★コラアゲンはいごうまんのブログ『僕の細道』

実録・体験ノンフィクション漫談芸人「コラアゲンはいごうまん」のブログ Since 2005
〜  この道がなかったら僕は生きていけません。  道がない所なら、道を描いて参りましょう! 〜

コラアゲンはいごうまんブログ 「僕の細道」 Since 2005〜
◆2015.04.02 このブログが更新されると、コラアゲンのツイッターや、フェイスブックに更新が通知反映されます。
・おもに、旅先での交流や情報共有は、フェイスブックで。
・ツイッターは、リアルタイムな一言など。
・このブログは、日々の振り返り日記やお知らせなど、基本長文ぎみ。。。
と若干、使い分けようとしているようです。
◆2015.05.01 YouTubeで、ドキュメンタリー映画紹介「コラドキ」を始めました。
◆2015.06.26 現在第3回、よろしかったら、コメントやチャンネル登録などおねがいいたします。
「コラドキ」動画リスト↓
https://www.youtube.com/channel/UCYOMYPTSXqdrkRdTUBoQ6Rw
◆2015.09.29 コラアゲンはいごうまんのスケジュールをカレンダー形式のものにいたしました。応援よろしくお願い申し上げます。
コラアゲンはいごうまんスケジュール↓
http://freecalend.com/open/mem50983

今週末から「縄文にハマる人々」が公開されます

縄文にハマる人々めっちゃ多いみたいですね

ある人なんか縄文が好きすぎて北海道で縄文と同じ暮らしを三年した方までいた

正直僕は縄文ファンではないんです

でも映画見てると確かに不思議に思う

土偶の体型や表情
ただの日用品の鍋やのに縄やらヘビやらイノシシやらめっちゃ手の込んだつくりになっててむしろ使い勝手悪くなってる

その理由が機能重視の現代人とは違う別の価値観があったとしたら

縄文人めっちゃ豊かやん

縄文人こそ人類史上最先端かも知れん

しかも縄文のあとのやよいは農耕も始まりほぼ現代と同じ文明、価値観なんやて

そのやよいが1200年で終わったのに対し、縄文は1万年続いたんやて

これは利便性を求めるの文明より心の豊かさを見つめる文化の方が息が長いことを教えてるのか

誰にもわからん

ただ一つわかってることは



































僕も縄文にハマってる

映画見るまでなーんとも思ってなかったのにもはや今はめっちゃ興味深々

だってやよいは井戸を掘ったのに、その方が楽で便利やのに縄文は掘らず一回一回水を汲みに行ったんですよ

そこに水があることはわかってんにゃから掘ればいいのに それでもそのたび水を汲みに行った縄文人

テレビのような即効性はないかもしれんけどみなさんに支えられコツコツ全国でライブやってる僕

なかなかないよ
縄文に自分の人生を重ねるて

映画見終わったいま思う

テレビに出てる芸人さんは確かにおもろい

吉本時代、漫才も大喜利もロケもひな壇も完敗やった

でも 縄文とやよいの例があるやん

よって

一万年規模で考えたら僕が勝つかもしれん

ただ他界してる

なんしか僕みたいな縄文興味ないおっさんでもハマる

「縄文にハマる人々」

7月7日より渋谷シアターイメージフォーラムにてモーニング&レイトショー上映です

ぜひぜひご覧ください

にわか縄文ファンのコラアゲンでした















7月14日のコラアゲン夏の新作ライブ

ありがたく事務所販売チケットは完売いたしました!

会場のバンディット販売チケットは残りわずかですがまだございます

万一に備えてお越しいただける方は早目に予約いただければ幸いです よろしくお願いします

(タイトル)コラアゲンはいごうまん新作ライブ「ガチコラ3 〜50歳になるまでにしたい10のこと〜」

(内容)来年で50歳になりますねん そこで人生の節目を迎える前にやっておきたいことを挙げてみました

1 オリンピックイヤーはテレビに出る

2 フォロワー数よりフォロー数の方が多い現状を逆転

3 執事喫茶で執事体験

4 保育園で保父体験

5 とにかく胡散臭い集まりは網羅

6 ネタ数を500本にする(現在309本)

7 本の第2弾を出版

8 おかんと友達になる

9 感情をコントロールできるようになる

10 留置所レポ

今回はこの中からトライできたものの発表会です コラアゲンはどんな50歳をむかえるのか!くしくも来年50歳をむかえるの福山雅治との格差を見届けて下さい〜

(日時)2018年7月14日 18時開場19時開演

(会場)高円寺パンディッド 杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2階 JR中央線高円寺駅下車徒歩5分

(料金)前売り2000円 当日2500円 共に1ドリンク別

(予約 お問い合わせ)高円寺パンディッド 担当奥野 090-2588-9905

何卒よろしくお願いいたします

北陸ツアーも金沢3公演、越中八尾1公演無事終わりました

怒涛の日々で遅れておりますが間もなくご報告させていただきますね

まずはみなさんにご心配いただいた新潟ソロライブの続報です

image


10日前の時点でお客さんは10人

そして今日確認したところ

なんと




































30人になりましたーーーーーーーーーー

ありがとうございますーーーーーーー

拡散、声がけいただいたみなさんのおかげです

ホンマにありがとうございますーーーー

来ていただける方はもちろんのこと、今回はこんな僕を支えてくださるみなさんや会場のBlancさんに甚大な尽力をいただきましたのでその気持ちもこめて渾身の汗まみれ喋りをしてまいります!

改めて詳細です

詳細です

(タイトル)コラアゲンはいごうまんお笑いライブin新潟

(日時)2018年6月22日 18時30分開場 19時開演

(会場)Blanc 新潟市中央区古町通963 ディーズビル5F 025-378-3673

(料金)2000円 1ドリンク以降キャッシュオン

(お問い合わせ)025-378-3673

そして明日はライブ前にNST新潟総合テレビ15時50分からの夕方情報番組「八千代ライブ」に出演させていただきます!!!!

できる弟弟子角田龍平や番組スタッフさんの温情でテレビ不慣れな僕が しかもネタ的にも不適切まみれの僕が

夕方情報番組 しかも生放送

大丈夫かーーーーーーーーーーーー?!

めったないテレビなんで尋常じゃないくらいガチガチになるやろけど理想はテレビ記念を楽しみたいですね

なにわともあれ 新潟ライブにお客さんがきてくださることになりました

ご心配いただいたみなさんに感謝の気持ちをこめてまずはご報告させていただきました

みなさん本当にありがとうございました

明日が最高で最幸な夜になりますように














金沢にいても揺れたから大阪の方はめっちゃ怖かったと思います

阪神大震災を体験してる方はフラッシュバックでなお怖かったかもです

被災された方、帰宅できない方 不安な夜を過ごされてるみなさんにお見舞い申し上げます

そして早く平穏を取り戻されることを心からお祈りいたします







今日は午前中から金沢ネタ取材にかけづりまわってました

さすがに日本13周目ともなると地元ネタも枯渇してきたけどそれでもやる

そのコツコツの結果、昨日のエバンスライブみたいにミラクルが待ってるから

9年前 ホールのお母さんがお客さんを気にいったら低調にもてなし 嫌と思ったらぞんざいに扱うイタメシ屋さんがあると聞いて行ったら尋常じゃないぞんざいな扱いをうけ

このエバンスの話がハチドリ出版『おいしいごはんなつかし亭初夏号』に載った

image

実際のエバンス
image


しかしエバンスのお母さんもお父さんも娘さんもみんなめっちゃええ人で

僕がテレビ出演決まったらお祝いくれて、結婚するいうたらお祝いくれて、店に顔だしたらイタメシ飯ご馳走してくれて、そして昨日 エバンスで美味しいイタ飯コース&コラアゲンライブとなった

何が稀有って ライブが決まったタイミングでなつかし亭の漫画になって エバンスでエバンスのネタをして エバンスでエバンスの漫画を見て あげく漫画に出てくるエバンス情報を提供してくれた方、エバンスのお母さん、お父さん、娘さん、僕 登場人物が全員揃ってる

奇跡ーーーーーーーーーーーーーーーー

どんなにしんどい時でも絶対地元取材を13年やってきた集大成の夜でした

エバンスのみなさん
お越し下さったみなさん

本当にありがとうございました

エバンス最高ーーーーーー







今年も事務所の大先輩柴田理恵さんの地元富山八尾の柴田理恵後援会のみなさんがコラアゲンライブを主催して下さいますーーーー

ありがとうございますーーーーーーーー

詳細です

(日時)6月20日 19時開演

(会場)越中八尾ベースOYATSU 富山市八尾町上新町2701-1 076-482-6955

(料金)1500円 1ドリンク付き

(お問い合わせ)076-455-2342

風光明媚な越中八尾でコラアゲンライブ ギャップ満開!何卒よろしくお願いいたしますーーーー



明日(日付変わって今日)から北陸ツアーです

初日の会場は金沢のイタメシ屋さん「エバンス」

9年前の潜入取材がご縁で先日は「なつかし亭」の一話になって明日は「エバンス」でディナーショーやらせてもらいますねん

9年前にこの着地を誰が予想したやろう

合縁奇縁を感じずにいられへん

1ミリでも恩返しできるように全身全霊喋らせてもらいます

そしてさっき15日配信分の「コラアゲンはいごうまんの受け売り人生相談〜僕が出逢った路地裏の偉人たちの声」の原稿がしあがりました

今回の相談はある中学生からで

「勉強が大嫌いです どうすれば好きになれますか?」

誰もが感じたであろうこの悩みにどんな偉人が答えてくれるのか?

みなさんのお悩みに僕が出逢った路地裏の偉人たちの言葉を受け売りでお答えする「コラ路地」 初月は無料ですのでぜひぜひ会員登録下さいませー

http://www.mag2.com/m/0001683376.html

ほなちょっと休みます

みなさん明日も頑張りましょうーー
















緊急懇願で申し訳ございません

6月22日は新潟独演会なんですが

ぶっちゃけた話いまお客さん10人です

知人関係もなかなか都合がつかず大苦戦しております

新潟知事選やったら確実に落選です

そこで懇願でございます

もはやお越しくださいと悠長なことを言うてる余裕はございません

なにふりかまわず申し上げます

助けてくださいーーーーーーーーーーー

助けてくださいーーーーーーーーーーー


















































助けてくださいーーーーーーーーーーー

こんな僕にも信念があります

お客さんの人数にかかわらずいつでも全身全霊で最高に最幸なライブをする

ましてや10人のお客さんが僕に時間とお金をさいてくださるんです
めっちゃありがたいです

その上で1人でも多くの方に見ていただきたいのも本音です

どうか新潟在住の方
新潟にお知り合いのいらっしゃる方

何卒お力かしていただけませんでしょうか

image



詳細です

(タイトル)コラアゲンはいごうまんお笑いライブin新潟

(日時)2018年6月22日 18時30分開場 19時開演

(会場)Blanc 新潟市中央区古町通963 ディーズビル5F 025-378-3673

(料金)2000円 1ドリンク以降キャッシュオン

(お問い合わせ)025-378-3673


各会場で絶対テレビでは見れない 唯一無二の体験ドキュメンタリー漫談を何卒何卒見届けてくださいませ

ご尽力よろしくお願いいたします









僕が公私ともにお世話になってる映画監督田中幸夫監督がヤフー記事配信第4弾

「30才で画才開花!ダウン症の画家いかわあきこに起きた奇跡」

を配信されました

30才のある日 突如地蔵の絵を書き出したいかわあきこさん

その地蔵は独特の温かさに包まれてた

お会いしたことないけどいかわあきこさんとは色々共通点がある

同世代(僕が48才で一つ上)
同郷(京都)

そして何よりいかわあきこさんのお母さんがインタビューで言った言葉

「この子に一つ夢中になれるものが見つかって本当に嬉しいです」

10年前 フジテレビの老舗ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」が僕を取材してくれた

その時のタイトルは「売れない 食えない 笑えない」

取材は実家にも及び 息子さんをどう思うか聞かれおかんが言うた

「この子が死んだように生きてた頃を思えば 一つ夢中になれるものが見つかってもうそれだけで十分です」

母親てホンマ凄い

特にいかわあきこさんとあきこさんのお母さんの関係は支え支えられ 敬い敬われ 素敵やなぁと思う

ぜひご覧くださいませ
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakayukio/








いよいよ明日から相田和弘監督「ザ・ビッグハウス」が上映されます

全米最大のアメリカンフットボールスタジアム 通称爛供Ε咼奪哀魯Ε后 収容人数11万人のザ・ビッグハウスで行われたミシガン大学対ウィスコンシン大学の試合をとりまく様々な思惑に密着した作品

映画の中でちょいちょい出てくる軍隊の影 もしかアメフトを観戦する11万人の熱狂が国威発揚を誘うためのものやったとしたら

日大アメフト部の危険タックルならぬ 危険思想タックルと言えるかも

それにしても相田監督の観察映画の振れ幅の激しさハンパない

今回の舞台が超大国アメリカに対して前作「港町」の舞台は岡山の小さな漁師町牛窓町

ビッグハウスの収容人数が11万人に対し牛窓町は総人口が9545人

今回が相田監督を含めて総勢17人の映画作家がカメラを廻したのに対して前作のカメラは相田監督と奥さまのみ

この寒暖の差!

でもひょっとしたら対極に見えるこの二本 実は一対の作品なのかも

大国の思惑の使者も熱狂する11万人も 傍観する人も抗う人も 一人一人にバックボーンがあり何かと戦い何かを守り必死に生きてることは牛窓町のおじーちゃんおばーちゃんと同じかも

相田和弘監督「ザ・ビッグハウス」は明日6月9日よりシアターイメージフォーラムほか全国順次公開です

僕の初冠メールマガジン「コラアゲンはいごうまんの受け売り人生相談〜僕が出逢った路地裏の偉人たちの声〜」

略して「コラ路地(こらろじ)」記念すべき創刊号読んでいただいたみなさん本当にありがとうございました

初回から濃い内容でしたがこれもまた「コラ路地」とお許し下さい

最新情報に体験談 相談内容によっては大ネタ小ネタ封印ネタ 時には心の闇もぶっちゃける

そんな「コラ路地」次回は6月15日配信です

どうか会員登録及びお悩み相談よろしくお願いいたしますー

会員登録は
http://www.mag2.com/m/0001683376.html

お悩み相談は mag2_collagen@wahahahompo.co.jp

何卒よろしくお願いいたします

いま原稿を書き終えてふと気がつくと6月5日になってた

いよいよや ついに本日初冠メールマガジン「コラアゲンはいごうまんの受け売り人生相談〜僕が出逢った偉人たちの声〜」創刊号が配信される

正直万全で仕込めたわけではないけど丸2日缶詰めで今のマックスは出し切れた

創刊号が読んでくれるみなさんと僕の人間関係の創刊号になりますように

心地いい疲労に包まれて今日は寝ます

おやすみなさい


近々の関東での独演会を2つ告知させて下さい

独演会

(タイトル)コラアゲンはいごうまん新作ライブ「ガチコラ3 〜50歳になるまでにしたい10のこと〜」

(内容)来年で50歳になりますねん そこで人生の節目を迎える前にやっておきたいことを挙げてみました

1 オリンピックイヤーはテレビに出る

2 フォロワー数よりフォホー数の方が多い現状を逆転

3 執事喫茶で執事体験

4 保育園で保父体験

5 とにかく胡散臭い集まりは網羅

6 ネタ数を500本にする(現在309本)

7 本の第2弾を出版

8 おかんと友達になる

9 感情をコントロールできるようになる

10 留置所レポ

今回はこの中からトライできたものの発表会です コラアゲンはどんな50歳をむかえるのか!くしくも来年50歳をむかえるの福山雅治との格差を見届けて下さい〜

(日時)2018年7月14日 18時開場19時開演

(会場)高円寺パンディッド 杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2階 JR中央線高円寺駅下車徒歩5分

(料金)前売り2000円 当日2500円 共に1ドリンク別

(予約 お問い合わせ)ワハハ本舗 03-3406-4472 予約フォームからもご予約いただけます https://www.quartet-online.net/ticket/gachi_colla3

高円寺パンディッド 担当奥野 090-2588-9905

ぜひお越し下さいませー

独演会

(タイトル)祝コラアゲンはいごうまん横浜にぎわい座初独演会「コラりぼっち」

(内容)横浜にぎわい座で春風亭一之輔師匠と二人会させてもらうこと5年

古典落語と体験ドキュメンタリー漫談 簡潔に言うと名人と変人

一之輔さんの器ハンパない 僕みたいな変人を面白がって引き出してくれる そんな事できるのは名人だからじゃなく一之輔さんだから

しかし 今回はライフラインの一之輔さんがいない 「コラりぼっち」

あの横浜にぎわい座の舞台に一之輔さんなしに立つと思うとビビる

そこでこう考えることにしました

「コラりぼっち」は

二人会の一人バージョンです!

めんどくさなったでしょ

そんな「コラりぼっち」でやる演目は二人会でやってきた体験ドキュメンタリー漫談の集大成 裏社会、オカルト、セクシャリティetc 様々な体験取材で出逢ってきたちょっと変わった偉人たちがここに集結!?

「そうだ みんなで高尾山登ろう」

と短編集を含む120分 初の横浜にぎわい座独演会 どうか見届けて下さいませー

(日時)2018年7月26日 18時30開場19時開演

(会場)横浜にぎわい座小ホール 横浜市中区野毛町3-110-1 JR根岸線桜木町下車徒歩3分

(料金)2000円

(予約 お問い合わせ)横浜にぎわい座 045-231-2515

何卒よろしくお願いいたします

毎年この時期に始まる一之輔さんの全国ツアーは本日初日

20代の頃はコミカルな言葉のチョイスができて 設定がシュールなコントがかけて 急転直下のオチが言える人に憧れた

でも48歳になって今日の一之輔さんの舞台を見ると おもしろいのは人間で

裏切ったり裏切られたり 小悪党にして大悪党になれなかったり なにかのはずみで急に過去のトラウマが追い越したり

そんな一つ一つの心のひだを全身全霊で演じる人がおもしろい そしてそんな人に憧れる

一之輔さん心底凄かった ありがとうございました

↑このページのトップヘ