俺のまさあき

昔の名前で出ています

悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

悪夢のエレベーター 〜このウソ、ホントにキリがない。〜

26万部突破の人気小説、ついに初の映画化! 10月、シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋ほか 一発逆転ロードショー!!

堀部圭亮第一回監督作品

不機嫌なジーン

不機嫌なジーン ルックバック

ブログネタ
不機嫌なジーン に参加中!


皆様の熱いコメントありがとうございました。
南原教授の人気を再認識しました。

gene01-036u

魅力的な人物でしたものね。
大森先生のキャラクター造形、
それを受けて形にする内野さんの演技に感服です。ブラボー!

gene01-038u

そして、実らぬ恋だったからこそかえって視聴者の心に深く刻まれたのかも。

gene01-060u

振り返ってみたら去年の7月からレビューやってたんですね。気の長い話だ。

gene01-080u

途中、時系列順では中の人の離婚があったり、

gene02-067u

パンドラがあったり、忠臣蔵や幻蝶や臨場劇場版があったりで、
ほんっといろんなことがあったなあ。

gene06-036u

その合間を縫って細々こつこつやってきました。

gene07-015u

次は森山さんか光さんのどちらか。突発的に辰村さんかも。

gene07-084u

黒ちゃんもすごくやりたいんだけどなあああ。
でもゴンゾウはネタバレしないようにレビューするのは至難ですよね。ぐぬぬ。

gene11-004u

ミセシンはくすぐったさに耐えきれず2話あたりで脱落してそのままなので
そろそろ重い腰を上げるべきか。上げたい。

画像は個人的チョイスの孝史ベストショットです。
題して『僕と君が幸せだったころ』。
漏れがあったらすみません。
孝史の幸せを祈り隊。参加者募集中!

不機嫌なジーン 第11話 その6

ブログネタ
不機嫌なジーン に参加中!


時は流れ。仁子もひとかどの学者になりつつある頃。

gene11-043u

街角でばったり孝史に出会いました。
(ロケ地は横浜のみなとみらいですね)

gene11-044u

「お久しぶり」「元気そうだ」

gene11-045u

孝史は素敵な女性と二人連れで
それなりに満ち足りた様子。

gene11-046u

何度目かに観ているドラマですが、このラストはこれでありなのかも。
孝史も仁子も自分を変えられない。
歩み寄ってもいいけれどやはり研究に全力投球したい。
仁子を束縛せず自由に飛翔させてやりたい。
別れの傷も癒えて、ほらもうあの時みたいに胸は痛まない。

一言、二言、近況を語り合って、
「じゃあ、また」立ち去る仁子。

gene11-048u

後姿を見送る孝史の、一抹の感傷。
彼女と共にはなかった未来。
このあたりの表情はさすがですよね。

gene11-050u

今の恋人へ向ける笑顔が素敵で優しくて、
孝史が幸せそうなのが嬉しいような寂しいような。

大森先生は書いている途中で二人が結ばれないのが辛くなり
結末を変えようとしたんですよね。
1話の冒頭にラストを提示しちゃってたので変更は実現しませんでしたが。
ノベライズのラストがちょっとだけ変えてあるのはそのせい?

ラストシーンの後で仁子と結ばれてほしい気もするけど
もう孝史が悩み苦しむのは嫌だ。
優しく包み込み支えてくれる女性がいいです。
孝史を幸せにしてくれるなら相手は誰でもかまわぬ。
伴侶にしたい女性と、実際に伴侶向きの女性とは
また別物なのかもしれません……と思うことしきり。ねえ。

以上、不機嫌なジーンでした!
教授かわいいよ教授!幸せになれよ!

不機嫌なジーン 第11話 その5

ブログネタ
不機嫌なジーン に参加中!


ああ破局。
視聴者も声をそろえて言います「そりゃないだろ」

gene11-041u

どちらも己に正直……といえば聞こえはいいのですが
譲り合うつもりがさらさらなかったのが悔やまれる。

gene11-036u

こうなるような気はしていた孝史。
もし一緒になるならとっくにオーストラリアへ来ていたはず。
孝史もあまり仁子を追い詰めちゃだめだよ。
オールオアナッシングでなくてもいいじゃない。
仁子がいつか羽ばたいて行ってしまうのがそんなに怖かったのか。

gene11-038u

仁子は仁子でぐじぐじ考えこんじゃうし。
「私、きっと後悔する」
「……そりゃないだろ」
それは視聴者の叫びでもあったと思います。
どうしてそこで思い切らんのじゃあ!見る前に飛べ!

gene11-039u

ただ教授を好きだったあの頃に戻れたら。
手を放してしまったのは孝史。
研究の楽しさを知ってしまったのは仁子。
もう戻れない。

gene11-042u

互いにこれ以上ない理解者なのに。
かけがえのない相手なのに。
何かの格言だったか、夫婦は互いに見つめあうものじゃない、
二人で一緒に同じ方向を見るものだ……的な言葉があるのですが
この二人ならそうなれたかもしれないのに。返す返すも惜しい。

gene11-052u

予告でだけ流れた、孝史の涙。
孝史は孝史なりに仁子を自由にしてあげたのかな。

さて、そろそろ不機嫌なジーンのレビューも終わります。
こつこつ長かったなあ!孝史は(も、か)ほんとチャーミングだったなあ!
次は何にするべ。
ふたりっ子にしようかと思いつつ、膨大な長さにちょっと尻込みです。

不機嫌なジーン 第11話 その4

ブログネタ
不機嫌なジーン に参加中!


仁子が。
勝手に仕事決めてきやがった。

gene11-022u

「…………」
ああああ怒ってる孝史ひそかに怒ってるよ!
俺と一緒にオーストラリアに行くって言わなかったかお前。
「そう。好きにすればいい」

gene11-023u

仁子もどうして勝手に決めちゃうの事後承諾なの
これから家族になる大切な人だっていうのに。
相談したら反対されると思ってるの?
無視して話進められる方がよっぽど腹が立つと思うんですが。

孝史だけオーストラリアへ行き、
帰国後に挙式という話には一応なりましたが。
あやしい雲行き。

gene11-026u

出国前にまたあの海の今の姿を見届けに来ました。
堤防に締め切られて淀んだ浅瀬。
ここへ来る時のロングコート姿の端正な孝史は
罪の意識や己の無力さに苛まされた
どこか沈痛な表情がいつもとてもそそります。
ごめんね孝史。

gene11-030u

この海を守るはずだったのに。
幼い日の勝田にそう約束したのに。
「すまなかった」

gene11-031u

あの堤防が開いたら、きっとまたこの海は蘇るはず。
5年後か、10年後か、それとも100年後かはわからないけれど、
自然にはその力があるはず。
そう信じる、信じたい孝史でした。

gene11-032u

しみじみ思うのが。
このドラマはフジが全力で内野さんを磨いてくれた作品なんだなあってこと。
ブランド物のいい服たくさん着せて。たくさん魅力を引き出して。
「俺の内野」って呼んでくれたというプロデューサーさんとは
この作品でご一緒したのでしょうか。おしえてえらいひと。

不機嫌なジーン 第11話 その3

ブログネタ
不機嫌なジーン に参加中!


幸せなはずなのにどうしてどうして心が浮き立たないの。

gene11-015u

なんだか弱気な仁子。俺が信じられないの?
結婚だって愛の告白だって
100%上手くいく確信がある奴なんて一人もいないんだぞ!
そうですね、うまくいかないこともありましたね、ええ。

gene11-016u

「幸せ?」と孝史に聞かれてようやく「うん。幸せ」
無理にそう言わせてるような気がしちゃうじゃないかそれ。

gene11-017u

微笑あっていても、つい
でも……と思う仁子の迷いを敏感に感じ取る孝史。
つい神宮寺に電話して弱音を吐いてしまう。
「……傷ついた」

gene11-018u

どうしてまた研究に戻ろうとするんだよあいつは。
仁子を縛り付けたい!俺だけの女でいてほしい!
地球の母になんかならなくていいんだ俺だけの女でいてくれれば。
俺にはお前が最後の女!

gene11-020u

そういうセリフで喜ぶ仁子じゃないんだよなあ。あーあ。

悪夢のエレベーター オフィシャルサイト

プロフィール

わるた

Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ