IMG_4014

ハワイの開発はワイキキ周辺だけではありません。ダウンタウン&チャイナタウンの西に今、その地域に似合わない巨大なビルが建設されています。

戦前にはこの一角には日系人がたくさん住んでいた地域です。旅客機がなかった時代、大型客船で日本からホノルル港にやってきた移民たちが腰を落ち着ける旅館がたくさんありました。代表的な旅館が、以前に紹介した小林旅館です。日本航空が初めてハワイ便を飛ばした時代は、パイロットクルー一行が小林旅館に宿泊していました。

ヌアヌ川を少し山側に行けば、今人気のハワイ出雲大社が並びにあります。今は出雲大社が孤立したように存在しますが、かつてこの地域には日系人がたくさん住んでいました。1941年12月の真珠湾攻撃以来、この地域は大きく変えられてしまったのです。巨大なビル建設のすぐ前のアアラ公園には日本人街がありました。太平洋戦争がこの地域を変えてしまったのです。

小林旅館があった場所に今建設中のビルは、ハワイ電力の子会社であるハワイで3番目に大きな1925年創業のアメリカンセービングバンクの建物です。現在ホノルルダウンタウンの中心、ビショップストリートとキングストリートにある銀行本社を、すべて今建設中のビルに移動させるのです。

2019年に完成予定の11階建ての銀行本社ビルでは600人の社員が働く予定です。ちょっとしたコミュニティが出現することになります。600人もの人が移動すれば、この周辺は大きく変ることになるでしょう。ハワイは今大きく変化しています。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_4015

IMG_4018


line-52