412 091

ハワイで撮影されている刑事テレビ番組「ハワイ・ファイブ・オーHawaii Five-O」は、7年を迎えた今シーズン最終話25話の放送が終了しました。最終話はH3(高速道路)を2日に渡って閉鎖しての撮影でしたが、今までの最終話と違って新シーズンを期待させるような展開もなくあっけないものでした。

今シーズンの特徴はなんと言っても、ホノルルダウンタウンのロケがほとんどなかったことです。過去の6シーズンではダウンタウンのロケ現場を何度も見たものですが、今回は犯人たちが逃走するシーンのロケしか見ませんでした。4人のメインキャラクターも今回初めて見ない寂しいシーズンでした。

今シーズンをを振り返ると、人里離れたジャングルだったり、あるいは設定がハワイでなかったりしたエピソードが多かったような気がします。シカゴ市内の設定シーンではハワイシアター正面の「HAWAII」のネオンサインが「CHICAGO」になっていたのに気づいた人もいることでしょう。

今シーズンは過去7年で最低の視聴者数だった先シーズンより持ち直しました。毎年視聴者数は減っていましたが、今シーズンの平均視聴者数は924万人でした。先シーズンはついに初めて800万人を切ることもありましたが、今回もかろうじて24話が800万人になっています。

第1話  1022万人
第2話  972万人
第3話  965万人
第4話  918万人
第5話  951万人
第6話  849万人
第7話  947万人
第8話  984万人
第9話  1009万人
第10話 940万人
第11話 946万人
第12話 1010万人
第13話 969万人
第14話 842万人
第15話 981万人
第16話 986万人
第17話 962万人
第18話 912万人
第19話 919万人
第20話 873万人
第21話 876万人
第22話 849万人
第23話 805万人
第24話 800万人
第25話 822万人

過去7シーズンの平均視聴者数。

シーズン1の平均視聴者数:1124万人
シーズン2の平均視聴者数:1067万人
シーズン3の平均視聴者数: 902万人
シーズン4の平均視聴者数: 971万人
シーズン5の平均視聴者数: 912万人
シーズン6の平均視聴者数: 871万人
シーズン7の平均視聴者数: 924万人

シーズン1の平均視聴者数と比べると大幅な下落になっています。シーズン1の最大視聴者数1930万人と比べると視聴者数が半分以下になっています。年々視聴者数が減っていますが、放送時間帯の金曜夜の裏番組と比べれば、まだ大きな差をつけて視聴者数を取れています。CBS放送はCSIなどこの種の刑事ものに強みを持っているので、もうしばらくはHawaii Five-Oは続きそうです。

シーズン1から毎週1度も欠かすことなく観ている者としては、以前と比べるとストーリーに面白みがなくなりマンネリ感は否めません。検死捜査官のマックスが去って、ファイブオーに新メンバーが加わりました。チン・ホーがサンフランシスコに移動するのかなどは来シーズンに答えがでるようです。

ハワイにとっては観光宣伝の効果が大きく、多額のお金を落してくれるありがたい番組です。ストーリーはさておき、割り切ってハワイの風景を楽しみながら軽く観るのがいいでしょう。新シーズン8の撮影が7月からまた始まります。新シーズンでは今回よりもロケ現場を見られることを期待しましょう。、旧ハワイ・ファイブ・オーのように少しでも長く継続してほしいと思います。

*画像はシーズン2の22話の大阪の繁華街のセット

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ

*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ 

412 096



line-52