IMG_4799

給油するたびに上がっていたガソリン価格がこの1ヶ月でガロン当たり20セント上がって3年前の高い水準になっています。現在のアメリカの平均ガソリン価格は1ガロン(3.78リットル)$2.87になっています。日本円に換算すると、1リッター84円になります。

アメリカで一番高いガソリンはハワイ州とカリフォルニア州で、マウイ島はアメリカ一高いガソリン価格になり1ガロン$3.98、ロサンゼルスは1ガロン$3.73になっています。最低価格はアメリカ南部でガロン当たり$2.60前後になっています。

アメリカ全土でガロン$3以上の州が10州ありますが、10年前の2008年に付けたアメリカの平均ガソリン価格$4.11まで上がっていくのでしょうか。景気のよさと比例するようにガソリンの需要が伸び、需要と供給のバランスが崩れ始めたのがガソリン価格の上昇になっているようです。アメリカでは9月までは更に需要が見込まれるガソリンのピークシーズンです。

1年前と比べると平均家庭のガソリン消費は月に$200の負担増になっています。トランプ政権の減税による税負担の軽減が、そのままガソリン代に消えていくようです。一時下がったガソリン価格で気が緩み大型車がよく売れていましたが、これからまた電気自動車やハイブリッド車が見直されるでしょう。


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ


IMG_4798


line-52