2014年12月01日

わんぱくTRIPPER


主人公(男)が様々な女性に脳内トリップ&悪戯を仕掛けるという
一風変わった電波系エロスで変態フェチな作品。


わんぱくトリッパー08_02
第8話「耐久詩女・まゆこ(21歳)の場合」

オシッコを我慢すればするほど素晴らしい詩が書けるという謎の信念を持つポエマー・まゆこ。トイレの中で詩作に励んでいたが、詩が完成する前に、尿意に負けて股間から尿を噴出させてしまう。











わんぱくトリッパー08_03
そこで、更なるレベルのオシッコ我慢を自らに強いるため、大量の水と利尿剤を飲んで外出するまゆこ。彼女が向かった公園では、ちょうど主人公がトリップに浸っていて───










わんぱくトリッパー08_05
急激にオシッコが溜まってきたところで詩を書き始める彼女と、トリップしていた主人公が偶然にも同調してしまう。高まる尿意にキュンキュンしているアソコの描写がなんとも妙にエログロい感じ。










わんぱくトリッパー08_07
少し漏らしてしまったオシッコをベンチから滴らせつつ、尿道口を必死に閉じるまゆこ。失禁する一歩手前の状態で、それでも尿意に耐えながら乙女ちっくな詩を書き上げる。










わんぱくトリッパー08_08
しかし、その深層意識に触れ彼女の本性に気付いた主人公は、既に尿意の限界に達していたまゆこを容赦無くそのイメージ世界へと引きずり込んでしまう。










わんぱくトリッパー08_09
そこは大量のオシッコを溜め込みビクンビクンと痙攣しているまゆこの下半身が具現化された世界だった。オシッコを我慢している下半身こそが彼女の本質であると語る主人公。










わんぱくトリッパー08_11
限界を超えた尿意我慢状態での性的な刺激に耐えられず、ついに膀胱の出口が開いてしまった丁度その時、主人公に尿道口を握り潰され無理やり排尿を封じられるまゆこ。そしてようやく──










わんぱくトリッパー08_13
尿道口を解放された彼女は、大勢の人々に見られながら、我慢に我慢を重ねた大量のオシッコを延々と漏らし続けるのだった。













待ち望んでいた放尿の快感でイッてしまうシーン等は、購入してご覧下さい。

独特な癖のある絵柄とぶっ飛んだストーリーでかなり読む人を選ぶ感はありますが
女性のオシッコ我慢がしつこく・ネチっこく描かれた素敵な作品です。
※一応は一般向け(非18禁)扱い

著:サガノヘルマー 漫画(1998年)
お薦め度:




わんぱくTRIPPER2
最近、電子書籍で復刊されました。全2巻。
※紙の書籍は絶版


bombwood at 23:28│Comments(1)TrackBack(0)漫画 | 我慢失禁

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 合丼来来   2015年06月16日 01:42
bombwood様、ご無沙汰しています。
オシッコオモラシ・オムツシーンデータベース管理人の合丼来来と申します。
FC2の検閲を食らってしまったので、新しいサイトに急遽引っ越すことになりました。
旧:http://omutudata.blog22.fc2.com/
新:http://omutudata.com/
つきましては、リンク先をこちらに変更していただけますでしょうか?

ちなみにリンク先はこちらです、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
http://omutudata.com/link

合丼来来より。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字