DSC00728

先日金曜日のワイキキの水族館前で、妊婦がバッグの引ったくりに遭った事件を紹介しました。今晩のKHON(3)ニュースで被害者のインタビューが紹介されています。

ワイキキ水族館前で、35歳の妊婦が金曜日午前10時半頃にバッグの引ったくりに遭いました。女性はバッグを取られ、犯煮を追いかけ擦り傷を負っています。

7.5ヶ月の妊婦が4歳の娘と水族館前の石垣に腰掛けてトレーラーがやってくるのを待っていました。妊婦はハワイ育で育った女性です。バッグを傍らに本を読んでいました。

そこに白いトヨタ・カムリと思われる乗用車が停まりました。もちろん女性はこれから引ったくりに遭うとは思っていません。水族館前で車が停まるのは不自然ではありません。

20代後半と思われる男性が車を降りると、女性のバックを奪って車に逃げ込みます。財布や携帯電話が入っているバッグを奪われて、女性はとっさに男を追いかけます。女性は3~5m引きずられて、両手と左足の甲と膝を擦りむきました。

インタビュアーが問います。「なぜ犯人を追いかけたのですか?」
「とっさのことで、何も考えていませんでした。貴重品の入ったバッグを取り戻したかった一心でした。」

バッグには財布、情報がいっぱい詰まったスマートフォン、免許証や鍵などが入っていたようです。一つ間違ったら、小さな命を失うこともあっただけにお腹の子供に影響がなかったのは幸運でした。

水族館前で4歳の娘と一緒にいる妊婦は、犯人にとってスキのあるカモに見えたのでしょう。幼い子供連れの妊婦ならば追ってこないだろう?と犯人が考えたのは容易に推測できます。

この時期、日本からはサマースクールに子供を通わせる日本人親子をよく見かけます。カモとして目を付けられないよう、スキを見せない努力は必要です。ハワイでは車上狙いや引ったくりが絶えません。スキのある観光客に絶えず眼を見晴らせている犯罪者たちが回りにいることを決して忘れてはいけません。

犯人が逮捕されることを願って止みません。それにしても、テレビ・ローカルニュースでは一番人気の、KGMB(7)、KFVE(5)、KHNL(8)が一切このニュースを報道していません。(1週間のニュースはすべて録画保存しています。すべて再度確認済)

カカアコの日本人暴行事件も3つのチャンネルは報道していません。KGMBが製作する3社の同じニュースはとても政治色が強く、意図的にこの種のニュースを避けているようです。この問題はまたの機会に紹介したいと思います。



*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ






line-52

                  
1barner 12