楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

ザよりもダの方がいい発音

IMG_4804

ハワイにはハワイ独特の英語(ピジン・イングリッシュ)が存続しています。英語を全く話さないハワイにやって来る移民たちが片言で話すのが起源になっています。その背景にはハワイの移民の歴史があるのです。

100年以上前にはサトウキビやパイナップルの農場に世界から大量の働き手がハワイにやって来ました。日本を始め、中国、韓国などのアジア圏だででなく、ポルトガルなどのヨーロッパ、プエルトリコなどの中南米から多くの人がハワイへとやって来ました。

「ピジン・イングリッシュ」は、さまざまな母国語を持つ国からやって来た人が話す特殊英語として誕生しました。耳から聞いた言葉を連ねたシンプルなものです。移民二世、三世と世代が代わり、しだいに変化して一つの特殊な英語となっています。 

ハワイの「ピジン・イングリッシュ」の特徴は独特のリズムと音にもあります。現在のハワイ州知事の日系3世イゲ知事のしゃべり方は、まさにハワイ移民の話す「ピジン・イングリッシュ」のリズムそのものです。

街角でよく目にする「the」は「da」に変化しています。日本人が話すカタカナ表記の「ザ」よりも、音声的には正しい英語発音に近いものになります。「the」の舌先は上と下の歯に挟んで(当てて)発音しますが、「da」の舌先もそれに限りなく近いに位置なっています。「ザ」に至っては全く違う発音になります。

移民たちが耳から獲得した「ピジン・イングリッシュ」は、音声学的には日本のカタカナ英語よりもはるかに優れたものです。通じる実践英語になっているのです。ワイキキで見つけたレストランに、「ピジン・イングリッシュ」を見つけました。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_4838



line-52

                  
1barner 12

レストランのBGMに物申す

FullSizeRender

年に何度か無性にカツ丼が食べたくなるとワイキキまで足を運ぶ。きっとハワイで一番美味しいカツ丼が食べられるのはワイキキの銀座梅林だろう。カツ丼ををほうばりながら、にやりとしてしまった。

店内で流れている日本の歌謡曲が微妙にレトロで、とても2018年のワイキキにいる気がしないのだ。「こんにちは赤ちゃん(梓みちよ)」、「迷い道(渡辺真知子)」、 「しとしとぴっちゃん(橋幸夫)」、「ふれあい(中村雅俊)」、「指定沿線(野口五郎)」、どっぷり昭和に浸り満腹感で幸せな気持ちになって帰ってきた。

少し前のニューヨーク・タイムズ新聞にウェスト・ビレッジに住む音楽家・坂本龍一の興味深い記事があった。ニューヨーク在住の坂本龍一は自宅近くにお気に入りの日本レストラン「カジツ(Kajitsu)」によく通っていた。

坂本龍一はレストランに大きな不満を持っていた。店内には古いアメリカのフォークソングなどが流れていた。彼には聴くに耐えられないことだった。ついにある日、店主にBGMの変更を申し出た。無償で自らレストランに合う選曲をすることだった。

ニューヨークの日本レスランには、「迷い道(渡辺真知子)」も「しとしとぴっちゃん(橋幸夫)」もない。レストランのために選んだ坂本龍一のプレイリストは、ソロピアノが主流の映画音楽のようなものだ。ラウンジで流れているようなジャズピアノのようなもある。

レストランのBGMは決して自己主張してはいけない。食の空間を飾るもので、会話の邪魔になってはいけない。会話ができないような大音量はもっての外である。その点では坂本龍一の選択は正しいだろう。ニューヨークの空間を見事に演出している。私は昭和レトロの銀座梅林も悪くないと思っている。

*下のYouTubeから、坂本龍一が選んだ47曲が聴けます。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




line-52

                  
1barner 12


初めて星条旗を縫った女性

0205 010

アメリカのどの小さな町に行っても、必ずあるのがスリフト・ストア。アメリカ文化、アメリカの庶民の生活を知る場所の一つにスリフト・ストア(中古衣料雑貨店)があります。庶民の中古百貨店です。運がよければ、お宝に出会えます。


人がいらなくなった物を引き取り、それに値段を付けてリサイクルして売るという商売ですが、本来は教会や慈善活動団体などが運営しています。英国が発祥の主に世界の英語圏でチャリティ(慈善事業)として広まったのが、スリフトストアです。

ビジネスとして展開している会社として、ハワイには本土の営利会社のサルベーション・アーミー(Salvation Army)、セイバーズ(Savers)やグッドウィル(Good Will)などがあります。今ではオアフ島のセイバーズあたりでも、日本からの観光客の姿も見られる時代になりました。

アメリカ人ならば子供でも知っている歴史上の人物でも、私たち日本人にはあまり知られていない人物が存在します。初代大統領ジョージ・ワシントンに1776年初めてのアメリカ国旗を縫ってプレゼントした女性べティ・ロス(Betsy Ross)もそんな人物の1人です。

ベッツィ・ロスは、生誕200周年記念でアメリカの記念切手(1952)にもなっています。星条旗が国旗として制定された際、ワシントンの依頼で彼女が星条旗を縫いました。13の星を円形に並べたデザインは彼女の案だと言われています。

ベッツィ・ロスが星条旗を縫う姿は学校の教科書などいたるところで目にする有名な姿です。ホノルルのスリフト・ストアでも、何度もその置物を見つけます。ベッツィ・ロスを模したミニーが星条旗を縫う置物もあります。アメリカの歴史も学べるのがアメリカのスリフト・ストアです。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ


     201210023 001

line-52


 

ハワイ州会議事堂

010

ハワイ州の州議会議事堂(Hawaii State Capitol)の建物は、他州の中心がドーム型の建物と違っています。一階は誰もが自由に行き来ができ、中心は青空が見える吹抜けの建物になっています。

ハワイらしいデザインで、ハワイの火山をモチーフしたデザインになっています。太平洋に浮かぶハワイ諸島を象徴するように、建物のまわりには水が張られたプールになっています。建物を上から見るとそれがよくわかります。

建物を支える四方の柱はロイヤル・パームと呼ばれるヤシの木に似せた柱です。ハワイ州の大きな島の数の8本のヤシの木の柱がそれぞれの四方で建物を支えています。ハワイらしさが演出された建物になっています。

1969年に完成した州議会議事堂は50年近くが経って、問題が起きています。建物を取り囲むように張られた人工的プールの水もれが、もう何年も問題になっています。地下の駐車場に幾度となく水漏れ事故を起こしています。循環しない水は汚れ、悪臭を放つまえにメインテナンスを定期的にしなければなれません。

水もりなどの大掛かりな改修には1000万ドル(11億円)もの費用がかかります。いっそのこと水を抜いて水色のタイル張りにした方がいいという意見までも出ています。海上に浮かぶ火山を模したデザインはアメリカの他の州にない斬新なデザインで、プールの水は大切な役割を果たしています。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


state capitol

line-52

                  
1barner 12


ハワイは日本車が多い

IMG_4712

経済の指標の一つに新車の売れ行きがあります。この数ヶ月のガソリン価格の上昇と先行きの不安な消費心理が新車の売れ行きにストップをかけています。

強気の経済に順調な雇用で7年連続して上昇してきた新車販売に陰りが見えてきました。高止まりしてきた新車販売が、微妙に減少しています。ハワイ州の上半期の新車登録数が前年度比1.6%減っています。

ハワイ州での2017年の新車登録数は 29,740 でしたが、今年は 29,258 とわずかながら減っています。トランプ新政権の貿易関税に金利の上昇などは、株式の市場だけでなく消費心理にも大きく影響しています。

ハワイ州はアメリカの中でも日系人が多いせいか、日本車の台数の多さが顕著です。2018年の上半期の新車販売数を見ても明らかです。トヨタ26.9%、ホンダ15.1%、ニッサン9.6%と日本の3社だけで51.6%も占めています。マツダ、スバルなどを加えたら、優に60%を超えます。


*トップ画像はトヨタの中でも人気の高い トヨタ「タコマ」


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


 


line-52

                  
1barner 12


ワイキキで朝食

IMG_5872

休日の朝食くらいゆっくり食べたいものです。レストランのオープンに合わせて久しぶりにワイキキに向かいました。今日は天気もよく、屋外でゆっくり朝食をいただくことができました。

ワイキキの高層ホテルが林立する喧騒から離れて、白い砂のビーチとカピオラニ公園に面した閑静なホテル。ダイヤモンドヘッドの写真をワイキキから撮ると、海側の裾野に建物が何棟か建っています。その建物群の左端に立つのがニューオータニ・カイマナビーチ・ホテルです。


このホテルは以前は世界の文化人がよく利用するホテルでした。小説 『宝島』の作者 ロバート・ルイス・スティーブンソンが、数百年前この場所にあるハウツリーの木の下で、作品の構想を練ったと言われる由緒あるホテルです。

久しぶりにこのホテルにあるハウツリー・ラナイで朝食を取ってきました。30年以上朝食に私が通うレストランです。屋外で鳥のさえずりを聞きながら朝食をいただけるのは気持ちのいいものです。


このレストランは今では日本のどのガイドブックにも紹介されていて、時間になるとテラスで朝食を食べる日本からの団体ツアー客でにぎわいます。ここには団体客がやって来る前に来なければなりません。時々ワイキキでゆっくり朝食を取るのもいいものです。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_5878

IMG_5881

line-52

                  
1barner 12


ハワイで交通事故が増える理由

IMG_5460

水曜日に2件の交通事故で2人が亡くなっています。5歳の少女がゴミ回収車に轢かれて亡くなりました。またパリハイウェイでは横断歩道を横断中の83歳の男性がピックアップトラックに轢かれて亡くなっています。ハワイでは今年すでに94人の尊い命が交通事故で奪われています。

今年になって多くなっているのが歩行者の交通事故死です。1年間で歩行者が亡くなった数の最高数が36人ですので、10月ですでに33人で今年は記録を更新するのは確実です。

交通事故数が増えているのは確かです。事故数が増えれば当然亡くなる人も増えます。交通事故が増えている原因の一つは、車の台数の増加です。車の台数が増えれば、当然交通事故数も増えるものです。

1990年のハワイの登録車両数は569,493 台でした。2000年は700,763 台、そして今年2018年はすでに 906,237 台になっています。この28年で60%、18年で30%も車が増えているのですから、交通事故も多くなるのは当たり前です。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




line-52

                  
1barner 12


プロフィール

tigger

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ハワイの天気
Honolulu Time



市況

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード

ブログの文章&写真の 無断使用禁止
  • ライブドアブログ