2006年03月

2006年03月31日

今日の一品

6857a4c0.jpg削用筆。雨宮氏から削用は使える!とその具体的な使用方までレクチャーを受けて、品揃えがワールドな画材店で購入。筆買うとモチベーション上がるんだよね〜。(さとう)

boice_planning at 00:08|Permalink

2006年03月28日

コイツが

4ff28a3c.jpgネックです。最近ネックって言わなくなったね。(雨)


boice_planning at 02:50|Permalink

ようやく

dd08c11c.jpg昨日はお客さんに渡す作品の納品の日で、ユカさんが百花のチラシと共にとりにきた。渡してから自分の場所の掃除をして、夜中に佐藤と二人で百花の壁塗りの続きを。終わって佐藤が帰って、メールしてたらパソコンの前で撃沈してしまった。

今日は昼にはスタジオの自分のスペースに居たにも関わらず、展覧会の事や今日〆切の文字原稿を書いたりで今ようやく自由の身。

やる気と空元気を出して、渡す前にもう少し手を入れたい作品3つを開梱してみるがそのうちの一つがあまりに表面積がでかくて弱気にも寝ようかどうか迷いだした。今丁度そんな場面。
(雨)


boice_planning at 02:45|Permalink

2006年03月27日

まむし草観察

a5ced653.jpg前に書いたまむし草を2日後に見に行ったらすでにこんなになってた。はやくて怖い・・。小学生を思いだしてしばらく観察続けてみようかな?(雨)

boice_planning at 00:05|Permalink

2006年03月26日

ダブルで!

百花繚乱準備と制作でフルフルフル回転です!!中学とか高校生の「好きな子がでちゃったんだけど勉強もあるし・・・」や「部活と勉強の両立ってどうしたらいいんですか???」にも似た永遠なる問題。自分たちの制作が加速している昨今、ティーンな悩みは頭をもたげます。まあ、欲張って二つとも成就させること、二兎を追って両方つかまえる。実りは多い方がいいからフルパワーで。(さとう)


boice_planning at 02:33|Permalink

2006年03月25日

秋篠寺の庭、朝7時のヤマバト、まむし草。

秋篠寺はとまむしくさ秋篠寺の苔、夏じゃないのにきれいだったー。単純に。

行きつけのホームセンターは朝7時からやっている。鳥の置物が置いてあると思ってみていると突然動いたのでびっくり。その後はもうれつに鳴き出した。が、店員は誰一人注目していない。そこではもう珍しくもないみたい。場所によってスタンダードって違うんだなって思った。

ずっと昔にこんにゃくと間違えて毒のある蝮草(マムシグサ)を採取してきてしまった。そのときの毒こんにゃくを植えた場所から今年も芽が出た。葉も、花も、実もちょっと気持ち悪いけどきれいなんだよね。

最近の携帯メモリに残ったおもしろかったものたち。

(雨)

boice_planning at 13:10|Permalink

2006年03月24日

春キャベ

春キャベツを食べる。いつもと変わらぬキャベツの気もするけれど、名前に「春」がついてるだけでなんだか美味しい気分。(さとう)

boice_planning at 22:23|Permalink

2006年03月21日

ミウミウ氏

acf88c16.JPG今日は「百科繚乱」初日にパフォーマンスをして頂くミウミウさんが打ち合わせでいらっしゃいました。
(丸橋)


boice_planning at 22:47|Permalink

お寺BEST

どうもこんにちわ山下です。久しぶりの投稿です。
先日、百花繚乱のチラシの入稿が終わった足で、そのまま京都&奈良へ旅(脱走)してきました。
すでに仏友の雨宮君からあったとおり、研修旅行ばりのハードスケジュールに足腰の疲労を感じつつも、非常に満足な旅でありました・・・。

寺ンキングBEST3はこれ→no1,三十三間堂/no2,岡寺/no3,秋篠寺
●三十三間堂はこの旅1番最初に足を踏み入れたお寺で、以前にも何度も来たはずなのに、やっぱり良かった。婆数仙人のあの顔を、中学の修学旅行でみた記憶がいまだ離れず、ほんとんど怖い物見たさにまた行ってしまった。いざ婆数仙人の前に立ってみるが、おかしな事にどこに行っても目が合わない。そういえば船越桂の彫刻もどこに行っても目が合わない。常に遠くを見ているようで、離れれば常に見られているような感覚。インスタレーションもイカしてる!ということでNO,1。
●岡寺は圧倒的デカさの塑像の仏があるということで、飛鳥まで足をのばすことになった。駐車場代500円払って寺まで50m位登ると、そこには無料駐車場が・・・。騙された!でも心の広い私たちは、このような餓鬼たちを優しく許し、次なる寺へ急ぐのだ。入ったそこには建物からはみ出さんばかりの巨仏と、脇を固める明王2体。面白いことに、現在は座像だが作られた当初は半跏坐だったらしい。長いあいだ同じ格好では足も痺れることでしょう。丸く切り抜かれた壁に安置する明王2体と、本尊如意輪観音像のバランスが何とも言えぬハーモニーをかもし出しているので、NO,2!です。
●秋篠寺は、伎芸天像。美しき体躯の歪みがたまりません。やはり、朝一でくるお寺は気持ちいい。ここでは、バズーカ砲のような双眼鏡をもったお婆ちゃま集団に出くわし、目を奪われる。そんなに広い敷地ではないし、伎芸天も間近で見られる。いったい、彼女たちはあの双眼鏡で何を目撃したのか?謎である。

後日、寺ンキング番外編をアップします。お楽しみに!(山下)

boice_planning at 19:03|Permalink

百花繚乱展HP開設

春のお花見展覧会百花繚乱展の特別HPを開設しました。
出展作家情報を掲載しています。
ボイスのメニューページから入ることができますので、どうぞご覧ください。
(加)
http://www.BOICE-PLANNING.net






boice_planning at 01:16|Permalink