楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

高齢者の自動車事故

DSC04656

この1週間の間にホノルルで同じような事故が2件ありました。どちらも高齢ドライバーによる駐車場での事故です。高齢者の事故は運動能力や判断力の低下、さらには認知症などが原因といわれます。

19日午後チャイナタウンにあるコンドのククイタワーの駐車場で、72歳になる女性ドライバーが3階の駐車場の壁を突き破って地上に落下しました。女性ドライバーは重体の傷を負って病院に運ばれています。コンドの住人の中にはすごい音に驚いて事故に気づいた人もいます。

今日午前ベレタニア通りにあるマクドナルドの駐車場で事故が起こりました。向かいにバーガーキングのあるホノルル博物館に近いマクドナルドの駐車場で、79歳の男性ドライバーが店舗に突っ込みました。男性ドライバーは重傷で近くの病院に運ばれています。店舗の壁にぶつかって止まり大きな窓を粉砕するだけでした。店内にいた人には被害が出なかったようです。

どちらも日本でもよくある高齢者の事故のようです。原因は発表されていませんが、車を急発進させたりする事故はアクセルとブレーキを間違えた場合が多いようです。 加齢とともに身体機能や反射神経などが衰えるのは誰もが抱える事実です。どちらもドライバーだけのケガで人を巻き込む事故でなかったのは不幸中の幸いですした。高齢者が増える社会では、これから更に増える事故となるでしょう。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 

 
line-52


 

カラカウア通りが冠水する日(大潮高潮注意)

DSC06344

アラワイ運河が今にも溢れそうなほど水面が上がっています。この数日の海面の高さに気づいた人もいることでしょう。

潮(しお)の満ち引きで、海の高さは一定ではありません。1日2回朝夕に、ゆるやかに高くなったり低くなったり規則的に変わっています。もっとも満ち引きが大きくなるときを「大潮(おおしお)」と呼びます。それに気象的要因である風や気圧によってうねりが発生して海面は上下します(高潮)。

この金曜日と土曜日に大潮と高潮が一緒になって(King Tides )ハワイ諸島の沿岸を襲います。すでにアラワイ運河の水面がかなり高くなっています。海面の高さの記録更新した先月はモアナサーフライダーのすぐ前まで海水が届いています。今月はおよそ2.5フィート(75cm)の海水面が上がることが予測されています。6月23日、7月21日の大潮高潮(King Tides )はさらに記録を更新しそうで注意が必要です。

空港近くのマプナプナ地区ではこの数年、潮が高くなると必ず冠水する地域が出てきました。タイヤが隠れるほどに冠水した道路を車がゆっくり行き来しています。毎月の冠水に仕事が半減して、泣く泣く仕事場を移転するビジネスもでてきました。

この数年のオアフ島の海岸の浸食に驚く人たちが少なくありません。ノースショアの海岸沿いに家を持つ人たちは、少しずつ侵食されて狭くなっていく敷地に恐怖を感じている人がいます。カイルアの海岸線の椰子の木が侵食によって、その数を減らしています。海岸線が明らかに内陸に向かっています。

しばらくワイキキビーチに行かないと、そのビーチラインの変化の早さに驚きます。ヒルトン前のビーチをゆっくりダイヤモンドヘッドに向かって歩いていけたのに、今では激しい浸食のせいでシェラトンホテル前の歩道が危険で通れなくなっています。

近年の地球の温暖化の影響で、世界の各地で海面が高くなっています。オセアニアにある太平洋の小島ツバルでは、海面上昇によって国家の存続が危ぶまれています。島全体が水没の危機に面しています。フロリダ州マイアミの海面上昇も深刻化しています。人口の4分の3が沿岸に住んでいるフロリダ州だけでなく、ハワイもこれから真剣に海面上昇を考える時がきたのかもしれません。

ドブに捨てるような大金が必要な鉄道建設にお金を使っている状況ではありません。ワイキキのビーチ沿いのホテルロビーに海水が流れ込み、カラカウア通りが海水で冠水する日が近い将来やってくるかもしれません。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

DSC06601

DSC06597

IMG_2349




line-52


ハワイで海王丸を見送る

DSC06572

金曜からホノルル港ビア10の岸壁にその美しい姿を見せていた日本の帆船「海王丸」が今日午前10時、予定通りホノルルを離れました。4月5日に東京港を出航した練習帆船「海王丸」が、カナダのリッチモンド経由でホノルルにやってきていたのでした。


「海王丸」は全長110メートル、4本のマストでメインマストは海面からおよそ50mあり、36枚の帆を張った美しい姿は「海の貴婦人」と呼ばれるにふさわしいものです。美しい姿だけでなく、毎年最速を記録した帆船に贈られる「ボストン・ティーポット・トロフィー」を過去に4回も受賞している早い帆船です。

出港に登檣礼(とうしょうれい)のセレモニーがあるので、実習生のみなさんを見送りに行ってきました。見送りには布哇日系人連合協会のみなさんも見送られました。今朝は生憎く雲が多く時々雨が落ちてきましたが、ホノルル港にかかる鮮やかなレインボーが実習生の門出を祝うようでした。見送りのみなさま、ご苦労さまでした。

登檣礼とは、日本国内では「日本丸」と「海王丸」が訓練航海の為に出航する際に、実習生のみなさんが帆桁(マスト)などに配置し、見送りの来客に謝礼を示す儀式です。裸足でマストに登り、リーダーの合図に会わせて全員が­「ごきげんよう~」 と見送りの人たちに叫びます。静かなホノルル港に聞こえわたる若人の挨拶は、めったに見ることのできない感動するシーンでした。

実習生と乗務員140人以上を乗せた「海王丸」は、36枚の帆を張り、赤道上を東から西に流れる貿易風を利用して17日をかけて6月9日に東京に帰国の予定です。実習生のみなんさんが無事に厳しい訓練航海を終え、世界の海で活躍されることを祈っています。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

DSC06539
右端に海王丸のマストが見えます。これから見送りに行きます。

DSC06563

DSC06546

DSC06555

DSC06560

DSC06566

DSC06567

DSC06586
神奈川からおみえの I さん

DSC06587


 

line-52


 

ワイキキホテル転落事故?

DSC05684

昨日の日曜早朝、午前3時ごろのこと。ワイキキの西に位置する日本人観光客もよく利用するアンバサダー・ホテルで若い女性が10階から転落して亡くなっています。

古いホテルですが良心的な料金で、比較的広く簡単なキッチンも付いていてパッケージツアーにもよく使用されて日本人の滞在人数も少なくないホテルです。

女性の身元はカポレイ(オアフ島西部)に住む27歳の女性と発表されています。目撃者などの証言から女性は突き落とされた可能性もあり、殺人事件も見据えて現在調査が行われています。

先月にクヒオ通りのヒルトン・ワイキキビーチ・ホテルで女性が殺害されました。殺害されたのはハワイに住所を持つ30才の娼婦のようでした。犯人はカリフォルニアからハワイを訪れていた42歳の男性ですぐに逮捕されています。

また先月にはオアフ島の刑務所から3人が脱獄しました。2人はすぐに捕まったのですが、3人目がなかなか発見されませんでした。3人目の脱獄犯は2週間後の今月3日に、昨日転落事故のあったアンバサダー・ホテルから近いハワイアンモナーク・ホテルに潜伏しているを発見され逮捕されています。ハワイアンモナークも日本人がよく長期利用するホテルです。

ハワイではさまざまな事件が毎日のようにニュースになっていますが、その事件や事故は案外近くで起こっていたりします。ハワイはアメリカの一部であることをいつも忘れてはいけません。旅行ガイドブックにない世界が、ハワイにもあることを忘れてはいけません。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 

 

line-52


 

海の貴婦人「海王丸」がやって来た

DSC00226

この週末ワイキキで、白い制服姿の学生さんの姿を見た人もいるでしょう。日本からのやってきている「海王丸」の海洋実習生のみなさんです。

金曜日の午前、アロハタワーのあるホノルル港で大型帆船を見つけました。マストが4本もある大型の帆船です。見たことのある帆船です。日本の航海練習船の「海王丸」です。毎年5月にハワイにやって来る馴染みのある立派な大型練習帆船です。

「海王丸」は全長110メートル、4本のマストでメインマストは海面からおよそ50mあり、36枚の帆を張った美しい姿は「海の貴婦人」と呼ばれるにふさわしいものです。美しい姿だけでなく、毎年最速を記録した帆船に贈られる「ボストン・ティーポット・トロフィー」を過去に4回も受賞している早い帆船です。

4月5日に東京港を出港した練習帆船「海王丸」は、1ヶ月をかけてカナダのバンクーバーに隣接するリッチモンドまで航海しました。カナダ建国150年を祝っての寄航です。リッチモンドを5月8日に出港し19日にホノルルにやって来たのでした

「海王丸」には東京海洋大学、神戸大学、商船系高等専門学校、海技大学校の実習生106名のほか、体験航海研修生及び指導員の10名が乗船しています。実習生のみなさんは将来、商船や海上保安庁などの航海士や機関士になる人たちです。

これから数日ホノルル市内で、ハワイ滞在を楽しむ制服姿の実習生のみなさんを見かけるでしょう。「海王丸」は、23日(火曜日)午前10時に出港の予定です。36枚の帆を張り、赤道上を東から西に流れる貿易風を利用して17日をかけて6月9日東京に帰国の予定です。

時間のある方は、23日(火曜日)午前10時の見送りに参加するのもいい経験になります。最高儀礼といわれる登檣礼(とうしょうれい)が見られます。見送りの来客に謝礼を示す儀式で、裸足で高いマストに登り、リーダーの合図に会わせて全員が­「ごきげんよう~」 と見送りの人たちに叫びます。

静かなホノルル港に聞こえわたる若人の挨拶は、めったに見ることのできない感動するシーンです。見送りに参加した人は誰もが感動するでしょう。かつてホノルル港で毎日展開されていた波止場での見送りは、古い写真を見ているようです。帆船「海王丸」を見送ることは貴重な体験になることは確かです。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 




line-52


 

ハワイシアターでコンサート

DSC06511

ハワイシアターで今晩、今回で32回になるアメリカ軍バンドによるコンサート( Combined Forces Military Band Concert ) がありました。週末でたくさんの人が2時間のコンサートを楽しみました。


バンドのコンサートは5月と12月の年に二度あり、自宅からも近いハワイシアターの週末のコンサートを何度も楽しんでいます。五時半開場、六時開始のコンサートですが、五時過ぎにシアターに行くと、自由席ですので少しでもいい席でコンサートを楽しもうという人が早くから集まっています。すでに長い列が隣の公園にまで延びています。


1922年に建てられたハワイシアターは、アメリカの歴史特別建造物に指定されています。歴史あるシアターでコンサートを楽しむのもいいものです。演奏曲は毎年違っていて、毎年行っても退屈しなく楽しめます。

今年は昨年末の太平洋戦争開戦75年の当時の歴史を振り返るプログラムになっていました。前半は今までにないジャズバンドの演奏です。戦争当時に流行っていたグレンミラーバンドのスイングジャズ「In The Mood」は定番です。後半は太平洋戦争開戦をテーマにした音楽がコンサートバンドが演奏しました。


下のYouTube の画像をクリックして今晩の雰囲気を楽しんでください。バンドは5部隊の混成になっていますが、もちろん実力はプロと変わりありません。ステージ上の総勢70人のバンドメンバーが素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

我が家のワイキキのコンドに滞在中の兵庫からお越しのごN夫妻と福井からのNさん親子を招待しましたが、みなさんハワイシアターでの初めてのコンサートを楽しんでいただけたようです。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 









line-52


 

Theバスの風景

DSC06351

バスはさまざまな人を乗せていく。ホノルルのTheBus は、庶民の足。庶民の生活が見え隠れするバスの中は興味が尽きない。

さまざまな人が乗るバスにもさまざまなバスのドライバーがいる。いつもバス停で子供を見送る母親が慌てて子供の持ち物を点検している。どうも子供がバスパス(定期券)を家に置いてきたようだ。

バス運賃を用意するかと思っていると、いつも乗るバスがやって来た。私がバスに乗り込むと、その母親が子供を前にバスのドライバーに話しかけた。ドライバーは以前床にコーヒーを溢したこの時間のバスを担当するドライバーだった。

「娘がバスパスを忘れてしまったのですが、乗せてもらえませんか?」
バスのドライバーは表情を変えないで、子供に乗車するように手招きをした。

子供も黙ってバスに乗り込んで、空いている席に腰を下ろした。ドライバーは子供にドライバーの所に来るように言った。ドライバーは12時間有効のトランスファー・チケットを無言で子供に渡した。子供は照れくさそうにチケットを受け取った。このトランスファーを使えば、子供はお金を出すことなく帰ってこられる。

バスのドライバーは、いつも乗る客を覚えてくれていたのだろう。寒い冷えすぎたバスの中で、思いやりのあるドライバーの温かい心に触れ私の心まで温かくなった。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 
DSC06780
   

line-52


 
プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ハワイの天気
Honolulu Time


市況

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ