楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

ハワイのヒーロー曙・武蔵丸

IMG_2279

今月19日の朝刊のスポーツ欄に元横綱の曙(47歳)と武蔵丸(45歳)の入院を伝える記事がありました。ハワイ出身の力士はハワイでは今も相撲ファンには人気があります。ハワイ出身の力士がいなくなった今でも、場所が始まればスポーツ欄には場所の取り組み結果が載ります。

曙の情報は日本のメディアでも報道されていますが、武蔵丸の日本語の情報を捜しましたがほとんどありません。ハワイの新聞によると、ゴルフをしていると気分が悪くなり病院に駆け込んだところ、移植が必要なほど慢性の腎臓病だと診断されました。

2008年4月に武蔵丸と結婚したフラの先生だった日本人妻(43歳)は、即座に躊躇なく自分の腎臓の一つの提供を申し出たそうです。武蔵川部屋の親方の女将さんとして10人以上の弟子の世話など大変ですが、自らの腎臓提供を提供するとはやさしい心遣いの女性のようです。


力士やプロレスラーは、一般人と比べると体にかかる負担が半端ではありません。太く短い人生になる人が多い世界ですから、健康には人一倍気をつけなければなりません。現役格闘家として一番体を酷使している曙はそろそろ体を休めた方が良いでしょう。曙と武蔵丸の一日も早い回復をお祈りします。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ     
      


line-52


 

Theバスの風景

DSC06218

バスはさまざまな人を乗せていく。ホノルルのTheBus は、庶民の足。

さまざまな人が乗るバスにもさまざまなバスのドライバーがいる。早朝のバス停でブレーキを踏んだとたんにフロアに何かが落ちる音がした。ドライバーの「しまった」というつぶやき声が聞こえてきた。バスの中に一瞬にしてコーヒーのいい香りが広がる。

バスの前方の出入り口一面のフロアに茶色の液体がこぼれている。マクドナルドのカップが端に転がっている。どうやらドライバーがダッシュボードに置いていたコーヒーカップがブレーキを踏んだはずみに落下したようだ。

ドライバーはシートベルトを外して、重い腰を上げてフロアいこぼれたコーヒーをペイパータオルで吸い取っている。その間、前方から乗車する人たちは外で待たされている。下車する人たちは後方のドアから出ていく。落下したカップにはまだたくさんのコーヒーが残っていたようで、フロアのコーヒーはなかなかなくならない。5分ほどの停車で、まだ乾ききっていないフロアのまま乗客が入って来た。

バス停でバスを待っていると到着予定時刻をはるかに遅れてやってくるバスがある。バスが遅れのにはちゃんとした理由があるのだ。マクドナルドのコーヒーが原因である日もある。ここはハワイだ。公共のバスのドライバーが勤務中にマクドナルドのコーヒーを飲んでいるのを日本では見たことがない。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 
DSC06219

line-52


 

クヒオ通ヒルトンホテル殺人事件

DSC00953

バーで出会った女性を男が部屋に連れ込むシーンは刑事ドラマ「ハワイ・ファイブ・オー」でも何度か出てきました。ドラマでは男が殺されて裏小路にある大きなゴミ箱に捨てられ、翌日ゴミ収集車に発見される、ストーリーはそんなシーンから始まっていました。

テレビドラマのような事件がワイキキのクヒオ通りにあるヒルトンホテルの1210号室で起きました。事件が起きたのは金曜日未明のことです。テレビドラマと違って、通報は部屋に滞在しているカリフォルニアからやって来ている42歳の男性からのものでした。

金曜日早朝、午前4時15分に通報を受けて警察官が部屋に入ると、取り乱し頭を抱えて泣きじゃくる男性がいました。警察に通報をした男性です。ベッドの上には動かない女性が横たわっていました。

男性が2人の警官に述べた事情聴取。

 1)バーで意気投合した2人は疲れて部屋に入りキスをすると、すぐにベッドで寝入ってしまった。男性が夜起きて洗面所からもどって女性を確認すると、女性はすでに冷たくなって息をしていなかった。
 2)バーから部屋に戻り事に及ぶと(getting it on)、ベッドで女性がさらに興奮するから首を絞めてくれと頼まれた。気づいてたらすでに息をしなくなった。

検察の提示した事実。

 1)仲睦まじく手をつないでホテルに入って来る2人の姿が午前1時45分に監視カメラに映っている。
 2)隣の部屋に滞在していた客の証言では、隣にまで聞こえる物音と男女が言い争う声が20分ほど聞こえた。
 3)死亡した女性の首には何かで絞めたようなアザがでてきている。
 
 4)女性は過去に売春法違反で2度の逮捕歴がある。

誰でも推測できるシナリオ。

バーで女が男をあさり、部屋で事が終了した後、女がお金を男に請求する。
男はお金を出し渋る。女が男をけなし、男がカッとなって女の首を絞める。
男が我に返ると、すでに女性は息絶えている。怖くなって警察に通報。

男の言い分はとても信じられるものではなく、ハワイ・ファイブ・オーのメンバーの出る幕はなさそうです。アメリカの都市ではごくありふれた事件のようです。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

hilton

line-52


 

サバイバル番組(Naked and Afraid)

DSC02395

もしあなたが、アマゾンのアナコンダ(大蛇)や毒クモのいるジャングルに、アフリカのライオンやハイエナがいる砂漠に全裸で何日も放置されたらどうするでしょう?

そんな途方もないリアリティ番組がディスカバリー・チャンネルで放映されています。私が最近はまっているテレビ番組です。毎週日曜日の夜に放映されるのが楽しみです。

面識のない男女が世界の辺境の地に裸で置き去りにされ、どうやって2人は21日間生き延びるというリアリティ番組を最初はバカにしていました。番組をバカにしていた自分が今は極限の人間のたくましさに、もがき苦しみながら努力して目標を達成する姿に大きな拍手を送っています。

見ず知らずの男女は全裸で現地で出会います。人が入ったこともないような世界の秘境の自然環境は想像以上に厳しいものです。7シーズンを迎えた番組の舞台は、アフリカの砂漠、南米のジャングル、中米やアジアの熱帯雨林のジャングル、インドやヒマラヤの秘境、とても人が住めるような場所ではありません。昼は40度、夜は毎日降る冷たい雨に震え上がる環境です。

水道も電気もコンビにもない秘境の環境は危険に満ちた世界で、見ず知らずの2人の挑戦者がいかに21日を生き延びるのかは人の人生の縮図を見せてくれます。さまざまな問題にどのように対処していくか、そこには人間の生きる姿、人のまさに心の中と外が丸裸にされていきます。

水や食料をいかに手に入れるか、寝場所(シェルター)を確保したり火を起こしたりする場面は原始生活そのものです。お互いのパートナーを尊重する気持ちを持たないものは長続きしません。過酷な気象条件を受け入れて厳しい環境に慣れなければなりません。現地で初めて会ったパートーナーといかに上手くやっていくかが大きな成功のカギになります。

サバイバルなのに、カエルやトカゲが食べれない自称冒険家の男は5日で弱音を吐いて脱落していきます。自信に満ちた巨体の元海兵隊は、初日の酷い日焼けで熱を出し脱水症で寝込んで3日ももちません。脱落者のほとんどが男のエゴを捨てきれない男性挑戦者なのが興味あるところです。

21日を終えた挑戦者は20~30パンド(9~14kg)の体重を落とします。脱水症と空腹(タンパク質不足)との戦いは決して半端なものではありません。ケガや病気で脱落する挑戦者もいます。一晩中、何百匹もの蚊に刺されてジャングルで寝るなんて私には到底出来ません。テレビを観ながら自分の恵まれた環境に感謝しています。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 




line-52


 

アメリカの航空会社(アラスカ航空)

DSC02969

ホノルル空港に行くと、尾翼におじさんの顔のイヌイットが描かれた飛行機をよく見かけます。アラスカ航空の航空機です。寒いアラスカから、暖かいハワイにバケーションに来る人たちの小さな航空会社ではありません。去年モンタナ州ビリングスからサンフランシスコ経由でホノルルに帰ってきたのがアラスカ航空でした。


ワシントン州シアトルに拠点を持つアラスカ航空は、アメリカ西海岸とハワイ間(コナ、ホノルル、マウイ)の定期便を週40便近く運行しています。本土からハワイを訪れる人が増えている昨今、着々と業績を伸ばしているようです。今回販売されている格安航空券は、ハワイー西海岸の片道が最低$219と利用しやすい価格になっています。

ユナイテッド航空の強制退去事件からアメリカの航空会社の従業員やサービスの質などが問題になっています。アメリカの航空会社のサービスの質について評価し、毎年順位を発表する「アメリカ航空会社クオリティー調査(Airline Quality Rating)」の最新の結果が先日、発表されました。2012年以来、首位を維持してきたヴァージン・アメリカが今年は3位に順位を下げて、首位にランクされたのがアラスカ航空でした。

アメリカの航空会社のランキングベスト10

1位: アラスカ航空
2位: デルタ航空
3位: ヴァージン・アメリカ航空
4位: ジェットブルー航空
5位: ハワイアン航空
6位: サウスウエスト航空
7位: スカイウエスト航空
8位: ユナイテッド航空
9位: アメリカン航空
10位: エクスプレスジェット航空

私が利用したアラスカ航空は、どの航空会社と同様にこれ以上カットができないほどの極限のサービスでした。機内サービスはプレッツェルとドリンクだけのサービスです。シアトルに拠点があるのでコーヒーはスターバックスが提供されていました。

アメリカの航空会社にもとよりサービスを期待してはいけません。着席していても強制的に排除される時代ですから、快適な移動など期待しないほうがいいでしょう。ただの移動手段としての乗り合いバスと同じだと割り切ったほうがいいようです。




*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 





line-52


 

ワイキキのホームレスと脱獄囚に注意

DSC07576

今週はホームレスが一般市民に襲いかかる怖い事件が続きました。月曜日の早朝、トップの画像のダウンタウンのバス停でバスを待っていた80歳の女性が、51歳のホームレスの男に殴る蹴るの暴行を受けて重傷を負いました。ダウンタウンの地方裁判所のすぐ前での出来事です。

翌日火曜日の午後、ノースショアのハレイワの中心にある食料スーパー「マラマ・マーケット」内で 54歳のホームレスが店の52歳になる副店長に襲い掛かり、ナイフで首を切りつました。副店長の男性は重傷を負っています。

ダウンタウンのホームレスは30年以上も刑務所にいた前科のあるホームレスで、ハレイワのホームレスも35回もの逮捕歴があるホームレスでした。精神的に問題のある前科があるホームレスが野放しになっているのは大きな問題です。

3人の囚人が火曜日の夜にワイピオにあるワイアワ刑務所を脱走しました。盗難車でカイウラビーチとウインドワードで女性を襲い金品を奪っています。2人が見つかり逮捕されましたが、まだ1人が捕まっていません。31歳で身長177cmほどのスキンヘッドの男です。どのように刑務所を脱出したのかは明らかにされていません。

ヒルトン・ワイキキビーチ・ホテルでは木曜日の夜、殺人事件が発生しています。カリフォルニアから出張で来ていた42歳の男性がある飲み屋で娼婦を拾い、29才の娼婦を部屋で殺害したようです。娼婦は過去に2度逮捕歴があります。

どのニュースも日本には伝わらないハワイのローカルニュースですが、一つ間違ったら日本からの旅行者が被害者になりえる事件です。ワイキキのバス停付近にもホームレスがいます。彼らは精神的に問題のある前科があるホームレスかもしれません。できるならば、近づかないのが一番です。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 

line-52


 

ハワイでオペラ「ホフマン物語」

IMG_2303

青い海の太平洋の孤島ハワイでも本物のオペラが観られます。ハワイ・オペラ・シアター(HOT)では毎年4つの題目のオペラが観劇できます。今晩の題目は「ホフマン物語(The tales of Hoffman)」(フランス語オペラ)でした。ハワイでオペラ観劇もいいものです。

この週末から3日間の限定公演の初日の今晩、20時からの上演を観てきました。オペラを知らない人にもよく知られたべネチアのゴンドラの上でささやきあう愛の歌「ホフマンの舟歌(Barcarolle )」が耳に残ります。ソプラノのメロディーが今まだ頭の中で流れています。

オッフェンバックの「ホフマン物語」は、ステージとその衣装が豪華絢爛で、つかの間現実を忘れさせてくれます。詩人ホフマンが恋した3人(からくり人形、歌姫、娼婦)の個性的なヒロインとのロマンスをすばらしい音楽をバックに楽しませてくれました。

オペラ観劇ですが、50人ものオーケストラの生の演奏を楽しむだけでも価値のあるものです。主役クラスはヨーロッパやアメリカで活躍する実力のある音楽家ですので、孤島ハワイでも世界レベルのオペラになっています。会場を訪れる人は、ドレスにハイヒール、ネクタイに革靴にドレスアップした人もいますが、手軽にオペラが楽しめるのもハワイです。ハワイでオペラ観劇もいいものです。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ







line-52


 
プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ハワイの天気
Honolulu Time


市況

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ