IMG_4700

バスはさまざまな人を乗せていく。ホノルルの市バスTheBus は、庶民の足。庶民の生活が見え隠れするバスの中は興味が尽きない。

現在の市バスの乗車収入は、総支出のわずか27%にすぎず年間$186ミリオン(約200億円)の赤字が出ています。市バスの乗車率は毎年下がっています。今年1月乗車料金の値上げがありましたが、赤字幅が少なくなるとは思えません。

市民の足として重要な役割を担っているホノルルの市バスですが、アメリカ本土や日本の公共バスと比べて殺風景なのが気にかかります。バスを利用する人はもちろんのこと、オアフ島の島内を網羅するように走る市バスは多くの人の目に止まります。

550台の市バスは走行中だけでなく、停車中でも人の目に付く「動く広告塔」のはずです。市バスの車内と車外の車体には、さまざまな広告ができるはずです。バスの広告は、乗客や歩行者、他の自動車に乗車中の人などに対して高い注目を集めることができます。

珍しく久しぶりに車内広告を1枚見つけました。信じられないことに3月の「ホノルルフェスティバル」の告知広告です。日本の旅行関係の企業が主催するイベントですので、この広告は日本人的な発想で市交通局に持ち込まれたのでしょう。終わってずいぶん経つのに、だらしなくダラダラ放置されています。やる気のなさが現れています。

ハワイの大自然の風景を損なうような巨大な鉄道のコンクリート塔を建てながら、バスの広告は自然の風景を損なうとはもう言えないでしょう。巨額の赤字を出しているのもかかわらず、市交通局はバス運賃の値上げしか頭に無いようです。わずかでも広告収入で赤字を補填しようと言う気がないのでしょうか?

交通機関の発達した世界の大都市では当たり前になったプリペイドカードですが、ホノルルの市バスでも現金だけでなくプリペイドカード(ホロカード)によって乗車できるようになるようです。将来開通の鉄道との相互利用を見越しての新しい支払いシステムです。

2019年からのカード利用が計画されています。徐々に市バスの入り口にカード読取り機が取り付けれれています。夏から一部で試験的に実施されることになっています。システムはドイツ製で更に$23ミリオン(約25億円)が投資されるようです。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_4726

IMG_4791

line-52