動が内包されています。
更に、株式相場では日足サイクルとして細かく見てゆくこともあります。


それぞれのサイクルは「エリオットの波動論」で説明することができます。
一波動は「上昇一波動 → 下降一波動」の二つの波動から構成されます。
そして、上昇一波動の中には更に小さい波動が含まれています。


その波動は;
(上昇一波動の中に)「上昇→下降→上昇→下降→上昇」の五波動があり
(下降一波動の中に)「下降→上昇→下降」の三波動が含まれています。


つまり、大きな波動の中に更に小さな上下八波動が含まれて構成されています。
ここでこの習性を投資に応用する場合には、長期で見て行きますと
「上昇五波動→下降三波動→上昇五波動→下降三波動→上昇五波動」で上昇します。


また、下降する時も「下降五波動→上昇三波動→下降五波動→上昇三波動→下降五波動」
の順でさげます。


この他に「エクステンション」の説明もしたいのですが、
複雑になりますのでここは省略します。


なんだか「難しいな〜」と思われた方、心配なさらないでください。


一応「そういうことなのだ」くらいの理解でかまいません。
大切なのはこの上下の波動を捉えて利益をだすことです。


---------------------------


売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル



  generated by feedpath

「マド空け」とは

株価が上放れて前日の高値よりもマドを空けて高く寄り付くか、
反対に下放れて前日の安値よりもマドを空けて下値で寄り付くのを
「マド空け」と称しますが、この「マド」は後で必ず埋めに来るという定説があります。

この説の真偽は如何なるものでしょうか・・・。



ここでは、「上マド」を例にとって検証して見たいとおもいます。



「マド空けは必ず埋めに来る」とは何時のことかが、はっきりと分かりません。
目先の数日中でしょうか?それとも2ヶ月3か月先でしょうか?それとももっと先のことでしょうか?



一般的には、数日中というのが常識でしょうが、昨今のような上昇相場では、
色々な銘柄の「マド空け」を検証してみますと、マドを埋めに来るどころか、
そのまま「マドを埋めず」に大相場をつくる銘柄が多いのです。



一方「マドを埋めず」に上昇した場合には、
強い買いエネルギーを持った銘柄という「定説」もあります。



そこで、「マド空け」を利益に結びつけるには、当該銘柄や全体相場のエネルギーを参考にします。
基本的には、個別・全体とも上昇トレンドに乗っている場合には、
「マド空け」は積極的に買いを仕掛けて良いといえます。



その後、数日間上値をとることが多いのがこのパターンです。



しかし、三空(三回マド空け)は売りシグナルになります。(米相場の応用)



それでは、「マド空け」は必ず埋めに来るとは誤りでしょうか?
これも、長期で見れば必ず埋めに来ることは正しいのです。



要は、何時買うのかが問題なのですネ!



-----------------------

超短期投資分析表作成マニュアル

 



  generated by feedpath



4065紀文フードケミファ


こんにちは、Bobです。

株価チャートを注意深く見ていると、とても分かりやすい儲けのパターンが幾つか発見できます。
その中でも簡単に儲ける可能性の大きい上昇パターンを利用すると面白いように儲かります。


発掘が難しい、急騰大化け銘柄ばかり狙うよりも、
波動を利用した右肩あがり銘柄の回転売買の方が遥かに儲かる可能性が大きいといえます・・・。


今日は簡単に儲けられる一つの上昇パターンの例をご紹介しながら話を進めていきます。


これから紹介する銘柄を推奨しているのではなく、
上昇パターンを説明するために例にあげただけなので誤解しないようにしてください。


この上昇パターンに似た銘柄はたくさんあります。


ご自分の予算やファンダメンタルズ分析に適した長期に上昇していきそうな
好業績の銘柄をさがしてください。


例としてあげる銘柄は、東証1部4065紀文フードケミファです。


株価チャート見てください。
例によって、ヤフー・ファイナンスで日足チャートを検索して利用することもできます。


貴方は、この「紀文フードケミファ」の日足チャートをご覧になって何を見てとったでしょうか?


ほぼ25日移動平均線に沿って「上げて押し目をつくり、上げて押し目をつくり」ながら
上昇していく形を応用します。


上昇した時は、25日移動平均線から大きく乖離していますが、
押し目で25日少々下回るか、又は、50日移動平均線に接するぐらいから反騰し、
新値をとってきます。


これを繰り返しなら上げて行くパターン見て、
賢い貴方ならこのようなパターンを利用することを考えた筈です。


是非、利用して儲けてください。


-----------------------


売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
私の友人が記載したもので、お勧めです。
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

Profile
  • ライブドアブログ