和田一樹の四季指揮日記

和田一樹の指揮活動や日常感じたことを中心に日記を書いています☆

昨年度はコンクール準優勝など私にとって大きな起点となった一年でしたが、今年もさらなる飛躍の年になるよう頑張ります!

年度始まりは4月、フレンズオブディズニー2016でした。素晴らしいミュージシャンとシンガーの皆さんありがとうございました!

また、東京混声合唱団とのレコーディング、六花亭のマルセイバターケーキのオンエアもありましたが、5月は新潟公演でも指揮をさせていただきました。また来月もありますので今から楽しみです!

同じく5月は緑交響楽団の定期演奏会でしたが、初共演とは思えない相性でとても良い演奏会になったと思います。このオーケストラに以前所属されていた松谷さんという方、僕が大変お世話になっていた方で、生前「緑に来てくださいね!」とおっしゃっていただいたことを今でも覚えています。残念ながら緑で一緒に演奏することはできませんでしたが、演奏は伝わったのではないか、と思っております。
次回は緑交響楽団は2016年10月30日(日)です!

さて、6月は今年度初の静岡交響楽団、東京混声合唱団新潟公演、岐阜大学管弦楽団(初!)がありますね!気合を入れて頑張ります!

和田一樹

 imageimageimage
image


ルーマニアで開催されたブカレスト国際指揮者コンクールで準優勝しました。 これも全て皆様のおかげです。 ありがとうございました! 審査員並びにジョルジュエネスコフィルの皆さんには大変感謝です。 そして、天国から見守っていてくれた母、そばで見ていた父、東京から励ましてくれた妻美菜子に感謝します。 コンクール前の勉強会では曽我先生に心より感謝です。そして曽我道場の仲間たちも本当に助けていただきました。また直前のピアノ協奏曲では石井楓子さんにも参加してもらってシューマンのレッスンが受けることができたのですが、まさかのセミファイナルはくじ引きでシューマンが当たるという! 大先輩指揮者、海老原光さんに心より感謝です。出発前、決勝前、珠玉のアドヴァイスと戦ってきた男の背中を見せてもらえました。コンクールとは何か、音楽とは何か。その全てを教えてくれました。 そして、曽我先生は決勝前に電話をくださり、落ち着いてファイナルを迎えることができました。ファイナルのリハーサルで先生がおっしゃったことをそのまま言ったら、オケがすごく頷き、とても良い音に変わりました。本当に感謝です。 また、ワールドカップでもないのに深夜で生中継をずっと見て応援してくださった皆様に本当に感謝です。 なぜか発表順が3位→1位→2位だったので、わたし最後に呼ばれてまさかの1位かと思ったら、2位というギャグキャラにルーマニアでもあつかわれてしまいましたが、なんかオーケストラが盛り上がっていたので、嬉しかったです! 最後の写真は準優勝トロフィを持つ親父と身長の違いすぎるコンクール参加者たちの写真です(笑)

thumb_IMG_4098_1024thumb_IMG_4099_1024thumb_IMG_4125_1024thumb_IMG_4127_1024thumb_IMG_4128_1024thumb_IMG_4129_1024thumb_IMG_4131_1024thumb_IMG_4135_1024thumb_IMG_4121_1024thumb_IMG_4123_1024thumb_IMG_4116_1024thumb_IMG_4119_1024thumb_IMG_4106_1024thumb_IMG_4108_1024 

マーラー先生に本当に感謝です。

2015年6月14日 豊島区管弦楽団40周年記念コンサートが終わりました。曲はマーラー交響曲第3番。
私がこうして指揮者をできているのもこの曲のおかげかもしれません。

人生の苦境に立たされた時にこの曲が背中を押してくれました。その曲を豊島区管弦楽団の皆さんと、私の尊敬する大好きな林美智子さんと共に演奏できたことはこの上ない喜びですし、東京アカデミッシェカペレ、東京荒川少年少女合唱隊の皆さんにも助けていただき素敵な演奏会になったと思います。ありがとうございました。

今年は3月にマーラー交響曲1番巨人、6月に3番、8月に5番と、マーラー先生に大変感謝しなければいけない年です。いよいよ今年の上半期も終わりですが、振り返ってみると、ニューイヤーコンサートでのJシュトラウスのたくさんの名曲をくにたち市民オーケストラの皆さんと演奏したのを皮切りに、リバティベルオーケストラの巨人とラフマニノフピアノ協奏曲2番。千代田フィルの皆さんとのラフマニノフ2番2番(ピアニストはリバティ千代田共に冨永愛子さん)。川越スーパーウィンドオーケストラの皆さんとのリード。くにたち市民オーケストラの皆さんとの運命未完成。私がミュージックアドヴァイザーを務めるリベラルアンサンブルオーケストラとの悲愴。そして、アルテ合奏団と冨永愛子さんとのショパンピアノ協奏曲第1番。本当に素敵な演奏会ができたこと、そして作曲家の先生に感謝です。また、これだけの素晴らしい曲に向き合うことができたのは妻のおかげでもあります。ありがとう!(わたくし今年の3月に結婚しました!)


さて、いよいよ下半期突入!
7月ですが、西東京フィルハーモニー管弦楽団とのブルックナー交響曲第4番、本当に楽しみです!7月12日は保谷のこもれびホールへ!!

そして、その前日はさがみはらフィルの演奏会です!わたくし春男がシューマンの交響曲第1番春を指揮しますので、是非ともご来場くださいませ!相模大野のグリーンホールです!

下半期もよろしくお願い致します

和田一樹

このページのトップヘ