少年は、そして王となる。(予定)





 








第25話(最終回)「汗血公路」 





image



少年は、そして王となるまで見届けたいよね!
毎回毎回、予告で「少年は、そして王となる。」と言ってたくせに、
最終回を見終わり、王になってないじゃないかぁ!
とツッコんだのは僕だけではないはずwww
そもそも、まだ王都エクバターナにすら帰っていないからね。
物語は帰っている途中で終わりました。
そもそも、王都炎上から王都奪還まで2クールで終わるとは思ってなかったのでね、
俺たちの戦いはこれからだ!エンドになっても仕方ないw


にしても、仮に2期をやるとしたら随分と先になるだろうな。
まず、ガンダム鉄血のオルフェンズが2クールやると考え、
次に七つの大罪の新作が放送される予定なんだろ?
マギっぽい流れになるとしたら、これも2クールやりそうじゃん?
・・・えぇー(汗)


ちょっとね、アニメ感想ブロガーとしてではなく、
視聴者の一人として、
やはりアルスラーンが王になるまでは見届けたいので、
是非とも2期を放送してほしい。


とは言っても、最終回を見ていますと、
ボチボチと2期に触れそうな気になる部分があるんですよね。
・実はルシタニア国の宰相ギスカールは兄イノケンの玉座を狙っている。
・ヒルメスとはそういう意味で利害関係一致してそう。
・すっかり忘れてたが、ギーヴが探しているもの。
(アルスラーンが王になる時に必要になりそうだ。)
・エトワール改め、エステルちゃんの今後。



実はですね、
ギーヴが探しているものをグーグル先生に聞いてしまい、
おおよそ把握していますww
でも結局、最終回があんな感じだったので、
アニメを見る限りコイツ何してんだ?状態でしたね。
そこら辺、明かしてくれると良いよね。

image

あと、エトワール改め、エステルちゃん。
身元がバレてしまった以上、
彼女はこれから女性として生きていくんですかね。
それとも、騎士道精神のもと行動していくのか否か。
このままでは、ただ殿下に付いてきてしまった可愛い女の子だよねw
まぁ、それはそれで良いんだけどさ。
ラストの赤子を抱くシーンで泣いたエステルちゃん。
今まで剣の重さしか知らなかった彼女が、
初めて命の重さを知って涙を流したのではないでしょうか。
感慨深いシーンでしたよ。

image


とりあえず、本作ではアルスラーン殿下の成長及び、
リーダーとしてあるべき姿について描かれていたように思います。
アルスラーンとヒルメスの2人、
シンドゥラ編ではラジェンドラとガーデーヴィーの兄弟。
彼らを通して、リーダーとは何か。
何をするべきか、皆をどう導いていくかなど、
そのようなものを考えさせられましたね。
見ていてすごく興味深いものでしたよ。


何はともあれ、公式Twitter曰く、
「ひとまず」話が終わるらしいっす。
少年は、そして王となる。(予定)

image


それでは半年間の間ですが、『アルスラーン戦記』制作関係者、
またキャストの皆様、ありがとうございました。