僕が公私ともにお世話になってる映画監督田中幸夫監督がヤフー記事配信第4弾

「30才で画才開花!ダウン症の画家いかわあきこに起きた奇跡」

を配信されました

30才のある日 突如地蔵の絵を書き出したいかわあきこさん

その地蔵は独特の温かさに包まれてた

お会いしたことないけどいかわあきこさんとは色々共通点がある

同世代(僕が48才で一つ上)
同郷(京都)

そして何よりいかわあきこさんのお母さんがインタビューで言った言葉

「この子に一つ夢中になれるものが見つかって本当に嬉しいです」

10年前 フジテレビの老舗ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」が僕を取材してくれた

その時のタイトルは「売れない 食えない 笑えない」

取材は実家にも及び 息子さんをどう思うか聞かれおかんが言うた

「この子が死んだように生きてた頃を思えば 一つ夢中になれるものが見つかってもうそれだけで十分です」

母親てホンマ凄い

特にいかわあきこさんとあきこさんのお母さんの関係は支え支えられ 敬い敬われ 素敵やなぁと思う

ぜひご覧くださいませ
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakayukio/