P1050286

カメハメア大王の生誕を祝う大王像にレイをかけるセレモニーが今日の午後3時からありました。例年金曜日にレイセレモニー、明日の土曜日午前9時からはこの大王像前からワイキキのカピオラニ公園までフローラル(花)パレードです。レイがかかった大王像を毎年見ていると、昨年とどう違うのか気になります。毎年微妙に違うのを見るのが楽しみです。

2009年までは、カメハメハ大王がレイに埋もれ、わずかに顔だけがのぞくくらいに、それは見事にレイが飾れていました。分厚いレイの長いガウンを着飾った大王のようでした。もちろん大王が乗っている台座はレイで全く見えませんでした。


2010年から、昔の習慣に倣い、カメハメハ大王の羽のケープにレイが触れないようレイが掛けられるようになりました。半減した数のレイですが、プルメリアのレイの長さも短くなりました。以前は地面にかなりの長さを横たえた見事なものでした。


レイは量が多ければいいものではありませんが、花に埋もれた大王の自然の写真と比べてみると時代の移り変わりが分かります。カメハメハ大王のレイにも、それぞれの時代が反映されることを今さらに感じる大王像のレイです。

今年の大王のレイは従来のプルメリアのレイだけではありません。大量のプルメリアの花びらを集めることは決して簡単ではありません。今年はどこにも咲いているブーゲンビリアのレイが加わっています。ロイヤルカラーと一致することと、公園などで簡単に手に入るブーゲンビリアがレイになっています。

明日あさってくらいまでは、カメハメハ大王がレイに飾られた姿が見られます。年に一回のカメハメハ大王の晴れ衣装です。


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングにも参加しています。
是非こちらもクリックよろしくお願い足します。

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ     

*アロハストリートのハワイブログランキングに参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ



2009年 レイに埋もれるカメハメハ大王


2010年


2011年


2012年

458b3208
2013年
2014年
2015年
DSC02226
2016年
2017年
P1050281
2018年今日
        line-52