わきがの臭い予防

日本には、わきがの臭いで悩んでいる方もおおくいらっしゃると思います。
ここではわきがの予防についてお話したいと思います。

汗腺が太く大きくなる原因は、動物性脂肪を多く摂りすぎて、皮脂腺の働きが活発になるからと言われています。
皮脂腺から出る油脂成分は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を発達させ、わきがの臭いと汗の臭いを強くします。

欧米人の体臭が日本人より強い原因の一つは、動物性脂肪の摂取量が多いことです。
さらに、タンパク質を過剰摂取すると、多汗の原因になります。
タンパク質が肝臓内で分解されるとき、他の栄養素の約5倍の熱エネルギーが発生します。
汗の原因となるものはこの熱です。肉類の摂取を控えることで、臭いと汗の両方を予防することが出来ます。

また、食生活でもわきがの臭いを軽減させることができます。

■臭いを抑えるために気をつける食生活は以下の通りです。

●アルカリ性の食品を中心とする。
●栄養のバランスを考え、なるべく多くの種類の食品を摂取する。
●ナトリウム、カルシウム、カリウムなどの緑黄色野菜や海草類で、ミネラル分を多く含んだ食品を摂取する。
●食事は規則正しく。
●胃に負担をかけないようにし、腹八分目にとどめる。
●刺激の強い香辛料の入ったものや、ニオイの強い食品やなどはできるだけ避ける。
●塩分と糖分を控える。
●良質の植物性脂肪を選ぶようにする。

■以下の物は、わきがの臭いを強くさせることがあります。

●高タンパク、高脂肪の酸性食品。肉類や卵などを多く取り過ぎない。
●好きなものばかり食べる偏食。
●有害な添加物を含んだ食品。インスタント食品など。
●食生活が不規則である。
●早食いや大食いで胃に負担をかける。
●酒、タバコを好む。
●香辛料やニオイの強い食品などが好きで、塩分、糖分を多く取っている。

食生活でわきがを少しでも予防できるように、みなさんの食生活を見直してみましょう。

体臭対策 

制汗剤を使用して多汗症対策

多汗症の対策として一時的ではありますが制汗剤を使用するのも有効的です。

制汗剤には今現在すごくたくさんの種類のものが発売されています。ご自分の好みや用途によって使い分けるのがいいと思います。

なぜ多汗症に制汗剤が有効的かと言うと、制汗剤を使用すると毛細血管が収縮され汗が抑制されるようになります。また、塩化アルミニウムを利用すると制汗効果が高まるために多汗症にはいいとされています。

さらに多汗症の人の悩みには「臭い」も気になるところだと思います。汗をかくと一緒に体臭に変わってしまう可能性もあり、制汗剤には消臭効果もあるために更に有効的なのではないかと思います。ただし注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方がいいと言うことです。臭いの上に臭いを重ねてしまうと悪臭になる場合があります。そうならないよう無香タイプを選ぶようにした方がいいと思います。

また、制汗剤の中のデオドラントタイプのものが抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。ただし過剰に使用しすぎると本来肌が持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があり逆に効果が得られなくなる可能性がありますので注意してみた方がいいと思います。

このように制汗剤を利用して汗や臭いを抑制してくれるので用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

ただし頼りすぎには注意するようにしてくださいね。


体臭対策 

口臭加齢臭

年齢を重ねる事で発生する口臭の事を口臭加齢臭といい別名エイジングノートと呼ばれています。

加齢臭とは、男性が年を重ねる事で発生させていて体臭、足の臭い、口臭まで含まれています。

おじさんの努力と言うのは、ものすごくひたむきなものでして、子供や部下などに嫌われないように一生懸命にお風呂でキレイに洗ったり、歯磨きを一生懸命にしたりしているのに、口をきくとイヤーな顔されたり、遠ざかられたり、下を向かれたりして・・・。
そんな状況悲しすぎますよね。奥さんやお子さん、部下の為に加齢臭から放たれる口臭のケアについて教えましょう。

加齢に対する口臭対策
加齢臭からくる口臭が気になりだすと、しきりに歯磨きをして解決しようとしますが口臭の問題解決は歯磨きではないのです。

加齢から来る口臭の原因と言うのは腸内にあります。腸内に潜んでいる細菌の善玉菌というのを増やし、悪臭の元となるガスを発生させないように抑えることができれば、口臭を撃退する事が可能になってくるのです。

口臭予防として歯を磨く事ももちろん大切ですが、腸内から磨いて臭いの元を断つようにすることも忘れずにしましょう。

また、口臭予防は乳酸菌やオリゴ糖などの食品、例えばヨーグルトや納豆、ゴボウ、バナナ、大豆製品などを摂取したりして善玉菌を増やす事が出来ます。これによって臭いの元を抑えるようにしましょう。

是非頑張って加齢臭退治に挑んでよりよいおじさんライフを満喫しましょう。


口臭 

便のにおい

便秘をすると体臭が便のにおいになる、ということを聞いたことがありませんか。
便が腸に長い間とどまっていると、便から発生するガスが体内に吸収され、それが汗、皮脂と一緒になって体臭として周囲ににおいを放ってしまうとか・・・

そもそも、なぜ便のにおいは臭いのでしょうか。
それは、便には腐敗物が含まれているからです。
腸に長くとどまれば、その分腐敗は進み、においも強くなっていきます。
また、よく噛まずに飲み込むと便は臭くなります。
これは、本来なら口の中で噛むことで唾液の酵素により分解されてから胃に行くべき食物が、その段階を飛ばして胃に下ろされ、消化不良を起こし、腸で栄養として吸収されずに腐敗材料となってしまうからです。
またストレスも便臭を強くする原因のひとつになります。
ストレスを感じると、胃や腸の酵素の働きが狂ってしまったり、腸の動き自体も鈍くなってしまいます。
そのため腸の中で、食べた物の腐敗が進んでにおいが強くなってしまうのです。

便のにおいを少しでも軽くするために、食べた物をいつまでもからだの中にとどめておかないことです。
栄養のあるものを「楽しいな」「おいしいな」と感じながら、よく噛み味わってから飲み込んでください。
食物繊維の豊富なものなら、自然によく噛むようになります。
水分もたっぷりと摂りましょう。

食事の時間は楽しい時間であるべきです。
ストレスを感じることなく、ゆったりと楽しく食事をし、からだに栄養を十分吸収させ、よい便が出るようにしましょう。


体臭 | 体臭の原因

体臭と妊娠

妊娠をすると体臭がきつくなるという話を聞いたことはありませんか?
また、実際に体臭を感じて悩んでいる妊婦さんもいるのではないでしょうか。

いったい妊娠することと体臭の発生にはどのような関係があるのでしょうか。
妊娠中に体臭が起きる原因として、次のようなことが挙げられます。

●妊娠にともなう便秘の症状がある
●妊娠にともない新陳代謝が活発になるため、汗など分泌物の量が増える
●もともと肝機能障害、腎機能障害、糖尿病がある

妊娠するとホルモンバランスがそれまでと変化し、便秘を起こしやすくなります。
つわりで食事量が減ってしまうのも便秘を起こす原因のひとつです。
また大きくなる子宮に腸が圧迫されて動きが鈍くなったり、便意を感じにくくなったりします。
妊婦は体温が高いことからも、汗をかきやすいことは想像できるでしょう。
赤ちゃんをお腹の中で育てるために血液量も増え、分泌物の量も増えるのです。
人によっては毛深くなることもあります。
これもホルモンバランスの変化の影響です。

これらの理由から、妊娠すると体臭が強くなると言われているのだろうと思いますが、実際、妊婦本人が気にするほど体臭は強くないことが多いのです。
おそらく妊娠するとにおいに敏感になる人が多いため、自分の体臭も必要以上に気になってしまうのだと思われます。
しかし、においに敏感な時期、とくにつわりの時期には不快なにおいは避けるにこしたことはありません。
だからこそ、からだを清潔に保ち、快適なマタニティライフを送ってほしいですね。



体臭 | 体臭の原因

体臭の治療| 口臭の予防| 加齢臭の原因|