バイナリーオプションで勝てない!という声をLINE@でよく聞きますが、
勝てない時間に取引してないですか?

今回の記事では取引してはいけない時間についてまとめています。
jikan_tobu_man
みなさんは為替市場には取引を避けるべき時間があること、
そして時間ごとに特徴があることはご存知でしょうか?

為替市場は主に経済的、政治的な要因など様々な影響を受けて日々動いています。

その相場を動かす大きな要因として注意すべきなのが『経済指標』『要人発言
世界三大市場』です。

これらが関わる時は値動きが激しくなり予想がしづらくなるのでトレードに向いていません。


①経済指標

まずは経済指標について!

経済指標とは、各国の政府、中央省庁や中央銀行などが経済状況を構成する要因(景気、金利、物価、貿易など)を数値化した統計です。

経済指標発表前後30分〜1時間ほどは、指標の重要度にもよりますが相場の動きが激しくなるのでその時間帯はトレードに向きません。

僕が重要指標を確認しているのはコチラのサイトです↓

経済指標は発表される時間が予め決まっているので、取引する前にチェックしてからエントリーすると、勝てない時間にうっかりエントリーしてしまうことは無くなります。

政策金利、雇用統計、失業率などは特に相場が荒れて予測不能な動きになる事が多いので、場合によっては1日トレードを控えても良いです。



②要人発言


国の経済に大きく関わる人物の発言がある時も相場が読みづらい動きをするので注意が必要です。

例えばトランプ大統領、日銀の黒田総裁・副総裁、財務大臣、財務長官、FRB(米連邦準備制度理事会)議長・理事、ECB(欧州中央銀行)総裁・理事の発言などです。

要人発言に関しては突発的なものも多く、予め把握しきれないのもあるので、Twitterで常に新着情報が無いかチェックしておくのがオススメです。


③世界三大市場


月曜日から金曜日まで、世界各国で金融市場は開かれていますが、数ある市場の中でも取引が盛んに行われている『東京市場』『ロンドン市場』『ニューヨーク市場』はまとめて『世界三大市場』と呼ばれています。

簡単に表にまとめてみると、こんな感じです。
1562659787626
短期間にわずかな動きで勝ち負けが決まるバイナリーオプションにおいては、急激な変動や予測不可能な動きをするこれらの時間帯は危険なのでエントリーする際は気をつけてください。

この3つの市場がオープンする前後(マーケットオープン前後)は取引量が多くなるため為替相場の動きも比例して激しくなります。



この3つを意識するだけで今までよりも勝率は大きく変わってくると思います!


バイナリーで稼ぎたいのであれば、僕も全力でサポートしますよ! 連絡お待ちしてます。


↓クリックするだけで友達追加できます。
登録用
ブログランキングに参加中!!
1日1回(毎日)このボタンを押して欲しいです↓



人気ブログランキング



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ