トメ石頭子供産めない



マヤるというよりはシキる勢いでやった 

最初は屈折した家柄コンプレックスで私に対して下手下手に出ていたけど、 
(これもこれで気持ち悪かった) 
娘が生まれて大フィーバー。テンプレまっしぐら!な糞トメへ。 


夫・ウトに見つかる度にこっ酷く〆られるも監視を狡猾に潜り抜けて仕掛けてくる。 
正直トメ以外には駄々漏れなんだけどそろそろ三者共々面倒くさくなってきてた。 
言って駄目なら実力行使でアリアリネーと共同主催:夫・特別後援:ウトの元、改めて意趣晴らしに。

 

夫・ウトのW休日出張で、突撃禁止令出されているにも関わらず早速我が家に突撃するトメ。 
私がうっかり鍵をかけ忘れてたので嬉々としてずかずか踏み込み、 
丁度娘のオムツ交換していた私に見下しすぎて見上げてるポーズよろしく御教授開始。 


トメ「(ぐだぐだ)…男も産めない石女のくせに一丁前に嫁面しようなんて恥ずかしk」 

私「ンナアァアーーーーツンゴンンニャーマバギィ、ィイジィババー」 


トメ「は!??」