FullSizeRender

29年前の1990年。エルヴィスを真似る世界で最年少の4歳の男の子がハワイにいました。4歳で歌手暦2年のおどろく才能を持つ男の子でした。ハワイのどこにでもいそうな4歳の男の子は誰にも負けない大きな夢を持っていました。「大きくなったら僕はエルヴィスのようになるんだ」

ホノルル・マキキ地区で生まれ育ったホノルル・ルーズベルト高校出身のブルーノ・マーズが2011年に25歳で、主要部門のグラミー賞獲得の快挙を成し遂げました。この年のシングル世界売り上げ1位と2位を独占しています。「Just the Way You Are」で最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンスを受賞しました。4歳でアラモアナSCのセンターステージでエルヴィスを演じていたあの男の子が大きな夢を実現させたのです。

2011年からは毎年グラミー賞の常連になっているブルーノ・マーズが、一昨年2017年は主要部門のグラミー賞年間最優秀レコード、年間最優秀アルバムと年間最優秀楽曲などノミネートされた6部門すべてでタイトルを獲得するという快挙を成し遂げました。上記3部門以外に最優秀R&Bアルバム、最優秀R&Bパフォーマンス、最優秀R&B楽曲でもタイトルを獲得しています。

25歳で世界の音楽界の頂点に立ったブルーノ・マーズは、自身のアーティスト活動だけでなく、楽曲提供やプロデュースする曲をヒットさせるプロデューサーでもあります。歌えるだけでなく、ダンスもでき、また5種類の楽器も演奏できます。すべて独学です。

音楽に対する情熱は誰にも負けませんでした。音楽が何よりも大好きで、学校には教科書ではなくギターやウクレレを持参するほどでした。高校卒業と同時に18歳でハワイを発ったブルーノは、親からお金を借りて夢の実現のために単身でロサンゼルスに発ちます。

ブルーノ・マーズは高校を卒業するまで、ワイキキのホテルでの余興などによく出演していました。トップ画像は貴重な1994年のブルーノ・マーズが8歳の写真(友人から借用)です。こんなブルーノ・マーズのお宝の写真がハワイにはたくさんあります。

ファーストアルバムの中で、いつもライブでは自らウクレレを演奏して歌う「Count On Me 」が私は気に入っています。

If you ever find yourself stuck in the middle of the sea

I’ll sail the world to find you

If you ever find yourself lost in the dark and you can’t see

I’ll be the light to guide you

Find out what we’re made of

When we are called to help our friends in need

You can count on me like one, two, three

I’ll be there

And I know when I need it I can count on you like four, three, two

And you’ll be there  ♪


*アメリカ合衆国の人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。
   
アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

*アロハストリートのハワイブログランキングにも参加しています。
クリック応援よろしくお願いします。マハロ





line-52