2007年11月06日

テラギャザんまい

はいはい、一ヶ月以上放置放置
まぁエロゲはこなしてるけどレビューまんどー
ひでぶ対戦もここ最近ないしなー
書くことねぇ(

ってわけでもないというわけでもなきにしもあらずなので今回はMTGのことをさくっと
週末は決まってと言っていいほどエロ坊や中連とギャザんまい
ローウィン発売がおっきいね
つーかここ一ヶ月でいくら使ったんだ 考えたくねぇ(

現行は安価で青白マンフォーク 早い安いうまいの3拍子
でもじみーにプレイングが難しい
基本は大会のレシピ参考になってしまう(っていうかマンフォーク限られてるし)けど、まんまコピーはかっこ悪いのでアジャニとかは非採用で謎めいた命令を
ターンエンド前にフルタップ、返しのターンで人が死ぬ って構図がちらほら
いざというときのカウンター、バウンス、そしてゲームエンドのフルタップ
絶対こっちの方が強いって(黙せ
特に鏡の精体が活躍しよる

メタはエロ坊の札束デッキ(マテ
ガラク4、タルモ4ってなんですかー
って俺が流したのも結構あるんだけど(

さくっと俺のデッキの相場を計算してみる
マンフォークランド700×4=2800
青白ダメラン500×4=2000
シグ先生200×3=600
鏡の精体800×2=1600
心霊破1000×2=2000円
謎めいた命令1000×3=3000
その他アトランティス王やら銀エラの達人、微妙なパーツで1000としても
13000円くらいか
思ったより安くねぇ(
まぁ、エロ坊のガラク4枚だけで越えられてますが(

現在、黒コン、黒うにー、ネタパンデモ、作成中
まぁパンデモは微妙かもしれないなぁ

bochoco at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!MTG 

2007年09月20日

HoneyComing

ひさびさにエロゲブログにもどるかー
コミケ三日目なんてどーでもいいよ(

さて、今回はHOOKの新作HoneyComing



HOOKのゲームは中途半端すぐる と某みどりんの意見
まぁ、俺もそれには賛同するけど
今回もいい感じにゆるかった けっして否定的な意味ではない

ざっくりいつもの評価

・シナリオ(14点)
実に王道まっしぐらのまったり感
一番とんがってるのはどう考えてもギャグ シナリオ終盤じゃない
とくにサブキャラ勢のギャグぷりは輝くものが
地味に実妹エンドだったような
全キャラクリア後にサブキャラのお話があるのがいい感じ

・絵、およびキャラ(17点)
魅力的なキャラが多すぎる    特にサブキャラに(
俺のサブキャラ好きとか差し引いてもそっちに目が行く人が多いかもしれない

・演出、声優、システム(17点)
声優が豪華すぐる    特にサブキャラが(
なんで北都さん、まきいずみさん、青山さん、平野さん、あとついでに九条さんがサブキャラなんだ と思ったのは俺だけじゃないはず
デフォルメ絵もいくつかあってキャラのかわいさが増してた気がする

・音楽(12点)
わりと普通 ま、OPはできいいと思う

・エロ(10点)
お察し

総評70点
まぁ、こんなもんだろ 的なレベル
けど、個人的に点数つけるならぶっちゃけ80点台級だった(
マヂサブキャラやべぇ
攻略ヒロイン勢がかすんで見える
クレアルートでの椋子に告白されるシーンがとても印象的だった ツンデレの神様こと青山さんの声だからなおさら
もちろん振られるんですが

苺ちゃんと司ちゃんはおしあわせにー みたいな
先生二人が主人公の取り合いとかやべぇよw

思わず普段使うことのない言葉で

こよりは俺の嫁

とか言いたくなった(
主人公への思いは全キャラ1じゃないか って気がしてくる
立ち位置、絵的にどー考えてもそれ散るの郁奈なのは秘密
キャラはちびっ子4人を足した感じだけど

2007年08月18日

コミケ二日目

チケをいただくも仕事無しとのことで開幕かんなぎさんのねこぱんへ
1周めにまたしても後ろの人の余剰分3個を分けていただき5限のとこ1周で8個
もう一周してこんな有様になる

9/28現在、在庫@5 ほしい人はお早めに(マテ
ヤフオクだと原価越えはしてるがもちろん流すつもりなんぞなく


で、次に企業へ
ねこぱん買っておいてやるからそのかわり企業いっとけーと飛ばしておいたエロ坊と合流
・てぃんくる紙袋セット
・タイムリープ紙袋セット
・あきふみ紙袋セット+テレカ
・ケロQ茶碗
今回はこんなもんかしら

っていうかego!いないとかマヂありえない
ケロQもサイン会、トークショウもなにもないので余裕だった
BASESONの音楽CDが今回も売り切れてた 残念
雛太さんは好きだけどBASESONはもうどうでもいい感がするのでテレカやら抱き枕は放置

だらだらと企業を見て回るもかったるくなったので3時ころに撤退
おれも落ち着いたもんである(どこが

bochoco at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

2007年08月17日

コミケ一日目

チケ→上海本家→黄昏→30分で糸冬

みたいな
上海は後ろの人に余剰分を譲ってもらったため10限のところを1周で18個おもっちかえりー
そして中連先生が1人で10個おっもちかりー
次の日に 全部掃けたwww と言い出すあたり流石である

黄昏は1限100円とかかなりヤラシイ販売方法
1周目は余裕だったけど2週目しようと思ったら一般列がどさどさ来て、上海、黄昏、ひぐらし本家の列がごっちゃになってテラカオス
ぜってー途中列割り込みあった、上海とこは
めんどいので帰還
つーか、1シャッターに3サークルはねーべよ
しかもこの手のサークルにくるのコミケなれしてない連中多いからうぜー(マテ

それと企業はもっとカオスだったそうな
やれ型月列には割り込みしほうだい だの
なのはは始発組みが買えたの4時半 だの
なのは、型月列がコス会場を侵食した だの

というわけで珍しく一日目には近寄りもしなかった

そんななか戯画→八月→FCとか行ってるエロ坊はもうどうしようもないヲタである(

bochoco at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

2007年08月10日

職場から(以下略

まぁ、日記書くときはたいてい職場からです
家からなんて時間もったいなくてとても書く気しないしね

で、近況

ママン居合いが熱い

やることは 空格→N格×3→CSorFCS(ゲージ無いときN射)
以上(マテ
これで平均的な防御力のキャラを4割強くらいもってける

あと、CS、FCSの軌道が楽しいのも使ってる理由のひとつ
どちらも発動後飛び跳ねて滞空時間を得られることを利用して特にFCSは

追っかけ→相手逃げる→着地際にほんまスラッシャー→きりもみぶっ飛び

が有効 同じタイミングで飛んでも相手が極端なスタミナ持ちキャラでない限り同時か若干差で着地するわけで、ほんまスラッシャーの滞空時間を加えることで相手より長く飛んでさらに着地取ると
これで相手が向かってきようが逃げていこうが問題ナス

あとCSについては格闘、N射までキャンセルで出せるから隙見せたとみせかけボッコ みたいな使い方もできる

いろいろ立ち回りが多くて近接キャラとしては一番つかってて面白いと思う


で次は茜のこぎりの話
なんで茜使うようになったかというと理由は強いから
で、ネット対戦で茜選んだときの9割近くの理由は

相手にフルボコしたい、またはウザい相手ガン無視してもういっぽうをフルボッコしたい時に使う

こんなときに選択します(
優秀な空中格闘に、多段によるオーバーキル、地味に攻撃判定広いのこぎり、射程は中距離止まりだが誘導性の高い射撃
もちろん弱点もある
多段格闘ゆえに時間がかかりカットされやすい、相手を浮かす格闘がなくダウン値全開に与えるコンボが少ないor困難、接射でのこぎりが当たらず貫通、たて投げののこぎりなのになぜかダウンしてる相手に追い討ちできないことが多いN射
などなど
ある程度このゲームがなんたるかを知ってれば適当に暴れても十分強いキャラでもあるし、わかってるとそれこそ鬼のようになるキャラだと思う
まぁそれでも相手にしたくないキャラとかキャラ負けだろ と思いたくなるようなキャラがいるのはこのゲーム全般にいえることだから目をつぶろう。


というわけで自重キャラ(プレー)には自重キャラで行くので悪しからず(

bochoco at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ひでぶ 

2007年07月24日

ひデブログ始めますた(

サブタイちょっといじってみた
もうエロゲなんて(ry

さて、今回の話題は大幅なキャラ調整によるVerうpのお話

身内じゃよく言われてるけどやっぱり一番の恩恵を受けたのは鉄塊鉈レナ
追い討ち性能、格闘性能が体感できるほどうp
ちょっと厨キャラ入ってない?と思いたくなるくらい
もちろん出の早い一発ダウン武器もってる相手にはとろいレナは積むんだが・・・

次に大きな恩恵を受けたのは折り紙(勝手に鬼狩りの意)うぐーだろうか
ハイコン時間2倍とかもうアホですか馬鹿ですかと
常識で考えてあんだけダメとれる格闘が長時間使えるとか
身内で唯一の使い手のどこぞのエロ医坊やは 折り紙レーザーがいっぱい撃てる! とか、勘違いしてくれてるためあんま脅威になったことはないのだが(

最後に葛西スナイパーライフルの空中射撃時の補正だろうか
っていうか、これのおかげで葛西スナイパー使うようになった
弾速の異常な速さにホーミングもあがったとかちょっとやヴぁい
でも後ろ撃ち厨自重しろ、俺

その他は体感できるほどの変更は感じられない
多少発信機の追い討ち(?)が当たりやすくなったな とか思うけど

おっと、定時時間 多少続くかも(

で、続きっと もちろん職場から(
キャラ調整とは別だけどやっぱ大きなのは喰らい中(よろけ中)のオヤシロハイコンだろうか
ゲージが本来の1/4になるとか流石に減りすぎw
1/4消費してダウン復帰ならまだわかるんだけどねぇ
そうするとますますSEEDですが
でもまぁ、相手6割 俺3割位のときに追われてわざと空中で喰らって喰らいオヤシロ→相手を1コンボでぶっころ とかしてみたり
結局は使いようてことですな

まぁこんなとこかな、大きな変更点は

・羽入
 <世界>
  体力アップ
  N格追尾性能強化
  前格追尾性能強化
  横格追尾性能強化
  空格追尾性能強化 突進性能強化 近距離認識増加
  横ステ格追尾性能強化 突進性能強化

これだけ性能うpしてもいまだ実用レベルに遠いうぐーをどうにかしてください
でも面白いから使う(

bochoco at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ひでぶ 

2007年07月10日

職場からこんにちわ(マテ

なんだかんだでだりーなー ということでひでぶ評価はガン放置で
気が向いたら続きかかなくもない

気づけばいつのまにか俺なんかが社害人
あまりにも忙しくてブログなぞ書く暇がなかったのだよ(大嘘

さて、ひでぶのネット対戦についてちょこっと触れてみる
身内戦しかしてないけど、4人でも重くなくなったのが一番の評価だろうか、ひでぶ改は
さくっと身内で対戦してるの挙げると、くろっかすん、ミネさん、エロ坊、くぐ、シンセー こんなとこだろうか

とりあえず改になってからしばらく対戦して固まってきたキャラは
・鉈レナ
わりと本気というかまじめにやるときに使う ゆえに身内戦ではあまりつかわない(
・斧レナ
相変わらずの空格の変態ノビと射撃の変態ダメでうまうま 相手に張り付いてフルボッコしたいときに(
・みおんバズ
2ハイコンとカウンター狙いのなにものでもない 接射はいうまでもなくする
・にぱー鎌
使うのは気が向いたら程度だけど、射撃や中タメが任意の方向に攻撃だせたりするから上級者戦で使うと読み合いできて楽しそう
・さとこミサイル
遠距離厨または見方ボッコ用
・医者援護
鉈レナに次ぐ俺の本気キャラ 着地取りが連ジでいうとこのマゼラ撃ちで通用するので使いやすい
・ママン玉弾き
なにがどうなったと説明できないが、感覚的に使いづらくなった 引退かも
・カレー先生三角定規
相変わらず中タメコンボが楽しすぐる あと最大タメの異常判定で相手狩り殺すときに(
・茜(声が)のこぎり
4キル狙いの時に 俺がこれの時見方空気嫁(ダマレ
・うぐぅ(声g)ザワールド
ある意味つかってて一番面白いキャラ おふざけ用にはもってこい でも最近はまわりの腕上がってきてこいつじゃどうしようもなくなってきた気がする(

とまぁ、おおまかにはこんなとこかな
ちなみに嫌いなキャラは
最大タメ厨カレー先輩定規
核厨葛西マシンガン
遠距離厨みおんバズ
嫌いとかじゃなくて苦手なのは
しおん鞭

これらを見かけたときはフルボッコorガン無視するのであしからず(何

bochoco at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ひでぶ 

2007年04月24日

ひでぶ改

サンクリで直買いしますた、ひでぶ改
さくっとやった感想を簡単に並べてみる
めぼしい新要素としては
・美夏、羽入の追加
・旧キャラに武器一個ずつ追加
・衣装、ステージ、BGM、ストーリーモード、追加
・ネット対戦がロービー8人で観戦も可能に
・ハイコンに復活カケラモード追加
・大幅なバランス調整
・横ダッシュ時のブーストおしっぱが浮上ダッシュに
こんなとこかしら

でぁキャラ別に
・レナ鉈
相変わらず鉄板 標準機としてなんでもそつなくこなせそう
ただ、横鉈投げの上下ホーミングが下がった気がする(追い討ち時、上を通過しやすく感じたため)
今回もメインかな
・レナ斧
空中格闘のホーミングが体感で落ちたと思う いままでのホーミングがやヴぁすぎたかしら
レナ斧事態の変化ではないがダウン復帰が可能になったため、前格で浮かせた後の射撃追い討ちができなくなったため火力ダウン
でもやっぱ今回も使いそう
・レナザンバトウ
遅い、硬い、でも超ダメージという斧をもっと極端にした感じ
平常時にアーマー判定がついていて暴れやすいようにしてある
しかしながら一部のダウン確定技 とくに横格全般には一発ダウンなんで過信できない
コンボ一回(2発で)6,7割上等なキャラ
レナだし使おうと思ってる(
ちなみになぜか声がキレてるときのレナにw

・圭一バッド&赤坂
ごめん、特徴の感じられない野郎なんて使ってない(死

・ミオンバズ
相変わらず曲がるわ曲がる けど接射しずらくなってしまったので俺的にはもう使わない(
バズに限らないがハイコン中の特殊技がガードで全方位対応ガード&格闘はカウンターという仕様になった
・ミオン水鉄砲
前作であんまつかってなかったのもあるだろうけどなにか変わったの?って感じ
つまり相変わらず黄色チャージの接射が強い 玉切れしやすいけど
・ミオン新武器
水鉄砲を葛西のタメショットガンみたいに単発に 中チャージは見た目違うけどやっぱ判定強い拡散系 最大チャージがよりビームがでかく、ダメもでかく、その分出がえらく遅くなったグウウゥゥレイトウウウゥゥゥ
つまりバスターガンダ(ry

・シオンナイフ
武器の性能自体の変化は皆無 最大タメの攻撃力が落ちたかも
・シオンスタンガン
最大タメの異常な出の遅さが解消された それ以外は特に
・シオン鞭
新武器 相手をこっちに引き込む近接向けのミオンらしい武器
ヨーヨーより射程が長く感じるせいか使いやすく感じる

・にーに花火
花火の巻く方向が敵の方向向かうようになった
それ以外は変化感じない 迷うことなく前作最弱だと思ってたけど今回はそうじゃないっぽい
・にーに罠
前作でそこまで使ってなかったからなんともいいがたい
罠の種類が増えたとかはなさそう
・にーに誘導花火
新武器 通常射撃は鈍足2連ミサイルただしよく曲がる
中タメはミサイル一個になってより曲がる感じ やっぱ鈍足
最大タメ 葛西の核、垂直ミサイルver 真上にミサイル打ち上げたあげく真上からおっこってくる
見方を巻き込むと見方に与えたときのダメージ補正がつかないらしく、大変なダメを取ってしまうw

・なのですよー鍬
中タメの威力が落ちた 可変射撃時に特にそう感じる
・なおですよーモップ
何も変わってないと思う(
・なのですよー鎌
通常:クリスタルを相手のそばに飛ばして射撃するファンネルみたいな性能 レバーを左右に入れることで左右から回り込んでくれるため右→前→左→前とか出してると結構ウザい
中タメ:鎌を振っての3連真空波飛ばし 遠くに行けば行くほど真空波が広がる 右移動中には右から回り込み、左なら左から という感じ
最大タメ クリスタルの一斉放射 自身の左右に展開したのち射撃が 相手が近いと当たりそうにないw

今日のとこはここまで近いうちに続きは書きまふ
というか眠い(

bochoco at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ひでぶ 

2007年03月03日

夏ぽち

さて、だいぶ空けましたが、やっぱりエロゲレビュー

今回はACACIA SOFTから夏めろ

あのしろさんがついにエロゲ原画! ということで話題になった作品
イベで同人も優先的に買ってるのでちょー期待の一品
シンフォニックレインのファルルートでエロシーンがなくてベッコリしてたのが今ではいい思い出(

んじゃま、いつもどおりに


・シナリオ(15点)
俺はあのキャラ次第でありえない方向に行くシナリオをあえて評価したい
ただし、しろさんのほんわか絵に誘われて純愛ゲーを期待してた人間から見れば7点とか8点になりそうだが
なんか選択肢ごとにあからさまにヒロイン分岐する感じ
そこはかとなく、いきなり知り合ったキャラ力の一番薄い後輩が2大メインヒロインなのが謎
二大メインヒロインの秋と橘花、悪友の美夏はまぁ普通のエロゲなんだけど、妹と委員長がシナリオに入るとヤバス
ここが人によって高得点から低得点つける理由なのだが

まぁ一言で片付けるなら何気に抜きゲーかもしれない と(意味深


・絵、およびキャラ(15点)
これも委員長と妹のキャラがあれすぎるので人によって変わりすぎると思う
普通ルートはたしかにしろさんの絵にあったまったり感は良いのだけど、例の委員長と妹ルートは微妙にしろさん絵では方向が間違ったような(
キャラ設定は普通のエロゲっぽく幼なじみといきなり湧いて他のメインヒロインを蹴散らすタイプのヒロインと王道ちゃー王道
しろさんの画力自体を評価となると信者の俺でもあんま代わり映えしないな と思うのは正直なところ


・演出、声優、システム(17点)
さて、ここが夏めろの一番の評価のしどころかもしれない
夏めろのびっくり4大機能
・アンダーヘアの表示の有無
・主人公の仮性包茎の有無
・射精位置指定
・足コキ時の靴下の有無
どっかの黒タイツ表示どころではない機能っぷり
仮性包茎の有無にはONに(強く推奨)とか書いてあるのがうける
たしかにこれオフにしちまうと仮性包茎の会話から不要な部分引っこ抜いただけになるので是非オンに
ただ、こんだけ選べるってことでCG集めが非常にかったるいというのもある
そのほかにもキャラごとの音声調整、ひらがな/カタカナ、英字、漢字それぞれフォントが選べるとか変にすごい

で、声優さん
これがマイナーブランドの割りに豪華
青山ゆかりさんのツンデレっぷりや木村あやかさんの後輩っぷりはもはや鉄板
ここは文句無し

演出はさし当たっていうことナス


・音楽(11点)
OP曲がちっとよかったかな程度
BGMは特に耳に残るものもなかった


・エロ(18点)
エロ医、かんなり抜きゲーの部類
絵がとかじゃなくてテキストがエロス
ただしろさん絵でってこと考えると微妙
でもしろさんがここまでエロ特化の絵を描くのか!という意味ではすんごく評価
これも人によって評価かわりまくる


総評76点(以下私見)
個人的には大満足
予想だにしない展開が俺にとっては+の方向だった
良ゲーだろ、これ(
前作のシスコンもただの流行にのった妹ゲーとみせかけてシナリオがんばってエロまでがんばってたから期待してっちゃーしてたけど
悪友の友達以上恋人未満の距離感が個人的にツボだった

エロシ-ンでの主人公のノリノリっぷり それ以上に委員長と妹の豹変っぷりはもう吹くしかなかった

コアなエロゲーマーさんには勧めるが素人にはお勧めできない作品

2007年02月07日

なつぽち

今年の抱負はこなしたエロゲのレビューをすべて書く!!!!

た  ぶ  ん  無  理


ちなみにきりがいいからって去年のエロゲレビュー全部きって今年分から書こうとかそんなことは(以下自主規制


で、仁村さん原画で有名なALcotの新作、なつぽち
手を出した理由は音楽制作が個人的に好きなManackさんともっとも信頼してる大手のLittle Wingだから  ほんとんどそれだけ(
まぁクロハのブランドってとこもないわけでもないけど、トリプが微妙だったのでALcot=良ゲーとまでは言いがたいかったのもあるわけで

ではいつもどおり順に評価

・シナリオ(13点)
なんというか展開が読みやすかった。けどある意味わかりやすく王道感もあったので減点までとはいかない。
見た目どおり、ほんわか夏ゲーってとこもあるけど、金田さんがいることもあってギャグが結構冴えてる。
妹、元彼女のやきもちっぷりは人によっては好印象かも。

・絵、およびキャラ(17点)
一部からは 仁村さんじゃない! ってだけで否定されてるのをたまに見かけるけど、内容にあった絵師であるからそこは問題じゃない。
おそらくキャラ力がこのゲームの一番よいとこだと思う。
あるキャラのシナリオ入ると他のヒロインがやきもちやいたり、微妙な三角関係になったりと攻略中でないヒロインもよく書かれている。

・演出、声優、システム(16点)
戦闘演出がちょっと微妙だったのが残念。しかしながらギャグパートでデフォルメされたキャラCGが入るのでその面はよかった。
声優はそこそこ豪華。メインヒロインの金田さんが相変わらずハッスルしててよかった。青山ゆかりさんほどの人をサブにしとくのはもったいない感があるが、そこにも力入れてると考えれば。
システムはいたって普通。

・音楽(12点)
期待してたわりにはわりと普通だった。OP曲はまぁ耳に残ったくらい。

・エロ(15点)
純愛ゲーにしては十分にエロ豊富。というか、ALcotは毎回実はエロ豊富。
そのヒロインルートでもないのに避けて通れない他のヒロインとのエロシーン有りという点でも評価。


総評73点(以下私見)
それなりに良ゲー
全体的に見ると可もなく不可もないゲーム。
お勧めするほどではないけど、やっても損ではないと思うくらいの出来。

金田さん好きならやるに値するかも。
エロ主人公にやきもきする妹と元彼女が見てて楽しい。ぶっちゃけ平常パートの方がシナリオ終盤のシリアスより楽しいw
ALcotゲー伝統の西園寺が相変わらず主人公のケツ狙ってくるのはALcotプレイヤーにとっては思わずニヤっとしてしまう。


それにしても綺沙羅がいい娘過ぎて困る(

2007年01月26日

曲芸の名作は?と問うと

D.C.と答える人はただの七尾&曲芸信者で

D.C.兇氾える人は七尾にこだわりのない全うな曲芸信者で

Infantariaと答える人はよっぽどの古参七尾さん信者で

水夏と答える人は曲芸信者というよりはまっとうなエロゲーマーで

Ariesと答える人は特典に目がくらんだ曲芸信者で

すくみずシリーズと答える人は曲芸に求めるとこを誤った信者で

終の館シリーズと答える人はきっと曲芸であることをあまり意識してない人で

最終試験くじらと答える人はあまりのムスカっぷりに目がいってしまった人で

SAKURA、舞-HiMEと答える人間はさておいといて

ガデジュテと答える人間は曲芸に関係の無い絵師に思うところがある人で

























































水夏 〜おー・157章〜と答える人間はよほどの水夏好きである



bochoco at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エロゲ話 

2007年01月25日

枯れ葉の名作は?と問うと

雫、痕と答える人は古参の枯れ葉信者で、

某鳩、こみパと答える人間はただの枯れ葉信者で、

マジあんと答える人間は枯れ葉である必要がないわけで、

誰彼と答える人は枯れ葉信者というよりはではなく超先生信者で、

うたわれ、Routesと答える人はある程度のエロゲーマーでかつ枯れ葉信者で、

鎖と答える人間は採用された絵師が好きだからという意味での枯れ葉信者で、

フルアニと答える人間はTEATIMEかイリュージョンで矯正されるべきみつみ厨枯れ葉信者で、






































































WhiteAlbumと答える人間の大半は枯れ葉信者などではない



bochoco at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エロゲ話 

2007年01月02日

2006年度エロゲランキング 各部門編

まずは某大型エロゲ雑誌にのっとり、部門分け
それなり良かったものを思い当たる限り書くので一概にベスト5とかではないのであしからず
こっちの評価は幾分私見が入るかもしれません

シナリオ部門
1位:ユメミルクスリ
やはりロミオさんでしょう
2位:車輪の国、向日葵の少女
シナリオはずば抜けてた
3位:智代アフター
鍵のテキストはマンネリ気味がありますが、それでも高クオリティ
4位:遥かに仰ぎ、麗しの
長編ゲーでありながらまったくのだるさを感じさないのが凄い
5位:マブラヴオルタネイティブ
熱すぎ

その他ノミネート作品
・そらうた
ギャグ重視と見せかけて後半シリアスへの切り替えしがしかりしていてよい
・D.C.
当たりルートは結構凄い でも外れもあるといったらあるのが残念
・この青空に約束を
戯画至上最高のテキストゲーだと思った あやうく涙腺にきた
・サナララ
感動系としては間違いなくねこねこ一の作品かと 予想外の良作


グラフィック部門
こればっかりはどーしても好き好みの影響が大きいので割愛
背景の手の込みようなども考慮して評価すべきではあるんだろうけど、流石にここ一年分のゲームの背景までは思い出せませんw

サウンド部門
1位:サナララ
Little WingとElements Gardenという大手二つが協力してるだけに大変高クオリティ
2位:もしも明日が晴れならば
light中心で活動し、その他でも幅広く活躍する樋口秀樹さん
凪の出来がすさまじく使いどころもうまかったので泣きそうになった
3位:D.C.
挿入歌の多く、出来がよい
4位:車輪の国、向日葵の少女
ここでもLittle Wing
5位:この青空に約束を
流石のI'veといったところか それと最近になって名が知れてきたave;newさんの影響も

その他ノミネート
・ユメミルクスリ
中堅どころのFunczionなだけになかなか OP曲が世界観に非常に合っておりクオリティ高い
・プリンセスうぃっちぃず
Elements GardenとAngel Noteという2大大手なだけに流石


システム部門
1位:Sexyビーチ3および追加ディスク
なにか異論でも(マテ
キャラの着替えから3Dエロシチュエーションの多さ
まちがいなく凝ってます
ただもう少し進化して欲しいとは思う イリュージョンはマンネリ傾向が
2位:レイプレイ
だから、なにか異論でも(
凝りすぎ
TEATIMEおよびFULLTIME間違いなく進化し続けてると思う
3位:プリンセスうぃっちぃず
ゲームが非常に面白かった 魔法演出等も非常に凝ってた
4位:D.C.
すべてのシーンの回想が見れる点と、月姫ばりのスキップ性能がすばらしい
5位:戦国ランス
戦闘、侵略パート自体の出来はいいのですが、強制魔軍登場で他国がぼろぼろ潰されていくなど、戦略シミュレーションとしてはちょっと難有り

その他ノミネート
・この青空に約束を、ショコラ〜Re-order
戯画なだけにシステム周りが非常にしっかり
・智代アフター
本編とは別のD&Tがやりこみ要素満載


インパクト部門
1位:ポリアニ
見た目がなんかreafっぽさが見えて、そっち狙いに走ったのか、TEATIMEうううぅぅぅと思ってプレーしたんだけど、すいませんすいません
予想外すぎるゲームでした。
見た目あれで陵辱ゲーだったり、ショタプレーあったり、あそこからうなぎはやしたり・・・
エンドも予想外の展開があってびびりまくりんぐ
インパクト性では十分すぎた
2位:マブラヴオルタネイティブ
まりもちゃんがぱっくんちょ!という点よりも20時間以上引張ったあげく、最初のエロシーンらしいエロシーンが触手&肉体改造なのに驚いた
3位:銀色完全版
いまさらかよ!とか言われそうだが、今年やったのでランク入り
夕奈ねーちんの焼きもちっぷりがやヴぁかた
4位:Angel's Feather
なんだそりはとか言われそうだから一応リンク
発売がブルーインパクトだからインパクト部門に!
もちろんそんな理由じゃなくて、山本おばちゃんのBLゲーはそれはそれで衝撃でもありながら楽しかったと
5位:つよきす
インパクトという意味ではそこそこだったかも
焼きもちよっぴーかわいいよよっぴー
若本さんもまぁ、インパクトちゃーインパクトなですが

キャラクター部門
割愛させてください・・・
まぁ、今年一番のあたりはこの子じゃないかな(

ここまでが某大型エロゲ雑誌にのっとった部門で以下は俺が勝手にやりたい放題部門

ボーカル曲部門
いろいろ甲乙つけがたいので特に印象的だったのを挙げてみる
がくと:Naver Slash!!(OP曲)
戦う女の子というゲームに大変マッチした曲だった
ユメミルクスリせかいにさよなら(OP曲)
これも世界観にマッチしすぎ
青空の見える丘青空の見える丘で(OP曲)
純粋にいい
もしも明日が晴れならば:凪(挿入歌)
泣くかとおもた
姫さま凛々しく姫さま羽ばたく(OP曲)
純粋に藤野 哩さんの歌声大好きだけどマイナーっぽい orz
レイプレイ:girl(OP曲)
こんなとこもクオリティタカス
D.C.:あさきゆめみし君と(OP曲)
此度もyozucaさん
マブラヴオルタネイティブ:未来への咆哮(OP曲)
そりゃまぁねぇ…
少女魔法学リトルウィッチロマネスク:シェルティープリメイラ(挿入歌)
流石音楽面で独自の世界観を作り出してるリトルウィッチといったところか


声優ゲー部門 リンク先はすべて声優さんメモリアルより
1位:がくと
っていうか、全員知ってるwww
2位:この青空に約束を
なんつーか、深くはつっこむまい
3位:つよきす
あの人もいますしね…
4位:委員長は承認せず! 
九条さんは今ではエロゲ声優としてはさっぱり…
5位:マブラヴオルタネイティブ
つまり若本さんと子安さんと緑川さん(


超個人趣味原画部門(偏見で選ぶ原画力部門)
1位:ユメミルクスリ
もっとエロゲンガーやってください(
2位:H2O
ケロQ最高 SCA自さんは崇拝対象
3位:みここん
山本おばちゃん愛してます(マテ
4位:姫さま凛々しく
この原画、独特で大好きなんだよなぁ
5位:春恋
原画だけわああああぁぁぁ BASESON様、そろそろ作風を鬱ゲーに戻しませんか orz

その他ノミネート
ナーサリィライム:萌木原さんが今更にブーム
プリンセスうぃっちぃず:大野さんよりかんなぎさんで
WAGA魔々かぷりちお:ユニゾンっていったらのいぢよりあきふみさんで
智代アフター:いたるさんよりフミオさんで
夏色小町:今更に古ゲー パープルソフトウェアは昔の方が原画よかったw

2007年01月01日

2006年度エロゲランキング

今年も恒例につき、この企画
今年もあくまで俺が今年やったもので今年発売したものではないことは悪しからず
年一企画くらい気合入れて書こうってことで部門わけもしてみる

総合部門(いつもの5評価「いろんな観点からエロゲとしてよくできている」での順)

同率第4位 車輪の国、向日葵の少女
なんという感動シナリオか
絵からよりはテキストから圧倒的なキャラパワーを感じ、キャラ萌えもすさまじい
それでながら音楽があのLittle Wingとあり、もう感動しないわけがない
ただしエロが少なすぎるのと、基本一本シナリオ過ぎて2週目がだるすぎる
しかもスキップ微妙でシステム、エロ面で痛手なのでこの位置か妥当か

同率第4位 プリンセスうぃっちぃず
評価すべきはメインであるゲーム性の高さと、予想外のエロっぷり
音楽面でもElements GardenとAngel Noteと実に豪華
シナリオはわりと普通ではあったが、それを気にすることなくできるくらい他の面がよくできている。
北都さんだけが群を抜いて豪華な声優で、その他の人はわりと普通から微妙
よってまぁこの位置

同率第4位 マブラヴオルタネイティブ
今年話題になっただけはあり、なんと熱い長編ゲーか
長時間引っ張った挙句、最初のエロシーンらしいエロが触手と肉体改造だったageの底力に驚かされた
そしてOPムービー、曲のクオリティの高さはなんたることか
ただシステム面にいろいろ難が 2週する必要が皆無に等しかったり、やったとしても演出スキップができないのでえらい時間がかかってしまう
ちなみにグロの存在は別段評価する点ではない 加点、減点両方の意味で

第3位 ユメミルクスリ
特筆すべきはやはいロミオさんシナリオ
人間不信、極度のいじめられっ娘、薬というビックリヒロインを萌えキャラと化せるのはすごい点
世界観と原画が妙にマッチしながらも、家族周りの平常パートは馬鹿っぽく、シナリオ山場はとことん重く、メリハリがしっかりしてるのがすばらしい
音楽もFunczion SOUNDSなだけあり満足
エロも変わった内容がそこそこあり、それなりの評価
声優もそこそこ豪華
欠点らしい欠点が見当たらない。

第2位 遥かに仰ぎ、麗しの
まさか、PULLTOPがここまでの名作を出すとは と思い、やはり予想通りPULLTOPの名を知らしめた名作
共通パートが必要な分だけ有り、キャラごとのルートがそれぞれしっかり長く十分に作られている。
ルートによって若干当たり外れはあるが、ほとんどがそれぞれ独自の内容ですばらしい出来をしている。
エロも純愛ゲーにしてはバリエーションが広く、今回も前より先に後ろからというケツヒロインがいるのはPULLTOPのこだわりか
サブキャラ勢がえらい多いのにそれぞれがしっかりキャラクター性を発揮してるのがすごい
音楽制作は中堅どこのNoBrand Soundsでそこそこ○
やはり欠点らしい欠点が見当たらず、突出してる点がいくつかあるので2位まで上り詰めたのだろうか

そして栄えある第一位は!






































D.C.




















はいそこ不思議そうな顔しない

シナリオは2位同様若干当たり外れはあるものの、大半が良いできである。
また兇任△襪箸いΠ嫐をしっかりと満たしており、シナリオがそれぞれのキャラとつながりが深いのも評価するところ
キャラ面でも声優は豪華だし、サブキャラ勢までしっかり楽しませてくれる。もちろんメインヒロイン勢もだいぶすごい。
音楽、演出では各キャラの曲や、ムービーが3種など、凝りに凝っている感が
そして最大の評価点はシステム 特にシナリオスキップ性能
月姫のようなシーンの大雑把な説明だけですぐに未読シナリオへ飛べるのは大変評価
通ったシナリオは回想でエロシーンだけでなくすべてのシーンが回想できるのもすごい
セーブデータでお気に入りのシーンを とかする必要がないに等しい
唯一エロだけはただの純愛ゲーらしい普通のエロだった
でも七尾さんよりはエロ絵が映えてるように感じた


正直1位と2位はかなりの僅差で、甲乙つけがたかった。
D.C.はダメーポだけどD.C.兇ダメーポ兇覆鵑童世錣擦覆ぁ と主張したい
つまらないゲームはまず出さない、と信頼してるブランドであったPULLTOPがここまですごいゲームを出してくれたのはかなりうれしかった。

例の部門ごとはまた近日中にしっかりまったり書きます(滅

2006年12月05日

ウィズアニバーサリィー

今回はエロかわいい(7割偏見)で有名なCROSSNETからウィズアニバーサリィー

コミケでのグッツの力の入れようは凄かった

・シナリオ(16点)
このブランドの特徴といっても過言じゃない、ギャグ、シリアス、エロのバランスがしっかり取れてるゲーム
ここは大きく評価する点かと
半数近くのキャラが後半コロっと印象変わったり、平坦なゲームで終わらないとこも○

・絵、およびキャラ(15点)
豊富な攻略対象キャラのおかげで自分好みのキャラが見つかりやすいかと
ギャグがしっかりしてるだけに、キャラがおもしろかわいく写るのでキャラ萌えとい点では高得点

・演出、声優、システム(15点)
声優さんが正直知らない人ばっかで微妙
演出として魔法バトルがよく出来てたのは大いに加点

・音楽(10点)
さほどOP,ED曲、BGMともどもさして印象に残るものはなかった残念ながら普通

・エロ(14点)
純愛ゲーにしては十分にエロ豊富
ただ、エロシーンまでいくのにかかる時間は普通の純愛ゲーと同じくらい

総評70点(以下私見)
すべてにおいて平均かそれ以上の出来を見せるあたり流石クロスネットといったところか
エロゲとしての必要条件を十分満たしている
よってかなり良ゲーの部類に属する

あぁ、終盤のエンフィが(ry

2006年12月04日

ななついろドロップス

さて、今回はのいぢさんの最新作(ていっても今更だけど)ななついろドロップス

ユニゾンが誇る二大原画氏あきふみさん&のいぢさんののいぢさんサイドゲー

・シナリオ(14点)
なかなかによくできてるシナリオ
あるヒロインルートに入っても他のヒロインが登場しなくなるわけでもなく、むしろ三角関係、やきもち、他のヒロインへの遠慮などしっかり関係してくるところがグッド
世界観に天使とか悪魔の名前に関するものがいくつかり、その辺の話が好きな人には楽しめるかも
かといって、コアな向けなゲームというわけでもなく、純愛ゲーとしてはそこそこ普通の出来

・絵、およびキャラ(15点)
原画力が高いだけに非常によく映える
クラスメイト等のサブキャラも豊富でしっかりキャラが出来てる
過去のゲームの3兄弟成長して登場してるのが古いユーザーにとっても嬉しいところ
人によっては賛否両論あるかもしれませんが

・演出、声優、システム(13点)
正直声優さん勢は聞いたこと無い人ばっかだった
唯一ありすさんがとんがってるというか
演出として変身シーンがあるのだが魔法少女ノリよろしくな感じで正直笑ってしまう
まぁ無いよりはマシですが
OPムービーが曲もよく、演出もなかなかよかったのでそこは加点

・音楽(11点)
昔からユニゾンお付の人
可も無く不可も無く
ただOP曲がなかなかいかった

・エロ(10点)
まぁ、のいぢさんにエロ絵を期待するのは酷なわけで
ただ、ノナの逆に主人公襲いっぷりがよかったのでプラマイ0といったとこ

総評64点(以下私見)
可も無く不可も無くそこまで良くも悪くも無くそれなりの良作
人に薦めるほどでもなく、そこまでやる必要ないというほどでもない
つまりのいぢを気にかけてる人ならやれ(マテ
のいぢさんサイドのゲームは結構いいほうに向かってると思う
三角関係、天使と悪魔関係の話が好きな点、サブキャラが多いことを偏見で加点するならもっと評価は上がる、自分の中では

2006年11月06日

ひでぶっふうううぅぅぅ

さて、なんとなく身内でまわしてるひぐらしデイブレイクこと通称ひデブ

これのことについていろいろと感想書いてみたり
大雑把に言うと8割SEED2割連ジぽい感じのするゲーム
ステキャンもどきとかズンダとかSDKとかetc
これらの操作理解してると割とダメ取れる、逃げ回れる的な
ただ、キャラバランスがぶっ壊れてるのでコストの内ガンダムとも言える

ものすごく大雑把に各キャラの感想

・1500秒だぁあ!@バット
ステップ貯め撃ち厨うんこ(
・1500秒だぁあ!@アイアン
あんま使ってないからなんとも 安定キャラではあるっぽいけど

・おっもちかえり〜@鉈
いまんとこサブメイン
標準的な性能で何が突出してるわけでもないけど、動かしやすいのでやってて楽しい
追い討ち鉈2段は強力
・おもっちかえり〜@斧
ある意味メインで使ってる
やることなすこと4割〜5割コンボなので凶悪
空中格闘の伸びがエロス
真下の敵を攻撃できる唯一のキャラなのでニシオギがかなり強い
ただ、アンチ接近武装持ってる相手にはものすごいキャラ負けする
正直安定しない

・にぱー@鍬
まんまストエアイクフリーダム(だっけ?)の武装を持つ射撃系キャラ
ついでにダメもでかいのでとっても使いやすい
ついでに可変機みたいな性能所持
・にぱー@モップ
グウウゥゥレイトオオゥゥ射撃でかつスパガンみたいに壁貫通とかいう強力なビームを持つ
見かけたら即抹殺の方針で

・をーっほっほっほ@花火
正直使い道わかんない 花火が銃口補正まったくなしに向いてる方向に投げるため大変あたらない
・をーっほっほっほ@罠
強いんだか、よわいんだか 罠の中にもぐってる分には近づくの大変
弾切れすると目も当てられない

・おぢさん@拳銃
いまんとこサブメイン
遠距離バズの曲がり具合が異常 しかも弾切れしにくい
かといって近距離でも接射バズができるので遠中近距離万能キャラ
いまんとこ俺が使うキャラの中では最強だと思ってる
・おぢさん@水鉄砲
射撃キャラといわれる割にはとことん近距離を得意としたキャラ
拡散水鉄砲は銃口補正やヴぁすぎるためほぼ全部の近距離キャラを封殺できる
最大タメでグウウゥゥレイトゥができるがホーミングがいいわけでもなくダメもそこまでないので使う価値あんまナス

・うざすぎるっての@ナイフ
近距離特化キャラ ヨーヨーが相手の動きを止めるのでコンボ考えたりするとわりと楽しい
・うざすぎるっての@スタンガン
密接スタンガン投げが愉快なほど当たる 近距離vs近距離のときはこれのおかげでだいぶ強い
最大タメのあてどころがわからない 威力はすさまじいのですが

・うふふふふふ@注射
ダメ無いくせにやたらとタメ撃ちがあたりやすいのでうざいったらありゃしない(
・うふふふふふ@スプレー
上に同じ

・富竹フラッシュ!
相手がこっちを見てると凶悪 そうじゃないとチンカスキャラ(
通常射撃の判定が素敵すぎ
・富竹角材ホォォォォォォォムラン
射撃が実に当てやすい ネタっぽいせいか富竹フラッシュの方ばっか選ばれるがこっちの方がかなり優秀

・んっふっふ〜ん♪@拳銃
どう使えっていうんだ(
・んっふっふ〜ん♪@アーム
畳じゃないから痛いですよぉ


・ふっ!はあぁぁぁぁぁぁぁ
ダウンした相手にノマル射撃で追い討ちすると多段で相手突き放すのがすんごくうざい
・音速を…越えるッ
微妙(

・メイドインヘブン@医療
使えない
・メイドインヘブン@入院
使ってない

・カレー先生@コンパス
最強クラスのキャラ
ノマル射撃がノックバックしながら打つので空中時間が長く、相手の着地狙えば着地ずらしされようがなにしようが射撃が当たる もちろん段数使うのですが
多段ヒットのため、片方に当てたら別の片方を追いやすく、片追いもしやすい
ダウン追い討ちですら多段のため、オーバーキルを稼げるのも異常
・カレー先生@定規
これもこれでなにかおかしいキャラ
遠近関係なしに最大タメ射があたる
ソードブーメラの判定もやヴぁい
とあるステージのある一角でうつと壁反射が続くため判定が永遠のこる場所がある

・極道、舐めたらあかんぜよ@無銘
射撃の銃口補正異常、射程短いながらそれを十分補うほどの高機動性
ただし装甲紙(
・極道、舐めたらあかんぜよ@玉弾き
射撃のすべてが一部の射撃を弾くのでとっても凶悪
ただレーザー系武器はどうにもならないので相手選ぶかも

・この距離で外すとでも?
カレー先生コンパスと並ぶトップクラスキャラ
連ジのマゼラの使い方してっいる人間には大変使いやすい
・ハッハァー、ホントに雛見沢は地獄だぜ
最大タメ射が核兵器 SEED2のあれとは違ってとても高性能 貯めるの大変だけど
中タメ射も使いやすく、削りもできると結構優秀
ショットガンと比較してはいけない(

とまぁ、こんな感じ ランクわけすると

ネ申:カレーコンパス、葛西ショット
厨:圭一バット、赤坂波動、カレー定規
強キャラ:レナ両方、魅音両方、詩音ナイフ、にぱー鍬、茜両方
並:圭一アイアン、詩音スタンガン、富竹角材、大石アーム
以下中略(
チンカス:沙都子花火

こんなとこ
まぁ、各キャラパワーもあるけど、それ以上にキャラ愛称がでかすぎる
一部の近距離キャラはアンチ近距離にものすごいキャラ負けするし、一部の近距離キャラが遠距離キャラを封殺することもあるし
みたいな

キャラで7割、腕3割のゲーム
身内での対戦でしかお勧めしない(

bochoco at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月05日

この青空に約束を

さて、久々のエロゲレビュー
どこぞのみどりんどこぞのエロい坊やがここ最近、ブログにこのこと書いたのでなんとなく便乗
レビューできるエロゲ、20個くらいたまってはいるんだけどね(

今回は、戯画からこの青空に約束を
スタッフはショコラ、パルフェ勢ということもあり、結構話題を呼んだ作品

・シナリオ(16点)
泣きげーずばり泣きげー  もちろん俺は泣きやしませんでしたが(
パルフェショコラのギャグそのままに泣きゲー特化させた感じ
一人のキャラのルートはいっても他のキャラの扱いがぞんざいにならなかったりするあたりがいい感じ
主人公がへたれに見せかけてここぞというところで格好つけてくれるのが印象的だった

・絵、およびキャラ(16点)
パワーキャラ多すぎ
特に最後の最後であのキャラもってきたのが俺的にはツボだった
それを差し引いても全体的な雰囲気はよかったと思う

・演出、声優、システム(19点)
さすが戯画というべきか、システム周りが細かすぎる
声優もある意味すんごく豪華

・音楽(15点)
I'veとアベニューなだけはあり出来はしっかり
ED曲がヤヴァイ

・エロ(9点)
北都さんの声がひたすらにエロかった以外に印象が残ってませんが
今回の場合は声優豪華=エロい というわけではなかったし

総評は75/100点 いつもどおりここから大分私見
良ゲー間違いなく良ゲー 戯画の純愛ゲーとしては地雷じゃないサイド(
世間一般は逆のようだが、少なくとも俺は 青空>パルフェ、ショコラ だと感じた
とりあえずこのゲームを一言であらわすなら

なんたる茜ゲー

この一言につきる(

2006年10月24日

ドリパドリパ

毎度のごとく逝って来ました、ドリームパーティー

なにしにいったんだって?そら枕で踊り狂ってきた意外のなにものでも(

まぁ詳細は順を追って

まず枕が先着順でトークショウ優先チケを配布とのことなので始発ケテーイ
前日から上野のネカフェで待機
その日、大学の研究室で ソフトボール→飲み というコンボにもかかわらずらんま1/2が面白すぎるがゆえに寝ずに爆読
イベは徹夜してなんぼだぜーウェーハッハッハッハッとか思いつつ5時頃に上の出発
で、りんかい線までついて、始発の人見てみると実に少ない(
余裕で座れるし、むしろ皆ドアの前に張り付いてる みたいな
そんなに急ぐのかおまいら とか思いつつ、案の定国際展示場ついたとたん

 ド ド ド

マ ヂ  キ   モ    い

どれくらいキモいかっていうと大半が体重が標準オーバーしてそうな連中がエスカレーターを突っ走ってエスカレーターが停止するくらいの勢いで駆け上がっていった。
くだりエスカレーターを駆け上がってくヴァッカもいたし
エロゲーマーはヲタクの最下層 みたいないわれ方することあるけど、認めたくは無かったがこの瞬間痛感してしまった。
で、ナエーな俺はまったりコンビニよってから整列
コス会場に列作って一列目の一番後ろのほうだった
人すくねー
で、カタログチェックしてると・・・

枕が単独壁な件

でもまぁ、協賛でトップにきてるあたり、当然の待遇か
というか、夏コミの時みたいにチケないとトークショウでれませーん みたいあなことにならないですむし、そのための場所か、これは みたいな
単独壁のうえに回りにブース無い位置だった(


で、イベント開始、11時にもかかわらず、9時半ころからもう移動開始で列形成。
これがドリパクオリティ
まず最初に列からのけられたのがうぃんどみる・・・・・何ゆえ(
予想通りというか、前に500、600人くらいいそうなうち5%くらいの人間が抜ける。
そして次にはしょられたのがNavel 普通この辺からじゃない(
実に4,5割くらいの人間が消える。
次に八月 これも最王手ですわな
これで3,4割くらいが消える。
つまり 西又>べっかんこう (違
まぁ八月は列消化が早いから先にNavelを って考えてる人が多いからだろうか
で最後にminori 夏コミすごかったからねぇ
でもこれも5%程度
事前列形成はこれだけ 当然枕などナス
それでも3割くらいのこって、ちょっとヤバーとか思ったり。
夏コミ、チケでケロQいっても20番とかだったし

で、いざ入場してみたら16番目くらい(
ちょーよゆーだった
開場10分で、新作一通り購入
そして暇に(マテ
トークショウは1時集合だったのでそれまで他ブース見て回ったり
メロンブックスで雛太さんの下敷き&テレカセットハッケソ 迷うことなく購入
ageで紙袋のみ単独購入(
以上、買い物終了(

開場後の各ブースの様子を簡単に書くと
アゲ:微妙列
アリス:列がねぇ(      カルタ大会とか書いてあったw
ALcot:ちょっと前までは気に入ったもの購入してたけど、今回からスルー 本&テレカセットは値段上がるのわかってはいるんだが
八月:相変わらず(
オービット:地味に列
クロスネット:販売物が多いだけにはけの悪そうな列が どうみても夏コミの売れ残り販売だけ(
Studio ego!:おばちゃん
Navel:はけ悪い長蛇列
ハイオクソフト:なぜかけっこうな列 そんなにののさんがいいかあああぁぁぁ 俺もののさんは好きだ(
プリンセスソフト:つよきすグッツがあったり 列ナス
枕:列結構ある上にはけ悪い しょっぱな正解
minori:普通に列
まーまれーど:これも普通列
eufonie:なぜかそこそこすごい列
light&パープルソフトウェア:なぜか合同に 結構すごい列
で、一番吹いたのがUNDEADブース
ブースに局部おっぴ○げたでかいエロポスター1枚はって、ほか一切の装飾もなく机の上に白黒のコピー誌なんだかただのペーパーを置いて人が一人座ってるだけ なにしにきたんだと子一時間

一般ブースでは
音泉:アリアグッツとかつよきすグッツとか某鳩2グッツとかある意味売れそうなものいぱい
コスパ:相変わらずの在庫処分(       ハルヒとかシャナとかいいとこついてる 俺はようないけど(
コーガードー:しろさんグッツ1万ムリス

で、だらだらしてるうちにトークショウ
内容はあんま公開するといろいろピーがピーなピーになるので伏せ(マテ
ふんどしだの合体だのはまじ君FD(×ファンディスク○フロッピーディスク)だのetc
下トーク前回で超ワロタ ホモネ申成瀬未亜(マテ

で、トークショウ終了の後、早めにステージへ
するとそこから「みこ ミコ Miko 神子 巫女巫女 萌え萌え♪」こ れ  は   ま    さ     か
やはり会場の盛り上がりっぷりが異常だった
つか去年もステージでやってたね、これ

で、その後に待望の音羽祭り
観客中央にふんどしの男数名、そこらじゅうに枕のハッピきたケロっ子が
さすがに俺はハッピだけですた(
そして踊り狂う
音羽音頭とか前で踊ってる馬のかぶりものかぶったコブ○イカさん(推定)とかが踊りを微妙に覚えていない始末
これがケロっ子クオリティ
だがノリと勢いだけで踊る踊る踊る叫ぶ叫ぶ叫ぶ
前の人が踊れてないときすかさず飛び込んできて踊り狂うSCA自総帥
会場大盛り上がり
で、音羽体操ではなんと成瀬さんがブルマ
会場ますますヒートアップ
踊れ踊れ踊れ叫べ叫べ叫べ

ほんとケロっ子って馬鹿だよね
そんなこと平気でやってのけるケロQを心から応援します(

で、これで俺のドリパは終了かー とか思って帰ろうかなーと思ったときに次のライブのアナウンスで
「小中学生によるユニットの登場でーす」
なんじゃそりゃ(
まぁ、ちょっと見ていこうかなと思って、ステージに立ったのち、まぁいいかと思って背を向けてすたすた歩いていったら
「では、一曲目は天罰ですー」







(゚Д゚) あ ん で す と

どうやらカバー曲をやってるようで思わず足が止まってしまtt(ry
むしろダメダメとか天罰天罰天罰のところでちゃんと振り付けを知ってる俺ガイル
そういえば本家の方、デジのコンサートで見たしなぁ

で、それだけ聞いて帰宅(
秋葉帰りのひなせさんとごーりゅー
厚木の梅屋でラーメン食う事に 俺の追加ののりがなぜかひなせさんの方に乗ってて、ひなせさんはただノリウマス

で、帰宅
ステージといい、出し物といい、ソロでいっても十分楽しめるのがドリパのいいところだ(ぁ

bochoco at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

2006年07月03日

もしも明日が晴れならば

今回はぱれっとからもしも明日が晴れならば
ぱれっと製作なわりにはスタッフみるとどーみてもDear My Friendだったり
DearMyが良ゲーだったのでやってみたわけだが

-客観的評価-

・シナリオ(16点)
やはり今回も泣きゲーの部類
絶対的なヒロインがいながらもそっから別のヒロインに惹かれて行く様子がよく書かれていたかと
若干、明穂の性格にご都合主義がみられてしまったが
DearMyもそうだったけど、一番シナリオ主題からかけ離れてる巫女さんルートが一番感動できたような
泣きゲーとしての出来は高いかと

・絵、およびキャラ(15点)
流石くすくすさん原画だけあって綺麗な絵かと
メインヒロインの明穂含む三角関係がキャラを際立たせてるかと
サブキャラの委員長がはっするしすぎで輝いてた

・演出、声優、システム(14点)
演出はこれといって普通
声優がかなり豪華
一色さんをサブキャラにしてしまってるのは残念かと思いきや、一色さんらしいキャラで妙にあってたのでこれはこれで正解か
システム面もこれといって普通か

・音楽(17点)
主題歌、挿入歌、BGMともにかなりよかった
挿入歌の凧は使いどころといい出来といい、涙腺にくるものがあった

・エロ(11点)
純愛ゲーなだけあってここはふつー
ただヒロインとのエロ中に他のヒロインに見つかるとか、そういった意味ではおもしろかったかも


総評73点(以下私見)
間違いなく良ゲーの部類
原画家のこととを考慮すると個人的評価はもっとあがったりするが
でもDearMyよりは劣るかも、とくにシナリオ面で
ファンディスクでもなんでもいいので委員長ルートがほっすぃ(