愛知では毎年「名古屋のベートーベン」ことピアニストの杉浦哲郎さんが主催してくれますねん

杉浦さんはガチのクラシックからウチの先輩梅垣義明さんのバックまで幅広く対応できるスペシャリストで バイオリニストの岡田鉄平さんとのユニット「スギテツ」でレコード大賞企画賞を受賞

そんな天才杉浦さんも天然なとこありますねん

コンサートのMCでヒアリて言葉がパッとでてこんと

「ほら〜あの〜毒のやつ」

遡ると音楽家を目指し実家を出て上京するときのこだわりで 引っ越し業者に頼むんやけどギターだけは自分で持って上京したいと手を洗って上京したら洗面所にギター置いたままやった

日暮里で三味線日本一の浅野祥くんとスギテツのコンサートに伺ったときはコンサート終わり会場の駐車場で祥くんと僕と盛り上がってダベってたら守衛さんに

「近隣住民の迷惑になりますのでお静かに」

出待ちしてるファンの方ならまだしもコンサート終わり守衛さんにしかられるアーチスト初めて見た

レコード大賞受賞者やのに僕らと同じ庶民な杉浦さんが最高!

そんな杉浦さんが忙しい中今年も6回目のコラアゲンライブを居酒屋山御爺で開催してくれました

いつも杉浦さんの関係者が集まってくれはるんやけど関係者のみなさんも愛に溢れて優しいねん

マジでライブやのにライブを忘れて 仕事やのに仕事を忘れて

ごく自然体でできた喜びを伝えたかってんけど天然な僕はエンディングの挨拶でこう言うた

「杉浦さんやみなさんのおかげで普通に居酒屋で喋ってる感覚で喋れました」

ほな一斉に

「実際居酒屋だし」

お越し下さったみなさん
毎年やらせてくださる山御爺さん
杉浦さん
本当にいつもありがとうございます