楽園ハワイと私

2002年、カリフォルニアよりハワイに引っ越してきました。ホノルル・ダウンタウンに住んでいます。

ウクレレで「アロハ・オエ」

DSC04140

今年は1ヶ月に一回はウクレレとギターで、ハワイアンとビートルズナンバーなど私のお気に入りの曲を紹介したいと思っています。そんなことを今年の目標に掲げてみました。余暇にウクレレやギターを手にしていますが、いくらハワイでもダラダラやっていたら、短い人生、あっという間に終わってしまいます。

YouTube で演奏を紹介しますが、できるだけシンプルに演奏することです。私の演奏がきっかけでウクレレやハワイアンに興味を持ってもらえる人が一人でも現れれたらそれで大満足です。

演奏はYouTube へのアップが続けられるように、無難なワンコーラスで続けるつもりです。長く続けるには無理はしないことです。今月の演奏は予告したようにウクレレで「アロア・オエ」を弾いてみました。やはりウクレレで「アロハ・オエ」を弾けなければ話になりません。

ワイキキあたりの無料ウクレレ・レッスンでは3コード(C, G, F )で、簡単に何曲も弾き語りができると指導があります。確かに3コードで簡単な歌の伴奏はできますが、自分自身で歌わなければなりません。歌いたくない人には面白くありません。

私は1人でポロリ、ポロリとメロディを弾くウクレレ・ソロが好きです。コードを弾きながら歌のメロディ演奏するのは、決して難しくありません。YouTube には実演しながら丁寧に教えてくれるものがたくさんあります。

そんなYouTube の中に、「健太のなんちゃってウクレレ・レッスン」があります。健太さんは、60年代のグループ・サンズの元プロ歌手で、ミリオンセラーの「勇気あるもの」は50歳以上の日本人ならば誰もが知っている歌です。「この道は長いけど、歩きながらゆこう♪・・・」

私がウクレレを始めたきっかけは、ハワイ在住の健太さんのウクレレ・レッスンがきっかけでした。ネットのなかった時代と違って今は、何でも簡単に手に入るすばらしい時代になっています。YouTube の無料の情報だけではありません。

YouTube をチェックしていたら、健太さんにそっくりの津村さんという方がウクレレ教材を紹介されています。「楽譜も読めず、楽器をやったことがなく、リズム感がない人でもウクレレが弾けるようになる」と太鼓判を押されています。ウクレレを教えて10年のプロの方です。



最後に我がウクレレ師匠、健太さんのアドバイスを紹介します。
「上達のコツは、毎日ウクレレに触ることです!何度も何度も飽きずに、同じことの繰り返しも忘れずに!頑張れ!」





*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ







line-52


 

15年ぶりに帰ってきた猫

IMG_1920

15年前にマウイ島マカワオのある家庭で飼われていたジェームスという名前の子猫が突然姿を消した。ジェームスは、子供たちが当時好きだった「機関車トーマス」に登場する赤い機関車ジェームスにちなんで付けられた名前だ。

2人の子供たちが近所を1ヶ月以上必死に捜しても、ジェームスの姿は見つからなかった。子供たちの落胆は想像に余りある。いつしか家族の誰もがジェームスのことを話題にもしなくなった。小学生だった子供たちは成長し巣立って、現在はカリフォルニア州とテネシー州に住んでいる。

その家庭に先日突然、マウイ・ヒューメインソサエティ(動物保護施設)から電話があった。
「お宅の猫を保護しています」
「猫?4匹いる犬の一匹がどこかに迷い込んだのかしら?」

電話を受けても、最初は理解できなかった。それが15年前に姿を消したジェームスだとはとても信じられなかった。15年はあまりにも長い。ジェームスは子猫の時、避妊手術をされる際に耳にタトゥーの印がされていた。その印の番号から飼い主が判明したのだ。

迷い猫を見るまではとても信じられることではなかった。驚くことにジェームスが保護されたのは、家からそんなに遠くない路上だった。歩いていける距離だ。誰かに飼われていたのであろう。路上で見つかった状況でも、ジェームスは食べるのに困らないで生きていたのは確かだ。

15年前の家族は、ジェームスとの再会を楽しみにしている。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 
missing cat

line-52


 

いっそのこと路面電車にしたら?

New Orins 020

少し前の新聞で鉄道建設の困難さを象徴するような話がありました。オアフ島の鉄道建設は、十分な見通しもなく始まってさまざまな問題を抱えています。多くの反対があって見切り発車した鉄道建設は、行き当たりばったりのその場しのぎのプランで建設を進めてきました。

大幅に膨らんだ建設費用は、今のままでは空港先のカリヒ地区までしかありません。ダウンタウンからカカアコ、アラモアナSCまでの建設費がないのです。建設費が大幅に膨らむことは当初からわかっていたことです。ハワイ鉄道の迷走はいつ止まるのでしょう。

空港の先の鉄道高架工事の困難さから、ここに来てカリヒ地区からアラモアナSCまでは路面電車にしたらどうだろう?という提案がされています。問題の深刻さもここまできたのかと思わざるをえません。

路面電車ならば建設費用も少なく済むという容易な考えから来ているのでしょう。よく考えるまでもなく、路面電車は非現実的で意味のないものになってしまします。路面電車は一般車両と同じ道路を走るので、信号や歩行者に注意しなければなりません。市バスと変わりません。それどころか、かえって交通渋滞の原因になりそうです。

どうしてもお金をかけて鉄道を通そうとする人たちがいるようです。ホノルル市庁舎の窓ガラスは割れて隙間風が入っています。また市庁舎は雨が降るたびに雨漏りするのに、修理されることなく先送りされています。莫大な費用が掛かる鉄道建設も途中で止める勇気も必要です。ホノルルにはドブに捨てるようなお金はありません。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

IMG_2110

IMG_2111


line-52



 

カリフォルニアの大雨

DSC04693

1200年来の深刻さとも言われた6年に及ぶ記録的な干ばつが嘘のように、カリフォルニアのこの冬の雨は異常な量の雨が降っています。今日の全国ニュースではカリフォルニアの暴風雨の被害を告げています。

私が12月に訪れたカリフォルニアの1週間の滞在で、1日中雨が降る珍しい雨嵐がカリフォルニアを襲っていました。ローカルの人は恵みの雨だと人々は喜んでいました。

青い空が象徴のカリフォルニアがこの冬はカリフォルニアらしくありません。アメリカ最大の高さ245mを誇るカリフォルニアのダムが崩壊の危機にあります。その周辺の約20万人勧告を受けました。

私が住んでいたカリフォルニア州サンタバーバラも昨日からの暴風雨で大きな被害を受けています。空港は冠水して閉鎖され、海岸沿いを走るロサンゼルス行きの鉄道(アムトラック)も遮断されています。倒木や地滑りによって送電線が切れ、1時間に1インチの雨が降った地域もあったようです。
 
15年ぶりの暴風雨のようですが、全くカリフォルニアらしくありません。ちょうど1週間前のハワイの悪天気のようです。ハワイも来週はまた寒冷前線の影響で風と雨の日があるようです。地球温暖化はさまざまな地域で人々の生活に影響を及ぼしています。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

DSC05203


line-52


 

値上げラッシュがやって来るハワイ

DSC04543

ハワイの将来のアキレス腱になる鉄道建設費がまだ明確になっていません。財源不足は明らかで、ダウンタウンまで鉄道がやってくるのかまだ決定されていません(4月30日までに最終決定?)。はっきり言えることは、わずか90万人のホノルルの住民にはとても高価な投資になり、そのツケは税金として私たちの生活に影響を与えそうです。

この月曜日、ハワイ州のイゲ知事が提唱してきた車両重量税、車両登録料、ガソリン税の値上げが州議会で暫定的に決定しました。ガソリン税は62%もの値上げです。1ガロン16セントの税金が22セントに上げられます。アメリカ一高いガソリンです。

ワイキキとダウンタウンのホノルルにある路上駐車メーターの使用料金を、現在の1時間$1.5から2倍の$3に値上げします。さらに現在1ポンドあたり5セントの車両重量税を2018年度と2019年度にそれぞれ1セントずつ段階的に値上げします。

現在の私の車(Volvo)の重量税$370が来年は$413、そして再来年には$456になります。1セントと言えど、ハワイ州にあるすべての車両から徴収するガソリン税や重量税はバカになりません。ガソリン税の値上げだけでも、税収が年間に1100万ドル(13億円)増になると試算されています。

値上げの名目は道路の建設と維持などが値上げの目的になっていますが、鉄道建設に莫大な税金が流れていくことは明らかです。しばらく値上げされていない庶民の足、バス運賃($2.5)も数年には$3、$3.5と段階的に値上げられることも容易に予測できます。

ハワイでは、自動車の走行距離によって課税する新たなマイレージ税も検討されています。新たな財源を確保するため、ガソリン税や車両重量税だけでなく、数年後には消費税(4.712%)などの値上げも検討されるでしょう。将来は観光客にワイキキビーチ使用税などが課せられてもおかしくありません。(実際、ワイキキに不動産を所有する者はワイキキビーチ環境税を払っています)

ハワイはますます住み辛い楽園になろうとしています。これから値上げラッシュがやって来るハワイ、ハワイに住む人もやって来る人も覚悟が必要です。


*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 
DSC04540

line-52


 

久しぶりの青い空

DSC05914

いつもの同じ時刻午前6時半過ぎに外に出ると、昨日までのダウンタウンの風景が違って見えます。不思議な感覚です。体が覚えているいつもの時間の風景ではありません。

本当に不思議な感じです。昨日までまだ暗かったダウンタウンの街並みがすでにすっかり目覚めたように明るく輝いて見えます。ふと空を見上げると、青い空が広がっています。一筋の雲もありません。

この数週間は高い雲に、低い雲がホノルル上空を行き来していたのが嘘のように晴れ上がっています。まさに抜けるような青空が広がっています。昨日まで同じ時間なのに暗く感じたのは朝の空に立ち込める雲が原因だったようです。

寒いと言っていたちょうど1週間前が嘘のように、最低気温も75度(23.9℃)となっています。久しぶりの気持ちのいい朝一番です。気持ちまで晴れ上がり、つい空を見上げるように胸を張って歩いてみたくなりました。歩みをいつもより遅らせ、ダウンタウンのオフィス街に向かいました。



*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 
DSC05911

line-52


 

ハワイの高額医療費にびっくり?

DSC03640

昨年の夏にハワイを襲った驚愕のA型肝炎(Hepatitis A)問題はまだ収束していません。感染自体は原因がわかり、292名の感染者数もそれ以上の数を増やすことはありません。感染者はまだA型肝炎の問題を抱えています。

昨年の8月、ハワイ住民だけでなくハワイへの旅行者も感染したA型肝炎(Hepatitis A)。感染者を追跡調査したところ、「元気寿司」に行き着き、フィリピンから輸入されたホタテ貝の貝柱(Scallops)が感染源だと判明しました。

感染者の4分の1以上が入院する非常事態でした。感染源が判明してからは新たな感染者は出ていません。オアフ島とカウアイ島の「元気寿司」11店が、感染源がわかるとすぐに8月15日に営業停止を受けました。

感染源の貝柱を提供していた「元気寿司」11店はすぐに全店の消毒などで対処していました。一ヶ月以上もの長い間営業ができなかったのは、アラモアナSCのような家賃の高い店舗での営業停止はとても厳しかったことでしょう。

感染者の中には肝臓移植が必要なほど重症な肝炎になっている人もいます。すでに何人もの感染者が訴訟を起こしています。「元気寿司」と海鮮品の卸会社などを相手取って7件の訴訟が起こされています。

昨年6月に「元気寿司」カネオヘ店で食事をした35歳の男性も訴訟を起こした一人です。急変した体調で救急病院に運ばれて、A型肝炎に感染していることがわかりました。肝臓などの臓器の機能が極端に低下して一時は命に関わる重症でした。4ヶ月もの長期入院で、その医療費は$1,627,009(1億8千万円)にもなります。

重症の集中治療は1日1万ドル(110万円)の医療費が相場ですから、入院だけの4ヶ月の120日で1.2ミリオンドル(1億3千万円)ものお金がかかったことになります。それに治療費などを加えたら1.6ミリオンドルの医療費はハワイでは驚くことではないかもしれません。退院後も通院して治療中の男性によって、仕事にも復帰できないお金に代えられない健康な体を失ったことは耐えられないでしょう。

ハワイのA型肝炎の蔓延は終わりましたが、「元気寿司」と感染者たちの苦悩はまだまだ続きそうです。




*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しました。
是非こちらもクリックしてください。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

 

line-52


 
プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
ハワイの天気
Honolulu Time


市況

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ