IMG_4593

広いアメリカの車は平均1年に9500マイル(約15200km)走ります。狭い日本の車はどうでしょう?日本はアメリカの半分以下の1年に平均4400マイル(約7040km)の走行距離になっています。

アメリカと日本の車が違うのは1年の走行距離だけではありません。アメリカには二歩の違った車検制度があります。アメリカには日本のような厳しいチェックがありません。至って簡素なチェック事項を何箇所かチェックするだけです。ヘッドライトやテールランプは点灯するのか、タイヤが異常に磨耗していないかなどの基本的なチェックです。

アメリカの車検は、セーフティ・チェックと呼ばれる車の検査です。日本の車検と比べれると、おどろくほど簡単で、費用は20ドルほど(約2200円)、検査するのに要する時間は10分ちょっとです。アメリカでは車のメインテナンスは自己責任に負うのが原則です。


ハワイ州では新車を購入すると購入した年と翌年は車検(セーフティ・チェック)は免除されますが、3年目からは毎年1年に一回の車検が義務づけられています。アメリカでは州によって多少の違いがありますが、おおむねどこの州もハワイのような簡単なチェックになっています。車の多いカリフォルニア州には、ハワイにない厳しい排気ガスのチェックがあります。

ヘッドライトの電球がが切れていないか、タイヤが異常に擦れきれていないかなどの車が走るのに必要な基本的な点検事項をチェックして、バンパーに来年度までの新たなシールが貼られます。州によってはその州の特色をだした色とりどりな車検シールになっていますが、ハワイは残念ながらハワイらしさはありません。シールにはライセンスナンバーもプリントされています。車の車検シールの盗難を避けるためです。

以前にも紹介した私の散歩路にいつも駐車されている86年製のトヨタ・カムリには「07-17」の車検シールが張らています。2017年の7月末に車検が切れています。この切れた車検シールが見つかれば、$20以上の罰金を払わなければなりません。

20ドルの車検料が払えないのではなく、32年前の車は車検が通らないような状態なのかもしれません。ハワイでは車検が切れた車をよく見かけます。でもよくもこのカムリは8ヶ月以上も見つからないで走行しているものです。

*レインボーカウント: 今日は午後4時45分に出現 2018年 18日&20回 



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_4594


line-52