ネットのユーチューブに、笑いヨガの開発者のマダン・カタリア医師の講義が何本も入っていた。
その中に、声を出さずに笑う方法が書いてあった。
頭の中で、大声で笑い、それに心を共鳴させる。
脳の中で笑う。それに表情を作ってもいいし、作らなくてもいい。
電車の中などでは笑えない。
でも笑える。
脳の中で笑って、アハハハハハと言う笑いに、心を共鳴させる。
ぼくは声を出さずに、歌っている。
楽譜を見ながら声を出さずに、いくらでも歌える。
それに比べれば、笑いは簡単だ。