俺のまさあき

昔の名前で出ています

悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

悪夢のエレベーター 〜このウソ、ホントにキリがない。〜

26万部突破の人気小説、ついに初の映画化! 10月、シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋ほか 一発逆転ロードショー!!

堀部圭亮第一回監督作品

2010年10月

JIN−仁− 第3話 未来との決別

ブログネタ
JIN −仁− に参加中!


jin03-33

夜おおおおおが明けたぜよおおおおお!の回。
内野龍馬の存在感には圧倒されます。

jin03-01

コロリの治療法を洪庵らに伝授する仁。…の画面奥で、
病原菌に汚染された紋付袴を脱がされる龍馬さん。
これって一張羅じゃないのかな。だいじょぶ?

jin03-04

感染拡大を防ぐために糞便を埋める穴がなくなったと聞いて一計を案じます。

jin03-05

小林勝也さん(臨場の西田先生)が出演していると知って探したら
西洋医学所取締・伊東玄朴役でした。ちょっとダークな小林さんですよ!

jin03-07

仁に尋ねる龍馬。「せんせえは怖くないがかえ」
伝染る病気と聞いて、わしはいてもたってもいられんかったぜよ。
「伝染らないようにしていますし、私は…医者ですから」
「ここで死んでも本望ちうがかえ。かーっ!かっこえいのう!」
違うんです龍馬さん。南方はここで死ねば現代に戻れるかもしれないと
ずるいことを考えてるだけなのです。
あなたの思うようなスーパーマンじゃないんですよ血の通った人間なのですよ!

まだ己の道を見出せない龍馬に、南方。
「…見つかりますよ、龍馬さん。きっと」
見いだし、突き進み、駆け抜け、そして。歴史にまばゆくその名を残すほどに。

ここでオープニング。
三井物産が提供したのは江戸時代の写真だったんですね。なるほど。
教えてくださってありがとうござりんした!ここ1年ほどの謎が解け申した!

jin03-10

南方の治療法が、洪庵や勝を通じて幕府公式の対処法となりました。
あんなに孤立無援だった南方が、江戸を動かすまでになったことを聞いて
龍馬は衝撃を受けます。
そんな目前で、ろくに休息もとらずに治療に当たっていた南方がコロリで倒れた!

jin03-13

駆け寄る龍馬。しかし南方に叱られます。
「龍馬さん。あなたは行って、なすべきことをなさってください」
「じゃけんど、せんせ…」
「はやく!」
「お、おう!」
己を奮い立たせるように雄叫びを上げて駆けていく龍馬。

jin03-29

南方は危篤状態に陥ります。
彼の声が聞こえたような気がして不安に駆られる龍馬。
「…!せんせえ?」
あなた方これだけの短期間でどんだけソウルメイトになったとですか!?
ちょうど通りかかった長屋のタエに、予感が的中したことを知らされ
いても立ってもいられず駆けつけようとしますが。
『なすべきことをなさってください。国の為、道の為』
南方の言葉が蘇り、作業に踏みとどまります。

jin03-31

自分は感染らないと言っていたのに。いくら医者だからと言って。
「死んでしもうてどうするがぜよ!」
怒りと悲しみをぶつけます。

jin03-34

咲の看病で仁が危機を脱したことを恭太郎から知らされた龍馬。
長く重かった夜の終わりです。
「夜おおおおが明けたぜよおおおおおおお!」
出ました名セリフ!
栃木だか茨城だかから移動して、明け方に三浦半島でこの日の撮影終了。
30時アップって!誰だよスケジュール組んだの!過酷!

jin03-35

コロリ騒ぎも収まり、江戸の町に平穏が戻った頃。
勝のところへ直談判に来た龍馬。
「先生の話には血があるぜよ。肉があるぜよ。
この国の誠を思う心に満ち溢れちゅうぜよ。弟子にしとうせ!」

jin03-36

畳に剣を突き刺すシーンは一発勝負だったのに、出来栄えが不満だったため
頼み込んで畳を裏返して撮り直したんだよね内野さん。
小日向さんは小日向さんで、龍馬が襲い掛かってきたら
火鉢の灰を投げつけるつもりで演技していたとか。

jin03-37

何かをなすためには一人では何もできないと思っていた龍馬。
しかしどの集団に属してもそこが自分の居場所だと思えなかった。

jin03-38

「自分の信じる道を歩きたいぜよ。それが誰も歩いておらん道でも。
正しい道じゃったら仲間は後からついてくるぜよ。
それを教えてくれた男がおるき」

jin03-43

この男がです。ちょい脱力。てへっ、それほどでも!

jin03-45

仁せんせ、墨をするたたずまいはきれいなんだけどな。
書いてる手紙とのギャップにずっこけました。
字とか文法とか。自分に尊敬語使ってどうする!理系ですから。

てなあたりで以下次号。もう内野龍馬から目が離せません。
あんなに小汚い格好なのにそれを補って余りあるチャーミングさ。完敗です!

JIN−仁− 第2話 命を救う事の悲劇

ブログネタ
JIN −仁− に参加中!


JINというのは南方がいろんなツンデレを攻略する話なんですね。
第1話では栄さん、第2話では洪庵先生。
龍馬が自分の進む道を見つけていくお話でもあります。

jin02-25

「せんせえ!名は?」「南方仁といいます」
ほうかえ。わしは昔、宗方仁だったこともあるぜよ!

jin02-01

さて龍馬。過激な攘夷派の会合に参加しますが
大砲に刀で立ち向かおうという非論理さに呆れ顔です。
ここも自分のいる場所ではないのか…

jin02-04

攘夷派の浪士たちに襲われていた、遊郭鈴屋の主を助けた龍馬。
店随一の花魁・野風の美しさに目を奪われます。
…おまん、どこかでわしと豆腐屋をしちょらんかったがかえ?
内野さんの睫毛アゲイン!目許の黒い三連星もくっきりです。

jin02-10s

本来死ぬはずの命を救うことで歴史を変えてしまうことを恐れる仁。
猛威を振るいはじめたコロリの治療法を求めて訪ねてきた
名医・緒方洪庵の頼みを断ってしまいます。
神をも恐れぬ行為、と言いますが
そこらへん軽々と乗り越えちゃったのが博だったよね。

jin02-14

勝麟太郎襲撃の実行犯に名乗り出たものの、アンニュイな龍馬さん。
「わしはいくぜよ。この国のためじゃき」

jin02-18

襲う振りをして!草履を踏んで共犯の邪魔を!
切りかかる振りをして!屁ぇをこくぜよ!
怒った仲間に襲われそうになりますが、急に倒れて苦しみ出します。
「なんじゃおんしも屁こきかえ…うお!?汁まで出ちゅう!」
一部でブームになった迷言ですね。

jin02-19

「おい、どこかえい医者はおらんかえ。今はただの病人じゃ!」
仁がコロリ治療に当たっていると聞き、病人を背負って急ぎます。

jin02-20

「誰かは知らんけんど、恩に着るぜよ!」
ここで連れの刀を口にくわえて走っていくところが好きー!

jin02-21

さて、仁がコロリ治療に当たっている長屋にやってきた龍馬。
ちょうど咲が連れてきた洪庵一同に、仁が協力を頼んでいるところ。
仁の説明する理論的な治療法は、しかしこの時代の医者には
にわかに信じがたいもの。

しかも折悪しく、抵抗力の弱かった老人の患者が息を引き取り、
やはり有効な治療ではないのだと洪庵らは立ち去りかけたところ、
最も懐疑的だった山田医師がコロリの症状を見せて倒れます。
蜘蛛の子を散らすように逃げていく人垣。

jin02-26

そこへ乗り込んでいく龍馬。話は聞かせてもらったぜよ!
「あの先生の言うこともまんざら嘘でないと思うちょるいうことかぇ?」
南方と外界を隔てる紐をものともせず超えていきます。運命の赤い紐!
おまんは一人じゃないぜよせんせえ!

jin02-28

「頼むぜよ。南方先生!」
うわああ!そのにぱーは反則です龍馬さん!内野さん!

jin02-29

その様子を見て、感染をも恐れず山田に肩を貸して同じく紐を超えた洪庵。
こうあんが なかまに くわわった!
てな辺りで以下次号。

特別協力・三井物産って何を協力してたんでしょうね。
「ご公儀の、ひみちゅじゃ」

jin02-31

ええとですね。火曜から土曜まで出張で不在にします。
日曜には帰国しますがたぶん疲れで死んでると思う。
更新をどうしようか考え中。ドラマの感想か、古い雑誌記事の画像か。
仁(と風林火山)をめっちゃ途中でほっぽりだしてしまうので。
とりあえず何かしら予約投稿で置いていきますんでよろしゅうに。

JIN-仁- 第1話

ブログネタ
JIN −仁− に参加中!


サブタイトルは
『時空を超えた愛と命の感動物語〜現代の脳外科医が激動の幕末へ…
歴史の針が今、動き出す! 人は人でしか救えない!!』…なげーよ!

jin01-011S

1,2,3話と見て萌えてしまったので勢いでアップ。
ああんもう龍馬さん大好き!チャーミング!ラブリー!キュート!
…幕末の偉人に対する形容じゃないですね。失敬。
でもそれだけ内野龍馬がきゃわいらしいってこってす!

jin01-012S

全編これネタバレですよ。

謎の声に呼ばれ、現代から時空の階段を踏み外して
幕末にタイムスリップしてしまった、主人公の脳外科医・南方仁。

jin01-001

ファーストインプレッションがこれって。
谷底を覗き込む仁を、身投げと誤解して飛びつき引き倒す土佐侍。
「医者かえ。なら命を粗末にするはずはないのう、まっことすまんかった!」
わははは、と去っていく男。彼があの声の主だと気づき追いかける仁。
ここで龍馬に声をかける仲間は土佐弁指導の澤田さんです。うまいわけです。

jin01-003

追いかけてようやく追いついたのに、
暴れ馬に蹴られた女性を見かけて駆け寄る仁。
「なんじゃ、せわしない男じゃのう」

jin01-004

でもとっさの機転で患者を乗せる戸板を持ってきてくれたり(王子様!)
治療する場所に番所を手配してくれたり頼れる男です。
湯島の樹木谷の旗本の橘さんの家から手術道具を取ってきてくれと頼む仁。
「しゅ、しゅじゅちゅ?」
かあわえええ。これはアドリブじゃなく台本にあるんですね!
しかし、江戸が不案内かもしれない相手によくそんな頼みごとをするよな。

jin01-005

駕篭かきに道案内を頼み、自らは走って橘家を目指す龍馬。
首尾よく咲を見つけ、自分も行くと言う彼女を伴って急ぎます。

jin01-010

途中大名行列に出会いますが「産婆じゃち言え!」と
ここでも機転を利かせて通します。惚れる。

jin01-014

千葉道場で今日の出来事を話す龍馬。走りづめだったので脚が痛いです。
千葉周作役は臨場の永嶋役の平山さんですよ。
幕府のガン、勝麟太郎を討つという物騒なはかりごと。
土佐から出てきたばかりで進む道がまだ定まらない、迷える龍馬です。
内野さんのま・つ・げ!

jin01-015

「なんじゃ、またおまんか。わしに惚れたがかえ?」
どうしてそういうセリフを載せるですか脚本の森下先生!
「わしか?わしは土佐の、坂本龍馬じゃ」

jin01-018

てなあたりで以下次号!

おっさんミーツおっさん(あ、龍馬さん28歳か)の物語開始です。
原作では序盤ここまで龍馬クローズアップじゃなかったのに
ドラマでは何この大きな扱い!嬉しいよ石丸P!
シンポジウムでは石丸Pがいかにして内野さんを口説き落としたか、
語ってくださったようで嬉しいです。内野さんなかなか落ちなかったのね。
でもこうして語られるってことは
続編にも出てくれると思ってよさそう…だよね?ね??

記事書きながら臨場の最終回を見てます。
個人的にはこの回が最高だと思う。大好き。

風林火山 第36話 宿命の女

ブログネタ
2007大河ドラマ「風林火山」 に参加中!


fuurin36-09

宿命を背負っているのは由布姫だったり美瑠姫だったり。

fuurin36-02

さて、由布姫の命令で於琴姫を探りに来た勘助。
その姿を見かけたリツが、何をしておられるのです?と於琴姫に引き合わせます。

fuurin36-03

「今…和子様と?」
この姫、もうお腹に晴信の子がいるし!
でもナチュラルにいい子…というか
青竹を鉈で叩き割ったような豪快なお姫さんでした。
「まあかわいそうに!そんな怖い顔で生まれつくなんて!」
欲も野望もないさっぱりした気性に毒気を抜かれる勘助。

fuurin36-05

小山田と勘助。
武田に家を滅ぼされた美瑠姫を愛してしまった小山田は
似た境遇の由布姫を慕う勘助に奇妙な共感を抱いたのでした。
しかも美瑠姫、武田に討たれた夫の子を身ごもっていたし!
「おぬしは由布姫様を支えてやれ。わしは、武田家より由布姫のことを案じておるそなたが愚かで好きじゃ」
 だがそんなおぬしより、美瑠が生んだのが自分の子でなくても愛しい己のほうがもっと愚かだ」
ツンツンキャラがデレて『いいやつ』になるのは死亡フラグですね。

fuurin36-07

さて美瑠姫。亡夫の子とひた隠しにして生んだ息子にも先立たれ、
憎い仇の現夫はどうやら息子の秘密を見抜いていた様子。
夫と父の仇なのに、そんな相手を愛しはじめている自分を許せない。
思いつめた彼女は小山田の寝首をかき、自害して果てます。
美瑠姫を演じるのは真木よう子さん。龍馬伝のおりょうさんですね。きれい。
そーいやJINのお龍さんは誰が演じるんでしょうね…

fuurin36-08

小山田の死の顛末が重臣たちに伝えられ、油断したかと口々にそしる一同。
美瑠姫を真剣に愛した小山田の心情を知るものは勘助のみ。
彼の名誉を守ろうと涙ながらに訴えます。
普段余り仲がいいわけじゃないのが、見ていてかえって心に響きます。
小山田は愛に殉じたわけですが、自分が想う由布姫はお屋形様の側室。
ちょっぴりほろ苦い、かな?勘助。

これ書いてるときは仁第1話視聴中。面白いなあ!りょまさんかわいいなあもう!

10年先も君に恋して DVDBOX

ブログネタ
10年先も君に恋して に参加中!

ucn-10nen01s

2月21日発売ですが、定価が出てますね。11970円。
アマゾンで予約すると8857円。3113円引きか。むう…
ファンクラブで買うと定価+送料+振込み手数料で一切割り引きなしなわけですが。
「わしはまっことおまんが好きじゃあ」という意思表示だからいいんです。
特典は何かなあ。めげずについていてくれるファンのためにも
ちょっと頑張ってくれると嬉しいんですが。


悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

プロフィール

わるた

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ