俺のまさあき

昔の名前で出ています

悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

悪夢のエレベーター 〜このウソ、ホントにキリがない。〜

26万部突破の人気小説、ついに初の映画化! 10月、シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋ほか 一発逆転ロードショー!!

堀部圭亮第一回監督作品

奇跡のロマンス

奇跡のロマンス 第7話〜10話

ブログネタ
★ドラマのこと★ に参加中!

…。工藤さん出てこないし!
オープニングのクレジットを見て絶望。orz
ストーリーが武蔵と真琴の恋の行方に移ってしまって
8話・9話では登場しません。
出てくる7話・10話でも登場はほんのちょっと。

真琴の父親(鈴屋の親父様だ)に弁護士を通して慰謝料を吹っかけられたり
結局婚約者とよりを戻したり。

kisekino046s

真琴に電話で泣きつく工藤。この弱さ卑怯さがたまらない。
下ろした前髪が素敵。

最終話でこじ付け的に大団円なシーンがあったくらい。

kisekino048s

この画面の奥できっちり小芝居してるんですよ。

物足りないのでアップしてなかった画像をいくつか追加。

寒風の中、卓との面会を待つ工藤。

kisekino027s

過去との決別を婚約者に迫られる工藤。照明の効果でドラマチック。

kisekino023s


内野さんウォッチ的には3−6話がお勧めです。
設定を見ただけで本筋の展開は読めるもんね!

ところで、工藤と真琴の息子・卓を演じていたのが伊藤隆大さん。
幼いながら、盲目の子供という難しい役を見事にこなしていました。
ご冥福をお祈りします。

奇跡のロマンス 第5話・6話

ブログネタ
★ドラマのこと★ に参加中!

真琴に卓の認知と養育費の申し出をした工藤。
「僕にはその義務がある」という彼に
「私には拒否する権利がある」とかたくなに拒否する真琴。

kisekino022s

昔真琴が誕生日にプレゼントしたライターを今も大事に使っている工藤。
「苦い思い出だけど忘れたくない」
すでに別れた相手にこんなことを言えてしまうあたり
ナチュラルに残酷です工藤。

工藤の婚約者は同じ高校の生物教師・ともみ。
認知も養育費の支払いにも理解を示すのだが
工藤が過去にとらわれることを恐れる彼女は
卓に会うことにだけは反対する。
ともみに嘘をつき、ひそかに卓と会うことになった工藤。
目の見えない卓に手さぐりで顔を触れられ想いがこみ上げます。

kisekino030s

涙目で土下座する内野さん!!!!

kisekino032s

「申し訳ありませんでした!」なぜ幼児に、自分の息子に敬語。
そもそも子供の存在自体知らなかったじゃないのあなた。
あげくにともみから婚約解消を言い出されてしまいます。

kisekino034s

鈴屋のおやじ様こと六平直政さんが!初共演でしょうか?
真琴の父親役です。
「えっ、お父さん?」
「お前、まだうちの娘の周りをうろちょろしてるのかあ!」

kisekino043s

さあて泥沼になってまいりました。
なんだか工藤の身勝手さ卑怯さが愛しくなってきた。
悪気はないのだよ。本人、自分では律儀だと思っていそうなところがまた。
なぜそこでそれを言うか的な朴念仁さもたまらん。
まだ最後まで見てないけど君の幸せを祈っているよ!

kisekino036s

「僕の明日はどっちだ」

奇跡のロマンス 第3話・4話

ブログネタ
★ドラマのこと★ に参加中!
96年の日本テレビのドラマ。主演は赤井秀和・葉月里緒菜。
1月から3月の放映なので、下半期に放映されたふたりっ子より
少し前の内野さんが見られます。

暑苦しい関西男・久住武蔵(赤井)が、東京で出会った
若く美しいシングルマザー・鈴木真琴(葉月)に
恋をする押しかけラブストーリー。
内野さんは高校教師・工藤 淳一郎役。第3話で登場します。

kiseki014s

かつて教え子の真琴と許されぬ恋に落ちた工藤。
その関係は周囲の知る大スキャンダルとなり、
真琴は彼の前から姿を消し、工藤も学校を追われます。
やがて今は他の高校に移り、何食わぬ顔で教鞭を取る日々。

kiseki003s

ある日彼を探し当て、訪ねてきた武蔵に
真琴との間にできた息子・卓の存在を知らされます。
しかし現在の自分にはすでに婚約者もいたのです。
どうなる工藤。どうする工藤。待て次号!

kiseki019s

教え子を妊娠させるだなんてなんて淫行教師!破廉恥な!
「疾風のように」の滋さんは無実でしたが
淳一郎さんはやっちゃってます。申し開きできません。
本人も心当たりがあるということは中出ししたのか女子高生に!
光さんといい淳一郎さんといい、ねえ!ちったぁ考えろよお前ら!
とはいえたぶん真琴のほうからせがんだんだろうな、
純愛だったんだろうな、と匂わせる二人の再会でした。

kiseki010s

そして、そんないやらしさを感じさせない
ちょっと涼やかなたたずまいが良いのですよ工藤さん。
息子がいること、真琴が生活に困っていることを知って
認知しようと申し出つつも同居は拒んだり、
律儀ででも冷たい男という難しい役どころだと思うのですが
若き日の内野さん、しっかり演じていらっしゃいます。

kiseki013s

気丈にさよならを言う真琴に「女は強いね」と余計な一言を。
…ひっぱたかれました。朴念仁めが。

悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

プロフィール

わるた

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ