★コラアゲンはいごうまんのブログ『僕の細道』

実録・体験ノンフィクション漫談芸人「コラアゲンはいごうまん」のブログ Since 2005
〜  この道がなかったら僕は生きていけません。  道がない所なら、道を描いて参りましょう! 〜

コラアゲンはいごうまんブログ 「僕の細道」 Since 2005〜
◆2015.04.02 このブログが更新されると、コラアゲンのツイッターや、フェイスブックに更新が通知反映されます。
・おもに、旅先での交流や情報共有は、フェイスブックで。
・ツイッターは、リアルタイムな一言など。
・このブログは、日々の振り返り日記やお知らせなど、基本長文ぎみ。。。
と若干、使い分けようとしているようです。
◆2015.05.01 YouTubeで、ドキュメンタリー映画紹介「コラドキ」を始めました。
◆2015.06.26 現在第3回、よろしかったら、コメントやチャンネル登録などおねがいいたします。
「コラドキ」動画リスト↓
https://www.youtube.com/channel/UCYOMYPTSXqdrkRdTUBoQ6Rw
◆2015.09.29 コラアゲンはいごうまんのスケジュールをカレンダー形式のものにいたしました。応援よろしくお願い申し上げます。
コラアゲンはいごうまんスケジュール↓
http://freecalend.com/open/mem50983

たまに何かの集まりにサプライズゲストで呼んでいただく時がありますねん

でもこれは有名人が突如来るから

「この人がなんでーーーーー!!!」

驚いてサプライズになるんですわ

えらいもんで僕が行っても誰も驚かへん むしろ全会一致で

「誰?」

あまりの驚かなさにこっちが驚くわ

そして昨日、サプライズゲストとして新たな経験をした

と言うのもお世話になってる予約席のT子さんが入ってるボーリングクラブのお茶会にサプライズゲストで呼んでもらった

誰も驚かへんにしてもみなさんの年齢層や雰囲気つかみたかったから午前中メンバーさんがボーリングしてる会場を見学

見事に人っ子一人僕を芸能人と気づかずひらすらボール投げこんでた

なんならストライク決めた人がみんなとハイタッチしてるところに近づいて手を出すと普通にハイタッチされた

そんな中、1人の女性が振り向いてレーンの後ろで見てる僕をじーっと見た

マジ!?気づいてくれた!?

と思いきやその女性が僕の後ろにいるスタッフに

「すみません 溝にピンがはまりました」

まぎらわしい

小一時間ほど見学して先にお茶会会場の予約席に入りその時を待つ

お茶会も終盤、T子さんが

「実は今日サプライズゲストに来てもらってます!」

「えーっ!!ホントに!!」

ヤバい 
期待ふくらんでるやん

「それでは出てきていただきましょう どうぞー」

歓声がため息に変わることを覚悟で出た
ところがなんとなくみなさんの視野に入ってたみたい

「はい どうもー」

出て行った瞬間

「さっきボーリング場にいた人がなんでーーーーー!!!」

違う意味で驚いてくれた

そらそうや さっきボーリング場にいた人が次に行った喫茶店にもいたら地味に興奮するわ  

それをネタに珍しくサプライズ出番やのに喜んでいただけました

そして夜は12回目の予約席コラアゲン独演会 ありがたく満員御礼に幕を閉じました

T子さんとT子さんの3人の娘さんがいつも手伝ってくれるんやけど感動したのは去年結婚した長女さんのお婿さんが寒空の下駐車場係をやってくれてますねん

打ち上げでT子さんが言う

「8年間ずっと家族全員で応援してる そんなウチに家族が増えるということはコラさんの味方が増えるということ お互い頑張りましょう」

ライブあと家族でかこむスキヤキは珠玉の時間でした

ボーリングクラブのみなさん
独演会にお越しくださったみなさん
T子さん Mちゃん Yちゃん Rちゃん S君
Iさん

本当にありがとうございました




































「なんで関ジャニが!」

8年間毎年独演会をやらせていただいてる予約席のT子さん

12月19日はユリオカ超特Qさんの「おしやべり検定」にゲスト出演させていただきます

7月に見に行ったユリQさんと博士とプロレスラー棚橋選手のトークイベントでご挨拶させてもろたのが初対面にして早くもお声がけいただいたユリQさんに感謝です ユリQ×コラアゲン 初トークセッションぜひぜひお越しくださいませー

(タイトル)ユリオカ超特Qのおしゃべり検定vol.125

(日時)12月19日 19時30分開演

(出演)ユリオカ超特Q ゲストコラアゲンはいごうまん  

(会場)御苑サウンド 東京都新宿区新宿2-3-12 光和ビル131 

(料金)前売り1500円 当日1800円 両日1ドリンク別

(お問い合わせ)トップカラー 03-6272-4581


師走のお忙しい時と存じますが
ぜひぜひよろしくお願いいたしますーー


こんなことってあるんですね

昨日はありがたく毎年呼んでいただいてる東淀川工業協会青年部の忘年会

毎年男性まみれなので今回は「伝説のソープランド帯広コルトに入浴」と事前に演目もうち出していた

会場に入って目を疑った

今年に限って2人女性が
しかもうち1人は嫁の幼なじみ

うそーーー!?

前に会った時にチラッと挨拶させてもろた幼なじみの彼女がこのたび青年部に入会するらしく来てたんやて

よりによってこの日のネタがおばあちゃんが接客するソープに行く話とは

抵抗がないといえばうそになる

しかし男性陣からは期待に溢れた熱い拍手が湧き出した 

僕の芸人のはしくれ
なによりも笑いをとる これが芸人道

嫁の幼なじみの前で全身全霊をこめ
おばあちゃんに手でヌカれた話をした

えらいもんや

幼なじみ誰より笑ってた

どんどけ寛容やねんー

しかし縁て凄いですね

嫁の幼なじみの彼女と僕を毎年呼んでくれはる青年部のNさんが高校の先輩後輩

ご縁を感じるあったかいこれぞ無礼講の東淀川工業協会青年部忘年会でした

Nさん
青年部のみなさん

1年間お疲れ様でした
来年もよろしくおねがいいたします















さすが僕ですわ

前の日アコシャンで自然体で喋れたー!て喜んだのがネタフリの様に昨日はガチガチの喋りでした

お越しいただいたみなさんホンマすみませんでした 心からお詫び申し上げます

得意顔でいうてる場合やないけどスベるのは珍しないんです

ただあのミスは日本12周で初めてやわ

ヨージクライブに来てくださるお客さんはほぼ同じ方々なんです

そこで同じ会場で前にやったネタは絶対かぶらん様に全国ツアー始めて13年、全会場とやった演目書いてるメモがあるんやけどヨージクで前回やったツカミネタだけ書きもれてましてん 

200本を越えるネタリストの中からツカミネタを選ぶ

某新興宗教に潜入したこのネタはどこでもウケるから

事実今年5月ヨージクでもウケた

やってたんですわ!打ち上げでスタッフに聞いで初めて知ったんやけど 書きもれてたツカミネタがそれやったんです

そんなことはつゆ知らず前回やったネタを堂々とやったあと思った

「なんでウケへんねん」

あたりまえやーー

5年前ならまだしも半年前のツカミ忘れるてなに!?年か!?

いづれにせよ初めてにして痛恨のミスに気づいてない僕はしょっぱなで完全にバランスを崩し途中修正しようとするもそのつど細かいことにペキペキ折れて最後まで自然体の喋りとは程遠いものになってまいました

本当に申し訳ございませんでした

ショッボイおっさんですわ

今まで何十回も何百回も一つのミス 一瞬の気の緩みから大炎上してきてるのに ライブの怖さを知りすぎるくらい知ってるのにまだ繰り返すか

でも、だからこそライブはええな

刺青取材でお世話になった三代目彫よしさんがなんのお仕事にも当てはまりそうなこんな言葉おっしゃってた

「バカでなれず 利口でなれず
中途半端でなおなれず」

どの道も容易ではないけどそれが魅力やもんね

通算500回目くらいですけどまた一から出直します!

お越しくださったみなさん
ヨージクのみなさん
ご紹介いただいたHさん

これに懲りずこれからも何卒よろしくおねがいいたします
わざわざありがとうございました


































  





緊張感なくてよう怒られてきましたわ

得意顔で言うてる場合やないけどオール巨人の弟子時代の僕はアホ満開で

師匠が運転する車の助手席で普通に肩借りて寝てた

師匠伸びのある声で言わはった

「お前は大事な人か!」

言い訳やけど緊張感なくはないんです

むしろ緊張しすぎて怒らせて緊張の糸が切れておかしくなる感じ

例えば用事頼まれても、もう一回聞き直せないくらい緊張して

「持ってこいて言うたん醤油やろか ソースやろか」

ヤマはって醤油もって行ったらソース

聞き直せへんくらい緊張してるのに

「これ醤油やないかい!」

怒られた瞬間緊張の糸が切れてありえん言い訳したんです

「さっきまでソースでした」

師匠伸びのある声で

「じゃ誰がなんの目的ですりかえた!」

10日間謹慎て言われたらきっちり10日休んでリフレッシュして戻ってくるし

多分緊張せんでええとこで緊張して緊張しなあかんとこで緊張が緩む 

テレコテレコの人生なんやろね

何が言いたいかと言うと、そんな僕が今日は地元京都のアコシャンで独演会やらせてもろたんですが緊張しなあかんとこと緩むところが奇跡的にバッチリでしたーーーーーーーーーーーーーーーーー!

芸歴30年目にしてありえんハードルの低い朗報ですがそれすらできん男ですから正直今日は嬉しいわ

こっちがリラックスしてたらお客さんもリラックスしてくれはる

僕が自然体で

「すべらない話に出たの8年前なんですけど〜」

そう言うとカウンターのお客さんもごく自然に

「もうそんななるかぁ〜」

リビングかー

それをイジると

「ごめん 自然に口をついて出た」

むろんこれが今日イチの爆笑やったのは言うまでもない

「おかんが認知になりまして〜」

後半の演目です 

おかんも元気な時、見にきてくれたアコシャンでのコラアゲンライブ

ちなみにアコシャンていう店の名前はママさんのお母さんの名前があきこさんで小さい頃アコさんて言おうとしてアコシャンになってのが理由

そんなお母さんの名前にちなんだアコシャンで自分のお母さんの話をした時自然体になれたんならこんな至福はないです

お越しくださったみなさん
アコシャンさん
主催してくださったHさん

本当にありがとうございました

おかんに感謝

明日休みの方、よい休日をお過ごしください

そして明日お仕事の方、頑張ってくださいませ

ありがとうございました











にも後半にいくにつれええ感じで力が抜けて最後のおかんが認知なった話の時は普通にワインバーで飲んで喋ってる感覚で






人生捨てたもんやないですね

社会派映画監督の田中幸夫さんとの出逢いは3年前、笑える認知ドキュメンタリー映画「徘徊」の取材をさせてもらった時

宣伝担当の方が知り合いやったんでマスコミやプレスが代わる代わる取材する中にぶっこんでもらいましてん

監督はスケジュール見てビックリした

名だたる新聞や映画雑誌が名を連ねる中何故か13時から「ワハハ本舗」

あげく緊張から顔を強張らせた僕が

「コラアゲンと申します」

普通大の大人がコラアゲンとは申さんもんね

それがきっかけでその3ヶ月後には鳥取県であった「徘徊」上映会にゲストで呼んでいただきました

あろうことか映画の上映時間より僕のネタ時間の方が長かった

そして監督がやられてる「ヤフー動画記事」これはその名のごとく動画と記事で世相を切る内容でライナップ見ても

「30才で開花!ダウン症の画家いかわあきこ」

「反核、反原発 世界が認めた反逆のロックシンガー朴保(パクポ)」

など極めて社会性が問われる内容のここに僕の特集をぶっこもうとしてくれた

かつて体験取材で動物園の飼育係やってた時、トナカイにトナカイカチューシャつけようとした僕のどこが社会派!?

それでも笑いで世相を切るという大義名分のもとプレゼンしていただいた結果

なんと!


















































不採用

あたりまえや

何よりビックリしたのは監督の第一声

「ごめん 僕の力不足です」

違うーーーーーーー僕の問題ですーーー

そして今年、三宮でコラアゲンライブを主催してくださった

もはやドキュメンタリー映画関係なくなってる

ただ支援者になっていただいてますねん

しかも二回もです

コツコツコツコツコツコツコツコツ

ずーーーーーーっとやってたら手を差し伸べてくれる人がいる

全国のチームコラアゲンのみなさんに支えられ全国を回ってつくづく思うこと

例えば三宮には社会派田中幸夫監督がいてくれはる

人生捨てたもんやないですね

田中監督
マティーニさん
そしてお越しくださったみなさん

本当にありがとうございました


























































不採用 あたりまえです 

「ごめん 僕の力不足です」

不採用

「こじつけでも社会派ネタを何本かリストアップして!売り込むから!」








































先週日曜、大阪シアターセブン独演会は僕らしさ炸裂

というのもライブ中、スマホにまつわる事件が起きましてん

昨日のソフトバンク通信障害みたいな世界を巻き込む大事件やないですよ

あくまでも小ちゃい小ちゃい事件ですよ

なんかオチ前になるとお客さんがスマホ落としますねん

それだけで取り乱してる僕にお客さん爆笑

何故かオチ前になると誰かがスマホ落とす現象が続いた時お客さんに聞いた

「ひょっとして 示しあわせてる?」

でもおかげで僕のしょぼさがリアルに出てありがたくお客さんはハンパない一体感で包み込んでくれた

盛り上がって迎えたライブ後半
いよいよ人情話にさしかかった時
静まり返った場内に響きわたった

「ゲッ」

げっぷかいーーーーーーーーーーーーー

誰やおもてフッと見たら僕の叔父さんやった

「おっちゃんーーーーーーーーーー!」

おっちゃんごとあわせて紹介した

 それでまた一つになるのがライブのええとこですね ホンマ大好きや

シアターセブン第12回コラアゲン独演会はお客さんが後押し、そして寄り添ってくれたおかげでおもっきり楽しんで喋り切らせてもらえました

お越しくださったみなさん
本当にありがとうございました

そして尽力してくれたシアターセブンのみなさんに心から感謝いたします

IMG_7213
IMG_7212










































昨日みたいなソフトバンク通信障害

たこ足配線みたいな人ていますね

コラアゲン神戸ライブを毎回主催してくれはるともちゃんがそう

因みにともちゃんてフレンドリーに言わせてもろてるけど64才のおっちゃん

リアルスーパーマリオのビジュアルのTちゃんの面倒見のよさハンパない

出逢いは4年前、ネタ取材中たまたま道を聞いただけですよ 

その30分後にはお寿司ご馳走になってた

なんか言うたら

「あんた可愛そうに〜」

て繰り返してた

この4年間で8回ライブやらせてくれて、オリジナルコラアゲントレーナーを作ってプレゼントしてくれて

image
右がTちゃん

今回に至っては香川県から同級生をわざわざ神戸ライブに呼んでくれて

翌日ともちゃんに会うと

「コラアゲンごめんやで」

「なにが?」

「同級生にコラアゲン高松ライブの主催者になってもらおうと切り込んだんやけど断りよった」

もう十分ですーーーーーーーーーーーー

友達の友達はみな友達だのともちゃんはたこ足配線のように人と人を繋げて今回なんと60人の方が来てくれました

IMG_7211

平成の終わりに昭和の人情を感じた神戸独演会でした

ともちゃん、ちーちゃん
お越しくださったみなさん

本当にありがとうございました


























もれなく僕もでした

昨日のソフトバンク通信障害もれなく僕も直撃でした

そらそうや 
ホテルに泊まったら朝5時にフロントから電話で叩き起こされて何事やおもたら

「フロントでございます 間違えました」

こんな稀有なことが起こる僕に通信障害でしょうね!てなもんや

そもそも人生通信障害コラアゲンはいごうまんよろしくおねがいします

そんな僕の初尼崎ライブを主催してくれたS子ちゃんは人生の通信障害をものともしない人ですねん

6月の大阪地震の時に安否メールしても

「めちゃくちゃ揺れましたけど私は大丈夫です」

9月台風が大阪を直撃した時は

「屋根が飛んできましたが大丈夫です」

大丈夫!?

そして1週間前、尼崎ライブでやるネタを相談したら

「お客さんの中にお母さんと10代の娘さんがいますけど 下ネタで大丈夫です」

なんでやー大丈夫ちゃうやろー

けど実際大丈夫やってん

おばあちゃんがコンパニオンの伝説のソープランド「帯広コルト」のネタを家族でものまね王座決定戦を見るように大笑いしてくれた

さすが10代の娘さん

ネタの中にこんな台詞がありますねん

「その女性をふっと見たら菅井きんのようでした」

言うた瞬間スマホで

「菅井きん 画像」

検索してちょっとずれて笑ってた

しかしこの親子さんに限らずお越しくださった尼崎の方々、アクアビットのマスター、みなさんホンマ優しかったぁ

圧倒的なアットホーム感はS子ちゃんの人柄と人間関係の恩恵です

初尼崎のご縁と出逢いに感謝

S子ちゃん
アクアビットのMさん
お越しくださった尼崎のみなさん

本当にありがとうございました
またお逢いしましょう 今度も尼で


































「選挙に出たい」

今年見たドキュメンタリー映画の中で屈指の作品です

試写見た時にツイッターでもつぶやいたけど「選挙」という堅いテーマやのに笑いがこだましてましてん

主人公は歌舞伎町案内人と呼ばれた李小牧

 20年、歌舞伎町で外国人観光客に飲食店や風俗の案内をしてきた

その小牧さんが一念発起で新宿区区議会議員選挙に出ることに

そのために中国人の李さんは日本人になってまで出馬するんです

試写会場が爆笑したのは李さんの演説

帰化までして勝負に出る李さんに党派の理論はやがてあしかせになり

その怒りが沸点に達した時、選挙史上類を見ない演説をはじめる

これが芸人がやる選挙コントばりにおもろくシュールで本質をえぐり出してた

中国人から日本人になった李さんに中国人は日本人はどう映ったやろか

やがて見えてくる社会の偏見

確かに僕ら芸人も売れてないと偏見に翻弄されむかつく時ありますわ

この映画は選挙に出る、出ない関係なく
中国人、日本人関係なく
なにかで偏見を感じたことのある全ての人の心に突き刺さります

「選挙に出たい」は明日12月1日よりポレポレ東中野で上映されます ぜひご覧くださいませー

















九州8公演のファイナルは全国ツアー1周目の時からやらせてもらってる熊本イクイップメントフロア(カレー屋さん)で回を重ねて10回目のライブ

スタッフのみなさんとも気心の知れた仲で、神戸出身のオーナーT子さんはもはや友達

一年ぶり店に顔だした時ですわ

業界にはこんなジンクスがありますねん

芸能人が店に来ると人気商売やから人の気を呼んで急にお客さんが増える だから店は喜ぶと

ほやのに僕が店に行ったらT子さんが手で払いながら言った

「なんでやろ コラアゲンさんが来るとハエが増えるねん」

嫌やわー

どこの芸能人が来店したらハエ大量発生するねん

「どっか窓空いてるんちゃうの?」

「いや締め切ってる」

ダメ押しかー

たしかに毎回T子さんにお店のお客さんに声かけて集まってもらうねんけどたまにガチの問い合わせがあったら

「ビックリした!」

「どないしたん?」

「見知らぬ人から問い合わせ」

ええやんー

本来全員見知らぬ人なはずやねん

それどころかスタッフのH美ちゃんに至っては見知らぬ人から

「コラアゲンさんを写真とることは可能でしょうか」

と聞かれてこう答えた

「多分フリー素材だと思います」

意味がわからんと聞いたらH美ちゃんはスマホで検索して朗らかに読み上げた

「フリー素材 その著作物に著作権が発生しない またはそのさま」

やかましわー

「本来著作権はあるんですけど12
年お世話になってるイクイップメントや 今日はフリー素材です!写真どうぞ!」

て言うたのにそない撮られんかった

この12年の間に色々あった

震災もあった 年もとった 色々あった

それでも続けてくれて今こんな関係になれたことがホンマ嬉しい

T子さん
スタッフのみなさん
そしてお越しくださったみなさん

本当にありがとうございました

北海道ツアー終わりですぐ始まった九州ツアー 北海道チームコラアゲンと九州チームコラアゲン みなさんのおかげで夢のような忙しいキラキラした二カ月を生かせてもらえました

本当に本当にありがとうございました

北から南から届く熱いエールを胸に明日からは関西で頑張ってきますーほなー











熊本で5年間主催していただいてるカフェファンタイムのM姉さんは美人にして飾らない気持ちいい方ですねん

一年ぶりに会って近況聞いたんです

「ボチボチですね〜」

で流してもええとこやのに

「そうですねぇ 確実に太ってきとります!」

言うて腹づつみを打った

その前の年の近況に至っては

「そうですねぇ 更年期障害ど真ん中!」

そして続けた

「汗ばむわー」

僕はそんなM姉さんの大ファンです

本番日の開店前、店に挨拶に行ったらM姉さんが

「ちょっと買い出しに行きましょう」

…本来行かんでええと思う

でも姉さんのファンに加えて生れながらの舎弟肌の僕は

「はい!」

気持ちのいい返事でお供した

えらいもんでスーパー入ったら自然にカゴとってた

「あっごめんなさい そんなことしないでいいですよ」

てくるかなと思ったらおもむろに地元ソウルフード「ロン龍ラーメン」を入れて

「これ美味しいんですよ」

他にも何品かカゴに入れて店に帰ってきたら

「これお土産にどうぞ」

フッと見たらロン龍ラーメン

なにこの顛末ー!?

ありがたいのは常連さんにご新規さんを絶妙の比率で取りこんでくれる

しかもその席次はご新規の方がポツンとせんようにM姉さん近くのカウンターに座ってもらうとか細やかに配慮

おかげで今年も盛り上がったライブになりました

忘れもせんわ

2年前、初出版本が出た時ファンタイム近くの本屋さん長崎書店に売れ状況聞きに入ったら

「発売日前から予約されてる方がいらっしゃいました」

喜びいさんでM姉さんに興奮気味に報告したら冷静に

「それ私」

M姉さんいつもおおきに

そしてお越しくださったみなさん

本当にありがとうございました

僕はファンタイムのファンです
















姶良ライブは芸歴30年、日本12周をもってしても初めての体験でした

普通映画でもなんでも料金体系て
大人いくら 子供いくら ですやん

 姶良ライブは1家族1000円

1家族!?

それはお笑いライブの受付とは思えないやり取りでした

当日お客さんが受付で言いますねん

「笠井家です」

披露宴か

この料金体系を決めた毎年主催していただいてるHさんに理由を聞いたら

「なんとなく」

またどこまでを家族とするかを聞くと

「親、兄弟、祖父祖母まで」

二親等までってややこしわ

しかもお客さんに

「全員笠井家です」

言われて

「それを証明する戸籍を提出してください」

これはギスギスする
基本お客さんのさじ加減に委ねられる今回 本場前僕も受付にいた

すると姶良の方の人柄が見えてきた

まずお越しになった3人は
ぱっと見50代女性が5歳くらいの女の子抱いて側には20代の女性がいた

九分九厘親子三代と思われる50代女性は料金システムを知らんかったみたいで

50代女性「3人だと3000円ですか」

受付さん「みなさん他人でしたら3000円ですがご家族でしたら1家族1000円になりますよ」

すると迷うことなくおっしゃった

「私は他人なんで2000円払います」

正直かーーー

気持ち的に1000円で入れてあげたい受付さんが

「でも家族とおっしゃれば1000円になるんですよ」

何回聞き直しても

「いいですよ 他人なんで2000円払わせてもらいます」

なんて実直な方ーーー
僕やったらズルするんでみんなもそうやと思った自分が恥ずかしいです

話それるけど9月6日北海道で地震あったでしょ 道内全ての信号が消えて無秩序になるかと思いきや ドライバーのみなさん自主的に譲り合ったそうです

良識と良心が邪念を凌駕するんですね

爪の垢煎じてぐい飲みさせてもらいます

この50代女性がさらに素敵なのは良識、良心に加えて人間味ですわ

どんだけ

「家族と言えば1000円になりますよ」

と言われてもかたくなに

「いいです いいです」

と断った50代女性が受付さんに

「 領収書はいりますか」

と聞かれた瞬間食い気味に

「それはいる!」

ホンマ最高でした

1家族1000円の料金体系のおかげで姶良がもっと好きになって、この50代女性のおかげでめっちゃ一体感ができた

主催していただいたHさん
お越しくださったみなさん

本当にありがとうございました

僕も真人間になれるよう頑張りますー







































太陽系の惑星が一列に並ぶ惑星直列

この日惑星直列ならぬ偉人直列の中に異物が混入された

それは久留米の唐揚げ屋さん「からいち」のパーティールームでライブやらせてもらった時のこと

IMG_7205

左から見るとイチロー、永ちゃん、コラアゲン ありえへんー

車ならベンツ、BMW、犯行現場に乗り捨てられた車

ホテルの部屋ならスイートルーム、スイートルーム、リネン室

奇跡の3ショットでした

奇跡はこれだけやない

今回初めて主催を引き受けてくださった肝っ玉姉さんMさんとの出逢いも Mさんのお声がけに駆けつけてくださったお客さんとの出逢いも 手伝ってくれた前原寿代との再会も 全て奇跡ですわ

前原との出逢いは13年前に遡る

当時福岡の劇場でコラボさせてもらった劇団羽犬塚歌劇団の代表が前原やった

全員女性の演劇は華やかでおもしろかったけど13年の年月は環境を変え全員引退

それでも前原は続けてる

1人になっても脚本書いたり演出やったりワークショップ主催したり 大好きな演劇に関わって生きてる前原に同世代としてホンマ頭が下がるわ

まさか「からいち」のMさんと繋がってて再会に至るんやから人生はおもろいな

心から感謝です

Mさん
前原
そしてお越しくださったお客さん

本当にありがとうございました

兵庫県加古川市にあった伝説のハンバーガーショップ「ピープル」に店内に貼ってた言葉

この道より我生かす道なし
我この道を行く











↑このページのトップヘ