楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

カハラモールが65周年(Piggly Wiggly)

New Orins 291

アラモアナセンターがオープンして今年60周年を迎えました。それより5年前の1954年にオープンしたのがカハラモールの前身のワイアラエ・ショッピングセンターです。それ以前はこの地には養豚場があったそうです。

当時のショッピングセンターで一番の集客をしたのが食料スーパーのピグリー・ウィグリーでした。今ではごく普通に自分で好きなものをショッピングカートに放り込みレジで精算してショッピングをします。スーパーマーケットで毎日見られるこの光景の起源は1916年アメリカ・テネシー州メンフィスにオープンしたお店「ピグリー・ウィグリー (Piggly Wiggly)」にさかのぼります。

スーパーマーケットの起源はこの「ビグリー・ウィグリー」にあると言われています。1935年には「ビグリー・ウィグリー」でショッピングカートが世界で初めて登場しました。レジ台や冷凍保温庫、店員にユニフォームを着させたのも、食料品店のチェーン化もすべて「ビグリー・ウィグリー」が始めたものでした。

1935年にハワイに「ビグリー・ウィグリー」1号店がオープン。カハラに1954年オープンのお店はオアフ島では11番目のお店になります。ワイキキのカラカウア通りにも店舗があったようです。古いワイキキの写真を見ると、「ビグリー・ウィグリー」のブタの看板が映っています。

2008年にホールフーズがスター・スーパーマーケットに代わってオープンしましたが、今ホールフーズがあった所に「ビグリー・ウィグリー」がありました。ショッピングセンターは1969年に拡大されて、名前をカハラモールとしてハワイで初めての冷房が効いた室内のモールに生まれ変わりました。ルイジアナ州を訪れた時の「ビグリー・ウィグリー」がカハラにもあったとは驚きです。


*レインボーカウント: 今日は午前8時過ぎに出現 2019年 44


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




line-52



一度はおいでアロハタワー

IMG_7619

ハワイの代表的な風景の一つにアロハタワーがあります。今はダウタウンに高層ビル群の陰になりあまり目立たなくなっていますが、1926年の93年前は56メータの高さのアロハタワーはホノルルで一番高い建物でした。

かつて日本を始め世界からハワイにやってくる人たちは必ずホノルル港に入港する客船に乗ってやって来ました。アロハタワー前から山側へ真直ぐ伸びる道路フォート・ストリートは、当時ホノルル一番の繁華街でした。戦前のモノクロの写真のフォート・ストリートにはデパートやホテルが並ぶダウンタウンの様子を見ることができます。

いつも爽やかな風がぬけ、目の前にホノルル港が望めるアロハタワーは、私の好きな空間の一つです。ここにある1994年にオープンした商業施設アロハタワー・マーケットプレイスは、かつてはホノルルの観光地のメジャーな一つでした。日本からの団体観光客(JTB)がまず初めにここに連れられてきたものでした。

今はハワイ・パシフィック・ユニバーシティ(HPU)の280人の大学寮に変る複合ビルに生まれ変わりました。1階が大学の教室に商業施設に、2階以上が学生寮になっています。1階には、日本でも人気のレストランのスパゲティファクトリーがオープンしています。

アロハタワー近くまできたら、そのエレベーターに乗って展望台(無料)まで行ってみましょう。タワーの四方の風景が楽しめます。ホノルル港とダウンタウンの高層ビルの街並み、ホノルル空港の離発着する飛行機が見えます。何度もオアフ島にやって来ても、まだアロハタワーに上ったことがない人にお勧めする、アロハタワーです。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_7617

IMG_7615


line-52



トランプホテルの隣はカイ・アロハ

IMG_7378

トランプワイキキの隣に、忘れられたようにポツンと建つアパートメントホテルがある。何度も前を通っていながら、つい最近までこんなホテルがあることさえ知らなかった。時代に取り残されたホテルのようだ。

高層のトランプタワーの隣にあって、3階建てながら明るいエメラルドグリーンのペイントがよく引き立つ。建物の3階はアパートメントで2階がキッチンが付いているコンドミニアム形式の個人経営のホテルになっている。

ホームページをチェックすると、建物の古さもさることながら部屋のインテリアも50年前の世界のようだ。そこに近代的な豪華さを誰も期待しないが、古い建物に付き物の匂いまで感じられそうな雰囲気がある。タイムマシーンに乗らなくても過去に戻れる世界がある。

もちろん建物のどの部屋からも海もビーチ見えない。日当たりさえ期待できない。景色を楽しんだりリゾート気分を味わうには建物を出なければならない。1人で1泊$110(2人で$130)+タックスとなる料金が安いか高いかは人それぞれだろう。


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_7379

IMG_7382


line-52



映画「ミッドウェイ」公開近し

20120321 011

昨年9月に戦争映画「ミッドウェイ」の撮影がハワイでありました。太平洋戦の大きな転換期を迎えるミッドウェイ海戦です。ワヒアワのドールプランテーション近くが1日通行止めになって撮影されました。1941年12月7日の真珠湾攻撃に向かうゼロ戦が頭上を飛ぶシーンでした。

ホノルル・ダウンタウンから空港経由でパールハーバーまで続く道路にニミッツ・ハイウェイがあります。もちろんニミッツ・ハイウェイは、アメリカ太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ元帥にちなんで名づけられたものです。

1941年12月の日本帝国海軍による真珠湾攻撃直後に、チェスター・ニミッツはルーズベルト大統領から太平洋艦隊司令長官を命じられました。開戦当時の日本の連合艦隊指令艦長はもちろん山本五十六元帥でした。山本五十六元帥と対比される有名な軍人ですが、日本人にはハワイの道路の名前くらいにしか認識されていません。

毎年6月になると、ミリタリー専門チャンネルや歴史チャンネルでは歴史に残る大戦が特集されて放映されます。77年前の1942年6月にあった「ミッドウェイ海戦」です。日本が真珠湾攻撃後に、アメリカに挑んだ大海戦です。チェスター・ニミッツと山本五十六の戦いです。

日本とハワイの中間に位置するミッドウェイ島にはアメリカ軍の基地があり、その基地に日本軍が総戦力で臨みました。結果は日本の暗号が解読されて、半分の戦力のアメリカ軍の待ち伏せに遭い大敗北を喫しました。日本の有能な軍人がたくさん亡くなっています。

山本五十六元帥は翌年、アメリカ軍の暗号解読によって、元帥が乗る特別機が打ち落とされ亡くなりました。59歳でした。日本では何度も「山本五十六」として映画になっているので、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦を経て亡くなるまでの経緯を映画で知ることができます。幼い頃父親に連れられて三船敏郎の「山本五十六」を観たのを今も鮮明に覚えています。

昨年ハワイで撮られた映画「ミッドウェイ」が間もなく公開になります。現代のCGではどうように当時を再現しているかを是非観てみたいと思います。


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ




line-52



ブルーノマーズはハワイの宝

FullSizeRender

29年前の1990年。エルヴィスを真似る世界で最年少の4歳の男の子がハワイにいました。4歳で歌手暦2年のおどろく才能を持つ男の子でした。ハワイのどこにでもいそうな4歳の男の子は誰にも負けない大きな夢を持っていました。「大きくなったら僕はエルヴィスのようになるんだ」

ホノルル・マキキ地区で生まれ育ったホノルル・ルーズベルト高校出身のブルーノ・マーズが2011年に25歳で、主要部門のグラミー賞獲得の快挙を成し遂げました。この年のシングル世界売り上げ1位と2位を独占しています。「Just the Way You Are」で最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンスを受賞しました。4歳でアラモアナSCのセンターステージでエルヴィスを演じていたあの男の子が大きな夢を実現させたのです。

2011年からは毎年グラミー賞の常連になっているブルーノ・マーズが、一昨年2017年は主要部門のグラミー賞年間最優秀レコード、年間最優秀アルバムと年間最優秀楽曲などノミネートされた6部門すべてでタイトルを獲得するという快挙を成し遂げました。上記3部門以外に最優秀R&Bアルバム、最優秀R&Bパフォーマンス、最優秀R&B楽曲でもタイトルを獲得しています。

25歳で世界の音楽界の頂点に立ったブルーノ・マーズは、自身のアーティスト活動だけでなく、楽曲提供やプロデュースする曲をヒットさせるプロデューサーでもあります。歌えるだけでなく、ダンスもでき、また5種類の楽器も演奏できます。すべて独学です。

音楽に対する情熱は誰にも負けませんでした。音楽が何よりも大好きで、学校には教科書ではなくギターやウクレレを持参するほどでした。高校卒業と同時に18歳でハワイを発ったブルーノは、親からお金を借りて夢の実現のために単身でロサンゼルスに発ちます。

ブルーノ・マーズは高校を卒業するまで、ワイキキのホテルでの余興などによく出演していました。トップ画像は貴重な1994年のブルーノ・マーズが8歳の写真(友人から借用)です。こんなブルーノ・マーズのお宝の写真がハワイにはたくさんあります。

ファーストアルバムの中で、いつもライブでは自らウクレレを演奏して歌う「Count On Me 」が私は気に入っています。

If you ever find yourself stuck in the middle of the sea

I’ll sail the world to find you

If you ever find yourself lost in the dark and you can’t see

I’ll be the light to guide you

Find out what we’re made of

When we are called to help our friends in need

You can count on me like one, two, three

I’ll be there

And I know when I need it I can count on you like four, three, two

And you’ll be there  ♪


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





line-52



チャイナタウンは変る?

IMG_8654

この10年に度々紹介してきた1997年に閉店したチャイナタウンで長く廃屋になって見捨てられていた古いネオンの建物が、2011年に手が入りきれいに蘇りました。

一時は壁に草どころか、小さな植物が何本も成長するまで放置されて荒れ果てた廃屋でした。歩道の上のひさし屋根も取り替えられてきれいになりました。ホノルルで一番のネオンにも選ばれた「Club Hubba Hubba」 のネオンを温存しての改装でした。

チャイナタウンのレンガ造りの古い建物は、京都の町家造りのように奥行きがあって、裏庭まで付いています。見かけよりずい分と大きな建物です。近所のヨガスタジオが2階の一部屋に引っ越してきましたが、建物の1階は改装後も長く空き家のままです。

相変わらず怪しい雰囲気いっぱいの建物は変りませんが、せっかく改装されてきれいになった1階が落書きのし放題で荒れています。以前の近寄りがたい雰囲気に戻っています。向かいの建物も相変わらず放置されています。

この数年、このホテルストリート沿いにはレストランがいくつかオープンして雰囲気がよくなってきただけに残念な状態です。市は新たに電光案内板などを設置していますが、ホームレスや酔っ払いなどによって使い物にならないようされなければいいのですが・・・



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_8652

IMG_8655



line-52



チャイナタウンのダイナー

IMG_8822

アメリカ本土の田舎にあるダイナーを思わせるチャイナタウンのホテルストリートにあるダイナー。2011年にオープンして以来、ダウンタウン・チャイナタウンの代表的なカジュアル・レストランとなっています。ずっと年に何度か利用してきたレストランです。


ランチだけでなく週末は午前4時までオープンしていて、ダウンタウン・チャイナタウンで夜更かしする人にはありがたいレストランとして、若い人を中心に人気があります。この界隈のクラブでお酒を飲んだ後、気楽に腹ごしらえするのに便利な存在なのでしょう。ビジネスを拡張して隣に店舗を拡張して、夜になるとライブミュージックが聴けるバー空間もできました。

観光客には少し近寄りがたいチャイナタウンの一角ですが、ランチ時ならばバス停も目の前で安心して食事ができます。私も利用するのはランチか少し早い時間のディナーをいただいています。


フレンチトーストのハム&チーズのサンドイッチ、モンテクリスト($10)が私のお気に入りです。とろけるチーズに少し甘いフレンチトーストを口に入れると、生きていてよかったと心底思えます。特別注文でサラダ($3)も添えていただきます。


チャイナタウンでは中華の飲茶もいいでしょうが、アメリカのダイナーで食べるのも悪くありません。10年ほど前と比べれば、周辺の治安はだいぶよくなりましたが、午後5時以降のチャインタウンはお勧めしません。




*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_8824


line-52



プロフィール

tigger

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ハワイの天気
Honolulu Time



市況

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文


ブログの文章&写真の 無断使用禁止
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ